【高校野球】長岡大手が東京学館新潟を破る 十日町は開志学園に競り勝つ 第106回新潟大会3回戦

夏の甲子園出場を懸けた「第106回全国高校野球選手権・新潟大会」は14日、3球場で3回戦6試合が行われた。長岡市悠久山球場の第1試合では長岡大手が昨夏優勝校の東京学館新潟に逆転勝ち。新発田市五十公野球場の第1試合では十日町が第4シードの開志学園に競り勝った。柏崎市佐藤池球場の第1試合では中越が第5シードの加茂暁星に打ち勝った。15日は2球場で3回戦4試合が行われ、ベスト16が出そろう。

悠久山①長岡大手2-1東京学館新潟/9回完投、1失点の好投で昨夏優勝校を破った長岡大手⑤井上凌佑(3年) 続きを読む


【高校野球】佐渡が快勝 シード3校も4回戦へ 第106回新潟大会3回戦

夏の甲子園出場を懸けた「第106回全国高校野球選手権・新潟大会」は13日、3球場で3回戦6試合が行われた。春の優勝校で第1シードの帝京長岡が新潟青陵に、秋の優勝校で第2シードの日本文理は長岡農に、ともにコールド勝ちし4回戦進出を決めた。秋春ベスト4で第3シードの関根学園は巻に完封勝ち。新発田市五十公野球場では三条が巻総合にコールド勝ち。長岡市悠久山球場では新発田農が長岡に逆転勝ち。柏崎市佐藤池球場では佐渡が新潟県央工に快勝し、ベスト16進出を決めた。14日も3球場で3回戦6試合が行われる。

佐藤池②佐渡7-3新潟県央工/8回表、佐渡は1死1、3塁から菊地翔太(3年)の左越え適時二塁打で2点を追加し6-2とリードを広げる 続きを読む


【高校野球】長岡商が競り勝つ 村上桜ヶ丘の渡辺勇が無安打無得点試合 第106回新潟大会2回戦

夏の甲子園出場を懸けた「第106回全国高校野球選手権・新潟大会」は12日、3球場で2回戦6試合が行われた。新発田市五十公野球場の第2試合では村上桜ヶ丘の渡辺勇陽投手(2年)が無安打無得点試合を達成した。夏の新潟大会では2018年に新井の岡本宏太投手が完全試合を達成して以来の無安打無得点試合となる。三条パール金属スタジアムの第1試合では長岡商が小出に競り勝った。柏崎市佐藤池球場では柏崎と糸魚川がコールド勝ちし、3回戦に駒を進めた。13日は3球場で3回戦6試合が行われる予定。

三条パール①長岡商4-1小出/7回裏、長岡商は2死2、3塁から倉持龍登(3年)の中前適時打で2点を勝ち越して3-1に 続きを読む


【高校野球】新潟江南がコールド勝ち 継続試合は新発田南と中越が勝利 第106回新潟大会2回戦

夏の甲子園出場を懸けた「第106回全国高校野球選手権・新潟大会」は11日、4球場で2回戦9試合が行われた。新潟市のハードオフ・エコスタジアムでは新潟江南、北越、新潟商がコールド勝ち。新発田市五十公野球場では前日からの継続試合となった一戦で新発田南が新潟第一に競り勝った。三条パール金属スタジアムでは同じく継続試合となった一戦で中越が長岡向陵にコールド勝ちした。柏崎市佐藤池球場では三条東が高商新井海洋に快勝した。12日は3球場で2回戦6試合が行われる予定。

ハードオフ①新潟江南11-0万代/2回裏、新潟江南は主将・江口諄(3年)の右犠飛で4-0とリードを広げる 続きを読む


【高校野球】開志学園の亀山が完封 2試合が継続試合に 第106回新潟大会2回戦

夏の甲子園出場を懸けた「第106回全国高校野球選手権・新潟大会」は10日、4球場で2回戦8試合が行われる予定だったが、雨天のため2試合が継続試合、5試合が中止・順延となった。新潟市のハードオフ・エコスタジアムでは第4シードの開志学園がエース亀山心太の好投で新潟に完封勝ちした。11日は継続試合となった2試合と順延となった5試合を含む2回戦9試合が4球場で行われる予定。

ハードオフ①開志学園2-0新潟/5安打11奪三振の好投で完封した開志学園①亀山心太(3年) 続きを読む