【高校野球】中越の左腕・佐藤雄飛がプロ志望届 BCL挑戦へ

今夏独自大会優勝校である中越の3年生・佐藤雄飛(ゆうひ)投手(18)が5日、プロ志望届を提出し、同日夕方、日本高野連のホームページで公表された。佐藤雄は最速136キロの左腕で制球のよさが持ち味。今夏の独自大会では4試合に登板し自責点は0で、右腕の佐藤旦有夢(あゆむ)投手とともに優勝に貢献した。

佐藤雄は取材に対し、独立リーグのルートインBCリーグに挑戦する意向を示し、「BCリーグで経験を積んで、夢であるNPB(日本野球機構)入りを目指したい」と地元球団である新潟アルビレックスBC入団を希望している。
プロ志望届を提出した中越・佐藤雄飛(3年)BCリーグを経て将来のNPB入りを狙う 続きを読む


【高校野球】加茂暁星は都市大塩尻と 北信越大会組み合わせ決定

来春の選抜甲子園の選考資料となり、10日に富山県で開幕する「第143回北信越高校野球大会」の組み合わせ抽選会が2日、富山市で行われた。新潟県代表の加茂暁星(新潟1位)は都市大塩尻(長野3位)と、新潟明訓(新潟2位)は小松大谷(石川2位)と、関根学園(新潟3位)は新湊(富山2位)と、それぞれ1回戦で対戦することが決まった。

◎北信越大会の組み合わせ◎

大会には北信越5県を勝ち上がった16チームが参加する。 続きを読む


【高校野球】加茂暁星が逆転サヨナラで初優勝 第3代表は関根学園 秋季県大会

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は23日、三条パール金属スタジアムで決勝戦が行われ、加茂暁星が9回逆転サヨナラ勝ちで新潟明訓を破って優勝。加茂暁星は学校創立100周年の記念の年にうれしい初優勝を飾った。

第3代表決定戦は関根学園が東京学館新潟に9回逆転サヨナラ勝ちした。この結果、10月に富山県で開催される北信越大会は、加茂暁星、新潟明訓、関根学園の3校が出場することが決まった。

決勝 加茂暁星5-4新潟明訓
劇的な逆転サヨナラ勝ちで初優勝を決めた加茂暁星 続きを読む


【高校野球】新潟明訓と加茂暁星が決勝へ 秋季県大会準決勝

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は21日、三条パール金属スタジアムで準決勝2試合が行われ、新潟明訓と加茂暁星が決勝進出と北信越大会出場を決めた。新潟明訓は東京学館新潟に終盤の7回に逆転勝ち。加茂暁星は中盤に逆転し、関根学園の反撃を抑えた。新潟明訓は2017年春以来の北信越大会出場、加茂暁星は昨秋に続き2年連続の北信越大会出場となる。

決勝戦は23日に同スタジアムで行われる。北信越大会出場の残り1枠を決める第3代表決定戦は決勝前に行われる。

準決勝②加茂暁星4-2関根学園
2回裏、加茂暁星の齋藤大優(1年)が左越え2ランを放ち逆転 続きを読む


【高校野球】新潟明訓が中越に逆転サヨナラ 加茂暁星は日本文理に完封勝ち 秋季県大会準々決勝

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は19日、準々決勝4試合が2球場で行われ、加茂暁星、関根学園、東京学館新潟、新潟明訓の4校がベスト4進出を決めた。加茂暁星は今夏準優勝の日本文理に完封勝ち。関根学園は新潟工にコールド勝ちした。東京学館新潟は新発田中央に競り勝った。新潟明訓は3点差を追う9回に4点を挙げ、今夏優勝の中越に逆転サヨナラ勝ちした。

準決勝2試合は21日に三条パール金属スタジアムで行われる。上位3校が10月に富山県で開催される北信越大会に出場できる。

三条パール②新潟明訓5-4中越
9回裏、新潟明訓の種﨑樹(2年)が2死2、3塁から中前に逆転サヨナラ打を放つ 続きを読む