【高校野球】村上桜ヶ丘が大勝 8強決まる 春季県大会4回戦

高校野球の春季県大会「第146回北信越高校野球・新潟県大会」は7日、4球場で4回戦8試合が行われ、ベスト8が決まった。新潟市鳥屋野球場では新潟明訓と村上桜ヶ丘がコールド勝ち。新発田市五十公野球場では東京学館新潟と高田北城が競り勝った。長岡市悠久山球場では昨秋優勝の北越が1点差で逃げ切った。中越は終盤に突き放した。柏崎市佐藤池球場では日本文理、新潟工がコールド勝ちした。準々決勝は10日、2球場で4試合が行われる予定。

鳥屋野②村上桜ヶ丘10-0上越
3回裏、村上桜ヶ丘の佐藤陽翔(3年)が満塁の走者を一掃する適時二塁打を放ち7-0とリードを広げる
続きを読む


【高校野球】佐渡総合が16強進出 春季県大会3回戦

高校野球の春季県大会「第146回北信越高校野球・新潟県大会」は4日、4球場で3回戦8試合が行われ、ベスト16が出そろった。新潟市鳥屋野球場では連合チームの向陽万代羽茂が逆転勝ち。新発田市五十公野球場では佐渡総合がコールド勝ちで2016年秋以来となるベスト16進出を果たした。村上桜ヶ丘は加茂暁星に競り勝った。三条パール金属スタジアムでは長岡商が9回逆転サヨナラ勝ち。柏崎市佐藤池球場では上越、中越がコールドで勝利した。4回戦は7日に4球場で行われる予定。

五十公野①佐渡総合10-2新潟商
7回2失点の好投を見せた佐渡総合①青木彰吾(3年) 続きを読む


【高校野球】関根学園・近藤が11奪三振の好投 春季県大会3回戦

高校野球の春季県大会「第146回北信越高校野球・新潟県大会」は3日、4球場で3回戦8試合が行われた。新潟市鳥屋野球場では昨秋優勝の北越が中盤に巻を突き放した。新発田市五十公野球場では新潟明訓が佐渡をくだした。昨秋準優勝の日本文理は玉木聖大(3年)がサイクル安打の活躍を見せて大勝した。柏崎市佐藤池球場では関根学園が先発・近藤晶英(3年)の8回11奪三振の好投で快勝した。4日は4球場で3回戦8試合が行われ、ベスト16が出そろう。

佐藤池②関根学園5-0糸魚川
8回を投げ11奪三振の好投を見せた関根学園⑩近藤晶英(3年) 続きを読む


【高校野球】佐渡・池野が勝ち越し打 春季県大会2回戦

高校野球の春季県大会「第146回北信越高校野球・新潟県大会」は2日、4球場で2回戦12試合が行われた。新潟市鳥屋野球場の第3試合では新津南が延長の末に新潟北に競り勝った。長岡市悠久山球場の第2試合では長岡農・正徳館・栃尾の連合チームが同じ連合の常総久に打ち勝った。新潟明訓、新潟工、長岡大手、関根学園、長岡工、長岡はそれぞれコールド勝ちで3回戦進出を決めた。3日は4球場で3回戦8試合が行われる予定。

鳥屋野②佐渡7-4新発田商
4回裏、佐渡が2死満塁から四番・池野奏時(3年)の中前適時打で2点勝ち越し 続きを読む


【高校野球】4球場で全試合が中止・順延 春季県大会2回戦

高校野球の春季県大会「第146回北信越高校野球・新潟県大会」は1日、4球場で2回戦12試合が予定されていたが、全試合が雨のため中止、2日に順延が決まった。

雨のため水が浮いた長岡市悠久山球場 4球場で全試合が中止・順延となった 続きを読む