【高校野球】日本文理が2年ぶり11回目の優勝 新潟大会決勝

夏の甲子園出場を懸けた「第103回全国高校野球選手権・新潟大会」は27日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで決勝戦が行われ、日本文理が7対3で新潟産大附に勝ち、2年ぶり11回目の優勝を飾った。

日本文理は初回に主将で四番の渡邊暁仁(3年)の満塁本塁打で先制。3回と6回にも追加点を挙げ、試合を優位に進めた。先発したエースの田中晴也(2年)は最速144キロの直球と変化球を投げ分け、3失点で完投した。初優勝を狙った新潟産大附は初回に五十嵐魁(3年)の適時打で1点を返し、8回には四番・鈴木健太郎(3年)の2ランで追い上げたが及ばなかった。

2年ぶりの開催となる全国高校野球選手権大会は8月3日に組み合わせ抽選が行われ、9日に甲子園球場で開幕する。

2年ぶり11回目の夏の甲子園出場を決め、歓喜に沸く日本文理ナイン 続きを読む


【高校野球】決勝は新潟産大附×日本文理 ともにコールド勝ち 新潟大会準決勝

夏の甲子園出場を懸けた「第103回全国高校野球選手権・新潟大会」は25日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで準決勝2試合が行われ、新潟産大附と日本文理が決勝進出を果たした。新潟産大附は序盤から得点を重ねて開志学園に8回コールド勝ち。日本文理は新潟明訓を中盤突き放して8回コールド勝ちした。

決勝戦は27日(火)午前10時から同スタジアムで行われる。新潟産大附が勝てば初優勝。日本文理が勝てば2年ぶり11回目の優勝となる。

準決勝①新潟産大附7-0開志学園
8回無失点の好投を見せた新潟産大附①西村駿杜(3年)


準決勝②日本文理10-3新潟明訓
5回表に日本文理の田中晴也(2年)が右中間にソロ本塁打を放ち3-0に。田中は8回にも2本目となるソロ本塁打 続きを読む


【高校野球】日本文理が延長制す 新潟明訓は逆転勝ち 新潟大会準々決勝

夏の甲子園出場を懸けた「第103回全国高校野球選手権・新潟大会」は23日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで準々決勝2試合が行われた。第1試合は日本文理が関根学園に延長10回の競り合いを制して春の県大会の雪辱を果たした。第2試合は新潟明訓が終盤に4点差を逆転し東京学館新潟をくだした。日本文理は夏の選手権は2年ぶり、新潟明訓は5年ぶりのベスト4進出。24日は試合はなく、25日に同スタジアムで準決勝2試合が行われる。

新潟明訓5-4東京学館新潟
8回裏、新潟明訓は2死2、3塁から小黒拓巳(2年)の中越え適時三塁打で5-4と逆転 続きを読む


【高校野球】新潟産大附がコールド勝ち 開志学園は初の4強 新潟大会準々決勝

夏の甲子園出場を懸けた「第103回全国高校野球選手権・新潟大会」は22日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで準々決勝2試合が行われた。第1試合では新潟産大附が新津工にコールド勝ちで3年ぶりのベスト4進出を決めた。第2試合では開志学園が4回に遠藤崚晟の3ランで逆転、中盤以降も追加点を挙げて北越をくだし、創部13年目で初のベスト4進出を決めた。23日も同スタジアムで準々決勝2試合が行われ、ベスト4が出そろう。

開志学園9-4北越
4回表、開志学園の遠藤崚晟(3年)が左中間に3ランを放ち、3-2と逆転 続きを読む


【高校野球】北越が秋王者くだす 8強出そろう 新津工は18年ぶり 新潟大会4回戦

夏の甲子園出場を懸けた「第103回全国高校野球選手権・新潟大会」は20日、4球場で4回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろった。新潟市のハードオフ・エコスタジアムでは新潟明訓と東京学館新潟がコールド勝ち。新発田市五十公野球場では北越が昨秋優勝校の加茂暁星に競り勝った。開志学園はコールドでベスト8入りを果たした。長岡市悠久山球場では関根学園と日本文理が準々決勝進出を決めた。柏崎市佐藤池球場では春優勝の新潟産大附が逆転勝ち。新津工は延長12回の死闘を制した。

準々決勝は22日と23日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで行われる。

悠久山①関根学園7-1巻
7回を投げ1失点と粘りの投球を見せた関根学園⑩牧野水樹(3年) 続きを読む