【高校野球】新潟県高野連「できるだけ早く対応」 球数制限で日本高野連「再考求める」

新潟県高野連が今春の県大会から投手の球数を1試合100球を上限とする「球数制限」を打ち出したことについて、日本高野連は20日、大阪市内で理事会を開き、新潟県高野連の決定について「再考を求める」と文書で伝える方針を決めた。これに対し、新潟県高野連の杵鞭義孝専務理事が20日、新潟市内で取材に応じ、「日本高野連から正式な文書をいただいてからきちんとした対応を考えたい」とコメントした。その上で、既に機関決定している春の県大会での球数制限については「できるだけ早く、組織として対応したい」と近く新潟県高野連として結論を出す考えを示した。

取材に応じる新潟県高野連・杵鞭義孝専務理事

新潟県高野連は去年12月の評議委員会で、複数投手制や投手の障害予防、多くの選手に出場機会を与えたいという目的で、春の県大会に限り、投手の球数上限を100球とする「球数制限」を今春から導入することを決定した。全国で初めての試みで、「医学的見地から検証も行いたい」としていた。

これに対し、日本高野連は「方向性は間違っていない」としながらも、「全国一律のルール化が必要」として、今春の導入に否定的な姿勢を示していた。一方で、DeNAの筒香嘉智選手やスポーツ庁の鈴木大地長官らが新潟県高野連が打ち出した球数制限について「子どもたちの将来を守るために必要」と賛意を示すなど、その影響は野球界だけでなくスポーツ界まで広がっていた。

20日の日本高野連の理事会での「再考を求める」との方針決定を受け、新潟県高野連の杵鞭専務理事は「日本高野連の文書を見て対応したい」としながら、「春の大会まで準備が間に合うように(対応を)決定したい」とコメントした。「新潟県としては投手の複数育成と障害予防という思いは強くあり、それは変わらない。いろいろな意見はいただいている。高校野球のみならず、新潟県の青少年野球団体協議会が掲げている理念もある」と球数制限導入の意義を改めて口にしながら、「できるだけ早く、組織として対応したい」と話した。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】寮監の鈴木監督は「けん責」 飲酒喫煙問題で日本文理高校が処分

日本文理高校を運営する日本文理学園は14日、新潟市西区の同校で理事会を開き、去年11月に発覚した3年生野球部員による寮内での飲酒と喫煙の問題について、寮監として寮を管理していた鈴木崇監督(38)を「けん責」処分とすることを決めた。 続きを読む


【高校野球】中越・小鷹葵前主将を優秀選手表彰 日本学生野球協会

日本学生野球協会の2018年度の優秀選手に新潟県から中越高校3年・小鷹葵前主将(18)が選出され、その表彰式が21日、長岡市の同校で行われた。新潟県高野連の富樫信浩会長から賞状入りの記念盾を手渡された小鷹前主将は「チームの仲間や相手として戦った仲間から刺激を受けたことで、いただくことができた賞で感謝している」と感想を話し、大学でも野球を続けて「夢であるプロ野球選手を目指したい」と決意を新たにしていた。

表彰を受ける小鷹葵前主将 戦った仲間へも感謝の気持ちを表した 続きを読む


【高校野球】中越・坂井翔太が新潟医療福祉大へ 関甲新で「首位打者獲りたい」

昨夏の新潟代表として甲子園に出場した中越高校の遊撃手で3年の坂井翔太選手(18)が関甲新1部の新潟医療福祉大に入学する。昨年末に推薦合格が決まった。坂井は昨秋にプロ志望届を提出したが、NPB(日本野球機構)ドラフト会議では指名がなかった。4年後のプロ入りを目指し、「大学では即戦力として使ってもらえるよう頑張りたい。リーグ戦で首位打者を獲りたい」と意気込んでいる。

新潟医療福祉大に入学が決まった中越・坂井翔太 新年も後輩と一緒に汗を流す 続きを読む


【高校野球】新潟南は選出ならず 北信越推薦は福井・金津 来春選抜21世紀枠

日本高野連は14日、来春開催される「第91回選抜高校野球大会」の21世紀枠の各9地区の推薦校を発表した。北信越地区からは福井県の金津高校が推薦され、新潟県の新潟南高校は選出されなかった。 続きを読む


【高校野球】日本文理に厳重注意 日本高野連

日本高野連は4日、大阪市内で定例の審議委員会を開催し、3年生の野球部員の飲酒や喫煙が発覚した日本文理高校への対応について、文書による「厳重注意」とした。引退した3年生による不祥事のため、日本学生野球協会審査室に処分を上申しなかった。 続きを読む


【高校野球】野球部員5人が飲酒で自宅謹慎 部長交代などを発表 日本文理 

日本文理高校は30日、新潟市西区の同校で記者会見を開き、野球部員5人が飲酒、うち3人が喫煙していたと発表した。同校はこの5人を自宅謹慎、運動部寮からの退寮処分とすると発表。また責任を取って佐藤琢哉野球部長が交代するとした。記者会見した田中利夫副校長は「多くの方々の期待を裏切る結果になり、お詫び申し上げる。再発防止と信頼回復に努める」と謝罪した。

記者会見で頭を下げる田中利夫副校長(右)と佐藤琢哉野球部長(左) 続きを読む


【高校野球】新潟南「冬に打撃強化を」 21世紀枠・県推薦校表彰

来春甲子園で開催される「第91回選抜高校野球大会」の21世紀枠の新潟県推薦校に選出された新潟南高校への表彰式が28日、新潟市の同校で行われ、新潟県高野連の富樫信浩会長から岩渕大主将(2年)に表彰状が手渡された。岩渕主将は「県代表に選ばれて光栄。この冬は打撃強化と体づくりを意識して取り組みたい」と意気込みを話した。

新潟県高野連の富樫信浩会長から表彰を受ける新潟南・岩渕大主将(右から2人目) 続きを読む


【高校野球】新潟南が県推薦校に 来春選抜大会21世紀枠

新潟県高野連は16日、「第91回選抜高校野球大会」(来年3月23日開幕・甲子園球場)の21世紀枠の新潟県推薦校に新潟南高校を推薦すると発表した。新潟南は今秋の県大会で準優勝し、21年ぶりに北信越大会出場を果たした。グラウンドが他部との共用である困難環境の克服や、学業と部活動の両立などの点が評価された。今後は11月28日に学校で表彰が行われ、12月14日に北信越地区5県の各候補校の中から地区代表が1校に絞られる。来年1月25日に開かれる選考委員会で全国9地区代表から3校が21世紀枠に選出される。

今秋の新潟県大会で準優勝 21年ぶりに北信越大会出場を果たした新潟南 続きを読む


【高校野球】火災消火でチームプレー 三条商野球部を善行表彰  日本高野連と新潟県高野連

日本高野連と新潟県高野連は31日、三条商業高校の野球部に対し、7月に三条市の五十嵐川河川敷で発生した枯れ草火災の際に迅速な消火活動で延焼を防いだことを讃え、「善行表彰」を行った。富樫信浩会長ら新潟県高野連の幹部が三条市の同校を訪れ、三条商2年の宮島希連主将に表彰状と記念品の硬式球を手渡した。

新潟県高野連の富樫信浩会長から表彰を受ける三条商・宮島希連主将と野球部員 続きを読む