【ドラフト】滝澤が西武と入団合意「守備をアピールしたい」

10月のNPB(日本野球機構)ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから育成2位指名を受けた関根学園高校3年の滝澤夏央内野手(18)が上越市で入団の内諾交渉を行い、支度金350万円、年俸280万円(金額はいずれも推定)で合意した。入団合意後、西武の鈴木敬洋育成・アマチュア担当(38)から帽子を被せてもらった滝澤は「プロ野球選手になったんだという気持ちがより一層強くなった」と笑顔を見せ、「ここからがスタート。スピードをいかした守備をアピールしたい」と決意を新たにしていた。

西武の鈴木敬洋育成・アマチュア担当(右)から帽子を被せてもらい、笑顔を見せる滝澤夏央 続きを読む


【高校野球】東京学館新潟が2年連続で県推薦校に 来春選抜21世紀枠

新潟県高野連は12日、来年3月に甲子園球場で開催される「第94回選抜高校野球大会」の21世紀枠の新潟県推薦校に東京学館新潟高校を推薦すると発表した。同校は今秋の県大会でベスト4に進出。県推薦は昨年に続き2年連続となる。

学業と部活動を両立させていること、数年間にわたり試合成績が良好であるにもかかわらず甲子園出場機会に恵まれていないこと、野球部員の活動が他の生徒によい影響を与えていることが推薦理由として挙げられた。

今後は11月19日に学校で表彰が行われ、12月10日に北信越地区5県の各候補校の中から地区代表が1校に絞られる。来年1月28日に開かれる選考委員会で全国9地区代表から3校が21世紀枠に選出される。

昨秋に続き、今秋の県大会でもベスト4に進んだ東京学館新潟 続きを読む


【高校野球】北越と日本文理、ともに敗退 県勢4強入りならず 北信越大会準々決勝

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第145回北信越高校野球大会」は17日、長野県の松本市野球場としんきん諏訪湖スタジアムで準々決勝が行われた。北越(新潟1位)は2対10で敦賀気比(福井3位)に7回コールドで敗れた。日本文理(新潟2位)は1対3で星稜(石川1位)に敗れた。新潟県勢のベスト4入りはならず、2014年に日本文理が出場して以来となる県勢の選抜甲子園出場は厳しくなった。

日本文理1-3星稜
好機であと一本が出ずに敗れた日本文理 続きを読む


【高校野球】北越と日本文理が準々決勝へ 帝京長岡は惜敗 北信越大会1回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第145回北信越高校野球大会」が16日、長野県で開幕した。新潟県勢は1回戦で、北越(新潟1位)が13対3、5回コールドで長野日大(長野4位)をくだした。日本文理(新潟2位)は4対2で高岡商(富山2位)に競り勝った。帝京長岡(新潟3位)は2対3で松商学園(長野1位)に惜敗した。17日は準々決勝4試合が行われ、北越は敦賀気比(福井3位)と、日本文理は星稜(石川1位)と、それぞれ対戦する。

日本文理4-2高岡商
4回表、公式戦初出場で一番に抜てきされた日本文理・井口虎汰朗(2年)が2死2、3塁から中前2点適時打を放ち、3-0に 続きを読む


【高校野球】北越×長野日大、日本文理×高岡商、帝京長岡×松商学園 北信越大会組み合わせ決まる

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第145回北信越高校野球大会」の組み合わせ抽選会が8日、長野県松本市で各県の代理が出席して行われた。新潟県勢は1回戦で、北越(新潟1位)が長野日大(長野4位)と、日本文理(新潟2位)が高岡商(富山2位)と、帝京長岡(新潟3位)が松商学園(長野1位)と、それぞれ対戦することが決まった。

◎第145回北信越高校野球大会の組み合わせ◎
続きを読む