【高校野球】日本文理 初戦突破ならず 関東一に6対10で敗れる 全国高校野球選手権

第101回全国高校野球選手権大会は10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦を行い、新潟代表の日本文理が東東京代表の関東一と対戦、6対10で敗れ、2年ぶりの甲子園での勝利はならなかった。

2年ぶり10回目の甲子園出場を果たした日本文理は初回に五番の南隼人(3年)の中前適時打で先制、3回にも南の適時打で追加点を挙げ先行した。しかし先発投手の南が3回、四番打者にソロ本塁打を許したところから制球に苦しみ、この回4失点し逆転を許した。日本文理は4回に桑原大紀(2年)の2点適時打で同点に追いつき、主将の長坂陽(3年)の適時二塁打で逆転したが、4回裏に関東一に2点を入れられ再び逆転されると、5回から長谷川優也(2年)が登板。5回は無失点に抑えたが、6回、7回、8回と相手打線に追加点を許し、リードを広げられた。日本文理は9回に3四死球で1死満塁としたが、関東一の二番手投手の前に後続が倒れ、得点できなかった。

◎10日の1回戦の試合結果◎
<甲子園>
日本文理6-10関東一
→日本文理は初戦突破ならず


(バッテリー)
文 理:南、長谷川-佐藤
関東一:土屋、谷-野口
(二塁打)
文 理:長坂2(3回、4回)
関東一:渋谷、土屋、谷
(三塁打)
関東一:平泉(4回)、藤松(8回)
(本塁打)
関東一:平泉(3回・ソロ) 続きを読む


【高校野球】日本文理 甲子園ベンチ入りメンバー紹介(前編)

「第101回全国高校野球選手権大会」に新潟代表として2年ぶり10回目の出場を果たした日本文理高校のベンチ入りメンバー18人と記録員を前編・後編の2回に分けて紹介する。

※名前・読み方・学年・守備位置・出身中学(硬式出身チーム)・身長体重・投打


①南隼人(みなみ・はやと)3年 投手
 黒埼中 176センチ 74キロ 右投右打
特徴:柔らかいフォームからのストレート 続きを読む


【高校野球】日本文理 甲子園ベンチ入りメンバー紹介(後編)

「第101回全国高校野球選手権大会」に新潟代表として2年ぶり10回目の出場を果たした日本文理高校のベンチ入りメンバー18人と記録員を前編・後編の2回に分けて紹介する。

※名前・読み方・学年・守備位置・出身中学(硬式出身チーム)・身長体重・投打


⑩池田真士(いけだ・しんし)3年 投手
 新井中 170センチ 80キロ 右投右打
特徴:5月にサイドスローに転向、変化球の出し入れで勝負する
続きを読む


【高校野球】日本文理が甲子園へ出発 長坂主将「初戦を大事に」

8月6日に開幕する「第101回全国高校野球選手権大会」に2年ぶり10回目の出場を決めた日本文理高校ナインが31日、甲子園に向けて出発した。教職員や保護者に見送られ、新潟市西区の同校を午前9時前にバスで出発。新幹線を乗り継ぎ、宿舎のある大阪市に到着した。

新潟市西区の日本文理高校の玄関前で出発前の挨拶をする選手たち 続きを読む


【高校野球】日本文理が大阪出発前、最後の練習

8月6日に甲子園球場で開幕する「第101回全国高校野球選手権大会」に出場する日本文理高校の選手たちが30日、新潟市西区の同校グラウンドで大阪入り前の最後の練習を行った。31日の午前9時に出発し、新幹線で大阪入りする。

打撃練習に汗を流す日本文理の選手たち 続きを読む