【NPB】笠原祥太郎がオイシックス入団

NPBファーム・リーグのオイシックス新潟アルビレックスBCは17日、新潟市出身で中日やDeNAで活躍した笠原祥太郎投手(29歳・新津高-新潟医療福祉大)の入団を発表した。背番号は「47」。笠原投手は今季、台湾・台鋼ホークスと契約し、4月に初勝利を挙げたが、今月登録を抹消された。帰国後の12日にオイシックスの首脳陣の前で投球テストを行い、入団が決まった。

オイシックス入団が決まった笠原祥太郎(12日撮影)

笠原投手は新津高、新潟医療福祉大を経て、2016年秋のドラフト会議で中日から4位指名を受けて入団し、2019年には開幕投手を務めた。2022年の現役ドラフトでDeNAから指名されて移籍し、2023年のシーズン終了後に戦力外となった。2024年は台湾・台鋼ホークスに入団し、ホーム開幕戦で勝利投手となった。その後、左肩痛からの調整が続いていたが、今月登録を抹消された。ここまでのNPB一軍通算成績は56試合に登板し11勝15敗、防御率4・44。

笠原投手は既にチームに合流していて、実戦登板に向けた調整を続けている。早ければ21日から長岡市悠久山球場で行われる楽天3連戦での登板が期待される。背番号は「47」と発表された。

笠原投手は球団を通して、「地元、新潟のチームであるオイシックス新潟アルビレックスBCに入団させていただきとてもうれしく思います。アルビレックスBCが設立された時、小学生くらいだったのですが、その時の夢の1つが『アルビレックスBCに入る』ことでした。今は夢が叶った気分です」とコメントした。


ユニフォーム姿の笠原祥太郎(球団提供)

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【NPB】陽岱鋼がオイシックスに入団合意 日本ハムや巨人で活躍

今季からNPB(日本野球機構)のイースタン・リーグに参加するオイシックス新潟アルビレックスBCに、日本ハムや巨人で活躍した陽岱鋼(よう・だいかん)外野手(37歳)が入団することがわかった。このほど入団合意し、近く正式発表される。NPBで通算1164安打、105本塁打を放った実力者の入団で、打線がさらに厚みを増すとともに、若手選手の見本となる活躍が期待される。

オイシックス入りが決まった陽岱鋼外野手(写真は2019年) 続きを読む


【NPB】前阪神の髙山俊がオイシックス入団へ

阪神を戦力外となった髙山俊外野手(30歳)が、来季からNPB(日本野球機構)のファーム・リーグに参加するオイシックス新潟アルビレックスBCに入団することが4日までに分かった。近く正式発表される。

オイシックス新潟への入団が決まった前阪神・髙山俊(2017年撮影) 続きを読む


【BCL】新潟が3連勝 福島くだす 先発の深澤が5回1失点の好投

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは16日、福島県本宮市で福島レッドホープスと対戦し、8対1で勝利した。新潟は開幕2連敗の後、3連勝で今季成績を3勝2敗にし、貯金を1とした。

新潟は先発の2年目右腕・深澤史遠(創価大)が初回に先制を許したが、その後立ち直り5回1失点と好投。その後は小林駿(新発田商高校-新潟コンマーシャル俱楽部)、上村知輝(創価大)、吉田一将(オリックス)が無失点で繋いだ。打線は2回に相手守備のミスから2点を入れて逆転。9回に片山悠(立教大)の適時打などで3点を入れて突き放した。新潟の次戦は22日(土)13時から、長岡市悠久山球場で信濃グランセローズと対戦する。

3連勝で今季成績を3勝2敗とした新潟アルビレックスBC(3月撮影) 続きを読む


【BCL】新潟が連勝 新人・鈴木颯人が初勝利

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは15日、長岡市悠久山球場で福島レッドホープスと対戦し、6対1で快勝した。新潟は連勝で今季成績を2勝2敗の五分に戻した。

新潟は先発した新入団の鈴木颯人(創価大)が6回途中まで1失点の好投を見せて初勝利を飾った。打線は10安打。1点リードで迎えた8回に阿部一心(立正大)と片山悠(立教大)の連続2点適時打で突き放した。新潟の次戦は4月16日(日)13時から、福島県本宮市で福島と対戦する。

2度目の先発で初勝利を飾った新潟の新人・鈴木颯人(創価大) 続きを読む