【高校野球】加茂暁星が逆転サヨナラで初優勝 第3代表は関根学園 秋季県大会

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は23日、三条パール金属スタジアムで決勝戦が行われ、加茂暁星が9回逆転サヨナラ勝ちで新潟明訓を破って優勝。加茂暁星は学校創立100周年の記念の年にうれしい初優勝を飾った。

第3代表決定戦は関根学園が東京学館新潟に9回逆転サヨナラ勝ちした。この結果、10月に富山県で開催される北信越大会は、加茂暁星、新潟明訓、関根学園の3校が出場することが決まった。

決勝 加茂暁星5-4新潟明訓
劇的な逆転サヨナラ勝ちで初優勝を決めた加茂暁星 続きを読む


【高校野球】新潟明訓と加茂暁星が決勝へ 秋季県大会準決勝

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は21日、三条パール金属スタジアムで準決勝2試合が行われ、新潟明訓と加茂暁星が決勝進出と北信越大会出場を決めた。新潟明訓は東京学館新潟に終盤の7回に逆転勝ち。加茂暁星は中盤に逆転し、関根学園の反撃を抑えた。新潟明訓は2017年春以来の北信越大会出場、加茂暁星は昨秋に続き2年連続の北信越大会出場となる。

決勝戦は23日に同スタジアムで行われる。北信越大会出場の残り1枠を決める第3代表決定戦は決勝前に行われる。

準決勝②加茂暁星4-2関根学園
2回裏、加茂暁星の齋藤大優(1年)が左越え2ランを放ち逆転 続きを読む


【高校野球】新潟明訓が中越に逆転サヨナラ 加茂暁星は日本文理に完封勝ち 秋季県大会準々決勝

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は19日、準々決勝4試合が2球場で行われ、加茂暁星、関根学園、東京学館新潟、新潟明訓の4校がベスト4進出を決めた。加茂暁星は今夏準優勝の日本文理に完封勝ち。関根学園は新潟工にコールド勝ちした。東京学館新潟は新発田中央に競り勝った。新潟明訓は3点差を追う9回に4点を挙げ、今夏優勝の中越に逆転サヨナラ勝ちした。

準決勝2試合は21日に三条パール金属スタジアムで行われる。上位3校が10月に富山県で開催される北信越大会に出場できる。

三条パール②新潟明訓5-4中越
9回裏、新潟明訓の種﨑樹(2年)が2死2、3塁から中前に逆転サヨナラ打を放つ 続きを読む


【高校野球】ベスト8決まる 秋季県大会4回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は16日、4球場で4回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろった。新潟市のみどりと森の運動公園の第1試合では新潟工が六日町にコールド勝ちし、秋春の県大会では2013年春以来のベスト8進出を果たした。三条パール金属スタジアムの第1試合では新発田中央が長岡高専を中盤以降に突き放した。

準々決勝4試合は19日に新発田市五十公野球場と三条パール金属スタジアムの2球場で行われる。

みどりと森①新潟工7-0六日町
7回を投げ5安打、無失点と好投した新潟工の桐生隼(1年) 続きを読む


【高校野球】ベスト16出そろう 秋季県大会3回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は14日、順延となった3回戦2試合が行われ、ベスト16が出そろったた。五十公野球場では北越が中盤以降引き離して新発田農をくだした。佐藤池球場では関根学園が帝京長岡に競り勝った。4回戦に勝ち上がった16チームには来夏の選手権新潟大会のシードポイントが与えられる。

15日は試合がなく、16日に4球場で4回戦8試合が行われる。

佐藤池①関根学園4-1帝京長岡
1回裏、関根学園が2死3塁から四番・尾身颯太の中前適時打で先制 続きを読む


【高校野球】加茂暁星・濵谷が2失点完投 2試合が順延 秋季県大会3回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は13日、4球場で3回戦8試合が予定されていたが、雨のため2試合が順延となった。みどりと森の運動公園の第2試合では加茂暁星が新発田に競り勝った。悠久山球場の第2試合では三条東が高田北城に勝ち、ベスト16進出を決めた。

14日は五十公野球場と佐藤池球場で順延となった2試合が行われ、ベスト16が出そろう予定。

みどりと森②加茂暁星3-2新発田
2安打、2失点、7奪三振の好投で完投した加茂暁星①濵谷直生(2年) 続きを読む


【高校野球】見附三商が連合チーム初の16強 秋季県大会3回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は12日、4球場で3回戦8試合が行われた。悠久山球場の第2試合では見附三商(見附・三条商の連合)が小千谷西に競り勝ち、連合チームとして初のベスト16進出を果たした。五十公野球場の第2試合では今夏準優勝の日本文理が今夏ベスト4の村上桜ヶ丘にコールド勝ち。佐藤池球場の第1試合では長岡高専が新井に勝ち、ベスト16進出を決めた。

13日は4球場で3回戦8試合が行われる予定。

悠久山②見附三商8-7小千谷西
連合チームとして初のベスト16進出を果たした見附三商 続きを読む


【高校野球】五泉が9点差を逆転勝ち 秋季県大会2回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は10日、2球場で2回戦4試合が行われた。五十公野球場の第2試合では五泉が9点差を跳ね返し、9回サヨナラ勝ちで巻をくだした。11日は試合がなく、12日に3回戦8試合が予定されている。

五十公野②五泉11-10巻
9回裏、サヨナラ打の五泉・酒井康太は一塁を回って全身で喜びを表した 続きを読む


【高校野球】柏崎がコールド勝ち 秋季県大会2回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は9日、4球場で2回戦12試合が行われた。五十公野球場の第2試合では新発田農が新潟向陽に逆転勝ち。佐藤池球場の第2試合では関根学園が延長戦の末、長岡工に競り勝った。

10日は2球場で2回戦4試合が行われる予定。

悠久山①柏崎12-4新潟県央工
4回表、柏崎が佐々木宥哉の犠飛で三塁から永井希青が生還し、9-0に 続きを読む


【高校野球】上越総合技術が快勝 中越は強豪私学対決を制す 秋季県大会2回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は8日、4球場で2回戦12試合が行われた。今夏優勝の中越は3対2で昨秋準優勝の新潟産大附に競り勝った。今夏準優勝の日本文理は新潟南にコールド勝ち。三条は今夏ベスト4の上越に快勝した。

9日は4球場で2回戦12試合が行われる予定。

佐藤池②上越総合技術9-4長岡商
6回表、同点に追いついた上越総合技術が丸山桂太郎(2年)の左越え2ランで6-4と勝ち越し(写真) 続きを読む