【社会人硬式】バイタルネットが優勝 2位はJR新潟 都市対抗1次・新潟大会

社会人硬式野球の最高峰を決める全国大会の予選となる「第92回都市対抗野球・1次新潟県大会」が19日、新潟市鳥屋野球場で開催された。3チームによる総当たり戦の結果、2戦全勝のバイタルネットが優勝、1勝1敗のJR新潟が2位となり、この2チームが10月1日から富山市で行われる2次北信越大会に出場することが決まった。全国大会には北信越で優勝したチームが出場する。新潟県勢としては2014年にバイタルネットが出場して以来、7年ぶりとなる本大会出場を目指す。

バイタルネットは第3試合で主将の池田貴将(日本文理高-東洋大)の適時三塁打2試合とも2桁安打2桁得点で快勝した。JR新潟は新潟コンマーシャル俱楽部との試合で、先発したJR新潟の廣瀬生成(五泉高)が6回1失点と好投し勝利した。なお大会の最高殊勲選手賞はバイタルネットの松田賢大、敢闘賞はJR新潟の齋藤治親(中越高)、最高打撃賞はJR新潟の圓田慎也(7打数4安打)が選出された。

バイタルネット10-3新潟コンマーシャルクラブ
4回表、バイタルネットが1死1塁から九番・池田貴将(日本文理高-東洋大)の右越え適時三塁打で3-0とリードを広げる 続きを読む


【中学軟式】紫雲寺中は初戦敗退 中盤まで善戦も逆転許す 全日本少年春季軟式大会

静岡県で開催されている中学軟式野球の全国大会「第12回全日本少年春季軟式野球大会」の1回戦が19日に行われた。新潟県代表の紫雲寺中は高知県代表の明徳義塾中と対戦し、1対8で敗れた。紫雲寺中は3回表に先制したが、4回裏に逆転された。 続きを読む


【中学軟式】紫雲寺中が全国舞台へ 全日本少年春季軟式大会18日開幕

中学軟式野球の全国大会「第12回全日本少年春季軟式野球大会」が18日に全国50校が参加して静岡県で開幕する。新潟県代表として昨秋の県新人大会(オンヨネカップ)で優勝した新発田市立紫雲寺中学校が出場する。

大会は当初3月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開催が延期されていた。紫雲寺中の初戦の相手は明徳義塾中(高知)で、3年生は集大成として全国の強豪に挑む。(※18日の初戦は台風14号の影響で19日に順延となった)

全国の舞台で全力プレーを誓う紫雲寺中のメンバー(後列左端は内藤満監督) 続きを読む


【高校野球】2週間ぶりに部活動再開 21日から秋季県大会開幕

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、新潟県が3日から発令していた特別警報が16日で解除され、県内の各高校では17日、部活動が再開された。新潟市の新潟南高校では放課後の午後4時過ぎから、野球部員の1、2年生15人がグラウンドで2週間ぶりとなるチーム練習に汗を流した。各チームは21日に開幕する「第145回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」へ向けて急ピッチで調整を進める。

2週間ぶりとなる内野守備ノックに汗を流す新潟南の野球部員たち 続きを読む


【高校野球】来春選抜への第一歩 延期の秋季県大会組み合わせ決まる 開幕は21日

新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催が延期となっていた「第145回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」の組み合わせ抽選が14日、非公開で行われ、対戦トーナメントが決まった。大会は来春の選抜甲子園出場校選考のための資料となる。感染拡大のために新潟県が発令した特別警報による部活動の休止期間は16日までで、17日から再開となる予定。

大会には連合6チームを含む68チーム(81校)が参加し、新潟市のハードオフ・エコスタジアムなど5球場で開催される。21日に開幕し、南北の支部に分かれた1回戦から3回戦が28日まで行われる。順調に日程が進めば、30日に4回戦、10月3日に準々決勝、5日に準決勝、7日に決勝戦と第3代表決定戦が行われる。上位3チームが10月16日から長野県で開催される北信越大会に出場できる。

◎新潟県大会の組み合わせ◎ ※新潟県高野連発表
続きを読む