【高校野球】ベスト16が出そろう 秋季県大会3回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第141回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は19日、4球場で3回戦8試合を行った。五十公野球場の第1試合では村上桜ヶ丘が東京学館新潟をくだした。みどりと森の運動公園の第2試合では新津南が6年ぶりの4回戦進出を決めた。これでベスト16が出そろった。3回戦終了後に組み合わせ抽選が行われ、4回戦以下の組み合わせが決まった。4回戦8試合は21日(土)に4球場で実施される。

悠久山①長岡工3-1新潟県央工
1失点で完投、勝利を喜ぶ長岡工①大塚夏間(とうま・2年)

◎19日の3回戦の試合結果◎
<五十公野>
①村上桜ヶ丘10-6東京学館新潟

(バッテリー)
村上桜丘:山田尚-菅原
東京学館:高橋、南波、清田、高瀬-神保
(二塁打)
村上桜丘:佐藤(3回)、小田(3回)、山田大(7回)
東京学館:五十嵐(4回)、松田(8回)
(三塁打)
村上桜丘:小田(5回)
東京学館:目黒(6回)

②北越26-1新潟青陵(5回コールド)

(バッテリー)
北越:本間大、宮下、齊藤爽-小川稜、高橋良
青陵:阿部、鈴木、栗山-櫻井
(二塁打)
北越:高橋良2(2回、2回)、本間圭(2回)、本間大(4回)、松山(5回)、山﨑(5回)


<みどりと森>
①新潟明訓12-0新津工(5回コールド)

(バッテリー)
明 訓:関谷、阿部宏-吉田
新津工:目黒、阿部、川内-上石
(二塁打)
明 訓:吉田2(1回、2回)、遠藤聖(2回)、遠藤友(5回)
(三塁打)
明 訓:髙橋(3回)

②新津南10-6新潟向陽
→新津南が2013年秋以来のベスト16

(バッテリー)
新津南:佐藤、向井-山﨑
向 陽:磯貝、本間-伊藤
(二塁打)
向 陽:伊藤(3回、8回)
(三塁打)
新津南:向井(2回)


<悠久山>
①長岡工3-1新潟県央工

(バッテリー)
長岡工:大塚-山田
県央工:滝沢-小林龍
(二塁打)
長岡工:廣川(5回)

②新潟産大附12-0六日町(5回コールド)

(バッテリー)
六日町:皆川、宮、岡部、山之内-貝瀬、渡辺
産大附:和田昂、仙田-畠山
(二塁打)
産大附:和田昂(4回)
(本塁打)
産大附:遠藤(4回・3ラン)


<三条パール>
①関根学園11-6長岡

(バッテリー)
長岡:関根、本望、中野、関根-大塚
関根:瀬戸-舘野
(二塁打)
長岡:井熊(1回)、関根(7回)
関根:齋川(5回)
(三塁打)
関根:滝澤(7回)

②高田6-2糸魚川

(バッテリー)
高 田:小林-田中
糸魚川:井上-丸山、菊池
(二塁打)
高田:歌川(5回)
(三塁打)
高田:小山(7回)、山下(7回)


◎4回戦以降の組み合わせ◎ ※新潟県高野連発表

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】佐渡が競り勝ち16強 秋季県大会3回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第141回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は18日、4球場で3回戦8試合を行った。みどりと森の運動公園の第2試合では佐渡が競り勝ち、三条パール金属スタジアムの第2試合では柏崎が中盤に逆転勝ちし、ベスト16に進んだ。19日は3回戦8試合が行われ、ベスト16が出そろう。

みどりと森②佐渡4-2新潟
4回表、佐渡の伊藤亜友斗(2年)が右越え2点適時二塁打を放ち、4-1に 続きを読む


【高校野球】東京学館新潟が日本文理破る 秋季県大会2回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第141回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は16日、6球場で2回戦16試合を行った。五十公野球場の第1試合では今夏の準優勝校・東京学館新潟が夏優勝校の日本文理をくだした。佐藤池球場の第2試合では関根学園がシード校の新井をくだし、3回戦へ進出した。3回戦は18日と19日に行われる。

鳥屋野②新潟向陽9-2中条
1回裏、新潟向陽が磯貝拓夢(1年)の中前適時打で4-0とリードを広げる 続きを読む


【高校野球】三条・丸山が5回をパーフェクト 秋季県大会2回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第141回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は15日、6球場で2回戦16試合を行った。五十公野球場の第1試合では加茂暁星がシード校の新発田中央を破り3回戦に進出した。悠久山球場の第3試合では三条の丸山尊仁(2年)が5回参考記録ながら完全試合を達成。佐藤池球場の第3試合では連合チーム・三商長農正徳の細貝和(正徳館2年)が6回参考で無安打無得点試合を達成した。16日も6球場で2回戦16試合が行われる予定。

悠久山③三条10-0十海塩松
三条の①丸山尊仁(みこと・2年)が5回参考の完全試合を達成 続きを読む


【高校野球】秋季県大会が開幕 今夏準優勝の東京学館新潟など6校が2回戦へ

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第141回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」が13日に開幕し、2球場で1回戦6試合が行われた。五十公野球場の第3試合では今夏の準優勝校・東京学館新潟が7回コールド勝ち、みどりと森の運動公園では終盤追い上げられた新津が1点差を逃げ切り、それぞれ2回戦進出を決めた。14日は試合がなく、15日は6球場で2回戦16試合が予定されている。

みどりと森③新津9-8巻総合
終盤の追い上げを逃げ切り、勝利を喜ぶ新津の選手たち 続きを読む