【NPB】笠原祥太郎がオイシックス入団

NPBファーム・リーグのオイシックス新潟アルビレックスBCは17日、新潟市出身で中日やDeNAで活躍した笠原祥太郎投手(29歳・新津高-新潟医療福祉大)の入団を発表した。背番号は「47」。笠原投手は今季、台湾・台鋼ホークスと契約し、4月に初勝利を挙げたが、今月登録を抹消された。帰国後の12日にオイシックスの首脳陣の前で投球テストを行い、入団が決まった。

オイシックス入団が決まった笠原祥太郎(12日撮影)

笠原投手は新津高、新潟医療福祉大を経て、2016年秋のドラフト会議で中日から4位指名を受けて入団し、2019年には開幕投手を務めた。2022年の現役ドラフトでDeNAから指名されて移籍し、2023年のシーズン終了後に戦力外となった。2024年は台湾・台鋼ホークスに入団し、ホーム開幕戦で勝利投手となった。その後、左肩痛からの調整が続いていたが、今月登録を抹消された。ここまでのNPB一軍通算成績は56試合に登板し11勝15敗、防御率4・44。

笠原投手は既にチームに合流していて、実戦登板に向けた調整を続けている。早ければ21日から長岡市悠久山球場で行われる楽天3連戦での登板が期待される。背番号は「47」と発表された。

笠原投手は球団を通して、「地元、新潟のチームであるオイシックス新潟アルビレックスBCに入団させていただきとてもうれしく思います。アルビレックスBCが設立された時、小学生くらいだったのですが、その時の夢の1つが『アルビレックスBCに入る』ことでした。今は夢が叶った気分です」とコメントした。


ユニフォーム姿の笠原祥太郎(球団提供)

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】帝京長岡が初優勝 新潟県勢10年ぶりに北信越制覇

「第150回北信越高校野球大会」は4日、富山市民球場で決勝が行われ、新潟県代表の帝京長岡が2対0で長野県代表の都市大塩尻に勝ち、初優勝を飾った。新潟県代表の北信越大会優勝は2014年春の日本文理以来10年ぶり。

続きを読む


【高校野球】茨木佑太が2失点完投の好投 帝京長岡が決勝へ 第150回北信越大会

「第150回北信越高校野球大会」は3日、富山市民球場で準決勝が行われ、新潟県代表の帝京長岡が4対2で福井県代表の福井工大福井をくだし、初の決勝進出を決めた。新潟県勢の決勝進出は2021年春に新潟明訓が準優勝して以来3年ぶりで、 優勝すれば2014年春の日本文理以来10年ぶりとなる。長野県代表の都市大塩尻と対戦する決勝戦は4日の10時から同球場で行われる。

帝京長岡4-2福井工大福井/帝京長岡のエース・茨木佑太(3年)は9回を完投、5安打、9奪三振、2失点(自責点1)の好投をみせた 続きを読む


【高校野球】帝京長岡が準決勝へ 北信越大会が富山で開幕

「第150回北信越高校野球大会」は1日、富山市で開幕。1回戦で新潟県代表の帝京長岡が富山・氷見と対戦し、10対0で快勝した。帝京長岡は準決勝で福井県代表の福井工大福井と対戦する。

帝京長岡10-0氷見/2回表、帝京長岡は1死1、2塁から木村朋暉(3年)の左前適時打で先制 続きを読む


【高校野球】帝京長岡が2年連続で春を制する 春季県大会決勝

高校野球の春季県大会「第150回北信越高校野球・新潟県大会」は12日、長岡市悠久山球場で決勝戦が行われ、帝京長岡が4対2で日本文理をくだし、昨春以来3回目の優勝を飾った。帝京長岡は6月1日から富山県で行われる北信越大会に出場する。

優勝を決め、マウンドで喜びを爆発させる帝京長岡の選手たち 続きを読む