【高校野球】新潟県高野連「できるだけ早く対応」 球数制限で日本高野連「再考求める」

新潟県高野連が今春の県大会から投手の球数を1試合100球を上限とする「球数制限」を打ち出したことについて、日本高野連は20日、大阪市内で理事会を開き、新潟県高野連の決定について「再考を求める」と文書で伝える方針を決めた。これに対し、新潟県高野連の杵鞭義孝専務理事が20日、新潟市内で取材に応じ、「日本高野連から正式な文書をいただいてからきちんとした対応を考えたい」とコメントした。その上で、既に機関決定している春の県大会での球数制限については「できるだけ早く、組織として対応したい」と近く新潟県高野連として結論を出す考えを示した。

取材に応じる新潟県高野連・杵鞭義孝専務理事

新潟県高野連は去年12月の評議委員会で、複数投手制や投手の障害予防、多くの選手に出場機会を与えたいという目的で、春の県大会に限り、投手の球数上限を100球とする「球数制限」を今春から導入することを決定した。全国で初めての試みで、「医学的見地から検証も行いたい」としていた。

これに対し、日本高野連は「方向性は間違っていない」としながらも、「全国一律のルール化が必要」として、今春の導入に否定的な姿勢を示していた。一方で、DeNAの筒香嘉智選手やスポーツ庁の鈴木大地長官らが新潟県高野連が打ち出した球数制限について「子どもたちの将来を守るために必要」と賛意を示すなど、その影響は野球界だけでなくスポーツ界まで広がっていた。

20日の日本高野連の理事会での「再考を求める」との方針決定を受け、新潟県高野連の杵鞭専務理事は「日本高野連の文書を見て対応したい」としながら、「春の大会まで準備が間に合うように(対応を)決定したい」とコメントした。「新潟県としては投手の複数育成と障害予防という思いは強くあり、それは変わらない。いろいろな意見はいただいている。高校野球のみならず、新潟県の青少年野球団体協議会が掲げている理念もある」と球数制限導入の意義を改めて口にしながら、「できるだけ早く、組織として対応したい」と話した。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【BCL】北越・阿部と練習生契約 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグ新潟アルビレックスBCは19日、北越高校3年の阿部裕二朗(17歳)と練習生契約を結んだと発表した。左投げ左打ちの阿部は新潟市出身で、北越では中軸の外野手として昨夏の新潟大会4回戦(開志学園戦)で本塁打を放つなど活躍。昨秋、BCリーグ挑戦を念頭にプロ志望届を提出し、11月と2月のトライアウトを受験したが指名球団はなかった。練習生は公式戦に出場できないため、当面の目標は選手契約となる。

9日のトライアウトでブルペン投球を行う阿部 BCLでは投手として挑戦する 続きを読む


【高校野球】寮監の鈴木監督は「けん責」 飲酒喫煙問題で日本文理高校が処分

日本文理高校を運営する日本文理学園は14日、新潟市西区の同校で理事会を開き、去年11月に発覚した3年生野球部員による寮内での飲酒と喫煙の問題について、寮監として寮を管理していた鈴木崇監督(38)を「けん責」処分とすることを決めた。 続きを読む


【女子野球】〝マドンナ〟選手迎えて野球を楽しむ BBガールズウィンターフェスタ開催

野球好きの女子小学生が交流を深めるイベント「BBガールズウィンターフェスタ」が10日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムの室内練習場で開催された。ことしは県内だけでなく首都圏からも合わせて67人が参加。特別ゲストとして、去年のワールドカップで6連覇を果たした日本代表「マドンナジャパン」の選手やコーチを招き、野球教室やミニゲームを楽しんだ。

ミニゲームを楽しむ参加者 野球好きの女子小学生67人が参加した 続きを読む


【BCL】清水新監督「選手と一緒に成長を」 就任会見で抱負 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCの新監督に就任した元日本ハム、オリックス投手の清水章夫氏(43歳)が25日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで就任記者会見に臨み、「選手と一緒に成長していきたい」と決意を述べた。契約期間は1年で、背番号は「99」。清水監督は今季のチームスローガンを「縁(えん)」に決めたとことを明らかにした。

第8代となる監督に就任した清水章夫新監督(左)と池田拓史球団社長 続きを読む


【高校野球】中越・小鷹葵前主将を優秀選手表彰 日本学生野球協会

日本学生野球協会の2018年度の優秀選手に新潟県から中越高校3年・小鷹葵前主将(18)が選出され、その表彰式が21日、長岡市の同校で行われた。新潟県高野連の富樫信浩会長から賞状入りの記念盾を手渡された小鷹前主将は「チームの仲間や相手として戦った仲間から刺激を受けたことで、いただくことができた賞で感謝している」と感想を話し、大学でも野球を続けて「夢であるプロ野球選手を目指したい」と決意を新たにしていた。

表彰を受ける小鷹葵前主将 戦った仲間へも感謝の気持ちを表した 続きを読む


【BCL】監督に元日ハム・清水章夫氏 加藤健氏が総合コーチに 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは、次期監督に日本ハムやオリックスで先発や中継ぎ左腕として活躍した清水章夫氏(43)を招へいすることを決めた。近く球団から正式に発表される予定。また、球団社長補佐としてフロントで活躍してきた元巨人捕手の加藤健氏(37・聖籠町出身)が非常勤の総合コーチとしてベンチ入りし清水新監督を支える。 続きを読む


【イベント】BC選手の“心”写す 長岡市出身のカメラマン・武山智史さんが写真展

長岡市出身のフリーカメラマン・武山智史さんの写真展『グラウンドの主役たち4』が13、14日の2日間、長岡市のアオーレ長岡で開催された。2016年から毎年開催され、今年で4回目。過去3回は高校球児が題材だったが、今回はルートインBCリーグ・新潟アルビレックスBCの選手たちがテーマ。昨年3月のキャンプインから、公式戦の舞台裏、10月のNPBドラフト会議でDeNAから指名された知野直人内野手の指名の瞬間の表情をとらえた作品など35点が展示された。

4回目の開催となった写真展 大勢の人が来場した 続きを読む


【高校野球】中越・坂井翔太が新潟医療福祉大へ 関甲新で「首位打者獲りたい」

昨夏の新潟代表として甲子園に出場した中越高校の遊撃手で3年の坂井翔太選手(18)が関甲新1部の新潟医療福祉大に入学する。昨年末に推薦合格が決まった。坂井は昨秋にプロ志望届を提出したが、NPB(日本野球機構)ドラフト会議では指名がなかった。4年後のプロ入りを目指し、「大学では即戦力として使ってもらえるよう頑張りたい。リーグ戦で首位打者を獲りたい」と意気込んでいる。

新潟医療福祉大に入学が決まった中越・坂井翔太 新年も後輩と一緒に汗を流す 続きを読む


【小中学硬式】新年の安全と必勝を祈願 新潟シニアは選抜大会へ 新潟少年硬式野球連盟

新潟少年硬式野球連盟に所属するリトルリーグとリトルシニアリーグによる合同の必勝祈願が6日、新潟市の白山神社で行われた。毎年新年の恒例行事で、新潟市内のリトルとリトルシニアの選手や指導者ら約200人が今シーズンの安全と各大会での躍進を祈願した。

必勝祈願をするリトルリーグ、シニアリーグの選手たち 続きを読む