【高校野球】日本文理 初戦突破ならず 関東一に6対10で敗れる 全国高校野球選手権

第101回全国高校野球選手権大会は10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦を行い、新潟代表の日本文理が東東京代表の関東一と対戦、6対10で敗れ、2年ぶりの甲子園での勝利はならなかった。

2年ぶり10回目の甲子園出場を果たした日本文理は初回に五番の南隼人(3年)の中前適時打で先制、3回にも南の適時打で追加点を挙げ先行した。しかし先発投手の南が3回、四番打者にソロ本塁打を許したところから制球に苦しみ、この回4失点し逆転を許した。日本文理は4回に桑原大紀(2年)の2点適時打で同点に追いつき、主将の長坂陽(3年)の適時二塁打で逆転したが、4回裏に関東一に2点を入れられ再び逆転されると、5回から長谷川優也(2年)が登板。5回は無失点に抑えたが、6回、7回、8回と相手打線に追加点を許し、リードを広げられた。日本文理は9回に3四死球で1死満塁としたが、関東一の二番手投手の前に後続が倒れ、得点できなかった。

◎10日の1回戦の試合結果◎
<甲子園>
日本文理6-10関東一
→日本文理は初戦突破ならず


(バッテリー)
文 理:南、長谷川-佐藤
関東一:土屋、谷-野口
(二塁打)
文 理:長坂2(3回、4回)
関東一:渋谷、土屋、谷
(三塁打)
関東一:平泉(4回)、藤松(8回)
(本塁打)
関東一:平泉(3回・ソロ) 続きを読む


【高校野球】日本文理 甲子園ベンチ入りメンバー紹介(前編)

「第101回全国高校野球選手権大会」に新潟代表として2年ぶり10回目の出場を果たした日本文理高校のベンチ入りメンバー18人と記録員を前編・後編の2回に分けて紹介する。

※名前・読み方・学年・守備位置・出身中学(硬式出身チーム)・身長体重・投打


①南隼人(みなみ・はやと)3年 投手
 黒埼中 176センチ 74キロ 右投右打
特徴:柔らかいフォームからのストレート 続きを読む


【高校野球】日本文理 甲子園ベンチ入りメンバー紹介(後編)

「第101回全国高校野球選手権大会」に新潟代表として2年ぶり10回目の出場を果たした日本文理高校のベンチ入りメンバー18人と記録員を前編・後編の2回に分けて紹介する。

※名前・読み方・学年・守備位置・出身中学(硬式出身チーム)・身長体重・投打


⑩池田真士(いけだ・しんし)3年 投手
 新井中 170センチ 80キロ 右投右打
特徴:5月にサイドスローに転向、変化球の出し入れで勝負する
続きを読む


【BCL】稲葉が前人未踏の900安打達成 新潟が勝利で飾る

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは8日、新発田市五十公野球場で
福島レッドホープスと対戦し、3対2で勝利した。新潟の後期通算成績は12勝7敗2分で東地区3位。この試合の5回裏に新潟の稲葉大樹野手コーチ兼選手(34)がレフト前安打を放ち、リーグ通算900安打を達成した。日本の独立リーグ所属選手では初めて。

新潟は初回に先制を許したものの、その裏に同点に追いついた後に宮沢直人の適時打で勝ち越し。6回には菊地悠人の適時二塁打で追加点を挙げた。投げては先発の中西啓太が7回途中まで2失点と粘り、その後は前川哲(新潟産大附高)、カノ、海老塚耕作のリレーで逃げ切った。新潟の次戦は10日(土)13時30分から、福島県伊達市で福島と対戦する。

日本独立リーグで前人未踏の通算900安打を達成した新潟・稲葉大樹 続きを読む


【中学軟式】県勢3校は初戦敗退 北信越大会

中体連の「第40回北信越中学校総合競技大会」の軟式野球競技は6日、柏崎市佐藤池球場と上越市高田公園野球場を会場に開幕。北信越5県の代表11校が参加し、1回戦と準々決勝が行われた。上位2校に与えられる「全国中学校軟式野球大会」への出場権を目指し、新潟県から燕吉田中(新潟1位)、長岡大島中(新潟2位)、長岡南中(新潟3位)の3校が出場したが、いずれも初戦で敗退し、県勢の全国大会出場はならなかった。

準々決勝で逆転負けした燕吉田中 目指してきた全国大会出場はならなかった 続きを読む