【BCL】開幕投手の大竹「ワクワク」 10日開幕 ビジター群馬戦に挑む

ルートインBCリーグは10日に中地区(新潟、福島、群馬、信濃)で2021年シーズンが開幕し、新潟アルビレックスBCはビジターの群馬・高崎市で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。

新潟は開幕前日となる9日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで最終調整に汗を流した。10季ぶりに指揮を執る橋上秀樹監督は「楽しみが多い。幸先のいいスタートが切れるよう、できる範囲のことをやりたい」と語った。初の開幕投手を務める4年目の大竹樹希哉投手(五泉市出身)は「状態はいい。低めに丁寧に投げ、打たせて取りたい」と意気込みをみせた。

ランニングメニューで汗を流す開幕投手の大竹樹希哉投手

チームはこの日、打撃練習やランニングなどで調整した。開幕投手の大竹はブルペンには入らず、ランニング中心のメニューで汗を流した。

大竹は「ワクワクとドキドキがある。冬のオフにやってきたことでどこまで成長しているのか、群馬打線にどこまで通じるのか。低めに丁寧に投げてゴロを打たせて抑えたい」と心境を語った。その上で「投球練習ではいい調子。スライダーで空振りを取ることができている。シュートの精度も上がっている。投球の幅が広がった」と自信を見せた。

打撃練習を行う内藤晃裕主将(左)と稲葉大樹兼任コーチ

3年目の内藤晃裕主将(大阪体育大)は「橋上監督になり、今までよりも野球を深く知ることができた。チームとしてキャンプ、オープン戦でやってきたことを行動に移し、一人ひとりが役割を果たしたい」とシーズンを通した成長を誓っていた。

チームの現状について橋上監督は「打撃はよくなっている。攻撃は開幕からある程度、点が取れるのではないか。投手陣も手応えを感じる」と分析。その上で、「同じ中地区の群馬、信濃、福島とオープン戦で戦ったが、現状ではなかなか簡単に勝てない相手。スタート時点では厳しい戦いを強いられるかもしれないが、シーズンが終わる頃には逆転して、勝ち越せるように成長できれば」と選手の成長に期待を寄せ、6年ぶりの地区優勝とリーグ優勝に向けた見通しを語った。

新潟は10日(土)にビジターで群馬と開幕戦を戦う。翌11日(日)にホーム開幕戦として新潟市のハードオフ・エコスタジアムで福島レッドホープスと対戦する。

◎開幕前日の橋上監督、大竹投手、内藤主将コメント動画(約12分)◎

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【大学野球】ドラフト候補・桐敷拓馬「チームに勝利を」 3日に関甲新春季リーグ戦開幕

関甲新学生野球連盟の春季リーグ戦が3日から開幕する。1部の新潟医療福祉大は左腕・桐敷拓馬投手(4年・本庄東)を中心に創部初の優勝を目指し、新たなシーズンのスタートを切る。

今秋のドラフト上位候補に挙がる桐敷はOBの笠原祥太郎(中日)が背負った背番号「18」を初めて背負ってリーグ戦を迎える。桐敷は「ピンチになっても断ち切って、チームを勝たせる投球をしたい」と“エースの証明”を自らの投球で果たしていく覚悟だ。

今秋のドラフト候補・桐敷拓馬(4年) 背番号「18」を背負いエースの投球を誓う 続きを読む


【中学硬式】新潟シニアが上位狙う 26日開幕の全国選抜大会

中学硬式野球の「第27回日本リトルシニア全国選抜大会」は26日、大阪市などで全国32チームが参加して開幕する。信越連盟の代表として新潟県からは昨秋の信越2位・新潟シニアが出場する。26日の1回戦で青森山田(東北1位)と対戦する。2年ぶり9回目の選抜大会出場となる新潟シニアは、前回のベスト8以上の成績を目指し、冬場に鍛えてきた打撃で上位進出を狙う。

選抜大会で前回のベスト8以上の成績を目指す新潟シニア 続きを読む


【高校野球】富樫会長が定年 若井氏が再任用で母校・六日町へ 教職員人事異動発表

新潟県教育委員会と新潟市教育委員会は24日、今春の教職員の人事異動を発表した。高校野球関係の主な人事は以下の通り。

新潟県高野連関係では、会長で新潟東の校長・富樫信浩氏が定年退職となる。富樫氏は投手の球数制限導入など球児の健康対策などに尽力した。また県高野連の常務理事で新潟東の教諭・豊岡裕一氏が柏崎地域振興局に異動となる。富樫氏の後任校長には八海校長の笠井兵彦氏が就任。また新潟東には東新潟特別支援学校の教諭で元長岡向陵監督の竹田大作氏が異動する。

定年退職となる新潟東校長で新潟県高野連会長の富樫信浩氏 続きを読む


【高校野球】日本文理・外野人工芝の新グラウンド完成 山崎元審判員が「プレイボール」

新潟県内最多となる春夏合わせて15度の甲子園出場を誇る日本文理高校(新潟市西区)の野球部グラウンドの改修工事が終わり、23日にオープニングセレモニーが行われた。これまでのグラウンドを総工費約1億5000万円をかけて、新たに外野部分に人工芝を敷設し、内野部分の土を入れ替えた。セレモニーでは上越市出身の元NPB審判員・山崎夏生氏(65)による「プレイボール」の発声で始球式が行われ、新2、3年生による紅白戦で選手たちが新たな一歩を踏み出した。

外野が人工芝となった日本文理野球部グラウンド 続きを読む