【県野球界】富樫氏が新理事長に 新潟県野球協議会

新潟県野球協議会は14日、新潟市のホテルで理事会を開き、2021年度の役員人事を決定した。新潟県高野連の会長を務めた富樫信浩氏(60)が新理事長に就任する。富樫新理事長は取材に「野球界全体を考え、その発展のためにどうするか。少子化による(子どもの)野球離れなど課題はたくさんあるが、ひとつずつ応えたい」と決意を述べた。

新潟県野球協議会の新理事長に就任した富樫信浩氏(写真は去年4月) 続きを読む


アンケート調査ご協力のお願い

新潟野球ドットコムでは今後のサービス向上と発展のための基礎データ収集を目的として、アンケート調査を実施中です。3~5分程度で終わり、回答した個人が特定されることはありません。よろしければご協力をよろしくお願いいたします→
https://goo.gl/S0CWLB

新潟野球ドットコム 岡田浩人


【早起き野球】50年選手を表彰 女性チームも参加 新潟市早起き野球大会が開幕

今年で50回目を迎えた「新潟市早起き野球大会」(主催:同大会実行委員会)が17日に開幕し、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで開会式がおこなわれた。今年は176チーム(約3500人)が参加。去年より9チーム少ないが、2位の熊本市(143チーム)を上回り日本一の規模を維持している。開会式では50年間連続で参加しているチームや選手が表彰された。また23年ぶりに女性だけで構成されたチームも参加している。

選手宣誓をおこなうPECKERSの尾関太一郎選手


176チームが参加 今年も日本一の規模を誇る大会となった

開会式には約360人が参加。大会名誉会長の篠田昭新潟市長が「50回目の大会で、今年は全て女性というチームにも参加をいただいた。この大会を新潟市のスポーツ文化を広げる大会にしていただきたい」と挨拶。選手宣誓でPECKERSの尾関太一郎選手が「50回の歴史を築いてきた先輩たちに負けないはつらつとしたプレーをおこないます」と誓った。

開会式では50回連続で出場している3人が始球式をおこなった

開会式では50回記念大会ということで50回連続で出場を続けている6つのチームと、3人の選手が表彰された。50回連続で出場しているのは久保田吉汎さん(濁川クラブ)、石井幸一さん(ウォッチーズ)、米山芳男さん(豆九クラブ)の3人で記念の始球式をおこなった。久保田吉汎さん(68)は「健康で続けることができたことが嬉しい。ずっと2位、3位が続いたが昨年の49回大会で優勝できたことが一番の思い出」と笑顔で語った。

女性だけで結成された「ヒロインズ」の選手たち

また今大会には女性だけで結成されたチーム「HEROINES(ヒロインズ)」が初参加する。女性だけの単独チームの参加は23年ぶり。3月に結成され、公募でメンバーを募集したところ19歳から50代まで幅広く、野球好きの女性が集まった。女性だけのチームは壮年の部への参加となり、29日に初戦がおこなわれる予定。

大会は信濃川、日本海の各グループの1~3部と、壮年の部1、2部にわかれて、新潟市内の各会場で7月26日までおこなわれる。

※HEROINESについては大会実行員会が「女性単独チームの出場は初」と発表していましたが、その後の実行委員会の調査で第15回、第25~27回に女性チームが出場していたことがわかりましたので一部記事を訂正いたしました。

(取材・撮影・文/岡田浩人)