【2020春…新たなスタート①】甲子園で本塁打放った星兼太さん「いつか地元に貢献を」 

野球を通して、学んだことがある。その思いを胸に、この春、新たなスタートを切る新潟の<野球人>を3人紹介する。

1人目は日本文理高校OBで、今春東洋大を卒業した星兼太さん(22歳・見附市出身)。高校時代は2年夏の甲子園で本塁打を放つなど、全国ベスト4進出に貢献する活躍を見せた。しかし東都の名門・東洋大に進学後は、試行錯誤の末に「自分の打撃を見失ってしまった」。リーグ戦出場は5試合にとどまった。野球からの引退を決意し、4月からは埼玉県にある一般企業に就職する。星さんは「野球を通していい思いも悔しい思いもし、たくさんの仲間に巡り合うことができた」と振り返り、「いつか地元の野球界に貢献できれば」と前を向く。

東洋大を卒業した星兼太さん 2月には地元・見附市でのイベントに姿を見せた
(撮影/武山智史)

その表情は晴れやかだった。

東洋大での4年間を終え、2月に地元・見附市に帰省した。

「野球をやってきてよかったです」

久々に会う星さんは、現役時代には見せなかった柔和な目で、はっきり言った。


日本文理高校では1年からレギュラーに 思い切りのいい打撃で活躍した

星さんの球歴は華やかだ。

中学時代は硬式野球チームの長岡東シニアの主力打者として活躍し、全日本代表に選出された。日本文理高校では入学直後の練習試合で3打席連続本塁打をマークし、大井道夫監督(当時)の度肝を抜いた。1年秋の神宮大会決勝では先頭打者本塁打を叩き込み、2年夏の甲子園では1回戦の大分戦で後にプロ入りする佐野皓大投手(オリックス)から勝ち越し本塁打を放った。3年夏は甲子園出場を逃したものの、新潟大会準決勝(新潟戦)では8回に試合を決める本塁打を放った。

修行僧のような鋭い目。とことん自分を追い込む練習姿が印象的だった。

そして、初球から思い切りよく振り抜く打撃で印象に残る本塁打を量産した。「新潟県史上、最強の打者」…星さんをそう評価する新潟の野球関係者は多い。

「プロを目指したい」。4年前、そう言って故郷を後にした。大学野球の名門・東洋大学の門を叩いた。

入学後、すぐに一軍であるAチームに抜てきされた。

しかし、なかなか練習試合で結果を残すことができなかった。

「実は高校3年生の時にあまり打てなかったと、自分の中で思っていました。その分、自信を持って大学に入学したわけではなかったのです。入学後にAチームのメンバーには入れてもらうことができましたが、公式戦に出場する機会はなかった。ただ、その時に悔しい気持ちを持ってスタートしたことで、練習も自主練習もずっと真剣に取り組むことができました」

高校時代は簡単に打つことができたヒットが出ない。自分の打撃を追求しようと、インターネットの動画サイトなどでも研究を続けたが、調子は上向いてこなかった。

「今の時代は特に動画などでいろいろな打撃理論が世に溢れていますが、自分で消化しきれませんでした。試行錯誤をしすぎて、“自分の形”というものがどんどん分からなくなっていきました。いろいろ試し過ぎたのがよくなかったのだと思います。自分にプレッシャーをかけ過ぎた部分もありました」

リーグ戦には5試合に出場。「ヒットは1本だけ打ったのは憶えています」。高校時代の活躍を知る人たちからは「星はどうしているのか?」と言われた。「期待をしてもらっていた分、自分自身もやるせない気持ち…全く結果が出せなかったのが悔しくて情けない気持ちでした」と唇を噛む。


大学時代の星さん 打撃に悩んだ末、試行錯誤を繰り返した

それでも、腐らなかった。4年間、厳しい大学野球をやり通した。その原動力は何だったのか。

「一番は…家族です。ずっと応援してくれていましたから。それから小中高校とお世話になった指導者の皆さんの存在です。そういう人たちの応援が、新潟を離れた後、うまくいかなくて悩んでいた時期でも、『もう一度活躍したい』という思いにつながりました」

最終学年の4年生として迎えた去年春。

星さんは「就職を考える時期になり、このリーグ戦で選手として一区切りつけよう」と決意して臨んだ。

「最後まで自分にできるだけのことをしようと練習をして臨みました。出場機会はなかったのですが、自分の中ではやれることはやった。中途半端な気持ちではなく、うまく区切りをつけることができました」

子どもの頃からのプロ入りの目標は叶わなかったが、自分が辿ってきた野球の道に後悔はなかった。

その後、就職活動の結果、埼玉県にある一般企業から内定をもらった。今は仕事を通して社会に貢献したいと考えている。

そして、新潟県の高校野球の後輩たち、大学野球を目指す後輩たちにエールを送る。

「未来は決まっていません。やればやった分だけ自分に返ってくる可能性があります。自分がやらなければ、後に続く人たちの次の道も開けてこない。日本文理の後輩たち、新潟の野球の後輩たちの活躍を見るとうれしい。自分は野球を通して、いろいろないい思いも、悔しい思いもしてきました、もし機会があるならば、そういうものを少しでも伝えられたらなと思います」

2月24日、見附市で行われた女子野球のイベント会場に姿を見せた星さんは、楽しそうに野球をする子どもたちの姿を見て、こう言った。

「10年以上、野球をやってきた中で、苦しいこともありましたが、野球をやってきてよかったなという思いです。野球のおかげでたくさんの仲間や人たち巡り合うことができました。今、野球人口が減少している中で、こうやって野球が好きでやっている子どもたちの可能性、未来を潰さないよう、好きなことをできる環境を整えられることができたらと思います。自分は埼玉で就職しますが、いつか地元の野球界に貢献できればと思っています」

(取材・撮影・文/岡田浩人 撮影/武山智史 撮影/嶋田健一)


【大学野球】関東一高の“スピードスター”大久保が新潟医療福祉大入り 日本文理・南と「神宮目指す」

大学野球の関甲新学生野球連盟1部に所属する新潟医療福祉大に、昨夏の甲子園で活躍した東東京代表・関東一高の一番打者・大久保翔太外野手(18)が入学する。関東一高は1回戦で新潟代表の日本文理高をくだし、その後ベスト8に進出。その日本文理高のエース・南隼人投手(18)も同大に入学する。11日に行われた新入生説明会に出席した2人は笑顔で握手を交わし、チームメイトとして神宮球場で開催される全国大会への出場と活躍を誓い合った。

今春の入学が決まった日本文理高・南隼人(左)と関東一高・大久保翔太 続きを読む


【大学野球】鵜瀬監督「春から優勝狙う」 新潟医療福祉大が初練習

大学野球の関甲新学生野球連盟1部に所属する新潟医療福祉大が7日、新潟市北区にある同大の屋内練習場で初練習を行った。先月就任した鵜瀬亮一監督(39)が「優勝を狙って春からやっていきたい」と部員に今季の抱負を語り、新監督として昨秋のリーグ戦4位からのさらなる飛躍を誓った。

初練習で部員に今季の目標を語る鵜瀬亮一監督(中央) 写真左端は佐藤和也総監督 続きを読む


【回顧2019】指揮官に聞く①新潟医療福祉大・佐藤和也監督

2019年も残りあとわずかとなった。今季、新潟の野球界をけん引してきた3人の指揮官に2019年の自チームを振り返ってもらい、来季への期待と展望を語ってもらう。第1回は新潟医療福祉大を率いて7年目のシーズンを終えた佐藤和也監督(63)。関甲新1部で初のリーグ優勝を狙った今春はまさかの全敗で6位となり、その後の入れ替え戦でなんとか1部残留を決める内容だった。しかし秋は一転、投打が噛み合い、優勝した白鷗大から勝ち点を奪うなど6勝5敗と勝ち越し。最後まで上位争いを演じた末、勝ち点3の4位となった。4年生は卒業するが、チームの中心に成長した2、3年生を軸に、来季は創部初の優勝を目指す。

今季を振り返る新潟医療福祉大・佐藤和也監督 続きを読む


【大学野球】新潟医療福祉大が準決勝進出 関甲新・新人戦

大学野球の関甲新学生野球連盟は22、23日の両日、1、2年生による新人戦の2回戦と3回戦を新潟市のハードオフ・エコスタジアムなどで行った。新潟医療福祉大が2回戦で新潟大を、3回戦で松本大をくだし、準決勝に進出した。山梨学院大との準決勝は29日に行われる(場所は未定)。

新人戦で準決勝進出を決めた新潟医療福祉大 続きを読む


【大学野球】新潟大が13日から春季リーグ戦に挑む 関甲新2部

大学野球の関甲新学生野球連盟2部に所属する新潟大が13日、春季リーグ戦の初戦に臨む。長野・松本大野球場で行われる初戦の相手は昨秋の3部優勝校で今季から2部に昇格した高崎経済大。昨春、昨秋ともに2部で4位となった新潟大は「2部でAクラス(3位以内)を目指す」と目標を掲げている。

13日から春季リーグ戦に臨む新潟大 私大から勝ち点を挙げての上位進出を狙う 続きを読む


【大学野球】新潟医療福祉大は連敗で勝ち点ならず 関甲新1部

大学野球・関甲新学生野球連盟の春季リーグ戦が6日に開幕した。1部の新潟医療福祉大は6、7日に群馬県伊勢崎市で上武大と戦い、第1戦は6対14、第2戦は2対5で連敗し、勝ち点獲得はならなかった。新潟医療福祉大の次戦は13、14日、群馬県太田市で白鷗大と対戦する。 続きを読む


【大学野球】初V目指す新潟医療福祉大 関甲新1部・春季リーグ戦が6日開幕

大学野球の関甲新学生野球連盟の春季リーグ戦が6日開幕する。1部の新潟医療福祉大は6日からの第1節で昨秋優勝の上武大と対戦する。新潟医療福祉大は昨年、春季が最下位の6位となり、入れ替え戦で1部残留。秋季は最終戦で勝利して5位、入れ替え戦を回避した。チームを率いて7年目となる佐藤和也監督は「昨年は厳しいシーズンだった」と振り返る一方、「新4年生が昨年の反省に立って、野手が相手投手の分析を行うなど細かいケース想定をしてきた。何とか結果を出し、優勝戦線に躍り出てほしい」と期待を寄せる。大藪将也主将(4年・上田西)は「自信を持って臨める。初優勝を目指す」と気合いを入れている。

6日から春季リーグ戦に臨む新潟医療福祉大の選手たち 続きを読む