大和中が出場予定だった全国大会は中止 県高野連は15日まで練習自粛求める

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、国が小学校、中学校、高校などの臨時休校を要請したことを受け、新潟県内の学校や野球関係団体も対応に追われた。

新潟県高野連は28日、新潟県教育庁保健体育課からの「3月15日(日)まで部活動、遠征、合宿、練習試合等の実施を中止・延期」するよう求める通知を受けた。それに基づいて同日、各加盟校に適切に対応するよう文書で求めた。

中学の軟式野球部をはじめとした部活動については、各市町村の教育委員会の判断によるが、部活動の指導者によると、各地域とも概ね「春休み前までの活動自粛」という対応になっているという。 続きを読む


【女子野球】トキガールズは延長タイブレークでサヨナラ負け 全日本中学女子軟式野球大会

女子中学生による軟式野球の全国大会「第4回全日本中学女子軟式野球大会」は25日、京都市で2回戦を行った。初戦となる新潟県選抜チーム・トキガールズは1回戦を勝ち上がった兵庫県・オール兵庫ジュニアと対戦し、延長8回タイブレークの末、1対2のサヨナラ負けで初戦突破はならなかった。

新潟県代表として戦ったトキガールズのメンバー 続きを読む


【女子野球】開志学園は8強ならず 全国高校女子選抜大会

高校女子硬式野球の全国大会「第20回記念全国高校女子硬式野球選抜大会」は29日、埼玉県加須市で2回戦を行い、新潟県から出場した開志学園は埼玉栄と対戦し、0対5で敗れ、ベスト8進出はならなかった。 続きを読む


【女子野球】開志学園が昨夏優勝校を撃破 全国高校女子選抜大会

高校女子硬式野球の全国大会である「第20回記念全国高校女子硬式野球選抜大会」が27日、埼玉県加須市で開幕した。新潟県から出場した開志学園は、昨夏の選手権優勝校・京都両洋と対戦し、5対4で勝ち、初戦を突破した。開志学園の2回戦は29日で、埼玉栄と対戦する。

1回戦で昨夏優勝校を破った開志学園(写真提供:開志学園女子硬式野球部)

◎27日の1回戦の結果◎
<埼玉・平成国際大野球場>
開志学園5-4京都両洋

(文/岡田浩人 写真提供/開志学園女子硬式野球部)


【女子野球】〝マドンナ〟選手迎えて野球を楽しむ BBガールズウィンターフェスタ開催

野球好きの女子小学生が交流を深めるイベント「BBガールズウィンターフェスタ」が10日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムの室内練習場で開催された。ことしは県内だけでなく首都圏からも合わせて67人が参加。特別ゲストとして、去年のワールドカップで6連覇を果たした日本代表「マドンナジャパン」の選手やコーチを招き、野球教室やミニゲームを楽しんだ。

ミニゲームを楽しむ参加者 野球好きの女子小学生67人が参加した 続きを読む


【女子野球】最多勝の松谷「将来は日本代表に」 新年の意気込み語る

柏崎市出身で日本女子プロ野球・愛知ディオーネに所属する松谷比菜乃投手(20)が3日、出身チームである中学硬式野球チーム・柏崎シニアの練習始めに出席し、新年の抱負を述べた。昨季は育成チームからトップチームの愛知で先発投手としてデビュー。8勝を挙げ、最多勝のタイトルを獲得するとともに、最優秀新人賞にも選ばれた。新たなシーズンに向け、「タイトルも獲りたいが、まずはチームに貢献したい。将来的には日本代表になりたい」と意気込みを語った。

最多勝のタイトルと最優秀新人賞を獲得した松谷比菜乃 続きを読む


【女子野球】トキガールズはベスト4入りならず 全日本中学女子軟式野球大会

京都府で行われている女子中学生による軟式野球の全国大会「第3回全日本中学女子軟式野球大会」は31日、準々決勝が行われた。新潟県選抜チームとして初のベスト8入りを果たした「トキガールズ」は「愛知アドバンスジュニア」と対戦し、2対10で敗れ、ベスト4進出はならなかった。 続きを読む


【女子野球】トキガールズが初のベスト8入り 全日本中学女子軟式野球大会

27日に京都府で開幕した女子中学生による軟式野球の全国大会「第3回全日本中学女子軟式野球大会」は全国42チームが参加。30日までに3回戦が終了し、新潟県選抜チームの「トキガールズ」が3勝を挙げ、初のベスト8入りを果たした。トキガールズはベスト4を懸け、31日の準々決勝で愛知アドバンスジュニアと対戦する。

第3回大会で初のベスト8入りを果たした新潟県選抜「トキガールズ」
31日にベスト4進出を懸けて戦う
続きを読む


【女子野球】開志学園 初戦で惜敗 

埼玉県加須市で開催中の「第19回全国高校女子硬式野球選抜大会」は30日、2回戦が行なわれた。新潟県から出場した開志学園は至学館(愛知)と対戦、中盤の5回に逆転したものの、6回に逆転を許し、5対6で惜敗。初戦で姿を消した。 続きを読む


【女子野球】開志学園が選抜大会に出場 初戦は至学館と対戦へ 

埼玉県加須市で開催中の「第19回全国高校女子硬式野球選抜大会」に開志学園が出場する。チームは昨夏、全国選手権大会で初のベスト4に進んだ。新チームで臨む全国大会だが、選手たちは「目標は日本一」と言い切る。30日に初戦となる2回戦で至学館(愛知)と対戦する。

全国選抜大会での健闘を誓う開志学園・女子硬式野球部の選手たち 続きを読む


【イベント】楽しさ実感 女性のためのキャッチボール教室を初開催

新潟市の早起き野球大会に出場している女子チーム「HEROINES(ヒロインズ)」は12日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムの室内練習場で「女性のためのキャッチボール教室」を初開催した。女性の野球人口を増やそうと企画され、県内在住の22歳から45歳までの13人が参加。ルートインBCリーグ・新潟アルビレックスBCの前川恒選手(上越高出身)や元巨人育成投手でアルビBC普及担当・雨宮敬さん、同普及担当・斉藤雄太さんの3人が講師を務め、初心者にもわかりやすく投球動作の基本を指導した。

下半身を使った投球動作を教える雨宮敬元投手とフォームをまねる参加者 続きを読む


【女子野球】開志学園はプロ相手に健闘もコールド負け ジャパンカップ

プロ・アマを通した女子野球の日本一を決める大会「第7回女子野球ジャパンカップ」の準々決勝が4日、京都府で行われた。初出場の開志学園は女子プロチームの埼玉アストライアと対戦し、0対9の6回コールドで敗れ、ジャパンカップ初勝利はならなかった。 続きを読む


【女子野球】新潟BBガールズ選抜は準優勝 学童女子選抜大会

小学生女子の軟式野球大会「IBA第22回学童女子選抜大会」の準決勝と決勝が11月3日、埼玉県三郷市で開催され、新潟県から出場した新潟BBガールズ選抜は決勝で山梨ガールズイーストに1対2で惜敗し、準優勝に終わった。大会には関東を中心に小学4年生~6年生の女子選手で構成された9チームが参加し、トーナメントを戦った。新潟BBガールズ選抜は去年に続く連覇と5度目の優勝はならなかったが、健闘した。

準優勝の表彰を受ける新潟BBガールズ選抜の選手たち 続きを読む


【女子野球】開志学園女子がジャパンカップ初出場

プロとアマチュアの代表が女子野球の日本一のチームを決める「第7回女子野球ジャパンカップ」が3日から京都で開幕する。高校4チーム、大学2チーム、クラブ2チーム、プロ3チームの計11チームが出場。新潟から夏の全国選手権ベスト4に進出した開志学園が初出場する。参加チームはいずれも強豪ばかりだが、開志学園の選手たちは上位進出を誓っている。初戦となる2回戦は志学館大(大学1位)と埼玉アストライア(プロ2位)の勝者と4日に対戦する。

日本一を決めるジャパンカップに初出場する開志学園 続きを読む


【女子野球】新潟県女子野球連盟が発足 女子野球の輪拡大へ連携

新潟県内の6つの女子野球団体が協力し、15日に「新潟県女子野球連盟」を発足させた。参加したのは学童女子選手の交流と普及活動をおこなう「BBガールズ普及委員会」、社会人も含む軟式女子のクラブチームである「NLライズ」「中越フェニックス」「県央BLジャイアンツ」、県内唯一の女子硬式野球部「開志学園女子硬式野球部」、新潟市の早起き野球大会に出場している「ヒロインズ」の6団体で、今後は連携しながら球場の確保や大会運営などをおこない、県内の女子野球の普及・発展に努める。

新潟市内に6団体の代表がそろい、新潟県女子野球連盟を発足させた 続きを読む