【お知らせ】12月25日に新潟県出身プロ野球選手とOBによるイベントを開催します

新潟県出身の現役プロ野球選手とOBによるイベント『新潟野球一番の日2022』を2022年12月25日(日)、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで開催します。このイベントは新潟県の子どもに夢を持って野球に取り組んでもらおうと2012年から12月に開催してきた新潟県出身プロ野球選手による「小学生野球教室」と、ファン向けの「トークイベント」を、3年ぶりに企画・開催する催しです。

今年から株式会社テレビ新潟放送網、アルビレックス新潟・都市緑花センターグループ、新潟野球ドットコムによる「新潟野球一番の日2022実行委員会」が主催となり、ルートインBCリーグを運営するジャパン・ベースボール・マーケティング、新潟アルビレックス・ベースボール・クラブの協力のもと、多くの協賛社のご協力をいただきまして、イベントを開催することになりました。

まだウイルス禍が完全に収束していないため、人数の上限など制約はありますが、できるだけ多くの子どもたち、野球ファンの皆さんに楽しんでいただけるよう企画しました。たくさんの皆様のご応募・ご参加をお待ちしています。
続きを読む


【BCL】新入団選手が意気込み語る 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは2日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで新入団選手の記者会見を開いた。会見に臨んだのは11月のBCLドラフト会議を経て、特別合格となった5人と練習生4人のうち3人の計8人。橋上秀樹監督は「既存の選手と合わせて、自信を持って戦える選手の質と層が備わった」と来季の活躍に期待を寄せ、新人選手たちは「チームの勝利に貢献したい」「一年でも早くNPBに行きたい」と意気込みを語った。

(3列目左から)橋上秀樹監督、池田拓史球団社長、野間口貴彦チーム強化アドバイザー兼投手コーチと会見に臨んだ新入団選手8人(前列左から高義博、宮﨑天斗、鈴木颯人、八神辰大、2列目左から篠田大聖、内田健太、木口広大、西村陸) 続きを読む


【ドラフト】荘司が楽天1位 田中がロッテ3位 茨木が阪神4位 NPBドラフト会議

NPB(日本野球機構)ドラフト会議が20日、東京都内のホテルで開かれ、新潟県関係3選手が指名を受けた。新潟市出身で立教大4年の荘司康誠投手(22歳・新潟明訓高出身)はロッテと楽天が1位指名し、抽選の結果、楽天が交渉権を獲得した。新潟県関係のドラフト1位指名は31年ぶり。長岡市出身で日本文理高3年の田中晴也投手(18歳)はロッテが3位で、帝京長岡高3年の茨木秀俊投手(18歳)は阪神が4位で指名した。

楽天の1位指名を受けた立教大・荘司康誠投手(新潟明訓高出身)


ロッテから3位指名を受けた日本文理・田中晴也投手


阪神から4位指名を受けた帝京長岡・茨木秀俊投手 続きを読む


【BCL】橋上秀樹監督が来季も続投 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは18日、橋上秀樹監督(56)が来季も続投すると発表した。昨季再び新潟の監督に就任した橋上監督は今季、北地区優勝は逃したものの2位となり、チームを7年ぶりにプレーオフに導いた。橋上監督は球団を通して「来季は必ず優勝をお届けします」とコメントしている。

来季も指揮を執ることになった橋上秀樹監督 続きを読む


【高校野球】中越は逆転負けで4強入りならず 北信越大会準々決勝

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第147回北信越高校野球大会」は16日、新潟県内2球場で準々決勝4試合が行われた。新潟県勢で唯一勝ち残った中越(新潟2位)は敦賀気比(福井1位)に終盤逆転され、8対11で敗れた。これで新潟県勢4校は敗退し、来春の選抜出場は厳しくなった。

準決勝は22日、決勝は23日で、いずれも新潟市のハードオフ・エコスタジアムで行われる予定。

逆転負けでベスト4入りを逃した中越ナイン(写真奥) 続きを読む


【高校野球】中越が準々決勝へ 新潟明訓、東京学館新潟、日本文理は敗退 北信越大会1回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第147回北信越高校野球大会」は15日、新潟県内3球場で1回戦8試合が行われた。長岡市悠久山球場では中越(新潟2位)が星稜(石川2位)に3対2で競り勝ち、準々決勝進出を決めた。新潟市のハードオフ・エコスタジアムでは、新潟明訓(新潟1位)の投手陣が富山第一(富山3位)の打線に15安打を許し、5対11で敗れた。東京学館新潟(新潟3位)は日本航空石川(石川1位)に打線が散発3安打に抑えられて1対5で敗退。三条パール金属スタジアムでは日本文理(新潟4位)が松商学園(長野1位)を相手に中盤までのリードを守り切れず、4対5で9回サヨナラ負けを喫した。16日は2球場で準々決勝4試合が行われる予定で、中越が敦賀気比(福井1位)と対戦する。

新潟県勢で唯一勝ち残った中越 強豪・星稜を相手に競り勝った 続きを読む


【高校軟式】直江津中等が延長タイブレーク制す 北信越高校軟式野球・県大会

高校軟式野球の秋季大会である「第30回北信越高校軟式野球・県大会」が1日、新潟市の白根野球場で3校が出場し、三つどもえ戦で行われ、直江津中等教育学校が2勝を挙げて優勝した。準優勝は1勝1敗の新潟商、3位は2敗の津南中等教育学校だった。優勝した直江津中等は10月29日から長野県上田市で開催される北信越大会に出場する。

③直江津中等7-5新潟商/延長14回表、無死1、2塁のタイブレークから直江津中等は一番・大山赳の適時二塁打で2点を勝ち越し、7-5に 続きを読む


【高校野球】新潟明訓が中越に逆転優勝 東京学館新潟は日本文理くだす 秋季県大会

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第147回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は26日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで決勝戦が行われ、新潟明訓が中越に7対6で逆転勝ちし、2016年春以来となる14回目の優勝(秋は2004年以来18年ぶり)を飾った。決勝戦の前に行われた順位決定戦では東京学館新潟が9回に日本文理を逆転し、5対4で競り勝った。

新潟明訓、中越、東京学館新潟、日本文理の4校は10月15日から新潟県で開催される北信越大会に出場し、新潟県勢9年ぶりとなる春の選抜甲子園出場を目指す。

新潟明訓7-6中越/逆転勝ちで優勝を決め、喜ぶ新潟明訓ナイン 続きを読む