【高校野球】来春選抜甲子園目指し 秋季県大会が開幕

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」が6日、開幕した。69チーム(連合8チーム含む84校)が参加し、上位3チームが出場できる北信越大会を目指す。6日は4球場で1回戦5試合と2回戦4試合が行われた。

7日は試合がなく、8日に4球場で2回戦12試合が行われる予定。

佐藤池②長岡高専10-3高田農
同点で迎えた6回表、長岡高専は1死満塁から四番・近歩久登(2年)が走者一掃となる左越え適時二塁打を放って6-3と勝ち越し 続きを読む


【少年硬式】新潟中央リトルが準優勝 リトルリーグ信越連盟夏季大会

少年硬式野球の「第45回リトルリーグ信越連盟夏季大会」は6日、長野県松本市で決勝を行い、新潟中央リトルが長野・坂城千曲リトルに敗れたものの、準優勝の成績を収めた。

大会は新潟県内から新潟中央と新潟西の2チーム、長野県から16チームの計18チームが参加して、8月23日から3週にわたって実施された。1日目は3チームごとに6ブロックに分かれた予選リーグが行われ、ブロック1位の6チームが準決勝リーグ戦に進出。2日目に3チーム×2ブロックで準決勝リーグ戦が行われ、1位チーム同士による決勝戦が行われた。新潟中央リトルは優勝こそ逃したものの、新潟県勢として久しぶりの信越準優勝となった。

信越準優勝の新潟中央リトル(写真提供・新潟中央リトル) 続きを読む


【社会人硬式】バイタルネットが優勝 第3代表はJR新潟 都市対抗1次・新潟大会

社会人野球の「第91回都市対抗野球1次予選・新潟大会」は5日、新潟市の鳥屋野球場で決勝と第3代表決定戦を行った。決勝はバイタルネットが18対0で新潟コンマーシャル倶楽部をくだし、優勝した。第3代表決定戦はJR新潟が15対1で佐渡軍団をくだした。この結果、10月2日から新潟市で開催される2次予選・北信越大会には、バイタルネット、新潟コンマーシャル倶楽部、JR新潟の3チームが新潟県代表として出場する。新潟県勢としては2014年にバイタルネットが出場して以来、6年ぶりとなる本大会出場を目指す。

なお大会の最優秀選手賞にはバイタルネットの佐々木竜次投手(東京農業大)、敢闘賞には新潟コンマーシャル倶楽部の塚野廉投手(五泉高-函館大)、最高打撃賞は打率・833のバイタルネット・小川凌二選手(東北福祉大)が選ばれた。

<決勝>1回表、バイタルネットは無死2塁から新人の小川凌二(東北福祉大)の中前適時打で先制 小川は4安打6打点、大会の最高打撃賞(6打数5安打)に輝く 続きを読む


【社会人硬式】新潟コンマとバイタルが北信越進出決める 都市対抗1次・新潟大会

社会人野球の「第91回都市対抗野球1次予選・新潟大会」は4日、新潟市の鳥屋野球場で5チームが参加して開幕。1回戦と準決勝2試合を行い、新潟コンマーシャル倶楽部とバイタルネットが決勝に進出し、2次予選・北信越大会(10月2~4日・新潟市で開催)への進出を決めた。

5日は両チームによる決勝戦が行われるほか、準決勝で敗れたJR新潟と佐渡軍団が残る北信越出場枠を懸けた第3代表決定戦を戦う。

準決勝 新潟コンマーシャル倶楽部11-0JR新潟
5回無失点と好投の新潟コンマーシャル倶楽部・塚野廉(五泉高-函館大)
続きを読む


【NPB】楽天・池田駿が移籍後初勝利 一軍で2年ぶりとなる白星

NPB・東北楽天ゴールデンイーグルスの池田駿投手(27・新潟明訓高-専大-ヤマハ-巨人)が2日、札幌ドームで行われた日本ハム戦で今季初勝利を挙げた。池田投手は6月に巨人からトレードで移籍。これが移籍後初勝利となった。 続きを読む


【高校野球】来春の選抜へ 有観客で秋季県大会を実施 初戦から夏V中越×昨秋準V産大附

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第143回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」の組み合わせ抽選会が1日、新潟市の新潟テルサで開催された。今大会の参加は69チーム(連合8チーム含む・84校)で、新型コロナウイルスの影響で夏休みが短縮となったことなどからシード校を決める一次予選を実施しなかったため、フリー抽選でくじ引きが行われた。

大会は6日(日)に開幕し、県内5球場で熱戦が繰り広げられる。今大会は感染症対策を施した上で、有観客で開催される。順調に日程が進めば21日(月祝)に準決勝、23日(水)に決勝と第3代表決定戦が三条パール金属スタジアムで行われ、上位3チームが10月10日から富山県で開催される北信越大会に出場する。

抽選会の様子…各チームの監督や部長がクジを引いた(写真は今年度で定年を迎えるため最後の抽選となった長岡・若井聡監督…母校・六日町との対戦が決まった) 続きを読む


【NPB】ソフトバンク・渡邉雄大が支配下選手契約

NPBの福岡ソフトバンク・ホークスは31日、育成選手で三条市出身の渡邉雄大投手(28・中越高-青山学院大-新潟アルビレックスBC)と支配下選手契約を結んだと発表した。背番号は48。渡邉投手は球団を通して「1日でも早く一軍の舞台で投げて応援してもらえるよう頑張る」と決意を示した。

育成から支配下契約を勝ち取ったソフトバンク・渡邉雄大 続きを読む


【高校野球】中越ナインが夏季大会優勝を報告 エース佐藤旦は社会人へ

夏の甲子園大会が中止となったことを受けて開催された独自大会「新潟県高校夏季野球大会」を制した中越高校の選手たちが28日、長岡市のアオーレ長岡を訪れ、磯田達伸市長に優勝を報告した。3年生の廣瀬航大主将は「代替大会で必ず優勝しようという強い気持ちで臨んだ結果が優勝につながった」と振り返り、磯田市長は「コロナ禍の中、市民がまたこれから頑張っていこうという気持ちになったと思う」と祝福した。

磯田長岡市長に優勝報告をした中越ナイン 続きを読む


【高校野球】加茂暁星・荒木「楽しみ」 捕手で強肩アピールも プロ志望合同練習会に挑む

日本野球機構(NPB)は24日、日本高野連と開催する「プロ志望高校生合同練習会」の参加予定選手を発表した。新潟県内からは加茂暁星3年の荒木友斗選手(17)が9月5、6日に東京ドームでの練習会に参加する。1年生の夏から主軸を打ち、強打が持ち味の荒木は練習会では「長打力をアピールしたい」と意気込む。さらに強肩をアピールするために高校時代はプレーしていなかった「捕手」としてエントリーする。25日に取材に応じた荒木は「全国のレベルの高い選手たちと一緒にプレーできることが楽しみ」と目を輝かせている。
“打撃の神様”と呼ばれた故・川上哲治氏が揮ごうした「一打一生」の碑の前で活躍を誓う加茂暁星・荒木友斗(田上町・羽生田球場) 続きを読む


【高校野球】「3年生は野球の素晴らしさを伝える存在に」「秋季県大会は実施の方向」 新潟県高野連・中原専務理事に聞く

高校野球の独自大会である「新潟県高校夏季野球大会」と「新潟県高校軟式夏季野球大会」が8月6日までに閉幕した。新型コロナウイルスの感染拡大で甲子園大会など全国大会が中止となったことを受けて開催された初めての独自大会で、主催した新潟県高野連は部員や保護者を除いた無観客試合を実施し、感染防止策を講じながらの大会運営となった。

新潟県高野連の中原丈二専務理事がこのほど新潟野球ドットコムの取材に応じ、夏季大会について「県教育委員会をはじめ、選手、学校、保護者など多くの関係者の協力で大会を無事に終えることができた」と振り返り、「新しい運営の仕方の経験ができた」と感染症対策を含めた運営のあり方を今後にいかす考えを示した。また9月6日開幕予定の秋季県大会について「実施する方向」とし、観客については「有観客にするかどうかを含め検討している」と述べた。

新潟野球ドットコムの取材に応える新潟県高野連・中原丈二専務理事 続きを読む