【大学野球】新潟医療福祉大が準決勝進出 関甲新・新人戦

大学野球の関甲新学生野球連盟は22、23日の両日、1、2年生による新人戦の2回戦と3回戦を新潟市のハードオフ・エコスタジアムなどで行った。新潟医療福祉大が2回戦で新潟大を、3回戦で松本大をくだし、準決勝に進出した。山梨学院大との準決勝は29日に行われる(場所は未定)。

新人戦で準決勝進出を決めた新潟医療福祉大 続きを読む


【小学生軟式】田上ベースボールクラブが初優勝 全日本学童軟式大会・新潟県予選会

“小学生の甲子園”と言われる「高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会(マクドナルド・トーナメント)」の新潟県予選会は23日、新潟市のみどりと森の運動公園で決勝戦を行い、田上町の田上ベースボールクラブ(中越)が1対0で新発田市の真木山野球スポーツ少年団(下越)をくだし、初優勝を飾った。田上ベースボールクラブは新潟県代表として8月18日から東京・明治神宮球場などで行われる全国大会に出場する。

初優勝を決め、マウンド上で喜ぶ田上ベースボールクラブの選手たち 続きを読む


【高校野球】連覇狙う中越×秋4強の関根学園 第101回選手権・新潟大会の組み合わせ決まる

第101回全国高校野球選手権・新潟大会の組み合わせ抽選会が22日、新潟市の新潟テルサで行われた。今大会には連合5チームを含む77チーム(85校)が参加。3大会連続で各チームの主将が抽選くじを引く方式で組み合わせが決まった。組み合わせの結果、初戦となる2回戦で昨夏の優勝校・中越と昨秋県大会4強の関根学園の強豪私立が対戦する好カードが実現した。また開会式の選手宣誓は立候補者による抽選の結果、新潟向陽の大滝和真主将に決定した。大会は7月6日(土)に新潟市のハードオフ・エコスタジアムで開催される開会式で開幕する。8日(月)から1回戦が始まり、順調に日程が進めば、20日(土)に準々決勝、22日(月)に準決勝、24日(水)に決勝が行われる予定。

77チームの主将がくじを引いた組み合わせ抽選会
関根学園の吉原玲皇主将が中越と対戦するくじを引いた瞬間、会場がどよめいた
続きを読む


【小学生軟式】決勝は田上×真木山 全日本学童軟式大会・新潟県予選会

「高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会(マクドナルド・トーナメント)」の新潟県予選会・準決勝が22日、新潟市のみどりと森の運動公園で行われ、田上ベースボールクラブ(中越・田上町)と真木山野球スポーツ少年団(下越・新発田市)が決勝に進出した。ともに初優勝を懸けて、23日に同公園で行われる決勝戦に臨む。

田上ベースボールクラブ(中越)


真木山野球スポーツ少年団(下越) 続きを読む


【社会人硬式】ヤマハ・伊藤直輝投手が現役引退 日本文理高出身 09年夏の甲子園準V投手

2009年夏の甲子園準優勝投手で、社会人野球の強豪・ヤマハ(静岡県浜松市)に所属する伊藤直輝投手(28・日本文理高出身)が17日、現役引退を決断した。伊藤投手は新潟野球ドットコムの取材に対し、「現役を引退し、今後はマネージャーとしてチームを支えたい」と心境を明かした。その上で「新潟県をはじめ、応援していただいた皆さんには感謝の気持ちしかない。今後、高校野球をはじめ、野球界の発展に少しでも力になることができたら」と新たな道を進む決意を話した。

現役引退を決めたヤマハ・伊藤直輝投手(日本文理高出身)
20
09年夏の甲子園では新潟県勢初の決勝に進出、準優勝に輝いた 続きを読む


【小学生軟式】全国切符目指して8代表が激突 全日本学童軟式大会・新潟県予選会が開幕

“小学生の甲子園”と言われる「高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会(マクドナルド・トーナメント)」の新潟県予選会が15日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで開幕。県内4地区の代表8チームが参加し、開会式と1回戦4試合が行われた。1回戦では真木山野球スポーツ少年団(下越)が仲川尚汰投手のノーヒットノーランの好投で準決勝に進出。その他、田上ベースボールクラブ(中越)、五泉ドラゴンタイガース(下越)、松野尾・浜っ子野球少年団(新潟)が準決勝に進出した。準決勝2試合は16日(日)に同スタジアムで行われる予定。

真木山野球スポーツ少年団①仲川尚汰(中浦小6年)がノーヒットノーランを達成
21個のアウトのうち16奪三振だった 続きを読む


【BCL】新潟が連敗止める 前期は残り2試合

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは9日、上越市高田公園野球場で茨城アストロプラネッツと対戦し、6対1で勝利した。新潟は3回に内野ゴロの間に1点を勝ち越すと、5回には足立尚也(桜美林大)の適時打などで追加点を挙げた。先発の中西啓太(帝塚山大)は8回1失点と好投し、7勝目を挙げた。新潟の前期通算成績は21勝9敗2分で、順位は東地区2位のまま。首位の群馬ダイヤモンドペガサスが勝利し、マジックは1つ減り2となった。新潟の前期残り試合は2試合で、次戦は15日(土)13時から、群馬県高崎市で首位・群馬との直接対決となる。 続きを読む


【BCL】新潟が福島に逆転負けで首位陥落 群馬にマジック点灯許す

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは8日、福島県会津坂下町で福島レッドホープスと対戦し、6対8で敗れた。新潟は4回、四番・樋口龍之介(立正大)の3ランなどで逆転し、5点をリードしたものの、その直後に先発の前川哲(新潟産大附高)が福島打線につかまり同点とされてしまう。その後、7回に登板した小野竜世(大阪体育大)が連続四球から適時三塁打を喫して2点を勝ち越され、そのまま逃げ切られた。新潟の3連敗で、前期通算成績は20勝9敗2分。この日勝利した群馬が首位に立ち、新潟は1ゲーム差の2位に後退。群馬に前期優勝マジック3が点灯した。新潟の次戦は9日(日)13時から、上越市高田公園野球場で茨城アストロプラネッツと対戦する。 続きを読む