【高校野球】新発田、十日町、新潟産大附、中越がベスト4進出 新潟大会準々決勝

「第100回全国高校野球選手権・新潟大会」は21日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで準々決勝の4試合が行われ、新発田、十日町、新潟産大附、中越がベスト4に進出した。新発田は38年ぶり、十日町は6年ぶり、新潟産大附は前身の新潟短大附の時以来55年ぶり、中越は4年連続となるベスト4。準決勝は新発田対十日町、中越対新潟産大附の2試合で23日(月)に同スタジアムで行われる。決勝戦は24日(火)の予定。

準々決勝①新発田5-4新潟
38年ぶりのベスト4進出を喜ぶ新発田ナイン 中央は完投した当摩信之介
続きを読む


【高校野球】新潟が日本文理くだす ベスト8出そろう 新潟大会4回戦

「第100回全国高校野球選手権・新潟大会」は18日、4球場で4回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろった。鳥屋野球場の第1試合は新潟が第1シードで県内32連勝中だった日本文理を5対3でくだした。佐藤池球場の第1試合は延長13回タイブレークの末、新潟産大附が上越総合技術に競り勝った。準々決勝の4試合は21日(土)、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで行われる予定。

鳥屋野①新潟5-3日本文理
勝利の瞬間、新潟の三番手⑪桐本貫太(右)は両手を突き上げた 続きを読む


【高校野球】ベスト16出そろう 新潟大会3回戦

「第100回全国高校野球選手権・新潟大会」は16日、4球場で3回戦8試合が行われた。五十公野球場の第1試合は白根が糸魚川白嶺の終盤の追い上げを振り切った。悠久山球場の第2試合は六日町が初回の3点を守り切り、新発田南に競り勝った。これでベスト16が出そろった。4回戦の8試合は18日(水)、4球場で行われる予定。

悠久山②六日町3-1新発田南
6回から登板し、1安打無失点と好救援の六日町①渡部雅人(中央) 続きを読む


【高校野球】初のタイブレーク決着も 新潟大会3回戦

「第100回全国高校野球選手権・新潟大会」は15日、4球場で3回戦8試合が行われた。鳥屋野球場の第1試合は第1シードの日本文理が新潟南に、悠久山球場の第1試合は第3シードの中越が長岡商に、五十公野球場の第1試合は第4シードの加茂暁星が佐渡に、それぞれコールド勝ちし4回戦進出を決めた。佐藤池球場の第2試合は延長12回までで決着がつかず、13回から新潟大会初のタイブレーク(無死1、2塁からの継続打順で攻撃)が実施され、上越総合技術が10対9で新潟県央工をくだした。16日も4球場で3回戦8試合が行われる。

五十公野②長岡工7-3新津工
6回表、長岡工が七番・大塚陽生(2年)の左線二塁打で1点を追加 続きを読む


【高校野球】3回戦進出の32校が出そろう 新潟大会2回戦

「第100回全国高校野球選手権・新潟大会」は12日、6球場で2回戦16試合が行われた。五十公野球場の第1試合では白根が今春ベスト8の糸魚川を破った。みどりと森の運動公園の第2試合では十日町の中町智洋投手が7回参考ながらノーヒットノーラン(無安打無得点試合)を達成した。また三条パール金属スタジアムの第2試合では新発田南が村上桜ヶ丘に勝利した。これで3回戦に進出する32校が出そろった。13、14日は試合がなく、15日から3回戦が始まる。

みどりと森②十日町7-0常総久
7回参考ながら無安打無得点試合を達成した十日町⑩中町智洋 続きを読む


【高校野球】新潟産大附が春準Vの関根学園破る 新潟大会2回戦16試合で熱戦

「第100回全国高校野球選手権・新潟大会」は11日、6球場で2回戦16試合が行われた。春の県大会ベスト4のシード校が登場し、春優勝の日本文理、ベスト4の中越、加茂暁星は3回戦に進んだが、春準優勝の関根学園が新潟産大附に敗れた。12日も6球場で2回戦16試合が行われる。

みどりと森①長岡工8-2新潟江南
1回裏、長岡工が二番・佐藤朝陽の適時二塁打で先制 続きを読む


【高校野球】北越が新潟明訓をくだす 新潟大会1回戦

「第100回全国高校野球選手権・新潟大会」は9日、4球場で1回戦8試合が行われた。秋のベスト4同士が激突した佐藤池球場の第1試合は北越が8対1で新潟明訓をくだした。悠久山球場の第2試合は新発田南が8回に新津を逆転し、2回戦進出を決めた。10日は試合がなく、11日は6球場で2回戦16試合が行われる。

佐藤池①北越8-1新潟明訓
8回表、北越が宮島航輝の左越え適時二塁打で追加点を挙げる 続きを読む


【高校野球】それぞれの夏・・・高校最後の地で踏み出した新たな一歩

「3年前のあの時は、もう二度とこの場所には来ない、一生野球もやらないと思っていました」

8日、柏崎市佐藤池球場で行われた1回戦。新潟県央工のユニフォームを身にまとった鈴木大成さん(20)はそう言って笑顔を見せた。ことし4月から母校の外部コーチとなり、ノッカーとして久しぶりに佐藤池球場に足を踏み入れた。ここは高校野球生活、最後の試合を戦った球場だった。

母校・新潟県央工の外部コーチとなった鈴木大成さん 高校生と見間違える姿である 続きを読む


【高校野球】新井・岡本が完全試合達成 新潟大会1回戦

「第100回全国高校野球選手権・新潟大会」は8日、4球場で1回戦9試合が行われた。鳥屋野球場の第1試合では新井の岡本宏太投手(2年)が完全試合を達成。新潟県高野連によると夏の新潟大会では初めての記録で、秋と春の県大会では記録が残っている平成以降では初めて(コールドによる参考記録は3回)。佐藤池球場の第1試合では新潟産大附が8対4で新潟工をくだした。9日は4球場で1回戦8試合が行われる予定。

夏の新潟大会で初の完全試合を達成した新井・岡本宏太(2年)
109球、16奪三振の内容だった
続きを読む


【高校野球】新潟大会が開幕 「100年後の球児が笑顔で野球ができる未来を」と誓う

「第100回全国高校野球選手権・新潟大会」が7日開幕した。新潟市のハードオフ・エコスタジアムで開会式が行なわれ、出場82チーム(87校)の選手が小雨混じりの天候に負けない元気で行進した。選手を代表して十日町高校の村山凜主将が「100年後の球児たちが笑顔で野球ができる平和な未来を願い、正々堂々最後まで戦い抜くことを誓います」と選手宣誓した。開会式直後の開幕試合は新発田中央が12対2で新潟向陽にコールド勝ちし、2回戦進出を決めた。8日は4球場で1回戦9試合が行われる。

選手宣誓を行う十日町高校の村山凜主将 続きを読む