【高校軟式】直江津中等が優勝 新潟商も北信越大会へ 北信越高校軟式野球・県大会

高校軟式野球の「第21回北信越地区高校軟式野球・新潟県大会」が22日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで3校が参加して行われ、直江津中等教育学校が2015年秋以来の優勝を飾った。大会は新潟商、津南中等教育学校の計3校が三つ巴戦を戦い、3校が1勝1敗で並んだが、失点率で直江津中等が優勝。新潟商と津南中等は失点率、自責点率で並び、両校準優勝となり、北信越大会への出場権は抽選により新潟商に決まった。直江津中等と新潟商は26日から上越市の高田運動公園野球場で開催される北信越大会に出場する。

優勝した直江津中等 同校の3年生は北信越大会が高校最後の大会となる

◎21日の試合結果◎
①直江津中等13-8新潟商
直江津 016 021 021 =13
新潟商 121 002 002 =8
(バッテリー)
直江津:内山、藤縄、山岸、藤縄-丸田
新潟商:加藤、板屋-板屋、亀山
(二塁打)
直江津:丸田(6回)
新潟商:山内(1回)、亀山(1回)、板屋(2回)、加藤(3回)

新潟商の二番手で登板した②板屋雅史


9回表、直江津中等が三番・藤縄祐伍の犠飛で追加点

②津南中等7-5直江津中等
直江津 120 001 010 =5
津 南 200 221 00 × =7
(バッテリー)
直江津:藤縄-丸田
津 南:鈴木鼓-上倉
(二塁打)
直江津:藤縄(2回)、丸田(5回)、小関(7回)、中嶋(8回)
(本塁打)
津 南:鈴木拓(5回・ソロR)

津南中等の①鈴木鼓拍は9回を完投し自責点3の力投を見せた


直江津中等の②藤縄祐伍も8回を投げ自責点4の内容

③新潟商12-4津南中等(7回コールド)
新潟商 502 012 2 =12
津 南 000 210 1 =4
(バッテリー)
新潟商:本間-板屋
津 南:馬場、関口-上倉
(二塁打)
新潟商:加藤(1回)、長谷川(1回)
津 南:上倉(7回)
(三塁打)
新潟商:山内(7回)

津南中等の先発⑦馬場涼太



3回表、新潟商は一番・山内勇平の適時打で追加点

◇優勝した直江津中等・小林直人監督の話◇
「北信越優勝が目標で、その前に『まず県で優勝しよう』と目標を話してきた。高校3年生の代は勉強を頑張るために春で引退する。今回は北信越大会が高田運動公園なのでホームグラウンドでの開催。小学校時代にお世話になった方や地域の方に応援してもらえるところで最後の大会で優勝できればと思っていた。1勝1敗で(3試合目を)ドキドキしながら見ていた。足りないところはたくさんあるが、今の選手たちとできるだけ長くやりたいと思っていた。藤縄は気持ちの強い選手。2試合目は代える気はなかった。チームで信頼を置いている投手。頑張って粘り強く投げてくれた」


優勝した直江津中等教育学校


準優勝の新潟商


準優勝の津南中等教育学校

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】日本文理が5大会連続優勝 春季県大会

第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は13日、長岡市悠久山球場で決勝戦が行われ、日本文理が6対2で関根学園をくだし、春秋の大会では4季連続24回目、夏も合わせた県内の大会では2016年秋から5大会連続の優勝を決めた。日本文理の県内連勝は30に伸びた。日本文理と準優勝の関根学園の2校は6月2日から石川県で開催される北信越大会に出場する。なお決勝戦前に行われたシード順位決定戦では中越が加茂暁星を9回サヨナラでくだした。

日本文理の先発⑨新谷晴 7回を1失点と安定した投球で優勝に貢献した 続きを読む


【高校野球】日本文理と関根学園が決勝進出と北信越出場 春季県大会・準決勝

第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は12日、長岡市悠久山球場で準決勝の2試合が行われ、日本文理と関根学園が決勝進出と、6月2日から石川県で開幕する北信越大会出場を決めた。日本文理は4季連続35回目、関根学園は2季ぶり3回目の北信越大会出場となる。13日は決勝戦と、準決勝で敗れた加茂暁星と中越によるシード順位決定戦が行われる予定。

準決勝②関根学園12-6中越
完投した関根学園①西本航紀 打っても6打点の活躍を見せた 続きを読む


【高校野球】ベスト4は日本文理、加茂暁星、中越、関根学園 春季県大会・準々決勝

第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は6日、長岡市悠久山球場と柏崎市佐藤池球場で準々決勝の4試合が行われ、ベスト4が決まった。日本文理、加茂暁星、中越、関根学園の4校が準決勝に進んだ。準決勝は12日(土)に悠久山球場で行われる。

悠久山②加茂暁星4-1新発田
8回裏、加茂暁星の目黒琉斗が満塁の走者一掃適時二塁打を放つ 続きを読む


【高校野球】ベスト8が出そろう 春季県大会・4回戦8試合

第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は5日、3球場で4回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろった。昨秋優勝の日本文理は十日町に大勝。上越は新潟を終盤突き離した。加茂暁星は長岡工との打ち合いを制した。昨秋準優勝の中越は3本塁打で村上桜ヶ丘に快勝した。長岡大手は中盤、新発田商から効果的に得点を重ねた。糸魚川は粘る五泉を延長で振り切った。関根学園は開志学園に終盤逆転勝ち。新発田は高田北城に延長の末に競り勝った。準々決勝は6日、長岡市・悠久山球場と柏崎市・佐藤池球場で行われる。

佐藤池①中越9-2村上桜ヶ丘
7回裏、中越の坂井翔太がこの試合2本目の本塁打となる3ランを放つ 続きを読む


【高校野球】ベスト16出そろう 春季県大会・3回戦16試合

第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は2日、6球場で3回戦16試合が行われ、夏の選手権新潟大会のシード校となるベスト16が出そろった。3、4日は試合がなく、4回戦8試合は5日(土)に3球場で実施される。

鳥屋野①新発田2-1東京学館新潟
2安打1失点の完投で勝利しガッツポーズの新発田①当摩信之介 続きを読む


【高校野球】開志学園が北越くだす 春季県大会・2回戦16試合

第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は30日、6球場で2回戦16試合が行われた。鳥屋野球場の第2試合では開志学園が昨秋ベスト4で第3シードの北越をコールドでくだし、3回戦進出を決めた。悠久山球場の第1試合では長岡工が9回に逆転サヨナラ勝ちで3回戦へ駒を進めた。3回戦の16試合は5月2日(水)に6球場で一斉に行われる。

悠久山①長岡工4-3三条
9回裏、長岡工の田辺壮が右前にサヨナラ打を放つ 続きを読む


【高校野球】東京学館新潟が新潟明訓破る 春季県大会・2回戦16試合

第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は29日、6球場で2回戦16試合が行われ、昨秋県大会上位のシード校が登場した。鳥屋野球場の第1試合では東京学館新潟が第4シードの新潟明訓を6対1で破った。佐藤池球場の第3試合では新潟産大附が最大5点差を逆転し3回戦に進出した。30日は2回戦16試合が行われる予定。

佐藤池③2回表
新潟産大附の和田昂樹(1年)が走者一掃三塁打を放つ 和田は4安打
続きを読む


【高校野球】春季県大会が開幕 1回戦15試合で球音響く

第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)が28日に開幕し、県内6球場で1回戦15試合が行われた。鳥屋野球場の第1試合では東京学館新潟が逆転で新潟南をくだした。悠久山球場の第3試合では塩沢商工が延長10回サヨナラ勝ちで小千谷に競り勝った。29日は6球場で2回戦16試合が予定されている。

鳥屋野①
7回表、東京学館新潟の梅澤伸主将(3年)が2点適時打を放ち逆転 続きを読む


【高校野球】成長を見せる春 伝統校“復活”を託された左腕

「第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)」が28日に開幕する。昨秋の県大会から冬のトレーニング期間を経て、7か月余ぶりとなる公式戦で、高校生たちはどんな成長ぶりを見せてくれるのか。今夏は「第100回」となる選手権大会を控え、その前哨戦とも言える「春」の各校の戦いぶりが注目される。ここでは甲子園出場経験のある伝統校で、復活を託された左腕2人を紹介する。 続きを読む