【高校野球】新潟南が県推薦校に 来春選抜大会21世紀枠

新潟県高野連は16日、「第91回選抜高校野球大会」(来年3月23日開幕・甲子園球場)の21世紀枠の新潟県推薦校に新潟南高校を推薦すると発表した。新潟南は今秋の県大会で準優勝し、21年ぶりに北信越大会出場を果たした。グラウンドが他部との共用である困難環境の克服や、学業と部活動の両立などの点が評価された。今後は11月28日に学校で表彰が行われ、12月14日に北信越地区5県の各候補校の中から地区代表が1校に絞られる。来年1月25日に開かれる選考委員会で全国9地区代表から3校が21世紀枠に選出される。

今秋の新潟県大会で準優勝 21年ぶりに北信越大会出場を果たした新潟南 続きを読む


【高校野球】火災消火でチームプレー 三条商野球部を善行表彰  日本高野連と新潟県高野連

日本高野連と新潟県高野連は31日、三条商業高校の野球部に対し、7月に三条市の五十嵐川河川敷で発生した枯れ草火災の際に迅速な消火活動で延焼を防いだことを讃え、「善行表彰」を行った。富樫信浩会長ら新潟県高野連の幹部が三条市の同校を訪れ、三条商2年の宮島希連主将に表彰状と記念品の硬式球を手渡した。

新潟県高野連の富樫信浩会長から表彰を受ける三条商・宮島希連主将と野球部員 続きを読む


【NPB・高校野球】鈴木「1年でも早く一軍で」と決意 ヤクルトが指名あいさつ

25日に行われたNPB(日本野球機構)ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから6位指名を受けた日本文理高校3年の鈴木裕太投手(18)が31日、球団関係者から指名あいさつを受けた。新潟市西区の日本文理高校を訪れたのはヤクルトの橿渕(かしぶち)聡編成部スカウトグループ次長と丸山泰嗣担当スカウト。2人から「球の強さにひかれた」との指名理由を聞き、鈴木は「1年でも早く一軍マウンドに上がれるよう頑張りたい」と気持ちを新たにしていた。

橿渕次長(右)と丸山スカウト(左)に囲まれ、笑顔を見せる鈴木裕太 続きを読む


【ドラフト】知野はDeNA 鈴木はヤクルト 漆原はオリックス育成 NPBドラフト会議

NPB(日本野球機構)のドラフト会議が25日、都内のホテルで開かれた。新潟県関係では、新潟アルビレックスBCの知野直人内野手(19歳・三条市出身)がDeNAから6位指名、日本文理高校3年の鈴木裕太投手(18歳・新潟市西区)がヤクルトから6位指名を受けた。また育成ドラフトでは新潟医療福祉大4年の漆原大晟投手(燕市出身)がオリックスから育成1位指名を受けた。新潟県関係は一昨年の3人、昨年の4人に続き、今年も複数の3人が指名された。

DeNAから6位指名を受けた新潟アルビレックスBC・知野直人(中央)
DeNAのユニフォームで応援してきたファンと指名を喜んだ
続きを読む


【ドラフト】新潟県関係で複数指名も 25日17時からNPBドラフト会議

NPB(日本野球機構)のドラフト会議が25日17時から都内のホテルで開かれる。新潟県関係では県内の高校生、大学生、ルートインBCリーグ・新潟アルビレックスBCの複数選手にNPB球団から調査書が届いている。一昨年と昨年に続いて県内から複数選手の指名に期待が高まっている。

新潟アルビレックスBCで初の支配下指名の期待がかかる長谷川凌汰 続きを読む


【高校野球】中越の小鷹、山田の2人が青山学院大へ

今夏の甲子園に新潟代表として出場した中越の主将で四番を務めた小鷹葵選手(3年)と、甲子園のマウンドで好投した山田叶夢投手(3年)の2人が、このほど青山学院大にスポーツ推薦で合格した。現在は東都大学野球連盟2部の同大は1部昇格を目指している。2人は「早くレギュラーになり、大学でもバッテリーを組みたい」と意気込んでいる。

青山学院大に進学が決まった中越の3年生 小鷹葵(左)と山田叶夢 続きを読む


【高校野球】星稜が再試合制し優勝 啓新も来春選抜確実に 北信越大会・決勝

来春の選抜大会出場の参考となる「第139回北信越高校野球大会」は23日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで決勝戦の再試合が行われ、星稜(石川1位)が啓新(福井3位)を7対4でくだし優勝。11月に東京・神宮球場で開催される明治神宮大会への出場を決めた。春の選抜大会で北信越地区は例年出場枠は2で、星稜と啓新の2校が選抜出場を確実にした。新潟県勢の4校は準々決勝までに敗退。21世紀枠の県推薦校は来月発表される予定。

優勝した星稜 選抜出場を確実にするとともに来月の神宮大会への出場を決めた 続きを読む


【高校野球】啓新と星稜は両者譲らず 延長15回引き分け・再試合に 北信越大会・決勝

来春の選抜大会出場の参考となる「第139回北信越高校野球大会」は22日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで啓新(福井3位)と星稜(石川1位)の決勝戦が行われた。試合は延長15回、2対2の引き分けで、23日10時から同スタジアムで再試合となった。

決勝戦は延長15回、2対2で決着がつかず、引き分け再試合となった 続きを読む


【高校野球】決勝は啓新×星稜 北信越大会・準決勝

来春の選抜大会出場の参考となる「第139回北信越高校野球大会」は21日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで準決勝2試合が行われ、啓新(福井3位)と星稜(石川1位)が決勝に進出した。 続きを読む


【高校野球】日本文理4強ならず 北信越大会・準々決勝

来春の選抜大会出場の参考となる「第139回北信越高校野球大会」は14日、新潟県内の2球場で準々決勝4試合が行われた。新潟県勢で唯一勝ち残っていた日本文理(新潟1位)は東海大諏訪(長野3位)に9回サヨナラ負けで、ベスト4進出はならなかった。新潟県勢の5年ぶりとなる選抜出場は絶望的となった。ベスト4による準決勝は20日、決勝は21日、ともに新潟市のハードオフ・エコスタジアムで行われる。

日本文理1-2東海大諏訪
9回サヨナラ負けを喫し、呆然とする日本文理の捕手・佐藤魁星(右端) 続きを読む