【高校野球】春季県大会の組み合わせ決まる 83チームが参加

高校野球の春の大会となる「第136回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)」の組み合わせ抽選会が20日、新潟市のユニゾンプラザで行なわれ、連合3チームを含む参加83チーム(90校)の組み合わせが決まった。県大会は28日に開幕し、順当に日程が進めば5月14日に長岡市悠久山球場で決勝戦が行なわれる。上位4チームは6月3日から新潟県で開催される北信越大会に出場する。

新潟市のユニゾンプラザで行われた組み合わせ抽選会の様子

大会は6球場で開催され、1~3回戦までは北支部、南支部同士の対戦となる。部員不足で欠場となるのは西新発田1校で、連合チームとして出場するのは向陽黎明(新潟向陽、阿賀黎明)、常総川久(柏崎常盤、柏崎総合、川西、久比岐)、松堀有安(松代、堀之内、有恒、安塚)の3チーム。

◎春季県大会の組み合わせ表◎ ※新潟県高野連発表のトーナメント表
続きを読む


【高校野球】大井監督は今夏まで指揮 学校側が契約延長を発表

日本文理高校は3日、新潟市西区の同校で記者会見を開き、野球部の大井道夫監督(75)が今夏の選手権大会まで指揮を執ることを発表した。学校側が「3月末で契約終了としていたが、理事会で第99回全国高校野球選手権大会まで契約を延長とした。その後は総監督就任の方向で考えている」とする神田純一理事長のコメントを発表した。会見に出席した大井監督は「私の現役として最後である夏の大会へ悔いのないよう、選手の夢である甲子園を目指し頑張りたい」と決意を話した。

今夏まで指揮を執ることが決まった大井道夫監督(右) 左は上野順治校長 続きを読む


【高校野球】今夏の選手権新潟大会は初の主将抽選 新潟県高野連

新潟県高野連は8日、新年度の行事計画を発表した。今夏の「第99回全国高校野球選手権大会・新潟大会」では6月17日(土)に開催される抽選会で、初めて主将による抽選がおこなわれることとなった。その他、今春の北信越大会は新潟開催で、ハードオフ・エコスタジアムと三条パール金属スタジアムが会場となることが公表された。

顧問がクジを引いた昨夏の抽選会の様子 今夏は初めて主将による抽選となる 続きを読む


【高校野球】マネージャー対象のアナウンス講習会 甲子園のアナウンス担当が講師に

新潟県高野連は野球部のマネージャーを対象にした「アナウンス講習会」を4日に長岡市で、5日に新潟市で、それぞれ開催した。講師として阪神甲子園球場で場内放送を担当している満田華奈さん(28)と窪田真子さん(26)の2人が来県し、本場のアナウンス技術を2日間で約200人の女子マネージャーに伝えた。

甲子園球場の放送を担当している満田華奈さん(左)と窪田真子さんが講師を務めた
続きを読む


【高校野球】大井監督 改めて「夏まで」を希望 理事長と話し合いへ

学校側から今年度限りでの退任を伝えられた日本文理高校の大井道夫監督(75)が3日、新潟市西区の同校で報道陣の取材に応じ、改めて「今年の夏までやらせていただきたい」と自身の心境を吐露した。近く、学校を経営している日本文理学園の神田純一理事長と話し合うという。後任の鈴木崇コーチ(36)も取材に対し、「学校側からは4月から(監督就任)と言われたが、(時期が)変わっても対応できるようにと思っている。OBとして大井監督をこのまま終わらせる訳にはいかない」と述べ、大井監督の気持ちを優先した対応を学校側に求めた。
報道陣の取材に応じる大井道夫監督 今夏までの続投を希望している 続きを読む