【高校野球】佐渡が逃げ切る 秋季県大会2回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第147回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は10日、4球場で2回戦8試合が行われた。新潟市鳥屋野球場では佐渡が9回に1点差まで追い上げられたが10対9で競り勝ち、五泉を振り切った。新発田市五十公野球場では新潟第一が延長11回の熱戦の末、新発田をくだした。長岡市悠久山球場では長岡大手と小出がコールド勝ち。柏崎市佐藤池球場では高田北城が中盤以降に加点し三条商を突き放した。11日は4球場で2回戦8試合が行われる予定。

鳥屋野②佐渡10-9五泉/2回裏、先制した佐渡は無死3塁から大地立夢(1年)の中前適時打で2-0に 続きを読む