【高校野球】新発田南が中盤突き放す 秋季県大会3回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第147回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は14日、4球場で3回戦7試合が行われた。新潟市ハードオフ・エコスタジアムでは終盤に得点を重ねた新潟江南が佐渡に逆転勝ち。新発田市五十公野球場では新発田南が5回の集中打で新潟南を突き放した。長岡市悠久山球場では三条が9回サヨナラ勝ちで糸魚川白嶺をくだした。柏崎市佐藤池球場では長岡大手が上越総合技術との打ち合いを制した。日本文理と中越はコールド勝ちで4回戦進出を決めた。

15日は4球場で3回戦6試合が行われ、ベスト16が出そろう。

五十公野①新発田南9-4新潟南/5回裏、新発田南が伊藤陽(2年)の適時二塁打で1塁から佐藤泰誠(2年・写真)が生還し、4-3と勝ち越し 続きを読む


【社会人硬式】バイタルネットが2年連続の全国切符 日本選手権・北信越大会

社会人野球の「第47回日本選手権・最終予選北信越地区大会」は11日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで決勝戦が行われ、バイタルネット(新潟市)がIMF BABDITS富山を4対0でくだし、2年連続8回目(ニチエー時代含む)となる日本選手権の本大会出場を決めた。

バイタルネットは3回に吉浦大樹(名城大)の適時二塁打で先制。6回に追加点を挙げると、7回には池田貴将(日本文理高-東洋大)の左越え二塁打から吉浦の適時打で3点目を挙げたほか、9回にも吉浦の適時内野安打でダメを押した。投手陣は松本賢人(横浜商科大)、松田賢大(日大鶴ヶ丘高)、永島一樹(上武大)の3投手のリレーで相手打線を0封した。日本選手権は10月30日から京セラドーム大阪で行われる。

2年連続8回目の日本選手権出場を決め、喜ぶバイタルネットの選手たち 続きを読む


【高校野球】新潟が大勝 新潟明訓は樋口が2安打完封 秋季県大会2回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第147回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は11日、4球場で2回戦8試合が行われた。新潟市鳥屋野球場では新潟と新潟商がコールド勝ち。新発田市五十公野球場では新潟明訓のエース・樋口歩夢(2年)が2安打完封の投球で新発田農をくだした。長岡市悠久山球場では長岡向陵と長岡がコールド勝ち。柏崎市佐藤池球場では高田が終盤に突き放して3回戦へ進んだ。

12、13日は試合がない。3回戦は14、15日に行われる予定。

鳥屋野①新潟18-1向陽万代羽茂/2回表、新潟は無死2、3塁から渡辺理来(2年)の中前適時打で先制 続きを読む


【BCL】新潟は信濃に惜敗 地区CSで敗退決まる

ルートインBCリーグの北地区チャンピオンシップ(CS)第1戦が10日、長野県中野市で行われ、北地区2位の新潟アルビレックスBCは同地区1位の信濃グランセローズと対戦し、4対5で敗れた。全2戦で行われる地区CSは1位の信濃に1勝のアドバンテージがあり、7年ぶりのプレーオフ進出を果たした新潟は敗退が決まった。

9回表、2死2塁から新潟は四番・小池智也(法大)が左越え2ランを放って4-5と追い上げたが… 続きを読む


【高校野球】佐渡が逃げ切る 秋季県大会2回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第147回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は10日、4球場で2回戦8試合が行われた。新潟市鳥屋野球場では佐渡が9回に1点差まで追い上げられたが10対9で競り勝ち、五泉を振り切った。新発田市五十公野球場では新潟第一が延長11回の熱戦の末、新発田をくだした。長岡市悠久山球場では長岡大手と小出がコールド勝ち。柏崎市佐藤池球場では高田北城が中盤以降に加点し三条商を突き放した。11日は4球場で2回戦8試合が行われる予定。

鳥屋野②佐渡10-9五泉/2回裏、先制した佐渡は無死3塁から大地立夢(1年)の中前適時打で2-0に 続きを読む


【高校野球】帝京長岡・茨木が7回2死まで無安打の好投 秋季県大会2回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第147回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は9日、4球場で2回戦8試合が行われた。今夏の新潟大会優勝の日本文理は村上桜ヶ丘にコールド勝ちで初戦を突破した。新潟市鳥屋野球場では新潟西が粘る新発田商を振り切った。新発田市五十公野球場では新津が14安打13得点でコールド勝ち。長岡市悠久山球場では今夏準優勝の帝京長岡の1年生エース・茨木佑太が7回2死まで安打を許さない好投で昨夏準優勝の新潟産大附にコールド勝ちした。柏崎市佐藤池球場では長岡商が15安打11得点で大勝した。10日も4球場で2回戦8試合が行われる予定。

悠久山②帝京長岡8-0新潟産大附/7回2死まで無安打投球の好投を見せた帝京長岡①茨木佑太(1年) 続きを読む


【高校野球】秋季県大会が開幕 来春選抜大会への第一歩

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第147回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は8日開幕し、4球場で1回戦3試合と2回戦8試合の計11試合が行われた。新潟市鳥屋野球場では新潟南が夏ベスト8の開志学園にコールド勝ち。新発田市五十公野球場では新発田南の1年生左腕・小林佑が14安打を打たれながら1失点完投の粘り強い投球で新潟工に勝利した。長岡市悠久山球場では三条が新潟県央工にコールド勝ちした。柏崎市佐藤池球場では糸魚川白嶺が三条東に2対1で競り勝った。9日は4球場で2回戦8試合が行われる予定。

悠久山③柏崎工7-0小千谷/4回裏、柏崎工は2死満塁から小野塚翔空(2年)の中越え適時二塁打で走者一掃となり5-0に 続きを読む