【BCL】清水新監督「選手と一緒に成長を」 就任会見で抱負 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCの新監督に就任した元日本ハム、オリックス投手の清水章夫氏(43歳)が25日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで就任記者会見に臨み、「選手と一緒に成長していきたい」と決意を述べた。契約期間は1年で、背番号は「99」。清水監督は今季のチームスローガンを「縁(えん)」に決めたとことを明らかにした。

第8代となる監督に就任した清水章夫新監督(左)と池田拓史球団社長 続きを読む


【高校野球】中越・小鷹葵前主将を優秀選手表彰 日本学生野球協会

日本学生野球協会の2018年度の優秀選手に新潟県から中越高校3年・小鷹葵前主将(18)が選出され、その表彰式が21日、長岡市の同校で行われた。新潟県高野連の富樫信浩会長から賞状入りの記念盾を手渡された小鷹前主将は「チームの仲間や相手として戦った仲間から刺激を受けたことで、いただくことができた賞で感謝している」と感想を話し、大学でも野球を続けて「夢であるプロ野球選手を目指したい」と決意を新たにしていた。

表彰を受ける小鷹葵前主将 戦った仲間へも感謝の気持ちを表した 続きを読む


【BCL】監督に元日ハム・清水章夫氏 加藤健氏が総合コーチに 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは、次期監督に日本ハムやオリックスで先発や中継ぎ左腕として活躍した清水章夫氏(43)を招へいすることを決めた。近く球団から正式に発表される予定。また、球団社長補佐としてフロントで活躍してきた元巨人捕手の加藤健氏(37・聖籠町出身)が非常勤の総合コーチとしてベンチ入りし清水新監督を支える。 続きを読む


【イベント】BC選手の“心”写す 長岡市出身のカメラマン・武山智史さんが写真展

長岡市出身のフリーカメラマン・武山智史さんの写真展『グラウンドの主役たち4』が13、14日の2日間、長岡市のアオーレ長岡で開催された。2016年から毎年開催され、今年で4回目。過去3回は高校球児が題材だったが、今回はルートインBCリーグ・新潟アルビレックスBCの選手たちがテーマ。昨年3月のキャンプインから、公式戦の舞台裏、10月のNPBドラフト会議でDeNAから指名された知野直人内野手の指名の瞬間の表情をとらえた作品など35点が展示された。

4回目の開催となった写真展 大勢の人が来場した 続きを読む


【高校野球】中越・坂井翔太が新潟医療福祉大へ 関甲新で「首位打者獲りたい」

昨夏の新潟代表として甲子園に出場した中越高校の遊撃手で3年の坂井翔太選手(18)が関甲新1部の新潟医療福祉大に入学する。昨年末に推薦合格が決まった。坂井は昨秋にプロ志望届を提出したが、NPB(日本野球機構)ドラフト会議では指名がなかった。4年後のプロ入りを目指し、「大学では即戦力として使ってもらえるよう頑張りたい。リーグ戦で首位打者を獲りたい」と意気込んでいる。

新潟医療福祉大に入学が決まった中越・坂井翔太 新年も後輩と一緒に汗を流す 続きを読む


【小中学硬式】新年の安全と必勝を祈願 新潟シニアは選抜大会へ 新潟少年硬式野球連盟

新潟少年硬式野球連盟に所属するリトルリーグとリトルシニアリーグによる合同の必勝祈願が6日、新潟市の白山神社で行われた。毎年新年の恒例行事で、新潟市内のリトルとリトルシニアの選手や指導者ら約200人が今シーズンの安全と各大会での躍進を祈願した。

必勝祈願をするリトルリーグ、シニアリーグの選手たち 続きを読む


【女子野球】最多勝の松谷「将来は日本代表に」 新年の意気込み語る

柏崎市出身で日本女子プロ野球・愛知ディオーネに所属する松谷比菜乃投手(20)が3日、出身チームである中学硬式野球チーム・柏崎シニアの練習始めに出席し、新年の抱負を述べた。昨季は育成チームからトップチームの愛知で先発投手としてデビュー。8勝を挙げ、最多勝のタイトルを獲得するとともに、最優秀新人賞にも選ばれた。新たなシーズンに向け、「タイトルも獲りたいが、まずはチームに貢献したい。将来的には日本代表になりたい」と意気込みを語った。

最多勝のタイトルと最優秀新人賞を獲得した松谷比菜乃 続きを読む