【NPB】加藤健氏が巨人三軍バッテリーコーチに 広島・小林幹英氏は三軍投手育成強化コーチに

NPBの巨人は29日、来季のコーチングスタッフを発表し、三軍バッテリーコーチに聖籠町出身で新潟アルビレックスBC前コーチ・加藤健氏(38・新発田農高出身)が就任することが決まった。加藤氏の背番号は「90」と発表されている。

また広島カープは29日、来季のコーチングスタッフを発表し、今季二軍投手コーチを務めた小林幹英氏(45・新潟明訓高出身)が三軍投手育成強化コーチに就任する。背番号は「73」。 続きを読む


【中学硬式】新潟西シニアが信越1位で来春選抜大会へ

中学硬式野球のリトルシニア信越連盟は27日までに、来春開催される「第26回日本リトルシニア全国選抜大会」のための「新人順位決定戦」を長野県塩尻市などで行い、新潟地区と信越2地区(東北信、中南信)の計3地区を勝ち上がった6チームが順位決定リーグ戦に臨んだ。新潟大会で優勝した新潟西シニアは「信越1~3位順位決定戦」に臨んだ結果、2勝0敗で信越1位となった。新潟西シニアはベスト16に進んだ2015年以来5年ぶりの選抜大会出場が確実となった。

なお新潟大会で準優勝だった柏崎シニアは「4~6位順位決定戦」で0勝2敗の6位となった。来年3月に大阪で開催される全国選抜大会には信越連盟からの出場枠が例年「4」のため、県内からは新潟西シニアのみが出場する見通しとなった。

信越1位で5年ぶりに来春の選抜大会出場が確実となった新潟西シニア
(写真提供:新潟西シニア) 続きを読む


【BCL】育成指名の樋口と長谷川に日ハムスカウトが指名あいさつ

17日に行われたNPB(日本野球機構)の育成ドラフト会議で北海道日本ハムから育成指名された新潟アルビレックスBCの樋口龍之介内野手(育成2位)と長谷川凌汰投手(育成3位)が25日、新潟市のハードオフ・エコスタジアム内で日本ハムのスカウト2人から指名あいさつを受けた。

指名あいさつを受けた樋口龍之介(左2人目)と長谷川凌汰(左3人目) 日ハムから伊藤剛GM付特命スカウト(左端)と多田野数人担当スカウト(右端)が来県した 続きを読む


【BCL】加藤健総合コーチの退団を正式発表 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグ・新潟アルビレックスBCは24日、球団社長補佐で今季総合コーチを務めた加藤健氏(38・新発田農高出身)が退団すると発表した。元巨人捕手の加藤氏は現役引退後の2017年から地元チームである新潟アルビレックスBCの球団社長補佐としてフロント入りし、3年目の今季は総合コーチを兼任した。今後については古巣の巨人でファーム指導者となることなどが検討されている。

22日のサポーター感謝デーで挨拶する加藤健氏 続きを読む


【BCL】元巨人捕手の加藤健総合コーチが退団へ 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグ・新潟アルビレックスBCの球団社長補佐で、今季総合コーチを務めた聖籠町出身の元巨人捕手・加藤健氏(38・新発田農高出身)が今季限りで退団することが関係者の話で明らかになった。加藤氏は現役引退後の2017年から地元チームである新潟アルビレックスBCの球団社長補佐としてフロント入り。3年目の今季は総合コーチとして現場に復帰し、チームは優勝できなかったものの、前後期ともに2位と優勝争いをする戦力に押し上げる指導力を発揮した。今後は未定。

今季限りで退団することが明らかになった加藤健総合コーチ 続きを読む


【BCL】今季の応援に感謝 新潟アルビレックスBCがファン交流イベント

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは22日、新潟市西区のみどりと森の運動公園屋内コートで、今季のファンの声援に感謝を表すイベント「サポーター感謝デー」を開催し、清水章夫監督やコーチ、選手らと集まった約200人のファンが交流した。

集まったサポーターと記念撮影をする新潟アルビレックスBCのメンバー 続きを読む


【高校野球】北越は決勝進出ならず 終盤に突き放される 北信越大会準決勝

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第141回北信越高校野球大会」は20日、石川県で準決勝2試合を行った。新潟県代表の北越(新潟1位)は日本航空石川(石川2位)に1対9で敗れ、決勝進出はならなかった。

準決勝で敗れ、決勝進出はならなかった北越 続きを読む


【高校野球】準決勝は20日に順延 北信越大会

石川県高野連は19日に石川県立野球場で行われる予定だった北信越大会準決勝について、「このあとの天候の悪化が予想され、グラウンド状態も不良のため中止とする」と発表した。準決勝2試合は20日に順延となる。 続きを読む


【ドラフト】魚沼市出身の韮澤は広島4位 アルビBCの樋口と長谷川は日ハムが育成指名

NPB(日本野球機構)ドラフト会議が17日、東京都内で開かれ、新潟県関係では魚沼市出身で花咲徳栄高校3年の韮澤雄也内野手(18歳・堀之内中出身)が広島東洋カープから4位指名を受けた。また育成ドラフトでは北海道日本ハムファイターズから新潟アルビレックスBCの樋口龍之介内野手(25歳・横浜高-立正大)が育成2位で、長谷川凌汰投手(23歳・福井商高-龍谷大)が育成3位で指名された。新潟県関係は一昨年の4人、昨年の3人に続き、複数の選手が指名された。

広島から4位指名された魚沼市出身の韮澤雄也(花咲徳栄高3年) 続きを読む


【高校野球】北越が準決勝進出 北信越大会準々決勝

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第141回北信越高校野球大会」は15日、石川県で準々決勝2試合を行い、新潟県勢で勝ち残った北越(新潟1位)が3対2で上田西(長野1位)をくだし、準決勝進出を決めた。北越が北信越大会準決勝に進むのは北越商時代の1980年秋以来39年ぶり。北信越の選抜出場枠は2で、大一番となる準決勝は19日に石川県立球場で行われる予定。

準決勝進出を決め、喜ぶ北越の選手たち 続きを読む