【BCL】さらば新潟…①清水章夫監督「選手を温かい目で見守って」

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCで2年間、監督としてチームの指揮を執ってきた清水章夫監督(45)が年末で退任する。日本ハム、オリックスで先発や中継ぎとして活躍した元左腕。2010年に現役を引退した後は野球の現場から離れていたが、2019年に第8代の新潟アルビレックスBCの監督に就任。1年目の昨季は前期優勝マジックを点灯させながらも逆転で優勝を逃し、前期・後期ともに東地区2位。2年目の今季はコロナ禍で地区割りや試合数が変更される中で中地区グループCで2位となり、昨季に続いてプレーオフ進出を逃した。「初めての土地で2年間、野球が大好きな子たちと一緒に過ごすことができた。新潟に来てよかった」と振り返るとともに、退任にあたって「去りがたい」としみじみ。来季も新潟でプレーする選手たちへ、そして新潟県民にメッセージを残した。

2年間の新潟での監督生活を振り返る清水章夫監督 続きを読む


【BCL】新監督に橋上秀樹氏が就任へ 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCの新監督に今季総合コーチを務めた橋上秀樹氏(55)が就任する見通しであることが関係者の話で明らかになった。近日中に正式発表される。橋上氏は2011年に新潟の監督を務めていて、10年ぶりの監督復帰となる。

新潟アルビレックスBCの新監督に就任する見通しとなった橋上秀樹氏 続きを読む


【BCL】荒木友斗がBC挑戦へ 新潟アルビレックスBCが8選手に特別合格

ルートインBCリーグは14日、石川県でBCLドラフト会議を開催し、併せて特別合格選手を発表した。新潟アルビレックスBCは8選手を特別合格とした。この中にはプロ志望届を提出し、10月26日のNPB(日本野球機構)ドラフト会議で指名漏れとなった加茂暁星・荒木友斗捕手(17)や、今夏独自大会の優勝校・中越の左腕・佐藤雄飛投手(18)が入っている。なお、新潟のドラフト指名選手はなかった。

新潟アルビレックスBCへの特別合格が決まった加茂暁星・荒木友斗 続きを読む


【BCL】エコスタで合同トライアウト開催

ルートインBCリーグは7日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで来季の新人入団テストとなる「合同トライアウト」を開催。18歳から47歳までの53人が打撃テストやブルペン投球などの一次テストに臨み、一次を通過した受験者25人が実戦形式となる二次テストに挑んだ。トライアウトは8日に長野県、14日に石川県で開催され、14日のドラフト会議で指名された選手が合格者となる。

新潟市のハードオフ・エコスタジアムを会場に実施されたBCL合同トライアウト 続きを読む


【高校野球】東京学館新潟の左腕・高橋駿がBCL挑戦

東京学館新潟の3年生左腕・高橋駿投手(18)が6日までにプロ志望届を提出、ルートインBCリーグに挑戦する意向を明らかにした。高橋は最速137キロの左腕で、今夏の新潟独自大会では3試合で先発し、チームは4回戦で敗れたが、自身は3試合無失点の好投をみせた。取材に対し「BCリーグからNPB(日本野球機構)入りを目指して頑張りたい」と意欲を語った。地元球団である新潟アルビレックスBC入りを希望している。

BCリーグ挑戦を決めた東京学館新潟・高橋駿(3年) 続きを読む