【高校野球】日本文理が練習納め 「新年は全国制覇の年に」

来春の甲子園球場でおこなわれる選抜大会出場が確実な日本文理高校野球部が27日、2013年の「練習納め」をおこなった。前日26日はこの時期には珍しい晴天となりグラウンドで守備練習などに汗を流したが、この日はあいにくの雨模様。午前9時からの練習ではナインは室内練習場で主に打撃練習に時間を割いた。

室内練習場で打撃練習をおこなう日本文理の選手たち

中軸を打つ2年・小林将也選手

日本文理は今秋の北信越大会で5年ぶりとなる優勝を果たし、来春の選抜大会出場が確実視されている。11月の神宮大会では新潟県勢として初勝利を飾るなど2勝を挙げ決勝に進出。初の全国制覇をかけた決勝では沖縄尚学を相手に8点をリードしながら終盤に逆転され、8-9で準優勝に終わった。

神宮大会での逆転負け後、チーム内で新しく始めたことがある。2年生が交代で「1日キャプテン」を輪番で務めるようにした。1人1人がキャプテンとなり、選手同士の声掛けをおこない、その日の練習で気づいたことなどを練習後に選手に伝えるようにしている。池田貴将主将は「神宮大会の後、練習の甘さや人任せな部分を見直そうとみんなで話し合って決めた。1人1人が責任を持って練習を取り組もうと考えた」とその意図を説明する。この日、1日キャプテンを務めた鷲田信太郎選手は「チーム全体を見ながら練習に取り組む意識を持つようになった」と話す。

練習の合間でのミーティング 「1日キャプテン」が主導する

全員で筋トレをおこない2013年の練習を終えた

練習の「締め」は全員で筋トレをおこなった。日本文理・野球部は28日午前中に簡単な清掃をおこない正月休みに入る。新年の全体練習は1月6日から始める予定。選抜大会は選考委員会が1月24日に開かれ、3月21日に開幕する。

選手たちは正月休みの間も個々でトレーニングを続ける予定だという。目前で逃した全国制覇を目標にチームはこの冬、さらなる成長を遂げている。池田貴将主将は「何としても2014年は自分たちの代で『全国制覇』を成し遂げたい」と力を込めた。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】21世紀枠 北信越推薦は長野西 三条は選出ならず

日本高野連は13日、来春選抜大会の21世紀枠の各9地区の推薦校を発表した。北信越地区は長野県の長野西が推薦され、新潟県の三条は選出されなかった。

来春選抜大会の選考委員会は1月24日に開かれ、出場32校が決定。3月21日に開幕する。新潟県勢では北信越大会で優勝した日本文理の選出が確実視されている。

(文/岡田浩人)


【BCL】新潟退団の寺田哲也投手が四国・香川入団

四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズは11日、BCリーグの新潟アルビレックスBCを退団した寺田哲也投手(26)が入団したと発表した。寺田投手は新潟のエースとして昨季14勝、今季15勝を挙げ、2年連続のBCリーグ最多勝と投手MVPを獲得。先月、新潟を退団していた。取材に対し寺田投手は「4年間、新潟でやらせてもらって凄く成長させてもらった。ただ今年のドラフトにかからなかったことで環境を変えようと決断した。来季は日本一をかけて新潟と闘えるよう頑張りたい」と新天地に挑む決意を話した。

四国・香川に入団が決まった寺田哲也投手

(取材・撮影・文/岡田浩人)