【BCL】アルビBC 初の台湾キャンプスタート

新潟アルビレックスBCは31日、チーム初の海外キャンプとなる台湾キャンプをスタートさせた。台湾・雲林県の斗六野球場で、午前中はキャッチボールやシートノック、午後からはバッティング練習などに汗を流した。現地の気温は約25度。

アップ
アップをおこなう選手(写真提供:新潟アルビレックスBC)
キャッチボール
キャッチボールの様子(写真提供:新潟アルビレックスBC)

チーム広報によると、午前中にバスが道に迷ったため、球場到着が40分遅れになるハプニングがあったものの、予定された練習は無事に終了したという。あす4月1日にはギャオス内藤監督が合流し、現地時間17時からインターコンチネンタル球場で台中威達雲端と交流試合をおこなう。

佑紀
打撃練習をおこなう佑紀選手(写真提供:新潟アルビレックスBC)
向かって右:佐藤 左:上野
ブルペンで投球をおこなう上野和彦投手(左)と佐藤弘樹投手
(写真提供:新潟アルビレックスBC)

青木智史兼任コーチは「非常に温暖な気候で選手たちものびのびと軽快に体を動かしていた。この気候ならいい調整ができそう」とコメント。

今井佑紀キャプテン(登録名・佑紀、日本文理高出身)は「暖かいから体が自然に動く。昨日の移動と急に汗をかく量が増えて自分たちが思う以上に疲労していると思うので、体の動かし方に気をつけながら運動量を増やしていきたい」とし、明日4月1日に予定される交流試合について「やるからには勝ちに行きたい。日本の独立リーグの代表の気持ちで、いいプレーをして台湾のみなさんに印象づけたい」と意気込んだ。

(文/岡田浩人 写真・情報提供/新潟アルビレックスBC)

【NPB】日ハム谷元投手が今季初先発も敗戦投手に

北海道日本ハムの谷元圭介投手(バイタルネット出身)が31日、西武ドームでおこなわれた埼玉西武戦で今シーズン初先発。1回裏にヒットと四球で満塁のピンチを招くと浅村にセンター前タイムリーを許し2失点。さらに3回裏に走者1人を置いて栗山に2点本塁打を打たれ、計4失点。3回で降板し敗戦投手となった。

谷元投手は新潟市の社会人野球チーム・バイタルネットでエースだった2008年のドラフト会議で日本ハムから7位で指名されNPB入り。昨年途中から先発陣入りし、5年目の今季も先発での活躍が期待されている。

(文/岡田浩人)


【大学野球】東北福祉大1年・波多野陽介投手 オープン戦で登板重ねる

日本文理高校2年生の時に春夏連続甲子園出場を果たし、今春卒業した波多野陽介投手が東北福祉大学に進学。初の大学キャンプを経て、体が一回り大きくなった波多野投手は新1年生ながら中継ぎ、抑えとしてオープン戦での登板を重ねている。
2013029明治大×東北福祉大⑥
明治大学とのオープン戦に登板した波多野投手

波多野投手は高校2年春の選抜甲子園で140キロ台中盤の重い直球を投げ込み、注目を集めた。2年夏にも甲子園に出場し、初戦で優勝した日大三高に敗れたものの、序盤は日大三高打線を抑える力のこもった投球を見せた。同学年の田村勇磨投手(現・新潟アルビレックスBC)とともに、ダブルエースとして活躍したが、3年夏は県大会4回戦で敗退し、甲子園出場はならなかった。

20120602文理・波多野
日本文理高時代の波多野投手

「高校3年生の時に甲子園に出れず悔しかった。大学では日本一なりたい」との決意で、今春、東北福祉大学に進学した波多野投手。新1年生ながらオープン戦で中継ぎや抑えとして抜擢され、既に10試合以上の登板を重ねている。3月29日には明治大学とのオープン戦で1対1の同点で迎えた9回裏に登板。明治大の3番打者・高山俊選手(日大三高出身)に右前ヒットを許し、四球などで満塁のピンチを招くと、最後は内野安打でサヨナラ負けを喫した。しかし山路哲生監督は「球に力がある。制球力などまだまだの部分はあるが、1年生のうちから経験を積ませたい」と期待を寄せる。

20130329明治大×東北福祉大⑤
ブルペンで投げ込む波多野投手

波多野投手は「大学野球はやはりレベルが高く、高校時代には打ち取れていた直球やスライダーも簡単に打ち返されてしまう。まだまだ勝負強さが足りない」と反省も、「しっかり練習して、将来的には先発完投型の投手を目指したい。目標はNPB入り」と前を見据えた。

(取材・文・撮影/岡田浩人)