【BCL】アルビBC 初の台湾キャンプスタート

新潟アルビレックスBCは31日、チーム初の海外キャンプとなる台湾キャンプをスタートさせた。台湾・雲林県の斗六野球場で、午前中はキャッチボールやシートノック、午後からはバッティング練習などに汗を流した。現地の気温は約25度。

アップ
アップをおこなう選手(写真提供:新潟アルビレックスBC)
キャッチボール
キャッチボールの様子(写真提供:新潟アルビレックスBC)

チーム広報によると、午前中にバスが道に迷ったため、球場到着が40分遅れになるハプニングがあったものの、予定された練習は無事に終了したという。あす4月1日にはギャオス内藤監督が合流し、現地時間17時からインターコンチネンタル球場で台中威達雲端と交流試合をおこなう。

佑紀
打撃練習をおこなう佑紀選手(写真提供:新潟アルビレックスBC)
向かって右:佐藤 左:上野
ブルペンで投球をおこなう上野和彦投手(左)と佐藤弘樹投手
(写真提供:新潟アルビレックスBC)

青木智史兼任コーチは「非常に温暖な気候で選手たちものびのびと軽快に体を動かしていた。この気候ならいい調整ができそう」とコメント。

今井佑紀キャプテン(登録名・佑紀、日本文理高出身)は「暖かいから体が自然に動く。昨日の移動と急に汗をかく量が増えて自分たちが思う以上に疲労していると思うので、体の動かし方に気をつけながら運動量を増やしていきたい」とし、明日4月1日に予定される交流試合について「やるからには勝ちに行きたい。日本の独立リーグの代表の気持ちで、いいプレーをして台湾のみなさんに印象づけたい」と意気込んだ。

(文/岡田浩人 写真・情報提供/新潟アルビレックスBC)

【NPB】日ハム谷元投手が今季初先発も敗戦投手に

北海道日本ハムの谷元圭介投手(バイタルネット出身)が31日、西武ドームでおこなわれた埼玉西武戦で今シーズン初先発。1回裏にヒットと四球で満塁のピンチを招くと浅村にセンター前タイムリーを許し2失点。さらに3回裏に走者1人を置いて栗山に2点本塁打を打たれ、計4失点。3回で降板し敗戦投手となった。

谷元投手は新潟市の社会人野球チーム・バイタルネットでエースだった2008年のドラフト会議で日本ハムから7位で指名されNPB入り。昨年途中から先発陣入りし、5年目の今季も先発での活躍が期待されている。

(文/岡田浩人)


【大学野球】東北福祉大1年・波多野陽介投手 オープン戦で登板重ねる

日本文理高校2年生の時に春夏連続甲子園出場を果たし、今春卒業した波多野陽介投手が東北福祉大学に進学。初の大学キャンプを経て、体が一回り大きくなった波多野投手は新1年生ながら中継ぎ、抑えとしてオープン戦での登板を重ねている。
2013029明治大×東北福祉大⑥
明治大学とのオープン戦に登板した波多野投手

波多野投手は高校2年春の選抜甲子園で140キロ台中盤の重い直球を投げ込み、注目を集めた。2年夏にも甲子園に出場し、初戦で優勝した日大三高に敗れたものの、序盤は日大三高打線を抑える力のこもった投球を見せた。同学年の田村勇磨投手(現・新潟アルビレックスBC)とともに、ダブルエースとして活躍したが、3年夏は県大会4回戦で敗退し、甲子園出場はならなかった。

20120602文理・波多野
日本文理高時代の波多野投手

「高校3年生の時に甲子園に出れず悔しかった。大学では日本一なりたい」との決意で、今春、東北福祉大学に進学した波多野投手。新1年生ながらオープン戦で中継ぎや抑えとして抜擢され、既に10試合以上の登板を重ねている。3月29日には明治大学とのオープン戦で1対1の同点で迎えた9回裏に登板。明治大の3番打者・高山俊選手(日大三高出身)に右前ヒットを許し、四球などで満塁のピンチを招くと、最後は内野安打でサヨナラ負けを喫した。しかし山路哲生監督は「球に力がある。制球力などまだまだの部分はあるが、1年生のうちから経験を積ませたい」と期待を寄せる。

20130329明治大×東北福祉大⑤
ブルペンで投げ込む波多野投手

波多野投手は「大学野球はやはりレベルが高く、高校時代には打ち取れていた直球やスライダーも簡単に打ち返されてしまう。まだまだ勝負強さが足りない」と反省も、「しっかり練習して、将来的には先発完投型の投手を目指したい。目標はNPB入り」と前を見据えた。

(取材・文・撮影/岡田浩人)


【NPB】オリックス金子千尋投手 ぶっつけ本番の開幕先発も好投

オリックスの金子千尋投手(三条市出身)が3年ぶり3度目の開幕投手として29日のロッテ戦に先発。キャンプ中に右前腕部円回内筋の炎症で離脱し、紅白戦やオープン戦など実戦登板なし。ぶっつけ本番での大役だったが、8回を投げ被安打6、奪三振7、失点1の好投。1-1の同点で降板。勝敗はつかず。

(文/岡田浩人)


【中学硬式】新津五泉村松シニア、準々決勝で敗れる

中学硬式野球の第19回日本リトルシニア全国選抜大会の準々決勝が29日、大阪市でおこなわれ、NGM(新津・五泉・村松)シニアは0対9で関東代表・栃木下野シニアに敗れ、ベスト4進出はならなかった。次の全国大会は8月に東京でおこなわれる全国選手権大会で、6月から予選が始まる。

(文/岡田浩人)


【BCL】新潟、オープン戦3試合目は逆転負け

新潟アルビレックスBCは28日、長野市で信濃グランセローズとオープン戦をおこない、1対2で逆転負けした。新潟のオープン戦は3試合目で成績は1勝2敗。

新潟は2回表、足立のタイムリーヒットで1点を先制。しかし7回裏、この回から登板したルーキー田村勇磨(日本文理高出身)が連続四球と犠打で2、3塁のピンチを招き内野ゴロの間に1失点。さらに8回裏には田村から代わった2年目の東大介が走者1人を置いてタイムリー2ベースを浴び逆転され、そのまま逃げ切られた。

新潟はあす29日は練習、30日は台湾への移動日で、31日から初の海外キャンプとなる台湾キャンプをおこなう。

(文/岡田浩人)


【中学硬式】新津五泉村松シニアがベスト8進出

中学硬式野球の第19回日本リトルシニア全国選抜大会の3回戦が28日、大阪市でおこなわれ、NGM(新津・五泉・村松)シニアが5対1で関東代表・横浜泉シニア(神奈川)をくだし、ベスト8に進出した。準々決勝はあす10:00から大阪市の舞洲ベースボールスタジアムおこなわれる。


【BCL】内藤アルビがオープン戦初勝利

新潟アルビレックスBCは27日、新潟市のハードオフエコスタジアムで群馬ダイヤモンドペガサスとオープン戦をおこない、4-3で勝ち、オープン戦初勝利を飾った。監督就任“初勝利”となったギャオス内藤監督は安どの表情を浮かべた。

試合前の練習中にサプライズが・・・。高津臣吾前監督が球場を訪れ、選手を激励した。高津前監督はチーム編成などに助言をおこなう「チームアドバイザー」に就任している。ギャオス内藤監督は高津前監督を見つけると、肩組みをしてアピール。また監督自身が試合前のスターティングオーダーの紹介をおこなうなどして、訪れたサポーターを楽しませた。
20130327OP新潟×群馬・試合前①
選手を激励する高津臣吾前監督
20130327OP新潟×群馬・試合前②
ギャオス内藤監督と高津前監督
20130327OP新潟×群馬・試合前③
試合前のオーダー紹介を自らおこなう内藤監督

新潟は昨年13勝をあげた阿部拳斗(中越高出身)が先発し、3回を投げ無失点に抑えた。「コロンビアのウィンターリーグに参加していた去年に比べ今季はまだ肩ができあがっていない」と話すも、この日の直球の最速は140キロ。やや抜ける球が目立ったものの、仕上がりとしてはまずまずだった。
20130327OP新潟×群馬・阿部①
先発した阿部拳斗投手

2番手の新人左腕・上野和彦(桜美林大出身)が4回に四球と2本のヒットで1失点。3番手の新人・田村勇磨(日本文理高出身)は1回を無失点に抑えた。
20130327OP新潟×群馬・田村①
3番手で初登板した田村勇磨投手

新潟は5回に野呂の犠飛と稲葉の2点タイムリーで逆転し、6回にも工藤の犠飛で1点を追加。
4番手で登板した2年目の猪俣卓也(北越高出身)はカラバイヨ(元オリックス)に特大ソロ本塁打を浴びたものの、2回を投げ1失点。変化球の制球が増し、「スライダーでストライクが取れるようになった」と手応えを感じていた。
20130327OP新潟×群馬・猪俣
4番手で登板した猪俣卓也投手

新潟は最終回に羽豆が1失点したものの逃げ切り、オープン戦初勝利。内藤監督は集まったサポーターに手を振って喜びを表していた。
20130327OP新潟×群馬・試合後
サポーターの声援に応えるギャオス内藤監督

試合後、内藤監督は「試合中に声を出すのがギャオススタイル。選手には自分の持っているものを出してほしいと考えている。田村は登板予定ではなかったが、地元だったので1イニングだけ投げさせたが、チェンジアップを投げるなど度胸もあって良かった。打順は入れ替え(2番にバントのできる足立を置き)1点を取りにいく野球を目指した。勝てて嬉しい」とほっとした様子を見せた。
<ギャオス内藤監督のオープン戦初勝利後のインタビュー>

(取材・文・撮影/岡田浩人)


【中学硬式】新津五泉村松シニアがベスト16進出

中学硬式野球の第19回日本リトルシニア全国選抜大会の2回戦で、信越2位代表のNGM(新津・五泉・村松)シニアが4対0で関東代表・新宿シニア(東京)をくだし、ベスト16に進出した。3回戦はあす10:00からおこなわれる。


【NPB】広島・今井啓介投手が右手薬指を骨折

広島カープの今井啓介投手(中越高出身)が、25日の練習中に右手薬指にボールを当て負傷。検査の結果、右手薬指末節骨骨折と診断された。

今井投手は2月下旬に左膝に痛みを訴え、広島市内で調整を続けてきたが、25日に二軍に合流。しかし打撃練習のバント練習中に、マシンのボールが右手薬指に当たり負傷した。キャッチボールの再開まで1週間程度の見込み。

(取材・文/岡田浩人)