【中学硬式】新潟、新潟西ともに初戦突破しベスト16進出 シニア日本選手権

中学硬式野球の第43回リトルシニア日本選手権が31日、東京・神宮球場などで開幕。新潟県から信越連盟代表として出場している新潟シニア(信越2位)は2対1で宮崎シニアに逆転勝ち、新潟西シニア(信越3位)は7対0で仙台東部シニアにコールド勝ちし、2チームとも1回戦を突破しベスト16に進出した。2回戦は1日におこなわれ、新潟は新宿(関東連盟)、新潟西は静岡裾野(関東連盟)と対戦する。

◎31日の1回戦の試合結果◎
新潟2-1宮崎
宮崎 001 000 0 =1
新潟 000 002 × =2

逆転勝ちで2回戦進出を果たした新潟シニア

新潟西7-0仙台東部(5回コールド)
新潟西 014 20 =7
仙台東 000 00 =0

コールド勝ちで2回戦進出を決めた新潟西シニア

◎1日の2回戦の試合予定◎
新潟×新宿 (9:00 所沢航空公園)
新潟西×静岡裾野 (8:00 神宮球場)

(取材・文/岡田浩人)


【中学硬式】新潟と新潟西が頂点に挑む シニア日本選手権31日開幕

中学硬式野球の第43回リトルシニア日本選手権が31日、東京・神宮球場などで開幕する。新潟県からは信越連盟代表として新潟シニア(信越2位)と新潟西シニア(信越3位)が全国制覇を目指して挑む。

新潟シニアの選手たち 2年ぶり7度目の選手権出場

新潟シニアの選手たち 2年ぶり7度目の選手権出場

新潟シニアは2年ぶり7度目の選手権出場となる。就任1年目の泉貴之監督のもと、130キロ台中盤の直球とスライダー、スプリットなどを投げ込む鈴木裕太投手(3年)を中心に「守りのチーム」(泉監督)を作り上げた。2006年には新潟県最高成績である全国準優勝を成し遂げていて、その上の頂点を目指す。

新潟西シニア 春の選抜大会に続き全国の舞台を踏む

新潟西シニア 春の選抜大会に続き全国の舞台を踏む

新潟西シニアは今春の選抜大会に続く全国の舞台となる。右の本格派・大関風雅(3年)を中心に堅守と機動力をいかしたチームカラーが特徴。昨年からの経験豊富な選手が多く、今春の選抜大会では1勝を挙げベスト16進出を果たした。チームは「全国制覇」を目指す。

第43回日本選手権の組み合わせ(日本リトルシニア中学硬式野球協会のHPより)

第43回日本選手権の組み合わせ(日本リトルシニア中学硬式野球協会のHPより)


大会は全国32チームが参加し31日に開幕する。1回戦で新潟シニアは宮崎シニア(九州連盟)と、新潟西シニアは仙台東部シニア(東北連盟)とそれぞれ対戦する。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】中越・斎藤颯主将が骨折後初のフリー打撃

第97回全国高校野球選手権大会(8月6日開幕・甲子園球場)に出場する中越の斎藤颯主将が30日、フリー打撃をおこなった。6月25日に右足くるぶしを疲労骨折して以来初めて。チームは31日に地元で最後の調整をおこなった後、1日に甲子園に向け出発する。


骨折後、初のフリー打撃をおこなう斎藤颯主将


ティー打撃をおこなう斎藤主将 右足首にサポーターをしているが順調な回復ぶり

秋春の県大会では4番打者を務めてきた斎藤主将は、新潟大会直前の6月25日の守備練習中に右足くるぶしを疲労骨折。医師からは全治3か月と言われ、手術を受けた。新潟大会はベンチ入りしたが試合出場はしなかった。

練習を終えた斎藤主将は「気持ちよかった。久しぶりで球に力が伝わらなかったが、徐々に慣れていきたい。痛みはなかった。このまま順調に行けば甲子園で打席に立つことができると思う。焦らずしっかり治したい」と話した。

(取材・撮影・文/岡田浩人)