【BCL】新潟が3年連続で上信越地区優勝 群馬破る

BCリーグは28日からDeNA杯プレーオフが開幕し、長岡市悠久山球場でおこなわれた上信越地区チャンピオンシップ第1戦で、新潟アルビレックスBCが3-1で通期2位の群馬ダイヤモンドペガサスをくだした。前後期優勝の新潟はアドバンテージがあり1勝で上信越地区優勝となった。新潟の地区優勝は3年連続で、10月5日から始まるBCリーグチャンピオンシップで北陸地区の優勝チームと対戦する。

ギャオス内藤監督の胴上げ 新潟は3年連続の地区優勝を果たした

新潟の先発は2年連続のリーグ最多勝のエース寺田哲也。群馬の先発はNPBでの経験が豊富な小林宏之。息詰まる両投手の投げ合いが終盤まで続いた。互いに7回まで無失点。寺田は7回まで3塁を踏ませぬ好投を続けた。

新潟の先発・寺田哲也投手(作新学院大出身)

群馬の先発・小林宏之投手(ロッテ-阪神)

試合が動いたのは終盤の8回表。群馬が1死から連続安打で1、3塁のチャンスを作り、9番土屋旭宏がスクイズを決め1点を先制した。

1点を追う新潟はその裏、連続四球で無死1、2塁とチャンスを作った。群馬はここで投手を小林宏から栗山賢(日本文理高出身)に交代。野呂、福岡と倒れたが、2死から2番荒井勇介が左線適時二塁打を放ち2点を入れ逆転。さらに3番デニングが中越え三塁打で1点を追加した。

8回裏 新潟が荒井勇介選手の左線適時二塁打で逆転

新潟は9回のマウンドに間曽晃平を投入。間曽は走者1人を許したものの、最後の打者を空振り三振に切って取り試合終了。新潟が群馬をくだし、地区優勝を決めた。

優勝の瞬間、抱き合って喜ぶ新潟・間曽晃平投手と平野進也捕手

BCリーグ村山哲二代表(左)から地区優勝トロフィーを受け取るギャオス内藤監督

◇新潟・ギャオス内藤監督の話◇
「監督として迎える初のチャンピオンシップで緊張した。結果的に荒井の一撃で逆転できた。これも応援してくれるサポーターのおかげ。まだまだ素晴らしい光景を見たい。地区優勝は通過点。頂点(の2年連続日本一)を目指して頑張りたい」

◇決勝適時二塁打の新潟・荒井勇介選手の話◇
「8回表に1点を先制されてチームに焦りがあった。1点が遠い試合だった。8回の打席は冷静でボールが良く見えていた。打ったのはやや外の抜けた変化球。体が自然に反応してバットコントロールで打てた。毎試合、自分がヒーローになるつもりで、いいイメージを持って試合に臨んでいる」

◇8回1失点で勝利投手の新潟・寺田哲也投手の話◇
「きょうはあまり良くない状態だった。3、4回くらいまでボールにキレを感じなかった。そこからいつも通りに修正できた。先に点を与えてしまい悔しかった。もう1点入ったら試合が終わるので、次の1点を与えないよう考えて投げた。投げるからには勝つための投球をするだけ。次も頑張りたい」

(取材・撮影・文/岡田浩人)

 

 


【中学野球】中学3年生に元プロが指導 三機スタ野球アカデミーが開講

三條機械スタジアムの指定管理者の丸富(本社・三条市)は、このほど中学3年生を対象にした硬式野球教室「三機スタ野球アカデミー」を開講した。部活を引退した中学3年生で、高校で硬式野球を始めたい選手がスムーズに移行でき、将来は甲子園を目指す選手を育成しようと初めて企画された。初回の22日には三条市や長岡市から6人が参加し汗を流した。

この日の講師は、元ヤクルトスワローズの選手で新潟アルビレックスBCの元監督・芦沢真矢さん、中越高校OBで1985年夏に甲子園出場を果たした永井昌史さん、同校OBで1988年夏に甲子園出場時の主将だった鈴木裕二さんの3人が務めた。


開講式で挨拶する芦沢真矢さん(真ん中)

三條機械スタジアムの芝生の上でウォーミングアッ

参加した選手たちは芝生の上でウォーミングアップをした後、早速硬式用バットを持って打撃指導を受けた。硬式球は軟式球より重く、バットの芯でとらえないと遠くに飛ばない。芦沢さんは「腕でバットを振るのではなく、下半身を軸に腰を回転させてボールをとらえるように」と身振りを交えてアドバイスした。またキャッチボールでは肘の使い方を中心に指導していた。

初回の指導を終えた芦沢さんは「高校でも野球を続けたいという意気込みを感じる。新潟の子どもたちは素直。根気よく続けてほしい。プロの華麗なプレーの裏には基本の反復練習があることを忘れないでほしい」と話した。指導を受けた三条第四中学校の小泉大智さん(14)は「楽しい。今まで自分ができていたと思っていた部分でも足りないところがあることがわかった。硬式はボールも重く、軟式と違って飛ばない。一生懸命頑張りたい」と意気込みを話した。

アカデミーは来年3月末まで開かれ、月4回開催される。平日は金曜の夜開催され2時間程度。土日祝日には硬式シニアチームなどとの練習試合も予定されている。芦沢さんは月に1度の指導で、ほかは永井さんや鈴木さんが中心となって指導をおこなう。三條機械スタジアムではまだ定員に余裕があり、生徒の募集を随時おこなっている。料金は保険料を含め月4800円。問い合わせは三條機械スタジアム、電話0256-32-8911まで。見学者、体験入学者も受け付けている。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】村上桜ヶ丘 椎野新がプロ志望届を提出

今夏の新潟大会で準優勝した村上桜ヶ丘のエース椎野新投手が25日、新潟県高野連に対し「プロ志望届」を郵送で提出した。椎野は「プロは小学生の時から憧れてきた。指名されれば12球団どこでも行きたい」と話している。

プロ志望届を提出した村上桜ヶ丘・椎野新投手

椎野は195センチの長身から投げ下ろす角度のある直球とスライダーが武器で、今春の新潟県大会の初戦・巻総合戦で1試合18奪三振をマーク。春の県大会決勝の新発田中央戦では直球の球速が142キロを計測し、プロのスカウトから注目される存在になった。今夏の新潟大会では決勝で日本文理に敗れたものの、村上桜ヶ丘の初めてとなる夏の準優勝に大きく貢献した。

今夏の新潟大会で力投する椎野新投手

取材に対し椎野は「去年冬に監督と面談した際に『本気でプロ野球選手を目指して練習してみないか』と言われ、プロを目標にして取り組んできた」とそのきっかけを話した。松田忍監督から新発田農時代の教え子で現在巨人で活躍中の加藤健捕手(32)の話を聞かされた。「加藤は甲子園という目標と同時に、プロ野球選手になるんだという強い気持ちで練習に取り組んでいた」・・・椎野はその話を聞いて初めて具体的に「プロ」を意識したという。去年冬は走り込み、スクワットなど下半身を中心に鍛えた。

その成果が春の大会で表れた。椎野は「練習をやればやっただけ実力が付くんだと思いました」と言う。引退後の現在もグラウンドに顔を出し、筋トレなどをおこない更なるレベルアップを目指している。松田忍監督は「夏が終わった時に本人から『プロ志望届』を出したいと話があった。まだすぐに通用するということではないが、体の潜在能力はあるのではと思う。本人の夢だから挑戦してほしいという気持ち」とエールを送る。

椎野は「目標とする投手はダルビッシュ(大リーグ・レンジャーズ)さん。ドラフトで指名されたいし、選ばれたらプロの世界で活躍したい」と意気込みを話す。ドラフト会議は10月24日におこなわれる。

(取材・撮影・文/岡田浩人)