【高校野球】日本文理が秋春連続優勝 第3シードは新潟明訓 春季県大会

第136回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は15日、長岡市の悠久山球場で決勝戦が行なわれ、日本文理が14対1で中越をくだし、昨秋に続き2季連続22回目の優勝を飾った。決勝戦の前に行われたシード順位決定戦では新潟明訓が2対1で関根学園をくだし、夏の選手権新潟大会の第3シードを獲得した。日本文理、中越、新潟明訓、関根学園の4校は6月3日から6日までハードオフ・エコスタジアムと三条パール金属スタジアムで開催される北信越大会に出場する。

決勝戦 5回裏、日本文理の松木一真が満塁の走者を一掃する適時三塁打を放つ 続きを読む


【高校野球】日本文理と中越が決勝へ 春季県大会・準決勝

第136回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は14日、悠久山球場で準決勝2試合が行われ、日本文理と中越が決勝に進出した。新潟明訓と関根学園はシード順位決定戦に臨む。決勝戦とシード順位決定戦は15日に同球場で行われる。

準決勝② 延長11回表、中越が長岡真男の左中間適時二塁打で勝ち越し 続きを読む


【BCL】トルスが月間MVP ノーヒットノーラン含む3勝挙げ初受賞

ルートインBCリーグは13日、4月の月間MVPを発表し、投手部門で新潟アルビレックスBCのジョシュ・トルス投手が受賞した。今季入団したトルス投手は月間MVP初受賞。4月は月間3勝を挙げたほか、4月22日の武蔵戦でリーグ史上5人目となるノーヒットノーランを達成した。

4月の月間MVPを受賞した新潟のジョシュ・トルス 続きを読む


【高校野球】日本文理、新潟明訓、関根学園、中越が北信越出場 春季県大会準々決勝

第136回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は8日、悠久山球場と佐藤池球場で準々決勝4試合が行われ、日本文理、新潟明訓、関根学園、中越が勝ち、準決勝に進出するとともに、6月3日から新潟県で開催される北信越大会への出場を決めた。準決勝は13日に悠久山球場で行われる。

悠久山② 3回裏、新潟明訓・部田隼平の適時二塁打で満塁の走者3人が生還 続きを読む


【高校野球】ベスト8出そろう 春季県大会4回戦

第136回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は7日、3球場で4回戦7試合が行われ、ベスト8が出そろった。8日は悠久山球場と佐藤池球場で準々決勝4試合が行われる予定で、ベスト4進出校が6月の北信越大会に出場する。

佐藤池③ 1回裏、関根学園の荒井颯太が左中間に2点本塁打を放つ 続きを読む


【高校野球】日本文理がベスト8進出  7試合が中止・順延に  春季県大会4回戦

第136回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は6日、3球場で4回戦8試合が予定されていたが、雨のため7試合が中止・順延となった。悠久山球場の第1試合のみが行なわれ、日本文理が糸魚川白嶺を1対0でくだし、準々決勝進出を決めた。7日は順延となった4回戦7試合が3球場で行われる予定。

佐藤池球場の第1試合は降雨のため正午前にノーゲームが宣告された 続きを読む