【高校野球】7校がベスト8に名乗り 新潟×中越は延長15回再試合に 秋季県大会

「第137回北信越高校野球・新潟県大会」は17日、4球場で県1回戦(4回戦)の8試合が行われ、北越、新潟西、高田北城、日本文理、加茂暁星、新潟明訓、長岡大手がベスト8進出を決めた。三条パール金属スタジアムの第1試合・新潟対中越は延長15回、3対3で引き分け再試合となった。18日に再試合が行われる予定。県内公式戦での引き分け再試合は2014年7月11日の選手権新潟大会1回戦・村松対新井以来。

三条パール②長岡大手2-1村上桜ヶ丘
好投した長岡大手⑩渡邊樹生 7回1/3を投げ1失点、被安打4、8奪三振 続きを読む


【社会人軟式】40歳以上の全国大会「マスターズ」にアルプスBCが初出場

長岡市の軟式野球チーム「アルプスBC」が、兵庫県で開催される40歳以上の選手による全国大会「日本スポーツマスターズ2017」に新潟県代表として出場する。大会は全国32チームが参加し、16日から1回戦が始まる。初出場のアルプスBCは宮城県代表の石巻倶楽部シニアと対戦する。チームは「県勢最高成績であるベスト4以上を目指す」と意気込んでいる。

全国大会「日本スポーツマスターズ」での活躍を誓うアルプスBC 続きを読む


【高校野球】ベスト16出そろう 秋季県大会3回戦

「第137回北信越高校野球・新潟県大会」は13日、悠久山球場で雨で順延となった支部予選3回戦の1試合が行われ、十日町が勝利した。これでベスト16が出そろった。17日から始まる県大会1回戦(4回戦)以降の組み合わせが発表された。

◎13日の支部予選3回戦の試合結果◎
<悠久山>
十日町7-2新潟産大附(試合終了)
十日町 000 142 000 =7
産大附 100 100 000 =2
(バッテリー)
十日町:中町、長井-西川
産大附:坪野内、内山、石橋-梨本
(二塁打)
十日町:小幡(5回)
(三塁打)
十日町:長井(5回)


◎県大会1回戦(4回戦)以降の組み合わせ◎ 新潟県高野連発表

(取材・文/岡田浩人)