【NPB】元ソフトバンク投手の星野順治さんが野球教室

燕市出身の元ソフトバンク投手・星野順治さん(41)を招いた野球教室が30日、新潟市西蒲区の松野尾小学校体育館でおこなわれた。地元の松野尾・浜っ子野球少年団と巻西中学校の小中学生22人が基本動作やピッチングの指導を受けた。

小中学生を指導する元ソフトバンク投手の星野順治さん(左端)

星野さんは燕市の旧吉田町出身。新潟商高卒業後、NKKを経て、1997年にドラフト4位で福岡ダイエーから指名され入団。1999年には先発投手として10勝を挙げ、チームのリーグ優勝と日本一に大きく貢献した。プロ通算156試合に登板し50勝を挙げ、2008年に引退。ソフトバンクの二軍コンディショニングコーチ補佐を経て、2011年からは編成育成部の三軍育成担当となり、若手の育成に尽力。チーム2年連続日本一に貢献した。来季は二軍の育成担当となる。

野球教室は松野尾小学校出身で社会人チームの新潟コンマーシャル倶楽部の山賀茂コーチ(42)が高校時代に星野さんの1つ先輩だったことが縁で去年初めておこなわれ、今年で2回目。星野さんは投手を中心に1人1人に声をかけ指導。「プロ野球選手でもマウンドに上がれば足が震えて緊張する。自信を持ってマウンドに上がるために、これだけは誰にも負けないぞというものを練習で取り組んでほしい」と呼びかけた。

投手に体重移動の大切さを説く星野さん

指導を受けた5年生の長谷川絢輝さん(11)は「星野さんから『体と頭が一緒に前に出ているので、お尻から最初に前に出すように』と言われ、やってみたら球が速く投げられるようになった。来年はエースになって全国大会で優勝できるようになりたい」と話した。

野球教室を終えた星野さんは「普段は新潟と離れているので、こうやって誘っていただき野球教室ができるのはありがたいこと。野球で学べることは礼儀や人間関係、みんなで物事を達成することなどたくさんある。新潟県勢の活躍は新潟県人として嬉しい。どんどん全国で活躍してほしいし、陰ながら応援したい。新潟の選手がソフトバンクに来てほしい」と期待を寄せた。

記念撮影 前列左から3番目が星野さん 前列右から3番目が山賀茂さん

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【NPB・イベント】新潟県出身プロ野球選手とOBが野球教室

新潟県出身のプロ野球選手とOBによる野球教室「小学生ベースボールクリニック」(主催:新潟野球ドットコム、アルビレックス新潟・都市緑花センターグループ)が27日、新潟市中央区のハードオフ・エコスタジアムでおこなわれ、広島・今井啓介投手(28・中越高出身)と巨人・高橋洸選手(22・日本文理高出身)、DeNA・飯塚悟史投手(19・日本文理高出身)の現役選手3人と、元ヤクルト・本間忠さん(38・日本文理高出身)と元阪神・横山龍之介さん(27・日本文理高出身)のOB2人の5人が講師を務めた。県内の23チームの小学1年生から6年生までの約300人が参加し、プロ選手から基本動作を教わった。

左から広島・今井啓介投手、巨人・高橋洸選手、DeNA・飯塚悟史投手、元ヤクルト・本間忠さん、元阪神・横山龍之介さんの講師5人


県内23チームの小学生約300人が参加した

イベントは新潟県出身のプロ野球選手と触れ合うことで県内の小学生に夢を持って野球に取り組んでもらおうと新潟野球ドットコムが2012年から毎年実施していて今年で4回目。今年は今季DeNAに入団した飯塚投手が初めて参加した。

野球教室は投手と野手のグループに分かれ、室内練習場2か所を使っておこなわれた。投手は今井、飯塚両投手と横山さんが指導、野手は高橋外野手と本間さんが指導した。今井投手と飯塚投手は子どもたちのキャッチボールを見ながら、「足を真っ直ぐ踏み出して」「ナイスボール」などと1人ひとりに声を掛けていた。飯塚投手が自らボールを投げてお手本を示す場面もあった。

ピッチャーゴロの捕り方を教える今井啓介投手


笑顔で子どもたちと触れ合う飯塚悟史投手


飯塚投手がキャッチボールのお手本を示す場面もあった


捕球の指導をする横山龍之介さん

野手を指導した高橋選手はゴロの捕球動作の基本を教えた。「遊びながら上手くなる練習の1つ」として股の間を通して足の後ろでボールを捕球をする動作を紹介した。

股の間を通して足の後ろでボールを捕る練習の仕方を教える高橋洸選手


ティー打撃を指導した本間忠さん

技術指導の後の質問の時間では子どもたちから「どうやったら速い球が投げることができるのか」「体を大きくするにはどうしたらいいのか」「ライバルは?」「一番悔しかった試合は?」など次々と手が挙がった。今井投手は「体を大きくするために練習の間に間食を摂った。間食と言ってもお菓子などではなく、おにぎりなどの炭水化物を摂るように心掛けた」と返答。飯塚投手は「一番悔しかったのはおととしの神宮大会決勝で8対0から9点取られて逆転負けした時。優勝したと思ったが、野球は最後まで分からないと学んだ」と話した。

野球教室終了後には各選手が着用したユニフォームやウェアなど貴重な品が当たる抽選会がおこなわれ、当選した子どもたちが大喜びで受け取ると選手との記念撮影に臨んだ。

飯塚悟史投手はシーズン中に使用したウェアをプレゼント


高橋洸選手は使用したグローブをプレゼント


今井啓介投手はユニフォームをプレゼント


所用のため参加できなかった巨人・加藤健選手のサイン入りウェアも贈られた

野球教室を終えて、今井投手は「新潟の子どもはガツガツ来る子が少ないと思っていたが、質問も多く出て変化していると思った。地元のプロ野球選手が増えた影響も大きいと思う」と驚いた様子。高橋選手は「子どもたちがどんどん近づいてきてくれて楽しくできた。地元で野球をする子どもが増えてくれたら嬉しい」と笑顔を見せた。飯塚投手は「自分が小学生の頃はなかなかプロ野球選手と交流する機会がなかったので、プロ野球選手になりたいと思ってくれて新潟の野球が活性化してくれれば」と期待を寄せた。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


この『小学生ベースボールクリニック2015』を開催するにあたり、その趣旨にご賛同いただき、多大なるご協賛をいただきました新潟県内の各企業・団体の皆様にこの場をお借りして御礼を申し上げますとともに、ここにご紹介をさせていただきます。

◎『小学生ベースボールクリニック2015』ご協賛各社◎
・アイテックス株式会社(弥彦村) http://www.i-teqx.co.jp/
・株式会社エヌエスアイ(新潟市東区) 
http://www.nsi.jp/
・金子薬品(田上町)
・旬食・ゆ処・宿 喜芳(長岡市) http://www.kihou.jp/
・コニカミノルタNC株式会社(新潟市江南区)
 http://www.konicaminoltanc.jp/
・越後名物笹だんご 田中屋本店(新潟市江南区) http://www.dangoya.com/
・にいがたキッズプロジェクト(新潟市中央区) http://www.kidsp.net/
・新潟市西区  (医)野田歯科医院
(以上、五十音順)

ご参加いただきましたチームの皆様、運営などにご協力をいただきました皆様に感謝申し上げます。また開催の趣旨に賛同いただき全面的なご協力をいただきました今井啓介投手、高橋洸選手、飯塚悟史投手、本間忠さん、横山龍之介さんに御礼申し上げますとともに、今後の益々のご活躍を祈念したいと思います。ありがとうございました。

新潟野球ドットコム 代表・岡田浩人


【中学硬式】新潟ヤング入卒団式 14人が高校での飛躍誓う

新潟市で活動する中学硬式野球チーム・新潟ヤングの入卒団式が26日、新潟市内のホテルでおこなわれた。今季は春夏と全国大会の舞台を経験した中学3年生14人が卒団、「高校でも野球を続け、甲子園を目指したい」とそれぞれが決意を語った。

新潟ヤングの卒団生14人と阿部晋也監督(前列左から3番目)

入卒団式は小学生の軟式学童チームであるNSジュニア、新潟ヤング、社会人軟式チームであるNSクラブが所属する「新潟ベースボールクラブ」の納会でおこなわれた。

硬式球を扱うヤングリーグは全国約180のチームが活動中で、今春センバツ甲子園で優勝した敦賀気比のエースで日本ハムに入団した平沼翔太選手はヤングリーグのオールスター福井の出身。新潟ヤングは2009年に設立され、全日本硬式野球連盟の北日本支部に所属している。新潟市北区のグラウンドで練習を重ね、今季は昨季に続き2年連続で春と夏の全国大会出場を果たした。

卒団する中3生は第7期生となる。曽我祐太朗前主将(大形中3年)は「監督やコーチからは技術だけではなく、普段の生活態度が大事だと徹底的に教わった」と振り返り、「ここで教わったことを高校でもしっかりやって、甲子園を目指したい」と今後の目標を話した。阿部晋也監督は「3年生が築いたものを2年生以下がしっかり受け継いでいってもらいたい」と話した。

なお軟式学童チームのNSジュニアからは小学6年生5人が卒団、新たに12人が入団した。

軟式学童チーム・NSジュニアを卒団する小学6年生5人と保護者

(取材・撮影・文/岡田浩人)