【NPB】元ソフトバンク投手の星野順治さんが野球教室で指導

燕市出身の元ソフトバンク投手で、現在はソフトバンク編成育成部の星野順治さん(40)を招いた野球教室が30日、新潟市西蒲区の松野尾小学校体育館で開かれた。地元の松野尾オールスターズ、浜っ子ライオンズ、巻西中学校の小中学生23人が参加し、キャッチボールやピッチングの指導を受けた。

小中学生にキャッチボールの基本を教える星野順治さん

星野さんは1974年生まれで新潟商高卒業後、NKKを経て、1997年にドラフト4位で福岡ダイエーから指名され入団。1999年には先発投手としてローテーション入りし10勝を挙げ、チームのリーグ優勝と日本一に大きく貢献した。プロ通算156試合に登板し50勝を挙げた。2008年に現役を引退した後は二軍コンディショニングコーチ補佐を務め、現在は編成育成部育成担当(三軍)として若手の指導にあたっている。


身振りを交えて指導する星野さんとそれを聞く小中学生

野球教室ではキャッチボールの際に正しいボールの握りで足を真っ直ぐ踏み出すことや、下半身から上半身を連動させて投げる大切さを身振りを交えて指導していた。

また質問コーナーでは「プロになるためにはどうしたらいいか」と問い掛けられ、星野さんは[人が練習をしていない時にいかに練習できるかが大事。チーム練習の後に家で練習をするなどして、人と差をつけるための努力が大切」と説明。また「子どもの時にどんな練習をしたか」という質問には「よく走った。雨が降ろうが雪が降ろうが、自分が決めたことは毎日続けた」と話した。

中学生を相手に投球動作の指導をおこなう星野さん

参加した浜っ子ライオンズの小川稜太くん(越前小5年)は「投げ方を教えてもらってボールの回転がよくなった。将来はプロになりたい」と目を輝かせていた。

星野さんは「最近は高校野球でも新潟のレベルが上がっていて、きょう参加した子どもたちのレベルも高く楽しみ。少しでも地元の力になれれば」と話していた。

参加した小中学生と記念撮影

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【小学軟式】新潟ジュニアBCが台湾の国際大会に出場 20日開幕

新潟県内の小学生による軟式野球の選抜チーム「新潟ジュニアベースボールクラブ」が20日から台湾で開催される「諸羅山盃國際少年棒球(野球)大会」に出場する。大会には日本や台湾、オーストラリアなどから162チームが参加する。新潟ジュニアは3年連続の大会出場で、チームは一昨年が5位、昨年が4位だった。石塚智監督は「今年こそは優勝できるように頑張りたい」と意気込んでいる。

20日からの国際大会に挑む新潟ジュニアベースボールクラブの選手たち

選手たちは県内の少年軟式チームに所属する中から選抜された。今年のチームは昨年の大会の経験者が3人いる。昨年も遊撃手で出場した広瀬航大主将(分水北小・12)は「海外の選手と交流できてよかった。右足をケガしてしまったが、大会までには間に合う。今年こそ優勝をしたい」と話す。

素振りをする広瀬航大主将(分水北小6年)



連係プレーなど守備練習で確認をおこなう選手たち

全員野球で初優勝を狙う

チームは今月上旬に宮城県に遠征し、練習試合などで調整をおこなってきた。きょう19日に現地入りし、20日には開会式がおこなわれる。21、22日と予選がおこなわれ、23日から最終日の25日まで決勝トーナメントがおこなわれる。台湾滞在中は現地のチームなどとの交流も予定されている。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【ルートインBCL】新潟の赤堀新監督が就任会見 新入団4選手も決意語る

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは9日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで元近鉄投手の赤堀元之新監督(44)の就任会見と、新入団4選手の入団会見を開いた。赤堀監督は「リーグ優勝と独立リーグ日本一を目指したい」と決意を述べた。先月28日のドラフト会議で指名された新入団の4選手はそれぞれ「地域とチームのために頑張りたい」「NPBを目指す」など力強く目標を語った。
赤堀新監督(中央)と新入団4選手(左から前川、髙井、桑田、仲村の各選手)

赤堀新監督は会見の冒頭、「地域の活性化、青少年の健全育成に貢献しながら、チームと選手のさらなるレベルアップを図り、サポーターに夢と感動を与えたい」と話した。藤橋公一社長は投手コーチ兼任での2年契約を結んだと明かした上で、「来季も投手中心の人を監督に据えたいと考えた中、指導力、実績、人柄を含めて赤堀氏に決めた」と監督就任要請に至った経緯を説明した。

就任会見で質問に答える赤堀元之新監督

◎赤堀元之新監督への質疑(要旨)◎
Q新潟からのオファーを受けた時の心境は
赤堀「11月下旬に電話で話があった。独立リーグは以前福井へ研修に行った時に見て、NPBを目指して選手が一生懸命頑張っているという実感を受けた。オファーを受け、監督としてやってみたいと思った」
Q新潟の印象と目標は
赤堀「新潟は選手の時に何度か試合で参加させていただき、温かみのある所と思っている。食べ物がおいしい印象。チームの目標は、もともと新潟はここ数年強い。その強さをもう一度再認識し、リーグ優勝と独立リーグ日本一を目指し頑張りたい」
Q来春の開幕へ向け最初に取り組みたいことは
赤堀「まずは社会人として挨拶と礼儀をしっかりしていきたい。普通に挨拶するのではなく、しっかり挨拶することを取り組みたい」
Q背番号は
赤堀「89番。個人的なことだが4歳の長女が8月9日生まれ。ゴロ合わせで「やきゅう」(89)の意味もある」
Q投手出身だがどんな野球を目指すのか
「まずは点を与えないチーム作り。そのためにはバッテリーでしっかりコミュニケーションを取ることが大事。それだけでは点を与えないようにはできないので、守備も重点に練習を重ねたい」
QNPBを目指す選手に伝えたいこと
「現状の自分のレベルを考え、選手にレベルアップをしてもらいたい。その上でNPBのドラフトにかかるような選手にしたい。NPBの投手は精神面も違う。チャンスでいかに力を出せるか。メンタル面もしっかりしたい」
Q他チームの監督で縁があるか
「ほとんどBCの監督、富山の吉岡監督、群馬の川尻監督、埼玉の星野監督は一緒のチームでプレーしているので気心は知れている。一緒に戦ってリーグを盛り上げたい」


新入団4選手(後列)の入団会見

また新監督就任会見に続いて、新入団4選手の入団会見もおこなわれた。先月の関東と関西のトライアウトを経て、ドラフト指名された仲村竜之介捕手(25・沖縄・ビッグ開発BC)、桑田真樹外野手(22・桜美林大)、髙井俊投手(19・見附市出身・東北高卒、悠久山栄養調理師専門学校)、前川哲投手(18・柏崎市出身・新潟産大附高)の4人が抱負を述べた。前巨人育成投手で3年ぶりに新潟に戻る雨宮敬投手(27)は都合により会見を欠席した。

仲村竜之介捕手(背番号13)
「指名していただいたことへの感謝の気持ちと全力プレーを心掛け、地域とチームに貢献したい。一社会人として行動し、全力でプレーする。投手としっかりコミュニケーションをとり、投手の良さを引き出せるよう心掛けたい。(理想は)古田(敦也)さん。強気なリードと勝負強い打撃を見ていただけたら」


桑田真樹投手(背番号3)
「新しい環境で野球をやらせていただき感謝している。地域に貢献することが目標。ベストを尽くして結果を出す。理想は立浪さん。シュアな打撃が特徴で、自分も目指してたくさんヒットを打ちたい。父(真澄さん)からは『何事にもベストを尽くすこと』と言われ続けてきた。独立リーグで終わらせるつもりはない。その上を目指して頑張りたい」


髙井俊(すぐる)投手(背番号23)
「少し遠回りしてやっとこの大きな扉が開けた。地元で野球をやらせていただき、全力でプレーする。トライアウトで拾っていただいたという気持ち。しっかり意識を持ち取り組んでいきたい。目標は直球でガンガン押す投球、強気で逃げずに投球すること。目標は高校の先輩であるダルビッシュさんのような投手。NPBに一番近いチームが地元にあったのでトライアウトを受けた。合格させていただいたので、自分のプレーで新潟県の方に元気を与えていければ」


前川哲投手(背番号18)
「少しでもサポーターの皆さんに応援してもらえるよう、元気よく礼儀正しくプレーしたい。18歳で若い選手なので、元気よくハツラツとプレーしたい。目標は金子千尋投手。左右上下に変化球を投げたい。勝負どころでは直球を見て欲しい。地元球団に入れたことは嬉しい。野球が職業にできると思いこの道を選んだ」

新潟アルビレックスBCは今季、後期優勝を果たしたものの、4年ぶりに上信越地区優勝を逃した。来季は赤堀新監督のもと、3月中旬にチームでの合同練習を開始し、4月上旬の開幕に備える。

<赤堀元之新監督の就任会見動画>
https://www.youtube.com/watch?v=KbNPSakUVok

<2015新入団選手 入団会見>
https://www.youtube.com/watch?v=y922P-rphZ0

(取材・撮影・文/岡田浩人)