【BCL】ギャオス内藤監督の続投発表 青木兼任コーチはコーチ退任 新潟アルビレックスBC

BCリーグの新潟アルビレックスBCは31日、ギャオス内藤監督が来季も引き続き監督として続投すると発表した。内藤監督は元ヤクルト投手などを経て、今季から新潟の監督を務めた。今季の新潟は上信越地区で昨季に続き前後期完全優勝を成し遂げ、シーズン52勝のリーグ記録を更新した。プレーオフでは3年連続で上信越地区優勝を果たしたが、石川とのリーグチャンピオンシップでは3連敗し、リーグ2連覇を逃した。
ギャオス内藤(正面笑顔)
来季続投が決まったギャオス内藤監督

また球団は青木智史選手兼任コーチがコーチを退任し、来季は選手として契約したと発表した。青木コーチは広島などを経て2008年に新潟入団、2009年から選手兼任コーチとして活躍。今季は48試合に出場し、打率.186、本塁打1本、打点20という成績だった。青木コーチは球団を通じて「球団と協議を重ねて参りましたが、来季は選手1本としての契約の合意に至りました。皆様には来年も全力でプレーすることを誓います」とコメントを発表した。

来季は選手契約となった青木智史選手兼任コーチ

(取材・文/岡田浩人 写真提供/新潟アルビレックスBC)


【社会人野球】バイタルネットが初戦突破 日本選手権

社会人野球の日本選手権が28日、大阪市の京セラドーム大阪で開幕し、北信越代表のバイタルネット(新潟)は開幕戦で西濃運輸(岐阜)と対戦し、延長13回、2-1で勝ち、昨年に続き初戦を突破した。バイタルネットはこれで16強入り。次戦は2日(土)18:00から新日鉄住金かずさマジックと対戦する。

◆日本選手権1回戦◆
バイタルネット 010 000 000 000 1 |2
西濃運輸    000 000 001 000 0 |1(延長13回)

(投手)
バイタル 曽根-田中大(8回2死~)

バイタルネットは2回、4番丸山の左中間三塁打でチャンスを作ると、代打安部がレフトへ犠飛を放ち1点を先制した。バイタルネットは9回に西濃運輸の李に適時打を打たれ同点に追い付かれる。1死満塁のタイブレークとなった延長13回、バイタルネットは丸山の犠飛で1点を勝ち越し。そのまま逃げ切った。

日本選手権の初戦を突破したバイタルネット(撮影9月)

(取材・文/岡田浩人)


【中学硬式】新潟シニア、柏崎シニアが来春選抜大会出場決める

来年3月に大阪府で開催される中学硬式野球の全国大会「第20回日本リトルシニア全国選抜野球大会」の予選会となる信越連盟の新人順位決定大会が27日、長野県松本市などでおこなわれ、新潟シニアが2位で、柏崎シニアが4位で、それぞれ選抜大会出場を決めた。

◆各ブロックの1位3チームによる1~3位決定戦◆
長野東3-1鉢盛
新潟9-1長野東
鉢盛4-1新潟
⇒失点率により、1位鉢盛、2位新潟、3位長野東と決定

◆各ブロックの2位3チームによる4~6位決定戦◆
長野南1-0松本
柏崎5-3長野南
柏崎7-5松本
⇒4位柏崎、5位長野南、6位松本と決定


新潟大会で優勝、信越2位代表として来春選抜大会に挑む新潟シニア

(取材・文/岡田浩人)