【BCL】ギャオス内藤監督の続投発表 青木兼任コーチはコーチ退任 新潟アルビレックスBC

BCリーグの新潟アルビレックスBCは31日、ギャオス内藤監督が来季も引き続き監督として続投すると発表した。内藤監督は元ヤクルト投手などを経て、今季から新潟の監督を務めた。今季の新潟は上信越地区で昨季に続き前後期完全優勝を成し遂げ、シーズン52勝のリーグ記録を更新した。プレーオフでは3年連続で上信越地区優勝を果たしたが、石川とのリーグチャンピオンシップでは3連敗し、リーグ2連覇を逃した。
ギャオス内藤(正面笑顔)
来季続投が決まったギャオス内藤監督

また球団は青木智史選手兼任コーチがコーチを退任し、来季は選手として契約したと発表した。青木コーチは広島などを経て2008年に新潟入団、2009年から選手兼任コーチとして活躍。今季は48試合に出場し、打率.186、本塁打1本、打点20という成績だった。青木コーチは球団を通じて「球団と協議を重ねて参りましたが、来季は選手1本としての契約の合意に至りました。皆様には来年も全力でプレーすることを誓います」とコメントを発表した。

来季は選手契約となった青木智史選手兼任コーチ

(取材・文/岡田浩人 写真提供/新潟アルビレックスBC)


【社会人野球】バイタルネットが初戦突破 日本選手権

社会人野球の日本選手権が28日、大阪市の京セラドーム大阪で開幕し、北信越代表のバイタルネット(新潟)は開幕戦で西濃運輸(岐阜)と対戦し、延長13回、2-1で勝ち、昨年に続き初戦を突破した。バイタルネットはこれで16強入り。次戦は2日(土)18:00から新日鉄住金かずさマジックと対戦する。

◆日本選手権1回戦◆
バイタルネット 010 000 000 000 1 |2
西濃運輸    000 000 001 000 0 |1(延長13回)

(投手)
バイタル 曽根-田中大(8回2死~)

バイタルネットは2回、4番丸山の左中間三塁打でチャンスを作ると、代打安部がレフトへ犠飛を放ち1点を先制した。バイタルネットは9回に西濃運輸の李に適時打を打たれ同点に追い付かれる。1死満塁のタイブレークとなった延長13回、バイタルネットは丸山の犠飛で1点を勝ち越し。そのまま逃げ切った。

日本選手権の初戦を突破したバイタルネット(撮影9月)

(取材・文/岡田浩人)


【中学硬式】新潟シニア、柏崎シニアが来春選抜大会出場決める

来年3月に大阪府で開催される中学硬式野球の全国大会「第20回日本リトルシニア全国選抜野球大会」の予選会となる信越連盟の新人順位決定大会が27日、長野県松本市などでおこなわれ、新潟シニアが2位で、柏崎シニアが4位で、それぞれ選抜大会出場を決めた。

◆各ブロックの1位3チームによる1~3位決定戦◆
長野東3-1鉢盛
新潟9-1長野東
鉢盛4-1新潟
⇒失点率により、1位鉢盛、2位新潟、3位長野東と決定

◆各ブロックの2位3チームによる4~6位決定戦◆
長野南1-0松本
柏崎5-3長野南
柏崎7-5松本
⇒4位柏崎、5位長野南、6位松本と決定


新潟大会で優勝、信越2位代表として来春選抜大会に挑む新潟シニア

(取材・文/岡田浩人)


【中学軟式】本丸中が来春の全国大会出場決める

来年3月に静岡県でおこなわれる第5回全日本少年春季軟式野球大会の出場校を決める北信越ブロック大会が26、27日に石川県金沢市でおこなわれ、新潟県代表の新発田市立本丸中学校が敗者復活代表決定戦に勝ち、全国大会出場を決めた。

◆10月26日の代表決定戦◆
星稜中(石川)4-0本丸中(新潟)
桜井中(富山)5-0光陽中(福井)

◆10月27日の敗者復活代表決定戦◆
本丸中(新潟)2-1岡谷西部クラブ(長野)

⇒星稜中(石川)、桜井中(富山)、本丸中(新潟)の3校が北信越ブロック代表として、来年3月に静岡県でおこなわれる全日本少年春季軟式野球大会に出場へ


全国大会出場を決めた本丸中(写真は10月14日のオンヨネカップ・新潟県大会)

(取材・文/岡田浩人)


【高校野球】神宮大会 日本文理の初戦の相手は[近畿地区×東海地区]の勝者

21日に決勝がおこなわれた北信越地区高校野球大会で、5年ぶりの優勝を果たした日本文理高校は11月16日から開催される第44回明治神宮野球大会に北信越地区代表として挑む。その組み合わせが26日に決まり、日本文理は1回戦シード、2回戦で近畿地区と東海地区の優勝校の勝者と対戦することが決まった。試合の日にちは大会3日目(18日)の第1試合で8:30試合開始となる。高校の部の組み合わせは以下の通り。

日本文理が神宮大会に出場するのは5年ぶり3度目で、過去2回は初戦で敗れている。21日の北信越大会の決勝後、大井道夫監督は「何とか先輩のリベンジをこの選手たちがしてくれると思う」と神宮大会への意気込みを語っている。
優勝 日本文理
北信越地区代表として神宮大会に挑む日本文理ナイン

(取材・文/岡田浩人)


【NPB】26日から日本シリーズ開幕 巨人・加藤健捕手が出場資格40選手入り

NPB日本野球機構は24日、巨人と楽天が対戦する日本シリーズの出場資格を持つ各40選手を発表した。新潟県関係では巨人・加藤健捕手(32・新発田農高出身)が出場資格選手入りしている。40選手の中から25人がベンチ入りする。日本シリーズは26日(土)18:30からKスタ宮城で第1戦がおこなわれ、シリーズが開幕する。

巨人・加藤健捕手(新発田農高出身)

(文/岡田浩人)


【NPB】ドラフト会議 巻高出身の相沢晋投手が楽天から指名 椎野投手は指名なく大学進学へ

NPBプロ野球ドラフト会議が24日、東京・港区でおこなわれた。

新潟県関係では巻高出身で日本製紙石巻の相沢晋投手(26歳)が楽天から8位指名を受けた。相沢投手は171センチ、71キロの右投げ。巻高2年の2004年夏の新潟大会で準優勝。3年の2005年夏はエースとして活躍し、3回戦で優勝した新潟明訓に延長戦の末敗れた。高校卒業後、石巻専修大学、社会人の日本製紙石巻で活躍し、ことし7月の都市対抗野球ではチームの3年ぶりの全国大会出場に貢献、ベスト8に進出を果たした。

県内の高校生で唯一プロ志望届を提出していた村上桜ヶ丘高の椎野新投手(18歳)は指名がなかった。学校で松田忍監督とドラフト会議の様子を見守った椎野投手は、会議終了後に会見した。今後の進路については大学進学を希望し、「4年間しっかり頑張りたい。最終的な目標はプロ入り」と話した。松田忍監督は「現時点ではまだ力が足りなかったが、明確な目標ができたはず。体をいかした、力で抑え込める投手を目指して、大学で成長してほしい」とエールを送った。

ドラフト会議の様子を見守る村上桜ヶ丘高・椎野新投手(左)と松田忍監督

また独立リーグ・BCリーグで上信越地区優勝を果たした新潟アルビレックスBCの選手も、昨年に続き指名がなかった。

(取材・撮影・文/岡田浩人)