【高校野球】長岡大手「先輩たちの分まで頑張る」 21世紀枠・県推薦表彰

来春、甲子園で開催される「第90回記念選抜高校野球大会」の21世紀枠の新潟県推薦校に選出された長岡大手高校への表彰式が20日、長岡市の同校で行われ、新潟県高野連の齋藤均会長から小林竜大主将(2年)に表彰状が手渡された。小林主将は「県代表に選ばれて光栄。先輩が築いた力が今の自分たちにも繋がっている。もし選ばれるならば先輩たちの思いも持って戦いたい」と意気込みを語った。

新潟県高野連の齋藤均会長から表彰を受ける長岡大手・小林竜大主将

長岡大手の野球部は1975年の創部で、春夏通じて甲子園の出場はまだない。今秋の県大会ではベスト8に進出した。昨春のベスト4入りを筆頭に、ここ2年でベスト4に1回、ベスト8に4回進出。新潟県高野連は「近年の成績にはめざましいものがあり、県内の公立高校の雄となっている」と評価。毎冬の大学入試センター試験前には野球部員が中心となり「受験生を励ます会」を催していることが「全校生徒に大変良い影響を与えている」と評価され、21世紀枠の新潟県推薦校として選出された。

新潟県高野連の齋藤均会長から表彰状を手渡された小林主将は「先輩が築いた力が今の自分たちにも繋がっていて、自分たちだけで得た賞ではない」と述べ、「もし(21世紀枠に)選ばれるなら、大手では初の甲子園。チャンスをいただけるなら、死にもの狂いで甲子園を目指してきた先輩たちの分まで頑張って、甲子園で校歌を歌いたい」と決意を話した。

1989年に同校を卒業した鈴木春樹監督(46)は「OBの1人として学校が選ばれたことにうれしく思う」と感想を述べた。監督として、2003年春に柏崎で21世紀枠での甲子園出場、2008年夏には新潟県央工で甲子園出場を果たしている。今冬の練習ではこれまではやってこなかった筋トレを採り入れた。「この夏の甲子園での戦いを見て、(打球の)飛距離が尋常ではないと思った。考え方を変えた」と話し、母校を率いて自身3度目の甲子園出場を狙っている。

今後は12月15日に北信越地区5県の各候補校の中から地区代表が1校に絞られる。その後、来年1月26日に開かれる選考委員会で全国9地区代表から3校が21世紀枠に選出される。新潟県からは過去16年間で2003年に柏崎、2011年に佐渡が21世紀枠での選抜甲子園出場を果たしている。

(取材・撮影・文/岡田浩人)

 


【NPB】巨人育成指名の荒井が仮契約 「這い上がって一流選手に」

先月のNPBドラフト会議で巨人から育成8位で指名を受けた関根学園高校3年の荒井颯太外野手(18)が16日、上越市内で巨人との入団交渉に臨み、仮契約を結んだ。支度金200万円、年俸230万円(金額は推定)で、背番号は「022」に決まった。木佐貫洋スカウトから帽子を被せてもらった荒井は「早く(合同自主トレで)練習したい。育成最後の指名だが、そこから這い上がり、一流の選手になれるよう頑張りたい」とプロとしての決意を語った。

仮契約を終えた荒井颯太(右)と木佐貫洋スカウト 続きを読む


【NPB】西武6位指名の綱島が入団合意「松井稼頭央さんのように」

西武からドラフト6位指名を受けた糸魚川白嶺高校3年の綱島龍生内野手(17)が15日、糸魚川市内で西武の鈴木敬洋編成部育成アマチュア担当と入団交渉に臨み、合意した。契約金と年俸は家族の意向で非公表。初めて西武の帽子を被った綱島は「少しでも早く一軍に上がれるようしっかり体づくりに取り組みたい」と決意を新たにしていた。12月上旬に埼玉県所沢市で正式契約と入団会見に臨む予定。

初めて西武の帽子を被った綱島龍生(右)と西武の鈴木敬洋育成アマチュア担当 続きを読む


【高校野球】長岡大手が県推薦校に センバツ21世紀枠

新潟県高野連は14日、「第90回記念選抜高校野球大会」(来年3月23日開幕・甲子園球場)の21世紀枠の新潟県推薦校に長岡大手高校を推薦すると発表した。長岡大手は今秋の県大会でベスト8に進出。文武両道や上位進出を繰り返す近年の成績、そして野球部員が校内で果たす役割などが評価された。今後は11月20日に学校で表彰が行われ、12月15日に北信越地区5県の各候補校の中から地区代表が1校に絞られる。来年1月26日に開かれる選考委員会で全国9地区代表から3校が21世紀枠に選出される。

21世紀枠の新潟県推薦校に選ばれた長岡大手 今秋は県大会ベスト8に進出 続きを読む


【NPB】「感謝の12年間」今井啓介さんが地元で現役引退を報告

広島カープの投手として12年間の現役生活を終えた今井啓介さん(30歳・中越高出身)を労う後援会の集いが12日、出身地の長岡市栃尾地区で行われ、80人を超えるファンが集まった。花束を贈られた今井さんは「一言で表すなら“感謝”。小学4年生で野球を始め、たくさんの人に出会い、励まされ、学ばせていただいた21年間だった」と感謝の言葉を述べた。

花束を贈られた今井啓介さん 地元の後援会で現役引退を報告した 続きを読む


【インタビュー】「ファンの応援に感謝」 現役引退の今井啓介さんが胸中を語る

10月4日に広島カープから来季の契約を結ばないと伝えられ、現役引退の意向を表明していた長岡市出身の投手・今井啓介さん(30・中越高)が、このほど新潟野球ドットコムの取材に応じた。今井さんは「やり切ったので悔いはない。これまでのファンの応援に感謝の気持ちを伝えたい。今後は未定だが、野球に関わる仕事をしていきたい」と語った。12日に地元でファンに現役引退を報告する。

現役引退を決めた今井啓介さん プロ12年間で一軍で114試合に登板
8勝20敗1セーブで防御率3・59の成績を残した 続きを読む


【社会人軟式】アルプス電気は初戦で惜敗 中部日本都市対抗軟式大会

社会人チームの軟式野球大会「第62回中部日本都市対抗軟式野球大会」が11日に愛知県名古屋市で開幕した。新潟県代表として3年ぶり7回目の出場を果たしたアルプス電気野球クラブ(長岡市)は1回戦で滋賀県代表のタカタ(彦根市)と対戦し、0対4で敗れ、県勢5年ぶりの初戦突破はならなかった。 続きを読む


【社会人軟式】アルプス電気が3年ぶり7回目の出場 中部日本都市対抗軟式大会

中部地区の社会人チームの軟式野球大会である「第62回中部日本都市対抗軟式野球大会」が11日に愛知県名古屋市で開幕する。新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、三重、静岡、滋賀の10県の代表13チームが頂点を目指す。新潟県からはアルプス電気野球クラブ(長岡市)が3年ぶり7回目の出場を果たした。5年ぶりの同大会勝利を懸け、11日の1回戦で滋賀県代表のタカタ(彦根市)と対戦する。

3年ぶり7回目の中部日本大会出場を果たしたアルプス電気野球クラブ 続きを読む


【少年硬式・中学硬式】硬式の経験を今後にいかす 新潟硬式野球連盟で卒・入団式

新潟少年硬式野球連盟に所属するリトルリーグ、シニアリーグの合同の「卒・入団式」が5日、新潟市で行われた。新潟市内のシニア5チームから中学3年生45人と、リトル5チームの中学1年生20人が卒団式に臨んだ。またシニア45人、リトル17人が新たに入団した。

シニア5チーム、リトル5チームの卒・入団生が出席した 続きを読む


【女子野球】開志学園はプロ相手に健闘もコールド負け ジャパンカップ

プロ・アマを通した女子野球の日本一を決める大会「第7回女子野球ジャパンカップ」の準々決勝が4日、京都府で行われた。初出場の開志学園は女子プロチームの埼玉アストライアと対戦し、0対9の6回コールドで敗れ、ジャパンカップ初勝利はならなかった。 続きを読む