【高校野球】24日の決勝戦は中止・順延 決勝戦の2日順延は6年ぶり 新潟大会

第99回全国高校野球選手権・新潟大会は24日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで決勝戦が行なわれる予定だったが、雨のため中止、25日に順延が決まった。決勝戦が2日続けて順延となるのは2011年以来。

2日続けて決勝戦が順延となったハードオフ・エコスタジアム

◎24日(月)の決勝戦◎
<ハードオフ・エコスタジアム>
日本文理(中止・順延)中越


◎25日(火)の決勝戦の試合予定◎
<ハードオフ・エコスタジアム>
日本文理(13:00)中越

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】23日の決勝戦は雨天中止・順延

第99回全国高校野球選手権・新潟大会は23日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで決勝が行なわれる予定だったが、雨のため中止、24日に順延が決まった。決勝戦の雨天順延は2013年以来。

4年ぶりに決勝戦が雨天順延となったハードオフ・エコスタジアム 続きを読む


【高校野球】決勝は日本文理×中越 新潟大会準決勝

第99回全国高校野球選手権・新潟大会は22日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで準決勝2試合が行われ、日本文理と中越が勝ち、決勝戦へ進んだ。決勝戦は同スタジアムで23日13時から行われる。

準決勝① 1回表、日本文理の松木一真が先制打を放ち、思わず拳を握る


準決勝② 6回裏、中越の斉藤海がランニング本塁打を放ち、貴重な追加点 続きを読む


【高校野球】4強は日本文理、北越、中越、高田北城 新潟大会準々決勝

第99回全国高校野球選手権・新潟大会は20日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで準々決勝4試合が行われ、日本文理、北越、中越、高田北城が勝ち、準決勝へと駒を進めた。日本文理は2年ぶり、北越は3年ぶり、中越は3年連続、高田北城は初めてのベスト4進出。準決勝は同スタジアムで22日に行われる予定。

初のベスト4進出を果たし、歓喜に沸く高田北城ナイン 続きを読む


【お知らせ】マスコットユニフォームで球児の思い出を残す 長岡・オールドスター

連日、球児たちによる熱戦が繰り広げられているが、マスコットユニフォームで球児たちの思い出を残してもらおうと、製造・販売を行っているのが長岡市の「OLD STAR(オールドスター)」である。本物のユニフォームと同様のデザインとリアルな作りが特徴のマスコットユニフォームは、卒業・卒団の記念品として、新潟県内だけに留まらず、県外の甲子園常連高校からも注文が寄せられていて好評である。代表の河村達哉さん(44)は「長岡市の繊維関係の新たなものづくりを発信できれば」と話している。

マスコットユニフォームの製作で球児たちを応援する河村達哉さん 続きを読む


【高校野球】高田北城、北越、東京学館新潟が8強 新潟大会4回戦

第99回全国高校野球選手権・新潟大会は19日、五十公野球場と佐藤池球場で4回戦3試合が行われ、高田北城、北越、東京学館新潟が勝ち、ベスト8進出を果たした。20日は新潟市のハードオフ・エコスタジアムで準々決勝4試合が行われる。

佐藤池② 東京学館新潟が二死満塁から遠藤康平が左前サヨナラ打を放つ 続きを読む


【高校野球】長岡工が2年連続8強 3試合が順延に 新潟大会4回戦

第99回全国高校野球選手権・新潟大会は18日、五十公野球場で4回戦1試合が行われ、長岡工が十日町総合を5対2でくだし、2年連続のベスト8進出を決めた。五十公野球場の第2試合と佐藤池球場の2試合が雨のため中止となった。19日は順延となった4回戦3試合が行われる。

五十公野① 6回裏、長岡工が主将・久保田碧人の中前適時打で勝ち越し 続きを読む