【NPB】ラミレス監督トークショー 飯塚の4/17凱旋登板「チャンスは必ずある」

プロ野球・横浜DeNAベイスターズのアレックス・ラミレス監督(43)のトークショーが16日、新潟市の新潟テルサで開催された。ラミレス監督は「今年は我々の年になる」と20年ぶりの優勝へ自信を見せた。また上越市出身で日本文理高OBの飯塚悟史投手(21)について、「球速を向上させることができれば必ずローテーションを守ることができる」と今オフとキャンプでの成長に期待を寄せ、4月17日にハードオフ・エコスタジアムで行われる公式戦での凱旋登板の可能性について、「チャンスは必ずある」と話した。

観客の声援にVサインで応えるアレックス・ラミレス監督

DeNAの監督によるトークショーは毎年キャンプ前のこの時期に行われていて、今年で5回目。4月17日にハードオフ・エコスタジアムで行われるDeNA対巨人の試合を盛り上げるため、県などで作るプロ野球新潟招致委員会が主催し、抽選に当選した約800人のファンが集まった。

新潟でのトークショーが3回目となるラミレス監督は「(大雪のニュースを見て)天気を心配していたが、こちらに来ることができ嬉しく思う」と話し、昨季について「73勝することができたが、我々の目標は80勝だった。日本シリーズに行くことはできたが、シーズン3位だった。我々の持っている選手のポテンシャルを考えるともっとやれた」と振り返った。

その上で、今季について「100%優勝できると信じている。80勝が目標だが、それ以上できる力はある。昨季の経験も選手の自信になっている。今年は我々の年になると強く信じている」と20年ぶりのペナント制覇へ自信を見せた。そのために昨季リーグ最少だったチーム盗塁数(39)とチーム犠打数(84)について、「盗塁は75~80、犠打は100はしたい。得点チャンスが増える」と具体的な攻撃改善策を掲げた。

「今年は我々の年になる」と今季の戦いについて自信を見せた

また昨季、一軍でプロ初勝利を挙げた飯塚投手について、ラミレス監督は「特にデビュー戦のオリックス戦は素晴らしい投球だった。今年はローテーションを競うだけの位置にいる。非常にいいフォークボールを持っているので、それをいかすために球速をもう少し、145~147キロくらい出るようになればローテーションは彼のものになる」と期待を寄せた。

会場には飯塚投手のビデオメッセージも流され、そこで飯塚投手は、昨季を振り返り、「やっとプロ野球選手らしく戦えたシーズンだった。思い描いていた3年目とは違ったが、順調に来ている」と手応えを口にした。また「去年秋のドラフトで新潟県出身のプロ野球選手が増え、NPBの第一線で戦えるのは楽しみ」と笑顔を見せた。

その上で、今季の目標について「1年間通して一軍で投げ続けることを目標に忍耐強くやっていきたい。昨季は1勝だったので5勝はしたい。日本一を掴み取るための戦力になりたい」と意気込みを語った。また、4月17日の地元での試合については「こればかりはローテーションの関係もあるが、常に行ける状態にしたい」と昨季雨天中止になった地元での凱旋登板への意欲を示した。

飯塚悟史投手がビデオ出演 今季への意気込みを語った

ビデオメッセージを見たラミレス監督は「こういうプレーをしたい、1年間一軍で投げたいという気持ちは重要。そのために何をしなければいけないのかを彼が具体的に理解してほしい。やはり球速を向上させること。それができれば必ずローテーションを守ることができる」と話した。

4月17日の凱旋登板の可能性については「去年は(中止で)残念だった。今年はシーズン序盤だがチャンスはある。キャンプ、オープン戦でしっかり準備をして、いい状態でローテーションに入れば先発のチャンスは必ずある」と話し、「特に新潟の皆さんにわかっていただきたいが、自分は予測が外れるということがあまりない。監督に就任した時(2年前)に最初に目に留まってペンで名前を記したのが飯塚。彼は必ず一軍レベルで活躍できる選手」と今後の活躍に太鼓判を押すと、会場から大きな拍手が送られた。

DeNAのユニフォームを着用し会場を訪れた会社員の今井翼さん(25)は「ラミレス監督は新潟のことや選手のことをよく理解して話していて本当に楽しみ。飯塚投手には5勝と言わず10勝してほしい。監督の期待もわかった。これからも変わらず応援したい」と感想を話した。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【小中学硬式】今季の安全と必勝を祈願 新潟北シニアは選抜大会へ 新潟少年硬式野球連盟

新潟少年硬式野球連盟に所属するリトルリーグとシニアリーグによる合同祈願が6日、新潟市の白山神社で行われた。新潟市内のリトル5チーム、シニア5チームの選手や指導者ら約150人が今シーズンの安全と必勝を祈願した。

今季の安全と必勝を祈願するリトルリーグ、シニアリーグの選手たち 続きを読む


【イベント】武山智史カメラマンが写真展 6日までアオーレ長岡で開催

長岡市出身のフリーカメラマンで、新潟県の高校野球現場を取材している武山智史さん(37)の写真展『グラウンドの主役たち 3』が4日から長岡市のアオーレ長岡で開催されている。3年連続となる開催で、多くの高校野球ファンが訪れている。

故郷で3年連続となる写真展を開催した武山智史さん 続きを読む


【社会人野球】4年ぶり都市対抗へ バイタルネットが必勝祈願

社会人野球のバイタルネット(新潟市)が4日、新潟市の護国神社で必勝祈願を行い、2018年の活動をスタートさせた。チームは4年ぶりとなる夏の都市対抗野球と秋の日本選手権の出場を誓い、新しい年の練習を始めた。

必勝祈願を行ったバイタルネット野球部の佐藤英司監督(前列左)と選手たち 続きを読む


【高校野球・NPB】加藤健氏に特別功労賞 新発田農OB会

新発田農業高校野球部のOB総会が3日、新発田市で開かれ、プロ野球・読売巨人軍で捕手として18年間の現役生活を送った同校OB・加藤健氏(36)に「特別功労賞」が贈られた。加藤氏は「新発田農業出身でよかった。高校時代の教えとOBの皆様から教えてもらったことを頭に入れ、次の目標に向かって頑張りたい」と感謝の言葉を述べた。

特別功労賞が贈られた加藤健氏(中央)右は新発田農野球部OB会の齋藤忍会長
左は恩師の松田忍元監督(現・村上桜ヶ丘高監督) 続きを読む


【中学硬式】シニア新潟選抜が初優勝 日台国際野球大会

台湾で12月29日から1月2日までの日程で開催された「日台国際野球大会」で、新潟県から出場したシニア信越連盟代表の「新潟選抜チーム」が8勝1敗1分で初優勝を飾った。新潟選抜は今年、県内のシニアで活躍した中学3年生の23人でメンバーが編成された。大会には3年に1度、新潟選抜が信越連盟代表として出場、これまでの最高成績は3年前の3位だった。今大会は台湾から10チーム、日本から各地区選抜9チームが参加し、日本側は台湾側と総当たり10試合を戦い、勝ち点制で順位を争った。

初優勝を飾り、選手に胴上げされる土田利史監督(新津五泉村松シニア監督) 続きを読む


【イベント】武山智史さんが写真展 アオーレで新年1月4日から

長岡市出身のフリーカメラマンで新潟県の高校野球現場を取材している武山智史さん(37)の写真展が1月4日から3日間、出身地である長岡市のアオーレ長岡で開催される。3年連続の開催となる写真展『グラウンドの主役たち3』で武山さんは「強豪校、無名校に関係なく、それぞれのグラウンドで『何か』に向かい練習する新潟の高校生の姿を表現した」と説明、多くの高校野球ファンの来場を呼び掛けている。

写真展の開催と来場を呼び掛けるポスター 今年は3日間の開催となった 続きを読む


【高校野球】佐渡・菊地大稀 桐蔭横浜大へ「大学ナンバーワン投手になりプロ入りを」

今年、県内の高校球界で注目を集めた佐渡高校3年・菊地大稀投手(18)が神奈川大学野球連盟1部の桐蔭横浜大学に進学することが決まった。プロ志望届を提出したが、10月26日のNPBドラフト会議では指名はなく、大学進学を表明。今月9日に合格となった。このほど新潟野球ドットコムの取材に応じた菊地投手は「大学ナンバーワン投手になり、4年後に上位でプロ入りを目指す」と意気込みを語った。

神奈川の強豪・桐蔭横浜大に進学が決まった菊地大稀 4年後のプロ入りを目指す 続きを読む


【BCL・NPB】ソフトバンク入り渡邉が意気込み語る 巨人育成の髙井も参加

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは29日、長岡市で「渡邉雄大選手のドラフト育成指名をアサヒビールで祝う会」と題したファンイベントを開催した。ソフトバンクから育成ドラフト6位指名を受けた渡邉雄大投手(26歳・三条市出身・中越高)が意気込みを語った。また新潟アルビレックスBCから2016年に育成ドラフト1位で巨人に入団した髙井俊投手(22歳・見附市出身)も参加し、1年目のシーズン報告を行った。

ソフトバンクに入団した渡邉雄大(右)と巨人育成での1年目を終えた髙井俊 続きを読む


【中学硬式】シニア新潟選抜が初V狙う 29日台湾で開幕の日台国際野球大会で

中学硬式野球のリトルシニア信越連盟は、29日から台湾で開催される「第15回日台国際野球大会」に新潟選抜を派遣する。今年、県内のシニアで活躍した中学3年生の“オールスター”23名で編成された。チームは「初優勝を狙う」と意気込んでいる。

信越連盟の代表として出場する新潟選抜 続きを読む