【高校野球】新潟南と帝京長岡が北信越出場決める 秋季県大会・準々決勝

来春の選抜大会出場の参考となる「第139回北信越高校野球・新潟県大会」は20日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで準々決勝の2試合が行われた。第1試合では新潟南が加茂暁星に競り勝ち、21年ぶり6回目となる北信越大会出場を決めた。第2試合は帝京長岡が三条に26年ぶり2回目となる北信越大会出場を決めた。準決勝は22日(土)に同スタジアムで行われる。北信越大会は10月13日から新潟県の3球場で開催される。

準々決勝②帝京長岡4-1三条
9回完投、1失点で北信越大会出場を決めた帝京長岡①塚田大輔

◎20日の準々決勝の試合結果◎
<ハードオフ>
①新潟南3-2加茂暁星
→新潟南が1997年秋以来42季ぶり6回目の北信越大会出場

(バッテリー)
新潟南:清水-岩渕
暁 星:白勢-太田
(二塁打)
暁 星:辰村(8回)

(試合内容)


②帝京長岡4-1三条
→帝京長岡が1992年秋以来52季ぶり2回目の北信越大会出場

(バッテリー)
帝京:塚田-寺本
三条:丸山、熊倉、外山-小林

(試合内容)


◎22日(土)の準決勝の予定◎
<ハードオフ>
①関根学園(10:00)日本文理
②新潟南(12:30)帝京長岡

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】関根学園と日本文理が北信越出場決める 秋季県大会・準々決勝

来春の選抜大会出場の参考となる「第139回北信越高校野球・新潟県大会」は19日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで準々決勝の2試合が行われた。第1試合は関根学園が新潟をくだし、今春に続き2季連続4回目の北信越出場を決めた。第2試合は日本文理が今夏ベスト4の新潟産大附に勝ち、5季連続36回目の北信越出場を決めた。20日も同スタジアムで準々決勝2試合が行われ、ベスト4が出そろう。

準々決勝②日本文理4-2新潟産大附
2回表、日本文理が長谷川優也(1年)の左越え2ランで先制した 続きを読む


【大学野球】新潟大は勝ち点ならず 関甲新2部

関甲新学生野球連盟の2部に所属する新潟大は18日、秋季リーグ戦の第3節で平成国際大と埼玉・平成国際大野球場で対戦し、0対13で敗れた。対戦成績は1勝2敗となり、勝ち点獲得はならなかった。新潟大の次戦は第4節(22、23日)で常磐大と茨城・常磐大野球場で対戦する。 続きを読む


【大学野球】新潟医療福祉大が勝ち、タイに 新潟大は強豪・平成国際大に先勝 

関甲新大学野球連盟は16日、秋季リーグ戦の第2節を各地で開催した。1部の新潟医療福祉大は新潟市のハードオフ・エコスタジアムで山梨学院大と対戦、2対1で勝ち、対戦成績を1勝1敗のタイとした。新潟医療福祉大は1点を追う7回、相手内野の失策で同点に追いつくと、入谷直希(1年・金沢)の適時二塁打で逆転した。先発の漆原大晟(4年・新潟明訓)は9回を1失点で完投した。勝ち点のかかる第3戦は17日(月祝)12時から同スタジアムで行われる。 続きを読む


【高校野球】8強が出そろう 秋季県大会

来春の選抜大会出場の参考となる「第139回北信越高校野球・新潟県大会」は16日、4球場で県1回戦(4回戦)の8試合が行われた。悠久山球場の第1試合は新潟南が長岡をくだし、県大会では2002年夏以来となるベスト8進出を決めた。佐藤池球場の第2試合では三条が東京学館新潟をくだし、5年ぶりの秋ベスト8進出を決めた。17、18日は試合がない。19日と20日に新潟市のハードオフ・エコスタジアムで準々決勝が行われる予定。

悠久山①新潟南5-0長岡
2安打、10奪三振で完封した新潟南①清水響介 続きを読む