【お知らせ】12月28日に新潟県出身プロ野球選手による野球教室とイベントを開催します

新潟野球ドットコムとハードオフ・エコスタジアムの指定管理者であるアルビレックス新潟・都市緑花センターグループは2019年12月28日(土)、新潟市の同スタジアムにて新潟県出身のプロ野球選手が参加するイベント『とにかく新潟野球の日2019』を開催します。

このイベントは新潟県の子どもに夢を持って野球に取り組んでもらおうと2012年から12月に開催してきた新潟県出身プロ野球選手による「小学生野球教室」をパワーアップし、今年から新たに野球ファン向けのイベントも企画・開催します。たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

事業名:『とにかく新潟野球の日2019』(※12月28日にかけました)
主催 :新潟野球ドットコム、アルビレックス新潟・都市緑花センターグループ
協力 :シンプル・ベースボールアカデミー
協賛 :新潟の野球を応援していただいている各社様
場所 :ハードオフ・エコスタジアム新潟 室内練習場と会議室(新潟市中央区)
※野球教室は当日の天候によってはグラウンドで開催
日時 :2019年12月28日(土)9:30~15:30 続きを読む


【NPB】ヤクルト鈴木を激励 「いずれ守護神に」と決意語る

東京ヤクルトスワローズの鈴木裕太投手(19・日本文理高出身)のプロ入り後初めての激励会が8日、新潟市秋葉区で開催された。ヤクルトを応援する「新潟支燕会」が主催し、県内外から約130人が集まった。来季からヤクルト初のGM(ゼネラルマネージャー)に就任する小川淳司前監督(62)がゲストとして来県し、鈴木投手に対し「身近な目標を明確にし1つ1つクリアを」とアドバイスを送った。鈴木投手は「二軍で結果を出し、来季は一軍で初登板を目指す。そしていずれヤクルトの守護神に」と決意を話し、会場から大きな拍手が送られた。

GM就任が決まっている小川淳司前監督(左)を前に決意を話す鈴木裕太投手 続きを読む


【NPB】DeNA飯塚が来季の巻き返し誓う 地元後援会が激励会開催

DeNAの飯塚悟史投手(23・日本文理高出身)の激励会が7日、出身地である上越市のホテルで開催された。地元の後援会が主催し、県内だけでなく東京、神奈川、大阪などからファン約100人が集まり、飯塚投手との交流を楽しんだ。飯塚投手はケガに泣いた今季を「不甲斐ないシーズンだった」と振り返り、来季へ向けて「開幕からローテーションに入り、(8月の)新潟での公式戦で投げることができるようにしたい」と巻き返しを誓った。

激励会に集まったファンと交流する飯塚悟史投手(中央) 続きを読む


【NPB】加藤健氏が巨人三軍バッテリーコーチに 広島・小林幹英氏は三軍投手育成強化コーチに

NPBの巨人は29日、来季のコーチングスタッフを発表し、三軍バッテリーコーチに聖籠町出身で新潟アルビレックスBC前コーチ・加藤健氏(38・新発田農高出身)が就任することが決まった。加藤氏の背番号は「90」と発表されている。

また広島カープは29日、来季のコーチングスタッフを発表し、今季二軍投手コーチを務めた小林幹英氏(45・新潟明訓高出身)が三軍投手育成強化コーチに就任する。背番号は「73」。 続きを読む


【ドラフト】魚沼市出身の韮澤は広島4位 アルビBCの樋口と長谷川は日ハムが育成指名

NPB(日本野球機構)ドラフト会議が17日、東京都内で開かれ、新潟県関係では魚沼市出身で花咲徳栄高校3年の韮澤雄也内野手(18歳・堀之内中出身)が広島東洋カープから4位指名を受けた。また育成ドラフトでは北海道日本ハムファイターズから新潟アルビレックスBCの樋口龍之介内野手(25歳・横浜高-立正大)が育成2位で、長谷川凌汰投手(23歳・福井商高-龍谷大)が育成3位で指名された。新潟県関係は一昨年の4人、昨年の3人に続き、複数の選手が指名された。

広島から4位指名された魚沼市出身の韮澤雄也(花咲徳栄高3年) 続きを読む


【NPB】8日にエコスタでDeNA×巨人 予告先発はDeNAが大貫、巨人は菅野

NPB(日本野球機構)のセ・リーグ公式戦である「横浜DeNAベイスターズ 対 読売ジャイアンツ」が8日に新潟市のハードオフ・エコスタジアムで行われる。試合前日の7日、DeNAの予告先発投手である大貫晋一投手(25)ら選手が同スタジアムで軽めの練習で汗を流した。

エコスタでキャッチボールをするDeNAの予告先発投手・大貫晋一 続きを読む


【NPB】ヤクルト・鈴木が二軍公式戦デビュー 西武・綱島と対戦も

NPB(日本野球機構)イースタンリーグ・埼玉西武ライオンズ対東京ヤクルトスワローズの公式戦が17日、埼玉県所沢市のメットライフドームで行われた。昨秋のドラフト6位でヤクルト入りした鈴木裕太投手(日本文理高)が二軍公式戦初登板。7回裏の1イニングを投げ、無死満塁のピンチを招くも無失点に抑えた。2死後、プロ入り2年目の西武・綱島龍生内野手(糸魚川白嶺高)との“新潟県出身”対決も実現し、鈴木が152キロの直球で2ストライクに追い込んだ後、132キロのフォークボールを低めに決め、空振り三振に抑えた。

二軍公式戦で初登板 1回無失点に抑えた鈴木裕太(日本文理高出身) 続きを読む


【NPB・大学野球】オリックス・漆原が新潟医療福祉大を卒業 「成長できた4年間」

新潟医療福祉大の卒業式が13日、新潟市中央区の朱鷺メッセで行われ、オリックス・バファローズに入団した燕市出身の漆原大晟投手(22・新潟明訓高)が出席した。漆原は「チームメイトと出会えたことが財産。自分を成長させてくれた4年間だった」と大学生活を振り返り、プロ1年目の目標を「まずは1年間、ケガをせず、やり切ることを大きな目標としたい」と意気込みを話した。

学位記とプロでの決意を記したサインを胸に笑顔を見せる漆原大晟 続きを読む


【NPB・高校野球】ヤクルト・鈴木裕太が卒業式出席 初キャンプに「手応え」

東京ヤクルトスワローズにドラフト6位で入団した鈴木裕太投手(18)が2日、新潟市西区の日本文理高校の卒業式に出席した。初めてのキャンプを終えた鈴木投手は「課題もあるが手応えを感じた」と話し、「気持ちでは負けないという思いでプロの世界でもやっていかなければ」と気合いを入れた。
卒業証書を手に笑顔を見せるヤクルト・鈴木裕太(背番号56) 続きを読む


【NPB】元ソフトバンク投手の星野順治さんが野球教室 県出身2投手に期待寄せる

福岡ソフトバンクホークスの元投手で燕市出身の星野順治さん(44)を招いた野球教室が30日、新潟市西蒲区の松野尾小学校体育館で行われた。地元の小中学生23人が参加し、キャッチボールの基本動作やピッチングの指導を受けた。星野さんは現在、ソフトバンクで若手の育成を担当している立場で、胎内市出身の椎野新投手と三条市出身の渡邉雄大投手の成長にも触れ、「来年は2人揃って一軍マウンドで力を見せてほしい」と期待を寄せた。

小学生に投球動作の基本を教える星野順治さん(左) 続きを読む