【BCL】日米独立リーグ対抗戦 新潟がハワイスターズに完勝 リーグ新記録の13連勝飾る

BCリーグの新潟アルビレックスBCは31日、三條機械スタジアムで「ルートインカップ日米独立リーグ対抗戦」として米独立リーグ・ハワイスターズと対戦し、11-0で完勝した。新潟はこれで前期から続く公式戦13連勝(1引き分けをはさむ)を飾り、リーグ新記録を樹立した。新潟の後期通算成績は10勝0敗1分で上信越地区首位。

新潟は1回、デニングの適時三塁打、足立の適時打で2点を先制。4回にも4本の長短打を集めるなどして3点を追加した。その後も追加点を重ね、17安打で11点を挙げた。

新潟の先発・佐々木は7回2死まで無安打投球。ハワイスターズの古木克明(元横浜ベイスターズ)に初ヒットを打たれたものの、後続を抑え無失点。被安打2、10奪三振の好投を見せた。


7回を投げ無失点の好投を見せた新潟・佐々木啓介投手

ハワイスターズで初安打を放った古木克明選手

新潟はこれで前期から続く連勝が1引き分けをはさんで「13」となり、昨シーズン後期に新潟が樹立した12連勝のリーグ記録を塗り替えた。ギャオス内藤監督は「初回から点を取ってくれていい展開だった。佐々木が先発として期待に応えてくれた」と満足そうだった。

試合後にハイタッチをかわす両チームの選手たち

<ギャオス内藤監督、佐々木啓介投手の試合後インタビュー>

 

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【女子野球】開志学園 初の公式戦飾れず

兵庫県で31日から始まった第17回全国高等学校女子硬式野球選手権大会に、新潟県代表として開志学園女子硬式野球部が初出場。開幕試合で福知山成美(京都)と対戦し、1-8で敗れ、公式戦初勝利はならなかった。

開志学園女子硬式野球部は新潟県内初の女子硬式野球部として今春活動を開始し、1年生17人(新潟県内5人、県外12人)が入学、入部した。この大会が初の公式戦で、6安打を放ったものの、3年生中心の福知山成美に敗れた。

なお開会式では開志学園の若泉瀬菜主将が選手宣誓をおこなった。冨岡雄太監督は「初の全国大会というこの経験を次の大会にいかしたい」と話した。


開志学園女子硬式野球部のメンバー(6月撮影)

(文/岡田浩人)


【中学軟式】吉田中が7年ぶり県大会制覇 準優勝は五泉中

新潟県中学校軟式野球大会の準決勝と決勝が29日に新潟市でおこなわれ、燕市立吉田中学校が7年ぶりの優勝を飾った。準優勝の五泉市立五泉中学校とともに、8月6、7日に石川県でおこなわれる北信越大会に出場する。

優勝を決めた吉田中学校の渡辺-近藤のバッテリー

準決勝で敗れ3位となった新潟市立巻西中学校が愛知県でおこなわれる中部日本大会に、同じく3位となった上越市立直江津中学校が茨城県でおこなわれる東日本大会に、それぞれ出場する。

◆準決勝の結果◆
五泉中3-0巻西中
吉田中2-1直江津中

◆決勝の結果◆
吉田中2-0五泉中


優勝した吉田中学校の選手


準優勝の五泉中学校の選手


3位の巻西中学校


3位の直江津中学校
(取材・撮影・文/岡田浩人)


【中学軟式】新潟県中学校軟式野球大会始まる

新潟県中学校軟式野球大会(県中)が26日、新潟市内の4つの球場で始まった。県内4つの地区大会を勝ち上がった16校が県ナンバー1の座をかけて争う。26日は1回戦と準々決勝がおこなわれ、29日に準決勝と決勝がおこなわれる予定。上位2チームが8月6、7日に石川県でおこなわれる北信越大会に出場する。

鳥屋野球場の第1試合は、去年の優勝校である小千谷・千田中学校が今年春の全軟県大会準優勝校である五泉北中学校をくだした。
1回戦を突破し校歌を歌う千田中の選手たち

◆1回戦の結果◆
鳥屋野中2-1堀之内中(延長8回)
五泉中3-0畑野中
巻西中7-2新井中
愛宕中1-0湯沢中(延長9回)
新津五中4-2長岡南中
直江津中1-0塩沢中(延長10回)
千田中3-1五泉北中
吉田中4-2柏崎三中

◆準々決勝の結果◆
五泉中1-0鳥屋野中
吉田中2-0千田中
巻西中3-2愛宕中
直江津中1-0新津五中

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】新潟大会決勝 日本文理が2年ぶり7度目V 村上桜ヶ丘くだす

第95回全国高校野球選手権・新潟大会は25日、決勝で日本文理が7-5で村上桜ヶ丘をくだし、2年ぶり7度目の夏の甲子園出場を決めた。

<決勝戦>
日本文理  000 300 400  7
村上桜ヶ丘 110 011 010  5

日本文理が夏2年ぶり7度目の甲子園出場を決める

文)①飯塚→⑩大谷内
桜)①椎野→⑩星野

◇日本文理・大井道夫監督の試合後の話◇

「(2年ぶりの優勝で)嬉しい。子どもたちに感謝したい。キツかった。頑張ってくれた。打撃はよく打った。(3回の投手交代は)大谷内が3年生の意地を見せてくれた。大したもんだ。さすが3年生だ。試合に出ていない3年生がみんなで応援してくれた、チームが一丸となれた。(甲子園ではどんな戦いを?)まだ今はちょっと考えられない」

◇日本文理・太田成己主将の試合後の話◇

「最高でした。(3年生がよく支えた?)個性が強くまとめるのが大変で苦しかったが、最後に集大成でまとまりを見せることができ良かった。(大谷内は)決勝で向かう気持ちが強く、やってくれると信じていた。(甲子園ではどんなプレーを?)メンバー全員、初めての甲子園でフレッシュマンらしく、のびのびやってきたい」

◇日本文理・大谷内睦規投手の試合後の話◇

「嬉しい。3年生として負けられないという気持ちが強かった。(2年生の)飯塚に先発を任せたが、飯塚がダメならすぐ自分が行くという気持ちでいた。(甲子園ではどんな投球を?)まだまだ足りないところがあるので、甲子園までに自分を高めたい」

◆先発オーダー◆
<先攻・日本文理>
1竹石 稜⑦ 中
2渡辺龍平⑮ 左
3飯塚悟史① 投
4小黒一輝⑨ 右
5渡辺大雅④ 二
6白石貴誉⑥ 遊
7小林将也⑲ 一
8鎌倉 航② 捕
9池田貴将⑤ 三

<後攻・村上桜ヶ丘>
1須戸吉隆⑤ 三
2倉島拓也⑨ 右
3長谷川智哉③ 一
4野澤和希⑧ 中
5河内 涼② 捕
6波多野将三⑦ 左
7松内亮太⑥ 遊
8椎野 新① 投
9秋山蓮矢④ 二

(情報更新/岡田浩人)


新潟大会決勝戦 村上桜ヶ丘×日本文理の見どころ

雨のため1日順延となりましたが、88チームが参加した新潟大会の決勝は、今春の王者・村上桜ヶ丘と、昨秋の王者・日本文理の対戦となりました。第1シードと第3シードの対決で、大変興味深い決勝です。僕が特に関心がある見どころとして3つ挙げたいと思います。①投手の出来、特に立ち上がり②球場の雰囲気③両監督の采配、の3つです。

<ポイント①投手の立ち上がり>
まずはこの夏の、ここまでの両チームの6試合の勝ち上がり、そして数字を比較します。

【村上桜ヶ丘】 打率.313  防御率0.44
2回戦  5-0村松
3回戦  8-1柏崎工(7回コールド)
4回戦  6-0新発田農
準々決勝 2-0新潟明訓
準決勝  9-2新潟工(7回コールド)

【日本文理】 打率.302  防御率1.60
2回戦  4-1新潟第一
3回戦  6-0長岡高専
4回戦  6-3帝京長岡
準々決勝 6-5中越
準決勝  6-0巻

相手は違いますが、打撃は両チームとも3割を超える打率を残しており、数字上ではほぼ互角です。

一方で、投手力は村上桜ヶ丘に安定感があると言えます。特に両チームの投手陣で大きく差があるのが「四死球」の差です。村上桜ヶ丘が6試合で10個なのに対し、日本文理は6試合で23個と倍以上の差があります。決勝も1つの四死球から大きく流れが変わるという可能性があります。特に立ち上がりの投手の出来が1つのポイントとなると言えます。

村上桜ヶ丘の投手陣は、長身エースの椎野投手、左腕の長谷川投手、サイドスローで安定感のある星野投手、という異なる3タイプの投手がいます。中止が決まった後のきょう午前の取材では、椎野投手は「まだ先発は言い渡されていなかった」と話しています。椎野投手が先発する、というのが大方の予想ですが、左腕の長谷川投手が先発し、星野投手で繋いで、最後を椎野投手が締める、というリレーもない訳ではないと思います。

一方、日本文理は2年生エースの飯塚投手、同じく2年生で春にエースナンバーを付けた左腕・小太刀投手の2人ともに制球に課題があります。3年生左腕で準々決勝で好投した大谷内投手、3年生でサイドスローの菅野投手の2人を含めた4人の投手陣の出来、特に先発投手の立ち上がりの出来が試合の1つのポイントになると思います。きょうの取材では飯塚投手は「きのうの時点で決勝の先発を言い渡されていた」と話していて、あすも飯塚投手のスライド先発が濃厚です。飯塚投手の立ち上がりが試合の流れを左右すると言ってもよいでしょう。

両チームが直接対戦した春の県大会準決勝を振り返ってみます。村上桜ヶ丘は椎野投手が先発、日本文理は2年生の左腕・小太刀投手でした。中盤までは桜2-1文理と1点差の好ゲームでしたが、6回に村上桜ヶ丘が文理の2番手で登板した飯塚投手の制球難をきっかけに一挙4点を挙げました。この回に試合の流れが決まりました。結果は7-3で村上桜ヶ丘が勝利を収めました。
この試合で勝敗を分けたのは、日本文理投手陣が出した13の四死球でした。
http://www.niigatayakyu.com/archives/695

あすの決勝も、1つの四死球、1つの守備のミスが、試合の流れを左右する、流れを変える要因になりかねません。両チームとも無駄な四死球を出さないことが勝利へ繋がる道と言えるでしょう。投手の出来、特に立ち上がりがポイントの1つです。

<ポイント②球場の空気>
次のポイントは、あすの球場の雰囲気です。7度目の出場を目指す日本文理に対し、村上桜ヶ丘は村上勢として初めての甲子園出場を目指します。日本文理の応援席を除けば、どうしてもバックネット裏を中心とした球場の雰囲気は、まだ甲子園出場のない村上勢を後押しする空気になるのではないかと想像するのです。

過去の大会を思い起こしてみると、2001年の決勝で十日町と日本文理が対戦した時、初の甲子園を目指した十日町を後押しする球場の雰囲気は独特でした。結果は十日町が延長10回にホームスチールで逆転サヨナラ勝ちしました。日本文理の関係者も「あの時と似たような球場の雰囲気になるのではないか」と警戒し、「アウェーの雰囲気で戦うことになるだろう」と覚悟する声が聞かれました。

ただし、そのことはそのまま村上桜ヶ丘に有利な状況になるのかというと、必ずしもそうとも言えないと思うのです。初の甲子園というプレッシャーが回を追うごとに選手たちにのしかかる可能性はあります。決勝・・・そして村上勢の初出場がかかる独特の球場の雰囲気の中で、両チームが平常心で戦うことができるのか、ここも勝敗のポイントになる気がします。3年生がレギュラ-の中心である村上桜ヶ丘に対し、日本文理はベンチ入り20人のうち11人が1、2年生というチームです。経験豊富な村上桜ヶ丘の3年生に対し、文理の3年生の太田主将や大谷内投手が1、2年生をどう落ち着かせることができるのかもポイントになるでしょう。

<ポイント③両監督の采配>
3つめのポイントは、両ベテラン監督の采配です。

村上桜ヶ丘の松田忍監督は新発田農の監督として3度の甲子園出場経験があります。巨人の加藤健捕手を擁し春夏連続甲子園出場を果たした1998年夏以来の決勝戦となります。村上桜ヶ丘に移って15年目。「もう新発田農の監督をしていた期間(14年)よりも長くなった」とおっしゃいます。「文理、明訓を倒して甲子園に行くこと」をずっと目標に掲げ、公言してきただけに、日本文理との決勝には並々ならぬ闘争心を燃やしています。「正直、きょうはやりたかった」と雨での中止を悔やんでいましたが、じっくりとゲームプランを考えているはずです。「大井さんは実績のある監督。うちは挑戦者」と言う松田監督がどんな仕掛けをしてくるのかが注目です。

一方、監督として春夏10度の甲子園経験のある日本文理の大井道夫監督にとっては2年ぶりの決勝となります。大井監督の采配の特徴は「決断の速さ」です。投手の調子が悪いとみるや、スパッと変える決断力があります。今大会の準々決勝でも、大谷内投手から飯塚投手にスイッチし、飯塚投手の制球が定まらないとみるや、すぐに投手を交代しました。試合後に「俺のミスだった」と話していましたが、ミスを認めてすぐに修正できるのも決断力の1つと言えます。打者も調子が悪いとみるや、1打席で交代を言い渡す、ある意味での「非情さ」も持ち合わせています。今大会は例年の県大会では滅多にやらない送りバントも多用していて、そこには2年ぶりの甲子園出場に懸ける意気込みが感じられます。きょうも取材に対し「ウチは挑戦者だから思い切ってぶつかるだけ」と話していましたが、大井監督の試合中の「決断」にも注目したいと思います。

以上の3つのポイントは、あくまで僕なりの試合を見る上でのポイントとしてご紹介させていただきました。他にも試合のポイントはあるかと思いますが、ぜひ皆さんそれぞれの「ポイント」「見どころ」を試合前に考えながら、あすの決勝を心待ちにしていただけたらと思います。最初にも記しましたが、非常に興味深い、楽しみな決勝です。雨で中止となったため更にもう1日、試合展開を予想する時間を与えられ、余計に思いを巡らせワクワクしています。両チームの選手(応援の皆さんも含め)には思う存分力を発揮してほしいと思います。新潟代表を決めるにふさわしい好ゲームを期待して試合開始を待ちます。長文を最後まで読んでいただきありがとうございました。

(文/岡田浩人)