【BCL】新人10選手が意気込み語る 新潟アルビレックスBCが新入団選手会見

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは7日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで新入団選手の入団会見を開いた。特別合格の6選手と11月22日のドラフト会議で指名された3選手、そして移籍1選手の計10人が新たに加入することが決まり、NPB(日本野球機構)入りを目指す意気込みを語った。

新潟県関係では糸魚川市出身の熊倉巽内野手(22・環太平洋大)が「高校、大学と地元を離れていたので新潟でプレーできることに感謝している」と話し、「大事なところで確実に一本出せるように頑張りたい」」と打撃での貢献を誓った。

入団会見に臨んだ新人10選手
前列左から中園大樹、西澤知史、石森亨、三木田龍元、松山翔吾
後列左から海老塚耕作、山崎智也、内藤晃裕、熊倉巽、佐藤亮

会見の冒頭、球団の池田拓史社長は「3年間、前期・後期ともに優勝に届かず悔しいシーズンが続いている。来季は7年ぶりに独立リーグ日本一を達成し、1人でも多く(NPBに)羽ばたいてほしい」と期待を寄せた。また、加藤博人前監督の後任監督人事については「現在調整中」と語るにとどまった。

◎記者会見の動画は以下から◎
https://www.youtube.com/watch?v=wp7ylTXP9uU&feature=youtu.be

◎各選手のプロフィールと会見での抱負は以下の通り◎

海老塚耕作(21歳・投手)神奈川県出身 横浜創学館高-函館大
183㌢88㌔ 右投げ右打ち 背番号12
「任されたポジションで精いっぱいプレーし、チームの勝利に貢献したい。NPBスカウトから注目されるよう成長したい。アピールポイントは力強い投球とピンチの場面での強気な投球」


中園大樹(18歳・投手)福岡県出身 柳ヶ浦高
170㌢70㌔ 右投げ右打ち 背番号15
「新潟県の皆さんに応援してもらえるような選手になりたい。高校時代は直球で押していたが、独立リーグでは打者のレベルも上がる。まだ平均点以下なのでこれからアピールポイントを作りたい」


山崎智也(21歳・投手)静岡県出身 磐田南高-静岡大
177㌢77㌔ 右投げ右打ち 背番号25
「野球選手として、社会人として、自分を磨き、一年後のドラフト会議で名前が呼ばれるよう頑張りたい。肩甲骨回りや股関節など体の柔らかさをいかしたフォームで投げている。柔らかさをいかしつつ、体を強くして直球で押していける投手になりたい」


西澤知史(22歳・捕手)長野県出身 長野商高-信越硬式野球クラブ
178㌢81㌔ 右投げ右打ち 背番号38
「新潟県を盛り上げるため、自分のため、全力でプレーし、サポーターに元気を届ける選手になりたい。アピールポイントは強肩と勝負強い打撃」


内藤晃裕(22歳・内野手)兵庫県出身 三田松聖高-大阪体育大
178㌢80㌔ 右投げ左打ち 背番号9
「チームからの評価をいい意味で裏切っていきたい。厳しい世界だが、学ぶ姿勢、感謝の気持ちを忘れず、新潟を盛り上げていきたい。一番のアピールポイントは内野も外野もできること。1試合のうちに行き来したことがあり、対応能力は自信がある。足に自信があり、次の塁を狙う積極的な走塁もアピールポイント」


石森亨(22歳・外野手)埼玉県出身 浦和学院高-立正大
171㌢65㌔ 右投げ左打ち 背番号23
「自分の持ち味である足と肩をプレーで見せ、チームの優勝に貢献したい。アピールポイントは肩の強さと足の速さ。盗塁には自信があるので見てもらいたい」


熊倉巽(22歳・外野手)糸魚川市出身 浦和学院高-環太平洋大
175㌢80㌔ 右投げ右打ち 背番号29
「NPBを目指すことはもちろん、チームに貢献できるよう精いっぱい頑張りたい。新潟県出身だが高校、大学と地元を離れていたので新潟でプレーできることに感謝している。アピールポイントは打撃。大事なところで確実に一本出せるように頑張りたい」


三木田龍元(25歳・投手)北海道出身 小樽潮陵高-北海道大-四国・香川-四国・徳島
177㌢77㌔ 左投げ左打ち 背番号14
「来年26歳になるのでNPB目指すには厳しい年齢であることは自覚しているが、同じ左の変則でこの新潟から26歳でNPB入りした渡邉雄大さん(現・ソフトバンク育成)を目標としていた。チームに感謝し、1球1球大切に投げたい。左打者を絶対に抑える。四国での中継ぎ経験をいかしたい」


佐藤亮(22歳・内野手)東京都出身 横浜高-明治学院大
172㌢74㌔ 右投げ右打ち 背番号3
「チームの独立リーグ日本一、個人としてはNPB入りを目指して精進したい。アピールポイントはフルスイングからの左右への強い打球とここ一番での集中力」


松山翔吾(21歳・捕手)福岡県出身 横浜商科大高-千葉熱血メイキング-BC信濃-BC滋賀
175㌢84㌔ 右投げ右打ち 背番号5
「滋賀から移籍してきた。BCLは3年目。自分のため、チームのために全力で頑張りたい。アピールポイントは打てる捕手ということ。他のチームの捕手にも打撃面では負けたくない」


◎地元での活躍誓う糸魚川市出身・熊倉巽◎

11月の関東トライアウトで力強い打球を飛ばした熊倉

11月の明治神宮大会で創部初の決勝に進出し、準優勝を果たした環太平洋大(岡山県)。熊倉は準決勝の近畿大戦と決勝の立正大戦で代打出場した。「準優勝という結果はうれしかったが、日本一を目指していた中で最後に逆転負けし悔しかった」と振り返る。その3日後に行われた関東トライアウトの会場で熊倉は快音を飛ばした。

糸魚川市出身。父親の登さんは糸魚川高校から駒沢大に進み、社会人野球でプレーした経験を持つ。熊倉自身も小2で野球を始め、中学では登さんが監督を務める糸魚川シニアの1期生として硬式野球を経験。高校は埼玉の強豪・浦和学院に進学した。

「2年秋には四番を打たせてもらいましたが、最後の夏はベンチに入れず、スタンドでした。大学では1年春からベンチ入りしましたが、その後はなかなか定着しなかった。最後の秋にようやくベンチ入りできました。ずっと地元を離れていたが、高校、大学と結果を出すことができなかった」

夢であるNPB入りを目指し、トライアウトに挑戦。「体のバランスがいい」と新潟の関係者の目にとまり、先月22日のドラフト会議で地元枠指名を受けた。今秋限りで退任が決まった環太平洋大・野村昭彦監督からは新潟入りが決まった後、「厳しい世界なので必死に頑張れ」と激励された。

「こうやって地元の新潟でプレーさせていただくことになり、支えてくださった皆さんに恩返ししたい。1年でNPB入りを目指します」

7年ぶりに帰ってきた地元で、大暴れを誓っている。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【BCL】“レジェンド”稲葉大樹が現役続行 13年目のシーズンへ 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは5日、稲葉大樹野手コーチ兼任内野手(34)が来季も兼任コーチとして現役を続行すると発表した。稲葉はBCリーグが設立された2007年からプレーを続ける唯一の選手。これまでの12年間で積み重ねた安打数は878に上り、日本独立リーグに所属する選手の中で最多となる。

現役として13年目のシーズンを戦うことを決めた稲葉大樹 続きを読む


【高校野球】日本文理に厳重注意 日本高野連

日本高野連は4日、大阪市内で定例の審議委員会を開催し、3年生の野球部員の飲酒や喫煙が発覚した日本文理高校への対応について、文書による「厳重注意」とした。引退した3年生による不祥事のため、日本学生野球協会審査室に処分を上申しなかった。 続きを読む


【NPB】漆原がオリックスと仮契約 「準備」の心刻む

オリックス・バファローズから育成1位指名を受けた新潟医療福祉大4年の漆原大晟投手(22・新潟明訓高)が30日、新潟市内のホテルで仮契約を結んだ。支度金300万円、年俸260万円(金額はいずれも推定)で、背番号は「127」に決まった。漆原は「一日も早く支配下登録選手になれるよう、一日一日を大切に練習に取り組みたい」と意気込みを語った。

色紙に「準備」と記した漆原大晟(中央)。オリックスの牧田勝吾チーフスカウト(左)、新潟医療福祉大の佐藤和也監督(右)とともに記念撮影 続きを読む


【高校野球】野球部員5人が飲酒で自宅謹慎 部長交代などを発表 日本文理 

日本文理高校は30日、新潟市西区の同校で記者会見を開き、野球部員5人が飲酒、うち3人が喫煙していたと発表した。同校はこの5人を自宅謹慎、運動部寮からの退寮処分とすると発表。また責任を取って佐藤琢哉野球部長が交代するとした。記者会見した田中利夫副校長は「多くの方々の期待を裏切る結果になり、お詫び申し上げる。再発防止と信頼回復に努める」と謝罪した。

記者会見で頭を下げる田中利夫副校長(右)と佐藤琢哉野球部長(左) 続きを読む


【高校野球】新潟南「冬に打撃強化を」 21世紀枠・県推薦校表彰

来春甲子園で開催される「第91回選抜高校野球大会」の21世紀枠の新潟県推薦校に選出された新潟南高校への表彰式が28日、新潟市の同校で行われ、新潟県高野連の富樫信浩会長から岩渕大主将(2年)に表彰状が手渡された。岩渕主将は「県代表に選ばれて光栄。この冬は打撃強化と体づくりを意識して取り組みたい」と意気込みを話した。

新潟県高野連の富樫信浩会長から表彰を受ける新潟南・岩渕大主将(右から2人目) 続きを読む


【NPB】鈴木裕太の背番号は「56」 ヤクルトと仮契約

先月のNPB(日本野球機構)ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから6位指名を受けた鈴木裕太投手(18・日本文理高)が26日、新潟市内のホテルで仮契約を結んだ。契約金2200万円、年俸480万円(金額はいずれも推定)で、背番号は56に決まった。

鈴木は球団を通し「きょう仮契約を終え、一日も早く神宮のマウンドに立ちたいという気持ちがわいてきました」とコメントした。12月7日に都内で新人選手の入団発表が行われる。

(取材・文/岡田浩人)


【高校野球】新潟南が県推薦校に 来春選抜大会21世紀枠

新潟県高野連は16日、「第91回選抜高校野球大会」(来年3月23日開幕・甲子園球場)の21世紀枠の新潟県推薦校に新潟南高校を推薦すると発表した。新潟南は今秋の県大会で準優勝し、21年ぶりに北信越大会出場を果たした。グラウンドが他部との共用である困難環境の克服や、学業と部活動の両立などの点が評価された。今後は11月28日に学校で表彰が行われ、12月14日に北信越地区5県の各候補校の中から地区代表が1校に絞られる。来年1月25日に開かれる選考委員会で全国9地区代表から3校が21世紀枠に選出される。

今秋の新潟県大会で準優勝 21年ぶりに北信越大会出場を果たした新潟南 続きを読む


【社会人硬式】バイタルネット新監督に元近鉄・加藤正樹氏 練習拠点が仙台市に

社会人野球のバイタルネット(新潟市)の来季新監督に元近鉄の外野手・加藤正樹氏(53)が就任する見通しであることが14日、明らかになった。加藤氏は大阪市出身で、PL学園から早大を経て、1987年にドラフト外で近鉄に入団し活躍。現在は前楽天監督の梨田昌孝氏らをマネジメントする会社の代表を務める。2016年シーズンから3年間監督を務めてきた佐藤英司氏(40)は副部長兼編成担当として野球部内に残る。

また、12月から野球部の練習拠点が宮城県仙台市に移ることも明らかになった。ただ野球部員の所属は新潟物流センターで、チーム関係者は「本拠地は新潟市で、大会への出場と地域貢献活動はこれまで通り」としている。2014年秋の日本選手権出場を最後に全国大会出場から遠ざかっているチームが新体制で新たなスタートを切ることになった。

監督交代と練習拠点の変更が明らかになったバイタルネット 14日は新潟市のハードオフ・エコスタジアムで選手が汗を流した 続きを読む


【社会人硬式】甲子園4強主将・池田がバイタルネット入り

社会人野球のバイタルネット(新潟市)の来季新人選手が13日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムでの練習会に参加した。来春大卒見込みの8人が内定。新潟県出身者では4年前の夏の甲子園で日本文理高校の主将・四番打者としてベスト4入りを果たした池田貴将内野手(22・東洋大4年)が内定し、この日の練習で汗を流した。池田は「都市対抗と日本選手権に出場できるよう、チームの力になりたい」と意気込んでいる。

バイタルネットへの入社が内定した東洋大4年の池田貴将(日本文理高出身) 続きを読む