【高校野球】日本文理・笠原遥也前主将を優秀選手表彰 日本学生野球協会

日本学生野球協会の2017年度優秀選手に日本文理高校3年・笠原遥也前主将(18)が選ばれ、その表彰式が19日、新潟市西区の同校で行われた。新潟県高野連の齋藤均会長から記念の盾を受け取った笠原前主将は「こういう賞に選ばれた自覚と誇りを持って、大学でもしっかり活躍できるよう頑張りたい」と感想を話した。

優秀選手表彰の盾を受け取る日本文理・笠原遥也前主将(右から2人目)

笠原前主将は新発田市の出身で、日本文理では1年春から堅実な守備で内野手のレギュラーに抜てきされた。2年秋からは歴代最多となる同期部員57人をはじめ、109人の部員を主将としてまとめ、チームを3年ぶりの夏の甲子園出場に導いた。甲子園では初戦の鳴門渦潮戦で本塁打を放つなどの活躍を見せた。

優秀選手は各都道府県で1人が選ばれる表彰。新潟県高野連から「品行、野球技能、学業成績ともに学生として範とするに足る者」という受賞資格の説明を受け、記念の盾を贈られた笠原前主将は「こういう賞に選ばれる選手になれたことはとても嬉しい。甲子園に出場できたことが一番の思い出。(本塁打を打つことができ)自分の力以上のものを発揮できる場所だと感じた。大舞台でやれたことはこれからの野球人生にいきてくる」と振り返った。

堅実な守備が光った笠原前主将 主将として大所帯をまとめあげた

表彰に立ち会った大井道夫総監督は「真面目でチーム内の信頼も厚かった。人数が多い中、主将としてよくチームをまとめてくれた」と労った。

笠原前主将は地元の新潟医療福祉大に進学して野球を続ける。「自分の一番の自信は守備。打撃でも小技をいかして長所をアピールしたい。また一からのスタート。感謝の気持ちを忘れず、新たに頑張りたい」と決意を新たにしていた。

卒業後は新潟医療福祉大に進学し、神宮球場でのプレーを目指す

(取材・撮影・文/岡田浩人 撮影/嶋田健一)


【NPB】ラミレス監督トークショー 飯塚の4/17凱旋登板「チャンスは必ずある」

プロ野球・横浜DeNAベイスターズのアレックス・ラミレス監督(43)のトークショーが16日、新潟市の新潟テルサで開催された。ラミレス監督は「今年は我々の年になる」と20年ぶりの優勝へ自信を見せた。また上越市出身で日本文理高OBの飯塚悟史投手(21)について、「球速を向上させることができれば必ずローテーションを守ることができる」と今オフとキャンプでの成長に期待を寄せ、4月17日にハードオフ・エコスタジアムで行われる公式戦での凱旋登板の可能性について、「チャンスは必ずある」と話した。

観客の声援にVサインで応えるアレックス・ラミレス監督 続きを読む


【小中学硬式】今季の安全と必勝を祈願 新潟北シニアは選抜大会へ 新潟少年硬式野球連盟

新潟少年硬式野球連盟に所属するリトルリーグとシニアリーグによる合同祈願が6日、新潟市の白山神社で行われた。新潟市内のリトル5チーム、シニア5チームの選手や指導者ら約150人が今シーズンの安全と必勝を祈願した。

今季の安全と必勝を祈願するリトルリーグ、シニアリーグの選手たち 続きを読む


【イベント】武山智史カメラマンが写真展 6日までアオーレ長岡で開催

長岡市出身のフリーカメラマンで、新潟県の高校野球現場を取材している武山智史さん(37)の写真展『グラウンドの主役たち 3』が4日から長岡市のアオーレ長岡で開催されている。3年連続となる開催で、多くの高校野球ファンが訪れている。

故郷で3年連続となる写真展を開催した武山智史さん 続きを読む


【社会人野球】4年ぶり都市対抗へ バイタルネットが必勝祈願

社会人野球のバイタルネット(新潟市)が4日、新潟市の護国神社で必勝祈願を行い、2018年の活動をスタートさせた。チームは4年ぶりとなる夏の都市対抗野球と秋の日本選手権の出場を誓い、新しい年の練習を始めた。

必勝祈願を行ったバイタルネット野球部の佐藤英司監督(前列左)と選手たち 続きを読む


【高校野球・NPB】加藤健氏に特別功労賞 新発田農OB会

新発田農業高校野球部のOB総会が3日、新発田市で開かれ、プロ野球・読売巨人軍で捕手として18年間の現役生活を送った同校OB・加藤健氏(36)に「特別功労賞」が贈られた。加藤氏は「新発田農業出身でよかった。高校時代の教えとOBの皆様から教えてもらったことを頭に入れ、次の目標に向かって頑張りたい」と感謝の言葉を述べた。

特別功労賞が贈られた加藤健氏(中央)右は新発田農野球部OB会の齋藤忍会長
左は恩師の松田忍元監督(現・村上桜ヶ丘高監督) 続きを読む


【中学硬式】シニア新潟選抜が初優勝 日台国際野球大会

台湾で12月29日から1月2日までの日程で開催された「日台国際野球大会」で、新潟県から出場したシニア信越連盟代表の「新潟選抜チーム」が8勝1敗1分で初優勝を飾った。新潟選抜は今年、県内のシニアで活躍した中学3年生の23人でメンバーが編成された。大会には3年に1度、新潟選抜が信越連盟代表として出場、これまでの最高成績は3年前の3位だった。今大会は台湾から10チーム、日本から各地区選抜9チームが参加し、日本側は台湾側と総当たり10試合を戦い、勝ち点制で順位を争った。

初優勝を飾り、選手に胴上げされる土田利史監督(新津五泉村松シニア監督) 続きを読む


【イベント】武山智史さんが写真展 アオーレで新年1月4日から

長岡市出身のフリーカメラマンで新潟県の高校野球現場を取材している武山智史さん(37)の写真展が1月4日から3日間、出身地である長岡市のアオーレ長岡で開催される。3年連続の開催となる写真展『グラウンドの主役たち3』で武山さんは「強豪校、無名校に関係なく、それぞれのグラウンドで『何か』に向かい練習する新潟の高校生の姿を表現した」と説明、多くの高校野球ファンの来場を呼び掛けている。

写真展の開催と来場を呼び掛けるポスター 今年は3日間の開催となった 続きを読む


【高校野球】佐渡・菊地大稀 桐蔭横浜大へ「大学ナンバーワン投手になりプロ入りを」

今年、県内の高校球界で注目を集めた佐渡高校3年・菊地大稀投手(18)が神奈川大学野球連盟1部の桐蔭横浜大学に進学することが決まった。プロ志望届を提出したが、10月26日のNPBドラフト会議では指名はなく、大学進学を表明。今月9日に合格となった。このほど新潟野球ドットコムの取材に応じた菊地投手は「大学ナンバーワン投手になり、4年後に上位でプロ入りを目指す」と意気込みを語った。

神奈川の強豪・桐蔭横浜大に進学が決まった菊地大稀 4年後のプロ入りを目指す 続きを読む


【BCL・NPB】ソフトバンク入り渡邉が意気込み語る 巨人育成の髙井も参加

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは29日、長岡市で「渡邉雄大選手のドラフト育成指名をアサヒビールで祝う会」と題したファンイベントを開催した。ソフトバンクから育成ドラフト6位指名を受けた渡邉雄大投手(26歳・三条市出身・中越高)が意気込みを語った。また新潟アルビレックスBCから2016年に育成ドラフト1位で巨人に入団した髙井俊投手(22歳・見附市出身)も参加し、1年目のシーズン報告を行った。

ソフトバンクに入団した渡邉雄大(右)と巨人育成での1年目を終えた髙井俊 続きを読む