【大学野球】明治大が優勝 サマーリーグ4日間の日程終える

三条市と見附市で開催された「大学野球サマーリーグ」は最終日の12日、4試合と閉会式が行われた。三条パール金属スタジアムでは筑波大が地元・新潟県央工高と対戦。終盤に新潟県央工高が追い上げたが、筑波大が5対3で逃げ切った。参加した7大学のうち、新潟医療福祉大を除く6校によるリーグ戦の結果、優勝は明治大(3勝1敗1分)で、準優勝は早稲田大(2勝1敗2分)となった。

なお個人賞は、首位打者が打率・714で小林直輝(東洋大2年)、打点が5打点で田村翔大(明治大2年)と正木智也(慶応大1年)、最優秀防御率が11回を投げ防御率0・00だった土井涼(慶応大3年)、の各選手に輝いた。

閉会式終了後、記念撮影に収まる6大学の選手たち

◎12日の試合結果◎
<三条パール>
①筑波大5-3新潟県央工高
県央 000 000 120 =3
筑波 002 011 01 × =5
(勝)夏見
(負)滝沢
(二塁打)大坂、伊藤、白石(筑)、長谷部(県)
(三塁打)長谷部(県)

筑波大の先発は夏見謙人(2年・三条) 6回無失点の内容


筑波大の捕手は大坂創(2年・新発田) 打撃で3打点を挙げた


8回表、新潟県央工は三番・長谷部凌我が左前適時打を放つ

②慶応大3-0明治大
明治 000 000 000=0
慶応 002 000 01 ×=3
(勝)土井
(負)米原
(二塁打)小原、水久保、矢澤(慶)、植田理(明)

<見附運動公園>
①東洋大13-2早稲田大(7回終了、時間切れ)
早稲田 000 0 1 0 1 =2
東 洋 201 0 10 0 × =13
(勝)村上
(負)森田
(二塁打)山本、岡崎、片平(東)、延命(早)
(三塁打) 尾崎、笹倉(早)
(本塁打)杉浦(早)

②立教大7-2筑波大
立教 000 400 300 =7
筑波 000 200 000=2
(勝)浦
(負)加藤
(二塁打)佐々木、渡辺能(立)
(三塁打)高橋(立)


4日間の日程を終えた6大学の選手と企画・運営の学生たち

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】関川弘夫氏が叙勲受章 教え子100人と祝う

新潟南高校の監督として1984年夏の甲子園で新潟県勢戦後初のベスト8入りを果たした関川弘夫氏(70)が今春、瑞宝小綬章を受章した。受章を記念した祝賀会が11日、新潟市のホテルで開催され、野球部の教え子ら約100人が集まり、関川氏の受章を喜んだ。

教え子から花束を贈られ、笑顔を見せる関川弘夫氏(左)右隣はマサ子夫人

関川氏は1947年に新潟市で生まれ、新潟南高校、日本大学を経て、1971年に新潟養護学校で教師生活をスタートさせた。1979年に母校である新潟南高校に赴任し、野球部監督に就任。1984年夏の甲子園に初出場を果たし、新潟県勢として戦後初のベスト8に進出。1989年夏には2度目の甲子園出場を果たした。糸魚川白嶺高校や新発田農業高校の校長を経て、2008年春に退職。現在は妙高市の全日本ウィンタースポーツ専門学校の校長を務めている。

ことし4月、公共の業務に長年従事した人に贈られる瑞宝小綬章を受章。教え子の有志が発起人となって祝賀会を催した。1984年の主将・青山准さんやエース・林眞道さん、1989年のエースで四番打者だった渋倉崇行さんなど、教え子を中心に約100人が集まり、恩師の受賞を喜んだ。

祝賀会には教え子ら約100人が集まった

発起人の1人で1984年夏の甲子園メンバー・荒井宏幸さん(51)は「きょうは甲子園の大会7日目。1984年の初陣を飾った京都西に勝ったのも大会7日目で、縁を感じる」と挨拶。

謝辞に立った関川氏は「甲子園にはエネルギーがある。作詞家の阿久悠さんはそれを『感』という言葉で表した。感動、感激、感謝、感銘、感覚、感性…いろいろな感が1つになってこそ、現代人が忘れたエネルギーが発せられる。それが明日への糧だと言っていた。きょうは『感』というボールを皆さまに投げたい」と話し、「今回の受章は皆様と学校関係者、野球関係者、家族との縁があり、縁が運を生んだ。運が切磋琢磨し、今日を生んだ。皆様と一緒にいただいた叙勲。心に刻んで生きていきたい」と感謝の言葉を述べた。関川氏と参加者は約3時間、思い出話に花を咲かせた。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【大学野球】早慶戦に歓声 応援合戦も サマーリーグ3日目

三条市と見附市で開催されている「大学野球サマーリーグ」は3日目の11日、6試合が行われた。三条パール金属スタジアムの第2試合では早稲田大と慶応大による“早慶戦”がサマーリーグで初めて実現し、両校の応援団による迫力ある応援合戦も披露された。試合は早稲田大が6対0で慶応大に勝利した。最終日となる12日は4試合と閉会式が行われ、個人表彰なども予定されている。

三条パール第2試合
6回裏、追加点を挙げる早稲田大 応援合戦も盛り上がりを見せた 続きを読む


【大学野球】立教大・南田が地元で先発 サマーリーグ2日目

三条市と見附市で開催されている「大学野球サマーリーグ」は2日目の10日、7試合が行われた。三条パール金属スタジアムの第4試合では、立教大2年で長岡大手高出身の南田大輝投手が先発、敗戦投手となったが地元で成長した姿を見せた。11日は2球場で計6試合が予定され、三条パールで行われる“早慶戦”では両校による応援合戦も繰り広げられる。

三条パールの第4試合 立教大の先発・南田大輝(2年・長岡大手) 続きを読む


【大学野球】サマーリーグが三条市で開幕 過去最多7大学が参加

次世代の主力選手育成と地域貢献を目的に開催されている「大学野球サマーリーグ」が9日、三条市で開幕した。会場の三条パール金属スタジアムや見附運動公園を管理する株式会社丸富と大学生を中心にした「実行委員会」が主催、企画運営し、今年で4回目の開催となる。慶応大、明治大、立教大、東洋大、筑波大に加え、今回は早稲田大が初参加。2年ぶりの参加となる地元の新潟医療福祉大と合わせ、過去最多となる7大学が参加した。大学と地元高校との練習試合も実施される。12日まで三条パール金属スタジアムと見附運動公園野球場で計20試合が行われる予定。

初参加の早稲田大は最終回に立教大に2点を奪われ、3対3の引き分けに終わった 続きを読む


【中学軟式】聖籠中は準決勝で敗退 中体連・北信越大会

「第39回北信越中学校総合体育大会」の軟式野球競技は8日、石川県小松市で準決勝と決勝が行われ、新潟県代表の聖籠中(新潟2位)は準決勝で福井県代表の中央中(福井1位)に0対5で敗れ、全国大会出場はならなかった。なお優勝は内灘中(石川1位)、準優勝は中央中(福井1位)で、両校が広島県で開催される全国中学校軟式野球大会(全中)に出場する。

準決勝で敗れた聖籠中 全国大会出場はならなかったが見事な戦いを見せた 続きを読む


【中学軟式】聖籠中が準決勝へ 関屋中は惜敗 北信越大会

「第39回北信越中学校総合体育大会」は7日、石川県で開幕。軟式野球の部に新潟県代表として関屋中(新潟1位)と聖籠中(新潟2位)が出場。聖籠中が1回戦で強豪の星稜中(石川2位)に3対1で逆転勝ち。2回戦で東御東部中(長野1位)に延長9回、1対0でサヨナラ勝ちし、8日の準決勝に進出した。関屋中は2回戦で丸岡中(福井2位)に延長9回、逆転サヨナラで敗れた。8日は石川・小松市の弁慶スタジアムで準決勝2試合と決勝が行われ、決勝進出の2校が広島県で開催される全国中学校軟式野球大会(全中)に出場できる。

2回戦 聖籠中1-0東御東部中
延長9回裏、聖籠中の主将・松田蓮が左前にサヨナラ適時打を放つ 続きを読む


【高校野球】中越 慶応にサヨナラ負け 第100回選手権記念大会1回戦

第100回全国高校野球選手権記念大会は5日に甲子園球場で開幕し、1回戦3試合が行われた。新潟代表・中越は北神奈川代表・慶応と対戦。7回に同点に追いついたが、9回にサヨナラ打を打たれ、2対3で敗退。24年ぶりの甲子園勝利はならなかった。

◎5日の1回戦の試合結果◎
<甲子園>
中越2-3慶応(9回サヨナラ)
中越 001 000 100 =2
慶応 101 000 001 =3
(バッテリー)
中越:①山本、⑨山田、①山本、⑨山田、①山本、⑨山田-小鷹
慶応:①生井、⑩渡部-善波
(二塁打)
中越:小鷹(3回) 続きを読む


【高校野球】中越 甲子園ベンチ入りメンバー紹介(後編)

「第100回全国高校野球選手権記念大会」に新潟代表として2年ぶり11回目の出場を果たした中越高校のベンチ入りメンバー18人と記録員を前編・後編の2回に分けて紹介する。

※名前・読み方・学年・守備位置・出身中学(硬式出身チーム)・身長体重・投打


⑩広川俊也(ひろかわ・としや)3年・外野手
 長岡西中 175センチ 65キロ 右投右打

外野手の控え。強肩が武器。16年に甲子園出場を果たした代の主将・広川健介さんの弟で、「入学時は捕手で、15年の波方(凌)さんに憧れて入学した」と話す。ただ入学してみると「想像以上の練習だった」という。全体練習後も必死に自主練習で汗を流し、昨秋、外野手としてベンチ入りを果たした。副将として小鷹主将をサポートしながらまとめ役を果たした。。甲子園では一塁コーチとして、大きな声を出し、「代打で出る機会があれば流れを変える一振りをしたい」と力を込める。 続きを読む


【高校野球】中越 甲子園ベンチ入りメンバー紹介(前編)

「第100回全国高校野球選手権記念大会」に新潟代表として2年ぶり11回目の出場を果たした中越高校のベンチ入りメンバー18人と記録員を前編・後編の2回に分けて紹介する。

※名前・読み方・学年・守備位置・出身中学(硬式出身チーム)・身長体重・投打


①山本雅樹(やまもと・まさき)3年・投手
 直江津中 176センチ 83キロ 右投右打

この夏はエースとして新潟大会で先発を重ねてきた。直江津中で中2の夏に四番打者・一塁手として全国ベスト4を経験。中3から投手。「テレビで甲子園で戦う中越を見て、進学を決めた」と話す。入学時から本田監督が「今井啓介以来の逸材」と話し、2年に入ると実戦経験を重ねてきた。ただ、この夏は初戦で6失点。「チームに迷惑をかけた。体の開きが速かった。徐々に試合の中で修正する力がついた」と振り返る。大会が進むごとに調子を挙げ、準決勝、決勝は2試合連続で完投。最速142キロの直球とスライダーが持ち味。甲子園では「テンポよく、攻撃に繋がる投球をして、持ち味の直球で抑えたい」と意欲を見せる。 続きを読む