【BCL】監督に元日ハム・清水章夫氏 加藤健氏が総合コーチに 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは、次期監督に日本ハムやオリックスで先発や中継ぎ左腕として活躍した清水章夫氏(43)を招へいすることを決めた。近く球団から正式に発表される予定。また、球団社長補佐としてフロントで活躍してきた元巨人捕手の加藤健氏(37・聖籠町出身)が非常勤の総合コーチとしてベンチ入りし清水新監督を支える。

新監督に内定した清水氏は大阪府出身。大阪高、近畿大を経て、1997年のドラフト会議で日本ハムから1位指名されて入団。貴重な左の先発・中継ぎとして登板を重ねた。2007年にオリックスへ移籍。2010年に現役を引退するまで、プロ通算279試合に登板し、17勝29敗2セーブの成績を残した。

関係者によると、17日に東京都内で清水氏が球団関係者と会い、監督就任を打診され快諾したという。近く正式に発表され、月内に新潟市内で記者会見が行われる予定。

また新監督を支えるため、元巨人の加藤健球団社長補佐が非常勤の「総合コーチ」としてベンチ入りすることも決まった。2016年シーズン限りで現役を引退した加藤氏が3年ぶりにユニフォームを着ることになる。BCリーグで唯一となる2007年のリーグ創設年からプレーを続ける稲葉大樹野手コーチ兼内野手(34)も引き続き野手コーチとして若手選手を指導する。新潟アルビレックスBCは昨季限りで加藤博人監督が退任し、その後の監督人事が注目されてきたが、ようやく2019年の新体制が固まった形となる。

(取材・文/岡田浩人)


【イベント】BC選手の“心”写す 長岡市出身のカメラマン・武山智史さんが写真展

長岡市出身のフリーカメラマン・武山智史さんの写真展『グラウンドの主役たち4』が13、14日の2日間、長岡市のアオーレ長岡で開催された。2016年から毎年開催され、今年で4回目。過去3回は高校球児が題材だったが、今回はルートインBCリーグ・新潟アルビレックスBCの選手たちがテーマ。昨年3月のキャンプインから、公式戦の舞台裏、10月のNPBドラフト会議でDeNAから指名された知野直人内野手の指名の瞬間の表情をとらえた作品など35点が展示された。

4回目の開催となった写真展 大勢の人が来場した

武山さんは長岡市出身の38歳。長岡向陵高校では野球部に所属した。高校卒業後、専門学校を経て、スポーツ紙の写真部でアルバイトを経験。その後、長岡市出身のスポーツライター小林信也氏に師事し、現在は都内在住でスポーツ現場を中心に雑誌などで活躍しているほか、毎年夏にベースボール・マガジン社から出版される『高校野球・新潟大会展望号』のライターとして県内の各高校を精力的に取材している。

写真展を開催したカメラマンの武山智史さん

会場に展示されたのは、昨年3月10日の全体練習(キャンプ)開始日の写真から、開幕戦での選手の円陣、普段の練習や公式戦での代打に備えベンチ裏で準備する選手の表情など、選手の心の内までが伝わってくるものばかり。約8か月にわたって撮影された作品の数々を、訪れた人たちが見入っていた。

ハードオフ・エコスタジアムでのキャンプ初日の作品


選手の心の内が伝わってくる作品の数々

武山さんは「今後も定期的に新潟アルビレックスBCを撮り続けたい」と話す。また「新潟の野球界は『新潟メソッド』など全国への発信が多い。自分自身も写真を通じて発信を続けていきたい。次回は『高校野球の〝二極化〟』を題材にする予定」と話し、今後も地元での写真展開催に意欲を示している。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】中越・坂井翔太が新潟医療福祉大へ 関甲新で「首位打者獲りたい」

昨夏の新潟代表として甲子園に出場した中越高校の遊撃手で3年の坂井翔太選手(18)が関甲新1部の新潟医療福祉大に入学する。昨年末に推薦合格が決まった。坂井は昨秋にプロ志望届を提出したが、NPB(日本野球機構)ドラフト会議では指名がなかった。4年後のプロ入りを目指し、「大学では即戦力として使ってもらえるよう頑張りたい。リーグ戦で首位打者を獲りたい」と意気込んでいる。

新潟医療福祉大に入学が決まった中越・坂井翔太 新年も後輩と一緒に汗を流す 続きを読む


【小中学硬式】新年の安全と必勝を祈願 新潟シニアは選抜大会へ 新潟少年硬式野球連盟

新潟少年硬式野球連盟に所属するリトルリーグとリトルシニアリーグによる合同の必勝祈願が6日、新潟市の白山神社で行われた。毎年新年の恒例行事で、新潟市内のリトルとリトルシニアの選手や指導者ら約200人が今シーズンの安全と各大会での躍進を祈願した。

必勝祈願をするリトルリーグ、シニアリーグの選手たち 続きを読む


【女子野球】最多勝の松谷「将来は日本代表に」 新年の意気込み語る

柏崎市出身で日本女子プロ野球・愛知ディオーネに所属する松谷比菜乃投手(20)が3日、出身チームである中学硬式野球チーム・柏崎シニアの練習始めに出席し、新年の抱負を述べた。昨季は育成チームからトップチームの愛知で先発投手としてデビュー。8勝を挙げ、最多勝のタイトルを獲得するとともに、最優秀新人賞にも選ばれた。新たなシーズンに向け、「タイトルも獲りたいが、まずはチームに貢献したい。将来的には日本代表になりたい」と意気込みを語った。

最多勝のタイトルと最優秀新人賞を獲得した松谷比菜乃 続きを読む


【NPB】元ソフトバンク投手の星野順治さんが野球教室 県出身2投手に期待寄せる

福岡ソフトバンクホークスの元投手で燕市出身の星野順治さん(44)を招いた野球教室が30日、新潟市西蒲区の松野尾小学校体育館で行われた。地元の小中学生23人が参加し、キャッチボールの基本動作やピッチングの指導を受けた。星野さんは現在、ソフトバンクで若手の育成を担当している立場で、胎内市出身の椎野新投手と三条市出身の渡邉雄大投手の成長にも触れ、「来年は2人揃って一軍マウンドで力を見せてほしい」と期待を寄せた。

小学生に投球動作の基本を教える星野順治さん(左) 続きを読む


【NPB・BCL】知野「1試合でも多く一軍を」と決意語る ソフトバンク渡邉もエール

横浜DeNAベイスターズからドラフト6位で指名された新潟アルビレックスBCの知野直人内野手(19)の「ドラフト指名を祝う会」が24日、新潟市内のホテルで開催され、ファンやチーム関係者ら約30人が集まって祝福した。知野は「1年目から1試合でも多く一軍を経験し、1年でも長くプロ野球選手としてプレーしたい」と決意を語った。また昨季、育成ドラフトでソフトバンクに入団した渡邉雄大投手(27)も駆けつけ、「打撃、守備での攻める姿勢がいい部分。必ず活躍してくれる」とエールを送った。

ファンにドラフト指名を祝福された知野直人(2列目中央) 続きを読む


【社会人硬式】加藤正樹新監督が意気込み語る バイタルネット

社会人野球のバイタルネット(新潟市)の新監督に就任した元近鉄・加藤正樹氏(53)が20日、新潟市西区の新潟物流センターで取材に応じた。加藤新監督は「バイタルネットのユニフォームを見て、相手チームが手ごわいと思うような『チーム力』をつけたい」と話し、5年ぶりとなる都市対抗野球と日本選手権への出場へ、チーム再建の意欲を示した。

バイタルネットの新監督・加藤正樹氏(左)と前監督の佐藤栄司副部長 続きを読む


【高校野球】新潟南は選出ならず 北信越推薦は福井・金津 来春選抜21世紀枠

日本高野連は14日、来春開催される「第91回選抜高校野球大会」の21世紀枠の各9地区の推薦校を発表した。北信越地区からは福井県の金津高校が推薦され、新潟県の新潟南高校は選出されなかった。 続きを読む


【NPB・BCL】中越OBの川上審判員が「NPB育成審判員」に 来季はファーム戦を担当

日本野球機構(NPB)は11日、長岡市出身で今季は研修審判員としてルートインBCリーグの公式戦などに派遣されていた川上拓斗審判員(22歳・中越高出身)と来季はファーム戦などを担当する「育成審判員」として契約すると発表した。川上審判員は「BCリーグでの経験を忘れずに、また皆様に良いご報告ができるよう頑張ります」とコメントしている。

来季はNPB育成審判員としてファーム戦などを担当する川上拓斗審判員 続きを読む