【社会人軟式】北陸ガス 4年ぶりの初戦突破で勢いを 天皇賜杯全日本軟式野球大会

軟式野球の日本一を競う「天皇賜杯第72回全日本軟式野球大会」が21日から兵庫県で開催される。大会は全国の都道府県大会を勝ち抜いた57チームが参加し、頂点を狙う。新潟県からは北陸ガス(新潟市)が2年ぶり25回目の出場を果たした。北陸ガスは1回戦で山形県代表の佐藤病院と対戦、4年ぶりの初戦突破を目指す。

2年ぶり25回目の出場を決めた北陸ガス まずは4年ぶりの初戦突破を狙う

北陸ガスは7月に行なわれた県大会を勝ち抜き、2年ぶり25回目の天皇賜杯出場を決めた。遠藤大介監督は「今季は打撃が好調。その分、得点力が上がっているが、投手の失点が多い」とチーム状態を分析する。その上で、「上位大会に行くとなかなか得点のチャンスは少ない。相手に隙を見せず、なおかつ相手の隙を突かないと勝てない」と全国大会での戦い方を展望する。

今季、主将を務める切手孝太(日本文理高-杏林大)

遠藤監督がチームの中心として期待を寄せるのが入社4年目の遊撃手・切手孝太。今季は主将を務め、チーム練習でも積極的に選手に声を掛けるなどリーダーシップを発揮している。切手主将は「入社してからまだ天皇賜杯で勝利していない。チームとしてまずは初戦を突破することに全力を注ぎたい」と意気込む。

投手陣では昨年の国体出場の原動力となった門藤亮輔(中越高)が柱として期待されている。遠藤監督は「去年の国体予選で自信をつけた」と評価。ベテランの茂野康平(柏崎工高)も好調で、最少失点で打線の援護を待ちたい。

投手陣の柱として期待される門藤亮輔(中越高)


全体練習後、遠藤大介監督(右から4人目)の話を聞く選手たち

大会直前の全体練習ではゲーム形式で試合勘を磨いた。打者陣は鋭い打球を外野に飛ばし、好調を印象づけた。遠藤監督は「目標は過去最高成績のベスト8以上。1回戦で対戦する佐藤病院は毎年練習試合をしている相手だけに、お互い手の内を知っている。初戦で勝って勢いをつけたい」と上位進出を狙っている。北陸ガスの1回戦は21日(土)8時30分から兵庫県丹波市の春日総合運動公園野球場で行われる。

◎天皇賜杯第72回全日本軟式野球大会 トーナメント表◎
※全日本軟式野球連盟HPより

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】日本文理、北越ともに4強ならず 北信越大会準々決勝

来春の選抜甲子園出場の参考となる「第137回北信越高校野球大会」の準々決勝4試合が15日、福井県で行われた。新潟県勢では日本文理(新潟1位)と北越(新潟3位)がベスト4進出を懸けて戦ったが、ともに敗れ、県勢の来春の選抜甲子園出場は絶望的となった。

北越5-7星稜
8回裏、北越は代打・小川佑が右前適時打を放ち1点を返す 続きを読む


【高校野球】日本文理、北越がベスト8進出 中越は惜敗 北信越大会1回戦

来春の選抜甲子園出場の参考となる「第137回北信越高校野球大会」の1回戦が14日、福井県で行われた。日本文理(新潟1位)は福井工大福井(福井3位)に9回逆転勝ち、北越(新潟3位)は日本ウェルネス(長野1位)に3投手の継投で完封勝ちし、ともにベスト8進出を決めた。中越(新潟2位)は富山国際大付(富山2位)に競り負け、初戦突破はならなかった。15日は準々決勝4試合が行われ、日本文理は日本航空石川(石川2位)と、北越は星稜(石川1位)と、ベスト4進出を懸けて戦う。

11年ぶりの北信越大会勝利を飾った北越ナイン 続きを読む


【高校野球】県代表3校が入場行進 北信越大会開会式

来春の選抜甲子園出場の参考となる「第137回北信越高校野球大会」の開会式が13日、福井市の福井県営球場で行われ、新潟県代表の日本文理、中越、北越の3校が行進し、選手たちは14日から始まる甲子園を懸けた戦いに決意を新たにしていた。大会には北信越5県の代表16校が出場。北信越地区の選抜出場校は例年よりも1枠多い3枠で、14日は3球場で1回戦8試合が行われる。

開会式に臨んだ日本文理、中越、北越の選手たち 続きを読む


【中学硬式】長岡シニアが優勝 選抜大会出場へ前進 リトルシニア新人新潟大会

来春大阪で開催される全国選抜大会出場を懸けた「第18回リトルシニア新人新潟大会」は9日、村上市の荒川球場で決勝戦が行われ、終盤に逆転した長岡シニアが3対2で三条・新潟北シニアをくだして優勝した。両チームは今月、長野県で開催される信越順位決定大会に出場することが決まった。優勝した長岡シニアは1~3位決定戦、準優勝の三条・新潟北シニアは4~6位決定戦に出場するが、例年信越ブロックの選抜出場枠は4のため、長岡シニアは選抜大会出場へ大きく前進した。三条・新潟北シニアは順位決定戦で4枠目を狙うことになる。

逆転勝ちで優勝を決め、喜ぶ長岡シニアのナイン 続きを読む


【少年硬式】県勢3チームは初戦で敗れる リトルリーグ信越秋季大会

少年硬式野球の「リトルリーグ信越秋季大会」が9日、新潟市の阿賀野川運動公園で新潟県3チーム、長野県13チームが参加して開幕した。開会式では新潟東リトルの井口泰成主将(下山小6年)が「1球1球を大切に、仲間と全力で戦うことを誓います」と選手宣誓を行い、全力プレーを誓った。新潟県勢の3チームは初戦となる1回戦でいずれも敗れ、ベスト8進出はならなかった。大会は15日に準決勝と決勝が同運動公園で行われる。

選手宣誓を行う新潟東リトルの井口泰成主将 続きを読む


【中学軟式】新潟KWBクラブは8強ならず U-15全国KWB大会

中学の軟式野球部を卒業した3年生によるKWBボール(旧Kボール)の全国大会「第12回Uー15全国KWB野球秋季大会」の2回戦が9日、千葉県で行われ、新潟県選抜チームである新潟KWBクラブは埼玉スーパースターズに0対5で敗れ、ベスト8進出はならなかった。

(文/岡田浩人)


【中学軟式】紫雲寺中が初優勝 県新人大会・オンヨネカップ

新潟県中学生新人野球大会で、来春の全日本軟式野球大会の県予選でもある「第13回オンヨネカップ」の準決勝と決勝が8日、長岡市の悠久山球場で行われ、紫雲寺中が初優勝を飾った。準優勝は五泉中で、3位は燕吉田中と巻東中だった。優勝した紫雲寺中は10月28日に長野県で開催される北信越大会に出場し、来春の全国大会切符を目指す。

初優勝を決め、喜びを爆発させる紫雲寺中ナイン 続きを読む


【中学軟式】新潟KWBクラブが初戦突破 U-15全国KWB大会

中学の軟式野球部を卒業した3年生によるKWBボール(旧Kボール)の全国大会「第12回Uー15全国KWB野球秋季大会」の1回戦が8日、千葉県で行われた。新潟県選抜チームである新潟KWBクラブは栃木・ASBクラブに2対0で勝ち、2回戦へ進んだ。9日に行われる2回戦で新潟KWBクラブは埼玉スーパースターズと対戦する。

全国大会で初戦を突破した新潟KWBクラブ(写真は1日撮影) 続きを読む


【高校野球】日本文理は初戦で惜敗 愛媛国体

愛媛県で開かれている「第72回国民体育大会(愛媛国体)」の高校野球(硬式)に出場した日本文理は8日、初戦となる2回戦で三重・津田学園と対戦し、2対4で惜敗した。大井道夫監督(76)は監督としての最後の指揮を終えた。 続きを読む