【BCL】トルスがノーヒットノーラン達成 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは22日、長岡市悠久山球場で武蔵ヒートベアーズと対戦し、6対0で快勝した。新潟の先発左腕・トルス(オーストラリア)がノーヒットノーラン(無安打無得点試合)を達成した。ノーヒットノーランはBCリーグ史上5人目で、新潟では2013年7月15日に寺田哲也が達成して以来2人目。新潟の前期通算成績は3勝4敗となった。新潟の次戦は23日(日)13時から同球場で武蔵と対戦する。

ノーヒットノーランを達成し、喜びの表情を見せるトルス(左から3人目)

◎22日の試合結果◎
新潟6-0武蔵
武蔵 000 000 000 =0
新潟 004 000 20× =6
(バッテリー)
武蔵:●戸谷(0勝1敗)、菅谷、小山田、本田-冨田
新潟:○トルス(2勝0敗)-前田

◎戦評◎
新潟の左腕・トルスが最速142キロの直球とチェンジアップ、スライダーなどの変化球を内外角に投げ分け、武蔵打線に的を絞らせなかった。

打っては3回に宮沢直人の中前適時打で先制すると、この回は2つの暴投と相手の失策で計4点を先行。7回には4月11日の練習中に打球を額に受け、欠場していた纐纈英騎(としき・隼基から改名)が代打で出場し、右越え2点適時三塁打を放ち、突き放した。

トルスの投球内容は、打者29人に対し球数128、奪三振9、四球2、死球1、暴投1だった。
先発したトルスは最速142キロの直球と変化球の制球がよく、的を絞らせなかった


新潟は3回に一番・宮沢直人の中前適時打で先制


7回に代打・纐纈英騎(こうけつ・としき)の右越え適時三塁打で2点を追加

◇新潟・加藤博人監督の話◇
「よかった。きのうの負け方が悪かったので…。トルスはインコースを結構使えたのがよかった。記録上、ノーヒットノーランは素晴らしいが、この投球を次に繋げてほしい。これで(開幕戦でケガをした)知念が戻ってきてくれれば投手陣は揃ってくる。(纐纈は)どこで出そうかと考えていた。打線は繋いで、繋いで、勝ちに繋げたい。明日が大事」

◇ノーヒットノーランを達成したトルス投手の話◇
「9回を投げてのノーヒットノーランは初めて。外野にボールが飛んだ時はドキドキしていた。試合が終わった今は疲れてお腹がすいた(笑)。直球のほかは、カーブ、スライダー、チェンジアップ。きょうはインサイドの速球がよかった。(走者が出た後に2度のけん制アウト)日本に来た時はクイックが苦手だったが練習した。チームの勝利が何よりもうれしい。守備に感謝したい。サポーターの声援が力になった」

◇リードが光った新潟・前田将司捕手の話◇
「(ノーヒットノーランは)受けていて生まれて初めて。最後は打たれたら自分のせいだと思いながら受けていた。昨日の夜に(武蔵の打者への)配球を見ながら、打たれている球が自分の考えと逆だったので、一回ゼロにして、きょうは極端な配球にした。直球とカーブが主体だった。うまくタイミングを外せた。6、7回に球威が落ちたが、監督から『配球は代変えずこのまま行け』と言われて変えなかった。トルスは制球がいい。低めへの制球がよくゴロになってくれた」

◇代打出場で復帰した新潟・纐纈英騎主将の話◇
「ケガは(11日に)室内練習場で自打球がこめかみに当たった。自分では覚えていない。脳震とうで3日くらい安静にしていた。こういう形でチャンスをいただき、結果を残すことができて安心している。プレーすることは何も問題はない。(三塁上でガッツポーズが出たが)ケガの間、チームメイトに支えられた。結果でどうにかしたかったのですごくうれしかった」

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【BCL】新潟 一時リードも武蔵に逆転負け

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは21日、長岡市悠久山球場で武蔵ヒートベアーズと対戦し、終盤に一時逆転したものの、8回に再び逆転され、5対6で敗れた。新潟の前期通算成績は2勝4敗、順位は東地区で5チーム中4位。新潟の次戦は22日(土)13時から同球場で武蔵と対戦する。

4回裏、新潟の代打・樋口龍之介が中前2点適時打を放ち、1点差に迫る 続きを読む


【高校野球】春季県大会の組み合わせ決まる 83チームが参加

高校野球の春の大会となる「第136回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)」の組み合わせ抽選会が20日、新潟市のユニゾンプラザで行なわれ、連合3チームを含む参加83チーム(90校)の組み合わせが決まった。県大会は28日に開幕し、順当に日程が進めば5月14日に長岡市悠久山球場で決勝戦が行なわれる。上位4チームは6月3日から新潟県で開催される北信越大会に出場する。

新潟市のユニゾンプラザで行われた組み合わせ抽選会の様子

大会は6球場で開催され、1~3回戦までは北支部、南支部同士の対戦となる。部員不足で欠場となるのは西新発田1校で、連合チームとして出場するのは向陽黎明(新潟向陽、阿賀黎明)、常総川久(柏崎常盤、柏崎総合、川西、久比岐)、松堀有安(松代、堀之内、有恒、安塚)の3チーム。

◎春季県大会の組み合わせ表◎ ※新潟県高野連発表のトーナメント表
続きを読む


【大学野球】新潟医療福祉大 連敗で勝ち点落とす

大学野球の関甲新学生野球連盟は17日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで1部の春季リーグ戦第3節の第2戦を行い、新潟医療福祉大は関東学園大(群馬)に1対4で敗れた。新潟医療福祉大は今節2連敗となり、春季リーグ戦の通算成績は0勝6敗で勝ち点は0のままで最下位。次戦は1週空いて4月29日(土)に平成国際大と対戦する。

2連敗で第3節の勝ち点を落とした新潟医療福祉大 次戦での浮上を誓う
続きを読む


【大学野球】新潟医療福祉大 延長タイブレークで逆転負け 関甲新1部

大学野球の関甲新学生野球連盟は16日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで1部の春季リーグ戦第3節の第1戦を実施し、新潟医療福祉大は関東学園大(群馬)に延長13回タイブレークの末、3対4でで逆転サヨナラ負けを喫した。地元での今季初勝利はならず、開幕から5連敗となった。第2戦は17日(月)の午前9時から同所で行われる。

延長13回表、新潟医療福祉大の水石英佑選手が右前適時打を放ち、一時は勝ち越したが、その裏に逆転サヨナラ負け
続きを読む