【お知らせ】「新潟野球マガジンvol.2」が新潟県内4月1日発売です

ベースボール・マガジン社と新潟野球ドットコムが共同制作した新潟発の野球専門誌『新潟野球マガジン vol.2』(週刊ベースボール別冊)が、東京では3月31日(木)、新潟では4月1日(金)に発売となります。



昨秋発刊の第1号と比べ約1.5倍に増ページし、さらに中身を充実させました。巻頭ではNPB開幕特集として新潟県出身プロ選手へのインタビュー。特集「ガンバレ!野球女子」ではNGT48の“唯一の野球女子”胎内市出身の長谷川玲奈さんのインタビューや、県出身女子で2人目のプロ選手となる柏崎市出身の松谷比菜乃さんに意気込みを聞きました。

また高校野球の「大展望」として有力校の戦力分析、注目選手、注目校の冬にクローズアップ。全中が開催される中学軟式野球の動向や、中学硬式では県内14シニアの全チームと注目選手紹介、ヤング&ポニーの紹介もあります。また岡田肝いりの渾身の特集「日本一への道標」では新潟から日本一を成し遂げた他競技の名将に取材しました。

さらに新コーナーとして、動画付き野球技術連載「佐藤和也監督の野球塾」、「野球の仕事人にTOUCH」、観戦のお供に「新潟野球スケジュール」など力が入っております。そのほか、学童野球、リトルのチーム紹介、、大学野球の注目選手、BCL・新潟アルビレックスBCの新人紹介、社会人野球ではバイタルネットの新監督インタビュー、09年甲子園準優勝の伊藤直輝投手と10年ベスト8の池田駿投手のヤマハコンビの取材、さらに女子野球、還暦野球など、新潟野球のディープな内容盛りだくさんです。

価格は税込1080円。新潟の方はお近くの書店、コンビニ等でお買い求めください。また東京都内の大きな書店や、Amazonでも販売されます。よろしくお願いいたします。

(文/岡田浩人)

【球春到来インタビュー】日本文理OBの栗山賢 「153キロ出しNPBへ」

三条市出身で日本文理高校時代に3度の甲子園出場(06年春夏、07年春)を果たした栗山賢投手(26・福島ホープス所属)が28日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムでおこなわれたルートインBCリーグのオープン戦で、久々に地元・新潟のマウンドに上がった。「3月上旬に腰を痛め、あまり投げ込みができていない」と不安を口にしていたが、今季初めて登板した実戦マウンドで1回を投げ、被安打1、奪三振1、無失点と上々の出来だった。試合後、栗山投手に話を聞いた。

新潟とのオープン戦に登板した栗山賢投手

― 久々の実戦マウンドは?
「すごく緊張したが、全球種でストライクを取ることができるように投げた。直球は少し浮いていたが打者も振ってきたので、いいボールが行っている手応えがあった。(球場表示は139キロだったが)指先のかかりもよかった」
― BCリーグで6年目のシーズン(群馬4年、福島2年目)を迎える
「一時期は野球をやめようとも思ったが、年齢を重ねるにつれて段々よくなっている。衰えたらやめようと思っていたが、衰えを感じないのでやめることができない(笑)。毎年、自分が成長しているのがわかる」

「年々成長している」と語る栗山投手

― 去年は直球の最速が149キロを計測した
「自己最速だった。自分なりに肉体改造のやり方をインターネットなどで調べて、野球以外に他のアスリートのトレーニングに興味を持った。ハンマー投げの室伏広治選手はパワーもあるが足も速いし、ボールを投げても速い。室伏選手を参考に、筋肉が大きいだけでなく、その筋肉をいかにうまく使うことができるかを考えながらトレーニングをした結果が149キロだった。野球の動きにつながるように考えながら、筋肉をつけながら、なおかつ速く動くことができるアメフトの練習などを自分で調べてやってきた」
― 高校時代は決して練習好きではなかった印象があるが
「今は練習が大好き(笑)。まだまだやり足りない。グローブを持っている時間は少ないが、体を鍛えるトレーニングはしっかりやっている。(社会人時代に右肩を痛めたこともあったが)ケガをしていた頃はグラウンドにも行きたくなかった。今は練習大好きで、自分を鍛えている感覚が好き」
IMG_5674
日本文理高校時代の栗山投手

― 高校時代はしなやかなイメージだった
「線が細かった。あのしなやかさが今は欲しい。今のパワーと高校時代のしなやかさを組み合わせたら究極のものになるのかなと思う。まだ満足はしていない」
― 一昨年に結婚、長男の凛太郎くん(1歳)が誕生した
「子どもや家族ができてやる気が増した。すごく励みになっている」
― 今季の目標は
「数字の目標は153キロを出して、NPBに行きたい。そこだけ。年齢がネック(今年9月で27歳)だが、1歳上の大竹(秀義)さんが去年巨人(育成)に行った。去年は直球で空振りが取れたり、ファウルが取れた。変化球で空振りを取ることはできるが、かわして空振りを取って抑えてもNPBへのアピールにならない。直球で抑えたい」

1回を無失点に抑え笑顔でナインに迎えられる栗山賢投手(中央)

<関連記事> 2013年4月掲載
「新潟の高校野球史を変えた男の開幕…群馬・栗山賢投手」
http://www.niigatayakyu.com/archives/360

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【BCL】新潟打線沈黙 福島に敗れる オープン戦

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは28日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで福島ホープスとオープン戦をおこない、2対5で敗れた。新潟のBCリーグのチームとのオープン戦成績は2敗。次のオープン戦は29日13時からエコスタで開幕戦の相手・群馬ダイヤモンドペガサスと戦う。

◎28日のオープン戦の結果◎
新潟2-5福島
福島 100 103 000 =5
新潟 100 000 010 =2

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【中学硬式】柏崎シニアはべスト8進出ならず リトルシニア全国選抜大会

中学硬式野球の全国大会「第22回日本リトルシニア全国選抜大会」は28日、大阪市などで3回戦がおこなわれた。柏崎シニア(信越1位)は0対7で札幌大谷シニア(北海道)に敗れ、ベスト8進出はならなかった。

◎28日の3回戦の結果◎
柏崎シニア0-7札幌大谷シニア(5回コールド)
大谷 000 16 =7
柏崎 000 00 =0

(文/岡田浩人)


【大学野球・社会人】新潟医療福祉大とバイタルネット 引き分ける オープン戦

大学野球の関甲新1部に所属する新潟医療福祉大と社会人野球のバイタルネットが27日、新潟市北区の新潟医療福祉大野球場でオープン戦をおこない、0対0で引き分けた。

◎27日のオープン戦の結果◎
新潟医療福祉大0-0バイタルネット
医福大 000 000 000 =0
バイタ 000 000 000 =0
(バッテリー)
医福大:笠原(新津)、漆原(新潟明訓)、佐藤悠(巻)、竹石(新潟明訓)-堀口、大塚
バイタ:亀谷、藤岡(東京学館新潟-成美大)、大川-菅野


プロ注目の新潟医療福祉大の先発・笠原祥太郎投手(新4年・新津)


バイタルネットの先発・亀谷拓朗投手(杏林大) 右肘手術からの復活を期す


新潟医療福祉大の漆原大晟投手(新2年・新潟明訓) この日の最速は146キロだった

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【中学硬式】柏崎シニアが逆転勝ちでベスト16進出 リトルシニア全国選抜大会

中学硬式野球の春の全国大会「第22回日本リトルシニア全国選抜大会」は27日、大阪市などで2回戦がおこなわれ、新潟県から唯一出場している柏崎シニア(信越1位)が和歌山シニア(関西)に6対3で逆転勝ちし、初戦を突破した。柏崎シニアは28日10時からの3回戦で札幌大谷シニア(北海道)とベスト8進出をかけて対戦する。

全国選抜大会で初戦を突破しベスト16入りした柏崎シニア

◎27日の2回戦の結果◎
柏崎シニア6-3和歌山シニア
柏 崎 001 014 0 =6
和歌山 030 000 × =3

柏崎シニアは2回にエース長坂陽がソロ本塁打と2ランスクイズを決められ3失点。しかし1点差に迫った6回、失策から満塁とし、1番長坂が押し出し四球を選び同点に追いつくと、2番佐藤が左中間に走者一掃の二塁打を放ち逆転。2回以降立ち直ったエース長坂が粘りの投球で逃げ切った。吉野公浩監督は「よく辛抱して逆転できた。名門の和歌山シニアに勝つことができて嬉しい。次戦は強打のチーム。全員野球でしっかり戦いたい」とコメントした。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【小学生軟式】32チームが春の頂点競う 球童会のセンバツ大会始まる

小学生軟式野球の春の大会である「北野屋旗争奪 第7回新潟県センバツ学童野球大会」(主催・新潟球童会)の開会式が27日、三条燕総合グラウンドでおこなわれた。各地区の予選を勝ち抜いた32チームが参加した。

開会式で選手宣誓をおこなう八幡野球クラブ・上村晃歩主将

新潟球童会は所属連盟の違いなどにとらわれず、同一地区以外のチーム同士の交流を図ろうと結成された任意団体。「小学生の甲子園」と言われる全日本学童軟式野球大会(マクドナルド・トーナメント)の前に実戦の場を作ることで、選手やチームのレベルアップを図ろうと毎年この時期に大会を開催している。秋の予選を勝ち抜いた32チームが戦うことで、「新チームの県ナンバー1を決める大会」(主催者)として定着している。

昨秋の予選を勝ち抜いた32チームが頂点を競う

開会式では大会旗の提供社で柏崎市に本社のあるスポーツ店「北野屋スポーツ」の遠藤邦彦社長が挨拶し、「今年は柏崎市の学童チーム出身の松谷比菜乃さんが女子プロ野球選手になった。センバツ甲子園ではネット裏で学童のチームが見学している。見学は『見て学ぶ』と書く。プロや高校野球の試合を始め、多くの試合を見て学んでほしい」と激励した。

また選手を代表して前年優勝チームの八幡野球クラブの上村晃歩主将が「仲間に出会えたことに感謝し、監督やコーチ、保護者の方に感謝しながら全力でプレーすることを誓います」と元気よく選手宣誓をした。

開会式で選手を激励する北野屋スポーツ・遠藤邦彦社長


開会式後、1回戦が始まり熱戦の火ぶたが切って落とされた

開会式終了後から1回戦が始まり、27日は1回戦16試合がおこなわれ、ベスト16が出そろった。大会は4月2日(土)に2回戦と準々決勝が、3日(日)に準決勝と決勝がおこなわれる予定。

センバツ大会トーナメント表(1回戦終了) ※球童会提供

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【中学軟式】新井中は初戦で惜敗 全日本少年春季大会

静岡県で開幕した「第7回全日本少年春季軟式野球大会」は26日、1回戦がおこなわれ、新潟県代表の新井中学校は0対3で千葉県代表の磯辺中学校に敗れ、全国大会の初戦突破はならなかった。新井中は去年10月の県新人大会(オンヨネカップ)で優勝、北信越大会でも勝利し、全日本大会初出場を果たした。

◎26日の1回戦の結果◎
新井中0-3磯辺中(千葉)
新井中 000 000 0 =0
磯辺中 000 111 × =3


全日本初出場も惜敗した新井中(去年11月撮影)
気持ちを切り替え8月に新潟で開催される全中出場を目指す

(撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】糸魚川・牛木氏が柏崎総合へ 県教委が人事異動発表

新潟県教育委員会は24日、4月1日付の教職員の人事異動を発表した。高校野球関係の主な監督では、糸魚川の牛木晃一氏が柏崎総合へ、新井の伊藤修氏が糸魚川へ、柏崎の勝海裕一氏が高田へ、加茂の神保良博氏が新津へ、佐渡の加藤芳宏氏が加茂へ、塩沢商工の高橋誠氏が見附へ、新潟西の椎谷正弘氏が阿賀野へ、加茂農林の岡田雅樹氏が高田農へ、川西の中林靖氏が小千谷へ、それぞれ異動する。

糸魚川から柏崎総合へ異動となる牛木晃一氏

(文/岡田浩人)


【イベント】荒木大輔氏が新潟市でトークショー

早稲田実業高校で甲子園5度出場を果たし、ヤクルトなどで投手として活躍した荒木大輔さん(51)によるトークショーが21日、新潟市の万代シテイで開催された。スポーツ紙・サンケイスポーツのアプリ「サンスポ電子新聞」が主催した。サンスポ解説者の荒木さんは今季のプロ野球のセパ順位予想などで訪れたファンを楽しませた。

新潟市でトークショーをおこなった荒木大輔さん

荒木さんは東京都出身で早稲田実業高校時代に5季連続で甲子園に出場し、1年夏に準優勝。1982年秋のドラフト会議でヤクルトから1位指名を受け入団。93年には日本シリーズで活躍し、チームの日本一に貢献。プロ通算180試合に登板し39勝を挙げた。現在はテレビ解説者のほか、サンケイスポーツで評論家を務めている。

荒木さんは「母親が小千谷市の出身で新潟とは縁が深い。お米とお酒が美味しい」と新潟の印象を語った後、今季のプロ野球の見どころと予想順位を解説した。セリーグでは「オープン戦を見る限り、阪神が金本新監督のもとで力がある」と予想。パリーグは「ソフトバンクの力が目立つ。2チーム分の戦力がある」と分析した。また注目チームとして「西武は菊地雄星投手が成長し先発陣が安定してきた。ソフトバンクを叩く可能性がある」と話した。
セパ両リーグの今季の順位予想を披露した

その上でセパ両リーグの順位予想も披露した。セリーグは阪神が1位と予想したが、「巨人のベテランと高橋新監督の采配次第」と条件付け。ヤクルトも「力がついて強い」と上位争いを予想した。パリーグでは「普通にやればソフトバンク。日本ハムも投手陣も野手も若いいい選手が多い」と話した。

集まったファンからは「ヤクルトが優勝するために必要なことは?」などの質問が寄せられ、荒木さんは「戦力からすればセリーグの中で一番バランスがいい。特別な補強もいらないので十分戦える。普段通りの野球ができるか」と答えていた。

(取材・撮影・文/岡田浩人)