【女子野球】野球女子が交流練習会に集う BBガールズ普及委員会

女子野球の普及活動をおこなっているBBガールズ普及委員会(頓所理加代表)は28日、新潟市の開志学園体育館などで小中学生の野球女子が参加した交流練習会を開催した。あいにくの雨天のため、埼玉県の強豪女子硬式野球クラブチーム「SAMURAI」と開志学園女子硬式野球部の練習試合は中止となったが、小中学生22人が両チームのメンバーと一緒に屋内でキャッチボールやノック、ティー打撃などの練習で汗を流した。

小中学生22人がSAMURAIと開志学園の選手たちと汗を流した

こうした交流イベントが開催されるのは今年で7回目。参加した荻川小2年の高岡暖圭(のんか)さんは「楽しかった。キャッチボールの時に足をまっすぐ相手に向けるよう教えてもらった。将来は女子プロ野球の選手になりたい」と笑顔を見せていた。主催した頓所理加代表は「雨のため屋内になり残念だったが、たくさんの野球好きの女の子たちが交流できてよかった。それぞれのチームに戻って男の子たちと一緒に頑張ってほしい」と感想を述べた。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【大学野球】新潟医療福祉大が決勝進出 関甲新・新人戦

大学野球の関甲新学生野球連盟の1、2年生による新人戦で、新潟医療福祉大が28日の準決勝で埼玉大に6対4で勝ち、決勝進出を決めた。白鷗大との決勝戦は7月4日(土)12時から群馬・上武大野球場でおこなわれる。

◎28日の準決勝の結果◎
①新潟医療福祉大6-4埼玉大
埼玉 030 001 000 =4
医福 000 102 30× =6
(バッテリー)
医福:佐藤悠、山崎、鯖瀬-大塚

②白鷗大6-0作新学院大

(文/岡田浩人)


【高校野球】新潟大会の組み合わせ決まる 開幕戦は三条×塩沢商工

7月10日に開幕する「第97回全国高校野球選手権・新潟大会」の組み合わせ抽選会が26日、新潟市の新潟テルサでおこなわれ、参加86チーム(連合2チーム含む)の対戦・組み合わせが決まった。ハードオフ・エコスタジアムでおこなわれる開幕戦は三条対塩沢商工に決定。開会式の選手宣誓は高田農の山賀渚祥主将に決まった。高田農は2年連続の選手宣誓となる。

組み合わせ抽選会の様子(会場・新潟テルサ)

◎第97回新潟大会・組み合わせ表◎ ※提供・新潟県高野連

大会には部員不足などにより西新発田と堀之内が欠場し、90校が参加する。このうち有恒、安塚、高田安塚分校、川西の4校と、柏崎常盤、柏崎総合の2校がそれぞれ連合チームを組み、86チームによる大会となる。7月10日の午前10時からハードオフ・エコスタジアムで開会式がおこなわれ、午後0時30分から開幕戦の三条対塩沢商工がおこなわれる。順調に日程が進めば、7月26日(日)に決勝戦がおこなわれる予定。


◎10日の1回戦の予定◎
<ハードオフ>
三条(12:30)塩沢商工

◎11日の1回戦の予定◎
<鳥屋野>
①東京学館新潟(9:00)新潟江南
②新潟西(12:30)豊栄
③新潟東(14:00)巻総合

<五十公野>
①敬和学園(10:00)新潟北
②村上(12:30)新津南

<五泉>
①村松(10:00)佐渡総合
②加茂(12:30)新津

<悠久山>
①長岡大手(10:00)長岡
②六日町(12:30)長岡向陵

<佐藤池>
①正徳館(10:00)柏崎
②糸魚川(12:30)小出

<三条パール>
①松代(10:00)長岡商
②有恒・安塚・川西(12:30)上越総合技術

◎12日の1回戦の予定◎
<鳥屋野>
①新潟南(10:00)新潟向陽
②万代(12:30)巻

<五十公野>
①羽茂(10:00)新発田商
②新潟第一(12:30)新発田

<悠久山>
①関根学園(10:00)見附
②柏崎常盤・総合(12:30)三条商

<佐藤池>
①久比岐(10:00)分水
②高田農(12:30)高田北城
(以上1回戦の組み合わせ)

(取材・文/岡田浩人 撮影/松井弘恵)


【女子野球】野球好き女子集まれ!28日に交流練習会開催 BBガールズ普及委員会

新潟県内で女子野球の普及活動をおこなっている「BBガールズ普及委員会」(頓所理加代表)は28日(日)に、埼玉県の強豪女子硬式野球クラブチーム「SAMURAI」を招き、開志学園女子硬式野球部との練習試合や交流練習会をおこなう。野球が好きな小学1年生から中学3年生までの女子の参加や見学者を募集している。頓所代表は「初心者でも大歓迎」と多数の参加を呼び掛けている。

28日の交流練習会の参加を呼び掛けるポスター

「SAMURAI」は日本代表選手を多数輩出している女子野球界のトップチームで、開志学園女子硬式野球部は新潟県初の高校女子硬式野球部として2013年春に活動を始めた。交流イベントは毎年この時期に開催されていて、多くの女子選手が参加している。当日は午前9時30分からSAMURAIと開志学園の練習試合がおこなわれるほか、午後は交流練習会が予定されている。場所は開志学園グラウンド(新潟市江南区亀田下早通2-7)。お申し込み・お問い合わせはBBガールズ普及委員会(Eメール baseballgirls@gmail.com)まで。

(文/岡田浩人)


【NPB】イースタン西武×巨人 新発田市と南魚沼市で開催

NPBのイースタンリーグ公式戦・埼玉西武ライオンズ対読売ジャイアンツが20日に新発田市五十公野球場で、21日に南魚沼市ベーマガスタジアムで開催された。20日は西武が勝利、21日は巨人が勝利し、新潟シリーズは1勝1敗だった。 続きを読む


【小学生軟式】オール阿賀野ジュニアが初優勝 全日本学童・新潟県予選

小学生の軟式野球「高円宮賜杯第35回全日本学童軟式野球大会」(マクドナルド・トーナメント)の新潟県予選・決勝戦が20日、新発田市真木山中央公園野球場でおこなわれ、オール阿賀野ジュニア(下越)が9対4で松野尾・浜っ子野球少年団(新潟)をくだし、初優勝を果たした。オール阿賀野ジュニアは8月6日から東京でおこなわれる全日本大会に出場する。


初優勝を決め喜ぶオール阿賀野ジュニアの選手たち
続きを読む


【高校野球】開会式の司会、先導役など決まる 選手権新潟大会

新潟県高野連は18日、第97回全国高校野球選手権新潟大会の開会式の概要を発表した。開会式は7月10日午前10時から新潟市のハードオフ・エコスタジアムでおこなわれ、司会アナウンスを白根・梅沢泉希さん、加茂・髙野翠さん、三条商・丸山梨央さん、小千谷・石坂杜都子さんの4人の3年生マネージャーが務める。

また入場行進の先導役には阿賀野高校野球部3年生の午腸眞子さんが選ばれた。開会式で選手宣誓をおこなう主将は26日の組み合わせ抽選会で決まる。

また開会式直後の開幕試合では、1958年の第40回記念大会(1県1代表)で戦後初めて夏の甲子園出場を果たした新潟商で主将を務めた羽下典男さん(74)が始球式をおこなう。

(取材・文/岡田浩人)


【社会人野球】バイタル丸山 長野・信越クの補強選手に 都市対抗大会

第86回都市対抗野球大会(7月18日から東京ドーム)に北信越地区代表として出場する信越硬式野球クラブ(長野市)の補強選手として、バイタルネットの4番打者・丸山裕介外野手(24)が選ばれた。17日、信越硬式野球クラブの辻利行監督が新潟市西区の同社を訪れ、三富一彦監督と丸山選手に挨拶をおこなった。

左から信越硬式クラブの辻利行監督、丸山裕介選手、バイタルネットの三富一彦監督 続きを読む


【ルートインBCL】新潟が2年ぶり4度目の前期優勝 

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは14日、福島県あいづ球場で福島ホープスと対戦し、5対1で勝ち、東地区の前期優勝を決めた。新潟の前期地区優勝は2年ぶり4度目で、9月におこなわれる地区チャンピオンシップ進出も決めた。新潟の前期通算成績は21勝8敗3分。

前期優勝を決め、胴上げされる新潟・赤堀元之監督 続きを読む


【小学生軟式】松野尾・浜っ子とオール阿賀野が決勝へ 全日本学童・新潟県予選

小学生の軟式野球の「高円宮賜杯第35回全日本学童軟式野球大会」(マクドナルド・トーナメント)の新潟県予選の準決勝2試合が14日、新発田市五十公野球場でおこなわれ、松野尾・浜っ子野球少年団(新潟)とオール阿賀野ジュニア(下越)が決勝に勝ち進んだ。決勝戦は20日(土)10時から新発田市・真木山中央公園野球場でおこなわれ、優勝チームが8月6日から東京でおこなわれる全日本大会に出場する。

◎14日の準決勝の結果◎
①松野尾・浜っ子野球少年団(新潟)5-4八幡野球クラブ(中越)
松・浜 140 000 0 =5
八幡ク 001 120 0 =4
(バッテリー)
松・浜:四方渚-小川
八幡ク:星野、梶山-加藤
(本塁打)
八幡ク:加藤

②オール阿賀野ジュニア(下越)4-1岩室Vソニックス(新潟)
岩室V 001 000 0 =1
阿賀野 000 013 × =4
(バッテリー)
岩室V:竹内翔、菅井-稲垣
阿賀野:加藤秀-坂井
(本塁打)
阿賀野:後藤

(文/岡田浩人)