【中学硬式】新潟シニアが全国切符 信越大会で決勝進出

日本リトルシニア中学硬式野球協会日本選手権・信越大会が30日、長野県松本市でおこなわれ、、新潟シニアが決勝に進出し、8月に東京でおこなわれる日本選手権への出場切符を手にした。

新潟シニアは準々決勝で柏崎シニアを1-0で、準決勝で長野東シニアを9-4でくだし、決勝に進出した。新潟と長野からなる信越連盟の日本選手権出場枠は上位3チームで、新潟シニアが全国切符を手にした。信越大会の決勝戦は7月7日(日)13:00から松本市野球場でおこなわれる。日本選手権はは8月6日から神宮球場などでおこなわれる。新潟シニアは2006年のこの大会で全国準優勝を経験している。

(文/岡田浩人)


【中学軟式】紫雲寺中が北信越決勝で惜敗 全国大会出場ならず

中学校の全日本少年軟式野球大会の北信越ブロック予選が29日と30日、福井県福井市の福井県営球場でおこなわれ、新潟県代表の紫雲寺中学校は29日の準決勝は11-5で福井・開成中学校に勝ち、決勝に進出。30日の決勝では0-2で石川・星稜中学校に敗れ、全国大会出場はならなかった。

北信越で準優勝となった紫雲寺中(写真は5月の新潟県大会)

(文・撮影/岡田浩人)


【高校野球】88チームの夏 新潟大会組み合わせ決まる

第95回全国高校野球選手権・新潟大会の組み合わせ抽選会が新潟市でおこなわれ、88チーム(連合2チーム、90校)の組み合わせが決まった。


組み合わせ抽選会の様子(会場・新潟テルサ)


新潟大会 組み合わせ表


<左上の組み合わせ>
第1シードの村上桜ヶ丘、好投手左腕石川擁する糸魚川、春に3連続サヨナラ勝ちの佐渡、昨夏代表で昨秋北信越4強の新潟明訓、などがひしめく激戦ブロックとなった。


<左下のブロック>
第4シードの県央工、強打の新潟工、好投手佐藤擁する関根学園、今春の21世紀枠候補の五泉、左腕山田の復調がカギとなる新発田、など有力校がひしめくブロックとなった。


<右上のブロック>
第3シードの日本文理は投手陣復調がカギ、昨夏準優勝の中越は今春8強も夏に照準、春19奪三振の左腕西片擁する見附、打撃に定評ある帝京長岡、昨夏4強の十日町などに注目。


<右下のブロック>
第2シードの新発田中央が中心。1回戦の新潟×北越→勝者×巻の2回戦は注目、巻は昨夏日本文理を破った右腕佐藤に期待がかかる。上越は総合力が高い。

(取材・撮影・文/岡田浩人)