【イベント】武山智史カメラマンが写真展 6日までアオーレ長岡で開催

長岡市出身のフリーカメラマンで、新潟県の高校野球現場を取材している武山智史さん(37)の写真展『グラウンドの主役たち 3』が4日から長岡市のアオーレ長岡で開催されている。3年連続となる開催で、多くの高校野球ファンが訪れている。

故郷で3年連続となる写真展を開催した武山智史さん 続きを読む


【イベント】武山智史さんが写真展 アオーレで新年1月4日から

長岡市出身のフリーカメラマンで新潟県の高校野球現場を取材している武山智史さん(37)の写真展が1月4日から3日間、出身地である長岡市のアオーレ長岡で開催される。3年連続の開催となる写真展『グラウンドの主役たち3』で武山さんは「強豪校、無名校に関係なく、それぞれのグラウンドで『何か』に向かい練習する新潟の高校生の姿を表現した」と説明、多くの高校野球ファンの来場を呼び掛けている。

写真展の開催と来場を呼び掛けるポスター 今年は3日間の開催となった 続きを読む


【NPB・イベント】笠原が地元で小学生を指導 秋葉区でプロ選手による野球教室

新潟市秋葉区で16日、小学生への野球教室が開催され、地元出身の中日・笠原祥太郎投手(23・新津高-新潟医療福祉大)、DeNAの飯塚悟史投手(21・日本文理高)、秋葉区出身の元ヤクルト投手の本間忠さん(40・日本文理高)の3人が講師を務めた。9チーム、約170人の小学生が参加し、投球や打撃の基本動作を学んだ。

小学生にキャッチボールの基礎を教える笠原祥太郎投手 続きを読む


【イベント】新潟県出身プロ野球選手とOBによる野球教室を開催 新潟アルビレックスBC選手も初参加

新潟県出身のプロ野球選手とOBによる野球教室「小学生ベースボールクリニック2017」(主催:新潟野球ドットコム、アルビレックス新潟・都市緑花センターグループ 協力:シンプルベースボールアカデミー)が10日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムの室内練習場で行われた。講師として今季一軍初勝利を挙げたDeNA・飯塚悟史投手(上越市出身)、OBとして元巨人捕手で新潟アルビレックスBCの球団社長補佐・加藤健さん(聖籠町出身)、元ヤクルトの本間忠さん(新潟市秋葉区出身)が指導したほか、今年は新潟アルビレックスBCの選手も初めて参加し、田村勇磨投手(糸魚川市出身)と知野直人選手(三条市出身)の2人も講師に加わった。県内の20チームの小学生約300人が参加し、憧れのプロ野球選手から直接指導を受けた。

DeNAの飯塚悟史投手(前列中央)ら現役選手とOBが小学生を指導した 続きを読む


【中学軟式・高校野球】宇津木妙子氏が講演 中学・高校指導者講習会

新潟県中体連軟式野球専門部と新潟県高野連は23日、県内の中学と高校、そしてソフトボールの指導者を対象にした講習会を新潟市で開催し、ソフトボールの元日本代表監督で、現在はNPO法人「ソフトボール・ドリーム」の理事長を務める宇津木妙子さん(64)を招いた講演会を開いた。宇津木さんは約300人を前に「選手を活かしてあげることで、指導者である自分が活かされる」と長年、日本代表監督を務めた経験をもとに熱く語った。

講演するソフトボール元日本代表監督の宇津木妙子さん 続きを読む


【イベント】長岡市出身のカメラマン・武山智史さんが写真展開催

長岡市出身のフリーカメラマン・武山智史さんの写真展『グラウンドの主役たち2』が6、7日の2日間、長岡市のアオーレ長岡で開催された。昨年1月に続き2回目の開催で、多くの高校野球ファンが一瞬の球児の表情をとらえた写真に見入っていた。

写真展の会場 大勢の高校野球ファンが会場に足を運んだ
続きを読む


【イベント】長岡市出身の武山智史さんが写真展開催 6、7日にアオーレ長岡で

長岡市出身のフリーカメラマンで新潟県の高校野球現場を取材している武山智史さん(36)の写真展が1月6日と7日の2日間、地元・長岡市のアオーレ長岡で開催される。去年に続き2回目の開催で、タイトルは『グラウンドの主役たち2』。武山さんは「高校野球の日常風景を撮影した写真を楽しんでいただければ」と多くの高校野球ファンの来場を呼び掛けている。

6、7日の2日間、長岡市のアオーレ長岡で開催される写真展の告知ポスター
続きを読む


【NPB・イベント】憧れのプロ野球選手が秋葉区で野球教室 笠原も初参加

新潟市秋葉区出身で巨人育成の高橋洸選手(23・日本文理高出身)とDeNAの飯塚悟史投手(20・日本文理高出身)、秋葉区出身で元ヤクルトの本間忠さん(39・日本文理高出身)、そして秋葉区出身で今年のドラフト会議で中日に4位指名され入団が決まった笠原祥太郎投手(22・新津高、新潟医療福祉大出身)の4人が講師を務める小学生野球教室が23日、新潟市秋葉区の体育館でおこなわれ、地元の小学生8チーム約200人が参加した。子どもたちは憧れの選手から投げる、打つ、守るなどの基礎的な動きの指導を受けた。

右から講師の高橋洸選手、飯塚悟史投手、笠原祥太郎投手、本間忠さん


秋葉区の8チームの小学生約200人が参加した 続きを読む


【イベント】野球ひじ検診やコンディショニングの大切さ学ぶ 青少年野球フェスタ

子どもの頃の投げ過ぎなどが原因による障害「野球ひじ」を予防し、体のコンディショニングなどを学ぶことで長く野球を続けてもらおうというイベント「ベースボールフェスタ2016」が17、18日の2日間、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで開催された。新潟県高野連や中体連など18歳以下の野球団体と野球障害ケア新潟ネットワークで組織される「新潟県青少年野球団体協議会」が主催し、2日間で約1200人がひじの検診やコンディショニング教室などを受けた。

医師からひじのエコー検査を受ける小学生 2日間で約1200人が検査を受けた
続きを読む


【NPB・イベント】新潟県出身プロ野球選手とOBが野球教室

新潟県出身のプロ野球選手とOBによる野球教室「小学生ベースボールクリニック2016」(主催:新潟野球ドットコム、アルビレックス新潟・都市緑花センターグループ 協力:シンプルベースボールアカデミー)が4日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムでおこなわれ、前巨人・加藤健選手(35・新発田農高出身)、広島・今井啓介投手(29・中越高出身)、DeNA・飯塚悟史投手(20・日本文理高出身)の選手3人と、元ヤクルト・本間忠さん(39・日本文理高出身)が講師を務めた。県内の25チームの小学4年生から6年生までの約300人が参加し、憧れのプロ野球選手から直接指導を受けた。左から本間忠さん、加藤健選手、飯塚悟史投手、今井啓介投手の講師4人


晴天に恵まれたグラウンドで県内25チーム約300人が参加した
続きを読む