【高校野球】ベスト8出そろう 春季県大会4回戦

第134回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は7日、3球場で4回戦8試合がおこなわれ、ベスト8が決まった。北越、新発田南、加茂暁星、長岡大手、帝京長岡、新潟明訓、新津、長岡工が準々決勝に進んだ。8日は悠久山と佐藤池で準々決勝4試合がおこなわれる予定。

悠久山③
8回裏、長岡大手が1死満塁から位下航太朗選手(2年)の三ゴロ(3走スタート)で勝ち越し

◎7日の4回戦の試合結果◎
<悠久山>
①北越4-0中越
中越 000 000 000 =0
北越 000 013 00× =4
(バッテリー)
中越:今村、板屋-広川、川上
北越:江村-皆川
(本塁打)
北越
:勝野(6回・2点)

中越の先発・今村豪投手(3年) 4回まで被安打1の好投も5回以降北越打線につかまった


5回裏、北越は2番・皆川泰成選手(2年)の左前適時打で先制の1点を挙げる


6回裏、北越は7番・勝野聖就選手(3年)の左越え2点本塁打で追加点


北越の江村伊吹投手(3年) 9回、被安打7、11奪三振で中越打線を完封した

②新発田南2-0見附
新発南 100 000 010 =2
見 附 000 000 000 =0
(バッテリー)
新発南:齋藤、渡邊大-新野
見 附:河村、浅野、河村-佐藤

新発田南の先発⑱齋藤光投手(2年) 8回を投げ被安打6、無失点の好投


見附の先発⑤河村竣佐投手(2年) 計8回を投げ1失点 粘り強く投げた

③長岡大手2-1五泉
五泉 000 001 000 =1
大手 000 000 11× =2
(バッテリー)
五泉:廣瀬-江口
大手:橘、南田-浅野

長岡大手の先発⑱橘昂宏投手(3年) 6回を投げ失点1


五泉の先発⑪廣瀬生成投手(3年) 8回を投げ被安打5、2失点の内容だった

<佐藤池>
①長岡工6-3開志学園
長工 100 010 310 =6
開志 000 102 000 =3
(バッテリー)
長工:黒坂、藤塚-小川
開志:信田、北澤-田辺、前田

②新津6-2長岡商
新津 000 231 000 =6
長商 000 000 200 =2
(バッテリー)
新津:中村-竹石
長商:高橋健、村山、西脇-高橋青

③帝京長岡9-5巻
帝京 000 002 052 =9
巻高 200 001 002 =5
(バッテリー)
帝京:バンゴーゼム-樅木
巻高:小鷹、関田-長島高

<高田公園>
①加茂暁星3-1新潟県央工
暁星 000 010 002 =3
県央 001 000 000 =1
(バッテリー)
暁星:宮島-伊藤
県央:小林航、長谷川-西川

②新潟明訓1-0糸魚川
明訓 000 000 001 =1
糸魚 000 000 000 =0
(バッテリー)
明訓:大藪-中村
糸魚:松澤-原


◎8日の準々決勝の予定◎
<悠久山>
①北越(10:00)新発田南
②加茂暁星(12:30)長岡大手

<佐藤池>
①新津(10:00)長岡工
②帝京長岡(12:30)新潟明訓

(取材・文/岡田浩人 情報協力/各地の皆様)


コメントを残す