【中学硬式】シニア春季大会が開幕 12チームが出場し開会式

中学硬式野球のリトルシニア春季新潟大会が24日開幕し、新潟市鳥屋野球場で参加12チーム(連合1チーム)による開会式がおこなわれた。順調に日程が進めば5月1日に準決勝と決勝がおこなわれ、上位2チームは中学硬式野球の最高峰の大会「ジャイアンツカップ」(8月開催)の新潟県予選(5月7日開催)に出場する。

選手宣誓をおこなう新潟西シニアの平野好誠主将

開会式では選手を代表して新潟西シニアの平野好誠主将が「熊本地震で被災した球児の仲間たちに思いを寄せ、今改めて野球ができることに感謝し、最後まで全力でプレーすることを誓います」と宣誓した。24日は1回戦4試合がおこなわれた。準々決勝の4試合は29日に2球場でおこなわれる予定。
◎出場12チーム入場行進◎

前年優勝の新潟シニア


前年準優勝の新潟西シニア


上越シニア


新潟江南シニア


新潟東・秋葉阿賀野シニア


新潟北シニア


長岡東シニア


三条シニア


長岡シニア


新発田シニア


新津五泉村松シニア


柏崎シニア


◎24日の試合結果◎
<1回戦>
上越7-6新潟江南
新潟東・秋葉阿賀野2-1新潟北
長岡12-1三条
新潟7-1新発田

◎29日の2回戦の予定◎
<みどりと森>
新潟西×上越
新潟東・秋葉阿賀野×長岡東
<白根野球場>
長岡×新潟
新津五泉村松×柏崎

(取材・撮影・文/岡田浩人)


コメントを残す