【イベント】荒木大輔氏が新潟市でトークショー

早稲田実業高校で甲子園5度出場を果たし、ヤクルトなどで投手として活躍した荒木大輔さん(51)によるトークショーが21日、新潟市の万代シテイで開催された。スポーツ紙・サンケイスポーツのアプリ「サンスポ電子新聞」が主催した。サンスポ解説者の荒木さんは今季のプロ野球のセパ順位予想などで訪れたファンを楽しませた。

新潟市でトークショーをおこなった荒木大輔さん

荒木さんは東京都出身で早稲田実業高校時代に5季連続で甲子園に出場し、1年夏に準優勝。1982年秋のドラフト会議でヤクルトから1位指名を受け入団。93年には日本シリーズで活躍し、チームの日本一に貢献。プロ通算180試合に登板し39勝を挙げた。現在はテレビ解説者のほか、サンケイスポーツで評論家を務めている。

荒木さんは「母親が小千谷市の出身で新潟とは縁が深い。お米とお酒が美味しい」と新潟の印象を語った後、今季のプロ野球の見どころと予想順位を解説した。セリーグでは「オープン戦を見る限り、阪神が金本新監督のもとで力がある」と予想。パリーグは「ソフトバンクの力が目立つ。2チーム分の戦力がある」と分析した。また注目チームとして「西武は菊地雄星投手が成長し先発陣が安定してきた。ソフトバンクを叩く可能性がある」と話した。
セパ両リーグの今季の順位予想を披露した

その上でセパ両リーグの順位予想も披露した。セリーグは阪神が1位と予想したが、「巨人のベテランと高橋新監督の采配次第」と条件付け。ヤクルトも「力がついて強い」と上位争いを予想した。パリーグでは「普通にやればソフトバンク。日本ハムも投手陣も野手も若いいい選手が多い」と話した。

集まったファンからは「ヤクルトが優勝するために必要なことは?」などの質問が寄せられ、荒木さんは「戦力からすればセリーグの中で一番バランスがいい。特別な補強もいらないので十分戦える。普段通りの野球ができるか」と答えていた。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


コメントを残す