【社会人野球】バイタルネットの大川と櫻吉が補強選手に 都市対抗代表の伏木海陸運送が挨拶

社会人野球の最高峰の大会である「第88回都市対抗野球大会(7月14日から東京ドームで開催)」に北信越代表として出場する伏木海陸運送(富山・高岡市)の補強選手に、バイタルネット(新潟市)の大川将史投手(24)と櫻吉宏樹選手(23)が選出された。20日に伏木海陸運送の中島大悟監督が新潟市西区のバイタルネットに挨拶に訪れ、両選手は「チームに貢献したい」と意気込みを示した。

伏木海陸運送の中島大悟監督(中央)を囲む大川将史(左)と櫻吉宏樹(右) 続きを読む


【大学野球】新潟医療福祉大が新潟大に競り勝つ 関甲新・新人戦

大学野球の関甲新学生野球連盟は18日、新人戦の2回戦を新潟市北区の新潟医療福祉大野球場で行い、新潟医療福祉大が2対1で新潟大に競り勝った。昨年の新人戦初優勝に続く連覇を目指す新潟医療福祉大は25日(日)の準々決勝で白鷗大と対戦する。

1失点完投の新潟医療福祉大・飯塚亜希彦(2年・上越高) 続きを読む


【小学生軟式】今町ふたばと村松中央が決勝へ 全日本学童軟式大会・新潟県予選会

“小学生の甲子園”と言われる「高円宮賜杯第37回全日本学童軟式野球大会(マクドナルド・トーナメント)」の新潟県予選会が17日に新発田市真木山中央公園野球場で開幕。県内4地区の代表8チームが参加して開会式が開催された。17、18日の2日間で1回戦と準決勝が行なわれ、今町ふたば野球スポーツ少年団(中越)と村松中央野球スポーツ少年団(下越)が決勝戦に進出した。全国大会出場を懸けた両チームによる決勝戦は24日(土)10時から同野球場で行われる。

選手宣誓を行う今町ふたば野球スポーツ少年団・寺尾快生主将 続きを読む


【高校野球】84チームの夏 組み合わせ決まる 第99回全国高校野球選手権・新潟大会

第99回全国高校野球選手権・新潟大会の組み合わせ抽選会が17日、新潟市の新潟テルサで開かれた。今大会の参加校は連合2チームを含む84チーム(90校)で、初めて全ての参加校の主将が一堂に集まってくじを引いた。大会は7月7日(金)に開幕。ハードオフ・エコスタジアムで開催される開会式の選手宣誓は新潟県央工の鈴木雄真主将に決まった。また開幕戦は新潟第一対三条商に決まった。順調に日程が進めば23日(日)に決勝戦が行われる予定。

84チームの主将がくじを引いた抽選会(新潟テルサ) 続きを読む


【BCL】最終戦で大勝 東地区2位で前期終える 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは17日、柏崎市佐藤池球場で栃木ゴールデンブレーブスと対戦。2本塁打、19安打と打線が爆発した新潟が18対0で大勝し、前期最終戦を白星で飾った。新潟の前期通算成績は18勝16敗1分で東地区2位。後期は23日(金)に開幕、新潟は18時からハードオフ・エコスタジアムで巨人三軍と対戦する。 続きを読む


【BCL】新潟が滋賀に逆転勝ちで6連勝

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは14日、三条市の三条パール金属スタジアムで滋賀ユナイテッドBCと対戦し、4対1で逆転勝ち。新潟の前期通算成績は17勝15敗1分で、東地区2位は変わらず。前期残りは2試合。次戦は16日(金)13時から群馬県前橋市で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。

新潟は初先発の田畑開人が6回を1失点(自責点0)と好投 続きを読む


【BCL】新潟が快勝で貯金1 東地区は群馬が前期優勝

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは13日、三条市の三条パール金属スタジアムで栃木ゴールデンブレーブスと対戦。新潟は2本のソロ本塁打などでリードし、投げては田村勇磨投手(日本文理高出身)が被安打4、12奪三振の好投で栃木打線を完封。3対0で勝ち、前期通算成績を16勝15敗1分で貯金を1とした。この日、東地区で優勝マジック1としていた群馬ダイヤモンドペガサスが滋賀ユナイテッドBCに勝ち、2年連続6回目の前期優勝を飾った。新潟は東地区2位で、前期の残り試合数は3。次戦は14日(水)に同スタジアムで滋賀と対戦する。

被安打4、12奪三振の好投で今季初完封の田村勇磨 続きを読む