【高校野球】ベスト8が出そろう 春季県大会・4回戦8試合

第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は5日、3球場で4回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろった。昨秋優勝の日本文理は十日町に大勝。上越は新潟を終盤突き離した。加茂暁星は長岡工との打ち合いを制した。昨秋準優勝の中越は3本塁打で村上桜ヶ丘に快勝した。長岡大手は中盤、新発田商から効果的に得点を重ねた。糸魚川は粘る五泉を延長で振り切った。関根学園は開志学園に終盤逆転勝ち。新発田は高田北城に延長の末に競り勝った。準々決勝は6日、長岡市・悠久山球場と柏崎市・佐藤池球場で行われる。

佐藤池①中越9-2村上桜ヶ丘
7回裏、中越の坂井翔太がこの試合2本目の本塁打となる3ランを放つ 続きを読む


【社会人】バイタルネットが2年ぶり優勝 JABA選抜新潟大会

社会人野球の「第61回JABA選抜新潟大会」は5日、新潟市中央区のハードオフ・エコスタジアムで最終日の準決勝と決勝の3試合が行われ、バイタルネット(新潟市)が2年ぶりの5回目の優勝を果たした。最高殊勲選手賞にはバイタルネットの酒井翔平が選ばれた。 続きを読む