【中学軟式】関屋中が優勝 全日本少年軟式・県大会

中学軟式野球の「第35回全日本少年軟式野球大会・新潟県大会(第四銀行旗争奪大会)」は26日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで準決勝と決勝が行われ、新潟市の関屋中学校が優勝。糸魚川市の青海中学校が準優勝となった。優勝した関屋中は6月30日から福井市で開催される北信越ブロック予選に出場する。

決勝 関屋中1-0青海中
7回表、関屋中が八番・渡部隼人の右越え適時三塁打で先制 続きを読む


【高校野球】日本文理×金沢学院 関根学園×福井商 北信越大会組み合わせ決まる

6月2日に石川県で開幕する「第138回北信越高校野球大会」の組み合わせ抽選が24日、石川県金沢市で行われた。新潟県勢は1回戦で、新潟1位の日本文理が石川3位の金沢学院と、新潟2位の関根学園が福井2位の福井商と対戦する。

◎北信越大会の組み合わせ◎ ※石川県高野連発表

(取材・文/岡田浩人)


【高校軟式】直江津中等が優勝 新潟商も北信越大会へ 北信越高校軟式野球・県大会

高校軟式野球の「第21回北信越地区高校軟式野球・新潟県大会」が22日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで3校が参加して行われ、直江津中等教育学校が2015年秋以来の優勝を飾った。大会は新潟商、津南中等教育学校の計3校が三つ巴戦を戦い、3校が1勝1敗で並んだが、失点率で直江津中等が優勝。新潟商と津南中等は失点率、自責点率で並び、両校準優勝となり、北信越大会への出場権は抽選により新潟商に決まった。直江津中等と新潟商は26日から上越市の高田運動公園野球場で開催される北信越大会に出場する。

優勝した直江津中等 同校の3年生は北信越大会が高校最後の大会となる 続きを読む


【社会人軟式】148チームが参加 新潟市早起き野球大会が開幕

参加チーム数が全国最多規模の早起き野球大会である「第53回新潟市早起き野球大会」が20日に開幕し、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで開会式が行われた。前年より8チーム少ない148チームが5つの部門に参加。7月下旬まで早朝の熱い戦いが繰り広げられる。

選手宣誓を行う新潟ブルース・渡辺拓也さん 続きを読む


【社会人】バイタルネットが優勝 新潟コンマが第2代表 都市対抗1次予選・新潟大会

社会人野球の「第89回都市対抗野球1次予選・新潟大会」は19日、新潟市の鳥屋野球場で準決勝と決勝が行われ、バイタルネットが優勝、新潟コンマーシャル倶楽部が準優勝となった。両チームは6月8日から富山県で開催される2次予選・北信越大会に出場する。北信越大会の優勝チームが7月に東京ドームで行われる都市対抗野球大会に出場できる。

大会の個人賞は、最優秀選手賞にはバイタルネットの山脇竜二選手、敢闘賞には新潟コンマーシャル倶楽部の高橋陸選手、最高打撃賞には打率・400で新潟コンマーシャル倶楽部の丹羽信輔選手が、それぞれ選ばれた。

決勝 バイタルネット8-0新潟コンマーシャル倶楽部
1回表、バイタルネットが高卒新人・植田拓(盛岡大附高)の犠飛で先制 続きを読む


【BCL】新潟 福島に毎回失点で敗れる

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは18日、福島県須賀川市で福島ホープスと対戦し、4対11で敗れた。前期通算成績は8勝9敗1分で、順位は東地区の3位。新潟の次戦は19日、埼玉県上尾市で武蔵ヒートベアーズと対戦する。 続きを読む


【社会人】バイタルネットと新潟クラブが準決勝へ 都市対抗1次予選・新潟大会

社会人野球の「第89回都市対抗野球1次予選・新潟大会」は18日、新潟市の鳥屋野球場で1回戦1試合と準々決勝2試合が行われ、バイタルネットと新潟クラブ野球団が準決勝進出を決めた。19日は同球場で準決勝2試合と決勝が行われる。上位2チームが2次予選・北信越大会に出場する。

準決勝 バイタルネット7-0五泉クラブ
3回裏、バイタルネットの柴崎皇斗(千葉商科大)が2ランを放ち追加点 続きを読む


【社会人】コンマとオール飯豊が準決勝へ 都市対抗1次予選・新潟大会が開幕

社会人野球の「第89回都市対抗野球1次予選・新潟大会」は17日、新潟市の鳥屋野球場で開幕。1回戦1試合と準々決勝2試合が行われ、新潟コンマーシャル倶楽部とオール飯豊が準決勝へ駒を進めた。18日も1回戦1試合と準々決勝2試合が行われる。決勝に進出した上位2チームが6月8日から始まる2次予選・北信越大会に出場する。

準々決勝 新潟コンマーシャル倶楽部 9-8 JR新潟
6回裏、6点差を逆転した新潟コンマが前田亮(新潟商高)の2点適時打で追加点 続きを読む


【高校野球】日本文理が5大会連続優勝 春季県大会

第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は13日、長岡市悠久山球場で決勝戦が行われ、日本文理が6対2で関根学園をくだし、春秋の大会では4季連続24回目、夏も合わせた県内の大会では2016年秋から5大会連続の優勝を決めた。日本文理の県内連勝は30に伸びた。日本文理と準優勝の関根学園の2校は6月2日から石川県で開催される北信越大会に出場する。なお決勝戦前に行われたシード順位決定戦では中越が加茂暁星を9回サヨナラでくだした。

日本文理の先発⑨新谷晴 7回を1失点と安定した投球で優勝に貢献した 続きを読む


【BCL】新潟が福島に快勝 前川哲が完投で3勝目

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは13日、福島県郡山市で福島ホープスと対戦し、6対1で快勝した。新潟は同点の3回に樋口龍之介の適時二塁打で勝ち越し。先発の前川哲(新潟産大附高)が初回、先頭打者に本塁打を許したものの、6安打1失点で完投勝利を挙げた。新潟の前期通算成績は8勝8敗1分で、東地区3位。新潟の次戦は18日、福島県須賀川市で福島ホープスと対戦する。 続きを読む