【高校野球】開志学園が北越くだす 春季県大会・2回戦16試合

第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は30日、6球場で2回戦16試合が行われた。鳥屋野球場の第2試合では開志学園が昨秋ベスト4で第3シードの北越をコールドでくだし、3回戦進出を決めた。悠久山球場の第1試合では長岡工が9回に逆転サヨナラ勝ちで3回戦へ駒を進めた。3回戦の16試合は5月2日(水)に6球場で一斉に行われる。

悠久山①長岡工4-3三条
9回裏、長岡工の田辺壮が右前にサヨナラ打を放つ 続きを読む


【高校野球】東京学館新潟が新潟明訓破る 春季県大会・2回戦16試合

第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は29日、6球場で2回戦16試合が行われ、昨秋県大会上位のシード校が登場した。鳥屋野球場の第1試合では東京学館新潟が第4シードの新潟明訓を6対1で破った。佐藤池球場の第3試合では新潟産大附が最大5点差を逆転し3回戦に進出した。30日は2回戦16試合が行われる予定。

佐藤池③2回表
新潟産大附の和田昂樹(1年)が走者一掃三塁打を放つ 和田は4安打
続きを読む


【高校野球】春季県大会が開幕 1回戦15試合で球音響く

第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)が28日に開幕し、県内6球場で1回戦15試合が行われた。鳥屋野球場の第1試合では東京学館新潟が逆転で新潟南をくだした。悠久山球場の第3試合では塩沢商工が延長10回サヨナラ勝ちで小千谷に競り勝った。29日は6球場で2回戦16試合が予定されている。

鳥屋野①
7回表、東京学館新潟の梅澤伸主将(3年)が2点適時打を放ち逆転 続きを読む


【高校野球】成長を見せる春 伝統校“復活”を託された左腕

「第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)」が28日に開幕する。昨秋の県大会から冬のトレーニング期間を経て、7か月余ぶりとなる公式戦で、高校生たちはどんな成長ぶりを見せてくれるのか。今夏は「第100回」となる選手権大会を控え、その前哨戦とも言える「春」の各校の戦いぶりが注目される。ここでは甲子園出場経験のある伝統校で、復活を託された左腕2人を紹介する。 続きを読む


【中学硬式】リトルシニア春季新潟大会が開幕 12チームが頂点目指す

中学硬式野球のリトルシニア信越連盟・新潟ブロックによる「リトルシニア春季新潟大会」が22日に開幕し、新潟市南区の白根野球場で参加12チームによる開会式が行なわれた。上位5チームが5月19日に開幕する信越大会に出場するほか、優勝と準優勝の上位2チームは中学硬式野球の最高峰の大会「ジャイアンツカップ」(8月開催)の新潟県予選(5月5日開催)に出場する。

選手宣誓を行う三条シニア・関山柊汰主将 続きを読む


【BCL】新潟 群馬に3連敗で4位転落

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは22日、群馬県伊勢崎市で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し、4対5で敗れた。2点を追う新潟は5回、菊地の適時打、楠本の2点適時打などで4点を奪い逆転したが直後に同点に追いつかれると、6回に群馬のカラバイヨ(元オリックス)に勝ち越し本塁打を浴びた。新潟は群馬に3連敗で、前期通算成績を4勝5敗とした。順位は東地区4位となった。次戦は29日(日)13時から、三条パール金属スタジアムで群馬と対戦する。 続きを読む


【大学野球】新潟医療福祉大 延長タイブレークも惜敗 関甲新1部

大学野球・関甲新1部の新潟医療福祉大は22日、群馬県伊勢崎市で上武大と対戦し、延長12回、タイブレークの末、7対8で敗れた。対戦成績0勝2敗となり、上武大からの2年ぶりの勝利はならなかった。新潟医療福祉大の次戦は28日(土)、群馬県太田市で白鷗大と対戦する。 続きを読む


【BCL】新潟 群馬に痛恨の逆転負け 大竹好投も9回につかまる

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは21日、群馬県伊勢崎市で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し、1対2で敗れた。新潟は先発の新人左腕・大竹樹希哉(五泉市出身・一関学院高)が9回2死まで無失点と好投したが、初完封を目前に同点打を許し降板。代わった長谷川凌汰がサヨナラ打を浴び、逆転負けを喫した。新潟の前期通算成績は4勝4敗で、順位は1つ下がって東地区3位。次戦は22日(日)、群馬・伊勢崎市で群馬と対戦する。

9回2死まで無失点に抑える好投を見せた新潟・大竹樹希哉 続きを読む


【大学野球】新潟医療福祉大 終盤突き離される 関甲新1部

大学野球・関甲新1部の新潟医療福祉大は21日、群馬県伊勢崎市で春季リーグ戦・上武大との第1戦に臨み、2対8で敗れた。新潟医療福祉大は初回に先発の漆原大晟(4年・新潟明訓)が先頭打者に本塁打を浴び先制を許したが、その裏に水石英佑(4年・小諸商)がソロ本塁打を放ち同点に追いついた。しかし漆原は2回にもソロ本塁打、5回にも適時打で1点を追加され、6回途中で交代した。新潟医療福祉大は6回に柴崎大悟(3年・前橋育英)の適時打で1点を返し、なお満塁のチャンスを作ったが後続が倒れた。その後、上武大に4得点を追加されて、突き離された。

6回裏、新潟医療福祉大が柴崎大悟(前橋育英)の適時打で1点を返す 続きを読む


【高校野球】春季県大会の組み合わせ決まる 参加は79チームに

高校野球の春の大会となる「第138回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)」の組み合わせ抽選が20日、新潟市中央区のハードオフ・エコスタジアム会議室で行われた。今大会の参加は79チーム(連合3チーム・参加校85校)で、80台を切った。県大会の出場チーム数が80を切るのは、春と秋の県大会では不明だが(調査中)、夏の新潟大会では1976年に79校が参加、その後は80校以上に増えた(最多108校)という記録が残っている。

県大会は28日に開幕し、順当に日程が進めば5月6日に準々決勝、12日に準決勝、13日に長岡市悠久山球場で決勝戦が行なわれる予定。上位2チームは6月2日から石川県で開催される北信越大会に出場する。

エコスタ会議室で行われた組み合わせ抽選 続きを読む