【イベント】武山智史さんが写真展 アオーレで新年1月4日から

長岡市出身のフリーカメラマンで新潟県の高校野球現場を取材している武山智史さん(37)の写真展が1月4日から3日間、出身地である長岡市のアオーレ長岡で開催される。3年連続の開催となる写真展『グラウンドの主役たち3』で武山さんは「強豪校、無名校に関係なく、それぞれのグラウンドで『何か』に向かい練習する新潟の高校生の姿を表現した」と説明、多くの高校野球ファンの来場を呼び掛けている。

写真展の開催と来場を呼び掛けるポスター 今年は3日間の開催となった 続きを読む


【高校野球】佐渡・菊地大稀 桐蔭横浜大へ「大学ナンバーワン投手になりプロ入りを」

今年、県内の高校球界で注目を集めた佐渡高校3年・菊地大稀投手(18)が神奈川大学野球連盟1部の桐蔭横浜大学に進学することが決まった。プロ志望届を提出したが、10月26日のNPBドラフト会議では指名はなく、大学進学を表明。今月9日に合格となった。このほど新潟野球ドットコムの取材に応じた菊地投手は「大学ナンバーワン投手になり、4年後に上位でプロ入りを目指す」と意気込みを語った。

神奈川の強豪・桐蔭横浜大に進学が決まった菊地大稀 4年後のプロ入りを目指す 続きを読む


【BCL・NPB】ソフトバンク入り渡邉が意気込み語る 巨人育成の髙井も参加

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは29日、長岡市で「渡邉雄大選手のドラフト育成指名をアサヒビールで祝う会」と題したファンイベントを開催した。ソフトバンクから育成ドラフト6位指名を受けた渡邉雄大投手(26歳・三条市出身・中越高)が意気込みを語った。また新潟アルビレックスBCから2016年に育成ドラフト1位で巨人に入団した髙井俊投手(22歳・見附市出身)も参加し、1年目のシーズン報告を行った。

ソフトバンクに入団した渡邉雄大(右)と巨人育成での1年目を終えた髙井俊 続きを読む


【中学硬式】シニア新潟選抜が初V狙う 29日台湾で開幕の日台国際野球大会で

中学硬式野球のリトルシニア信越連盟は、29日から台湾で開催される「第15回日台国際野球大会」に新潟選抜を派遣する。今年、県内のシニアで活躍した中学3年生の“オールスター”23名で編成された。チームは「初優勝を狙う」と意気込んでいる。

信越連盟の代表として出場する新潟選抜 続きを読む


【NPB】椎野のソフトバンク入団を祝う 地元・胎内市で激励会

ソフトバンクに入団が決まった国士舘大4年・椎野新投手(村上桜ヶ丘高出身)の激励会が26日、出身地の胎内市のホテルで開かれ、市民ら関係者約150人が地元のプロ野球選手誕生を祝った。椎野投手は「多くの方に支えられ成長できた」と感謝の言葉を述べ、プロの世界での活躍を誓った。

花束を贈られた椎野新投手(左から2人目) 黒川中の坂上鈴旺主将、黒川サンダースの今井貫太主将、県女子野球連盟の頓所理加会長と記念撮影 続きを読む


【小学生軟式】楽天ジュニアに上越市の三原田がメンバー入り NPBジュニアトーナメントに挑む

12月27日に北海道・札幌ドームで開幕する「NPB12球団ジュニアトーナメント2017」に出場する「楽天ジュニア」のメンバー16人の中に、上越市の直江津南サザンクロス・三原田京成(けいせい)投手(12・直江津南小6年)が選ばれた。サウスポーの三原田投手は「レベルが高い選手が多い中で、自分の投球がどれだけ通用するか楽しみ。右打者のインコースを突きたい」と意気込みを話している。

楽天のユニフォームに身を包んだ三原田京成(直江津南小6年) 続きを読む


【中学硬式】新潟ヤングで卒団式「次はライバルとして切磋琢磨」

新潟市で活動する中学硬式野球チーム「新潟ヤング」の卒団式が23日、新潟市内のホテルで行われ、中学3年生11人が卒団を迎えた。今季は全国大会となる春季大会と夏の選手権大会の出場をともに逃したが、10月の東日本秋季大会でベスト8入りを果たした。卒団生は「礼儀や挨拶などここで学んだことは今後の生活に繋がる」と話し、高校での活躍を誓っていた。

前列が卒団する中学3年生 後列の1、2年生は春の全国大会出場を決めている 続きを読む


【NPB・イベント】笠原が地元で小学生を指導 秋葉区でプロ選手による野球教室

新潟市秋葉区で16日、小学生への野球教室が開催され、地元出身の中日・笠原祥太郎投手(23・新津高-新潟医療福祉大)、DeNAの飯塚悟史投手(21・日本文理高)、秋葉区出身の元ヤクルト投手の本間忠さん(40・日本文理高)の3人が講師を務めた。9チーム、約170人の小学生が参加し、投球や打撃の基本動作を学んだ。

小学生にキャッチボールの基礎を教える笠原祥太郎投手 続きを読む


【高校野球】21世紀枠最終候補 長岡大手は選出されず 北信越推薦校は福井・金津

日本高野連は15日、来春開催される「第90回記念選抜高校野球大会」の21世紀枠の各9地区の推薦校を発表した。北信越地区は福井県の金津が推薦され、新潟県の長岡大手は選出されなかった。 続きを読む


【イベント】新潟県出身プロ野球選手とOBによる野球教室を開催 新潟アルビレックスBC選手も初参加

新潟県出身のプロ野球選手とOBによる野球教室「小学生ベースボールクリニック2017」(主催:新潟野球ドットコム、アルビレックス新潟・都市緑花センターグループ 協力:シンプルベースボールアカデミー)が10日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムの室内練習場で行われた。講師として今季一軍初勝利を挙げたDeNA・飯塚悟史投手(上越市出身)、OBとして元巨人捕手で新潟アルビレックスBCの球団社長補佐・加藤健さん(聖籠町出身)、元ヤクルトの本間忠さん(新潟市秋葉区出身)が指導したほか、今年は新潟アルビレックスBCの選手も初めて参加し、田村勇磨投手(糸魚川市出身)と知野直人選手(三条市出身)の2人も講師に加わった。県内の20チームの小学生約300人が参加し、憧れのプロ野球選手から直接指導を受けた。

DeNAの飯塚悟史投手(前列中央)ら現役選手とOBが小学生を指導した 続きを読む