【ドラフト】椎野はソフトバンク4位、綱島は西武6位 アルビ・渡邉と関根・荒井は育成指名 NPBドラフト会議

NPB(日本野球機構)のドラフト会議が26日、都内で開かれた。新潟県関係では、国士舘大4年で胎内市出身の椎野新投手(村上桜ヶ丘高出身)がソフトバンクから4位指名された。糸魚川白嶺高校の綱島龍生内野手が西武から6位指名された。

育成選手選択会議では、新潟アルビレックスBCの渡邉雄大投手(三条市出身、中越高-青山学院大)がソフトバンクから育成6位指名された。関根学園高校の荒井颯太外野手は巨人から育成8位指名された。

新潟県関係では計4人の選手が指名を受けた。

ソフトバンクから4位指名を受けた国士舘大・椎野新(右・村上桜ヶ丘高)
左は国士舘大・辻俊哉監督
続きを読む


【ドラフト】新潟県関係の複数指名に期待 26日にNPBドラフト会議

NPB(日本野球機構)のドラフト会議が26日夕方から開かれる。新潟県関係では大学生1人、高校生3人がプロ志望届を提出。ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCの複数選手にNPB球団から調査書が届いている。去年に続き、県内から複数選手の指名に期待が高まっている。

国士舘大の椎野新(村上桜ヶ丘高) 東都2部で通算1点台の防御率を誇る 続きを読む


【BCL】加藤博人監督、稲葉大樹兼任コーチが続投 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは25日、加藤博人監督(48)の来季続投を発表した。元ヤクルトの加藤監督は今季、新潟の新監督に就任。前期2位、後期3位で、通期3位となり、チームとして2年連続でプレーオフ進出を逃したが、9月10日の最終戦後にチームの池田拓史社長が来季続投方針を示していた。

来季の続投が決まった新潟・加藤博人監督 2年目の巻き返しを誓っている 続きを読む