【高校野球】日本文理が6点差を逆転 中越はコールド発進 春季県大会2回戦

第136回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は30日、6球場で2回戦16試合が行われた。五十公野球場の第1試合では昨秋優勝の日本文理が新発田農に逆転勝ち。悠久山球場の第1試合では中越が六日町にコールド勝ちした。1日は6球場で2回戦16試合が行われる予定。

五十公野② 7回表、1点差に迫った新津工は阿部勇翔の左前安打で二塁走者の上野真弘(臨時代走)が本塁を突くが、村上桜ヶ丘の好返球にタッチアウト 続きを読む


【中学硬式】新津五泉村松、三条、柏崎が信越大会へ シニア春季大会準々決勝

中学硬式野球のリトルシニア信越連盟による「春季大会・新潟ブロック予選」は30日、準々決勝3試合が新潟市で行われ、新津五泉村松、三条、柏崎が勝ち、それぞれ準決勝に進出するとともに、信越大会出場を決めた。 続きを読む


【高校野球】1回戦8試合で熱戦 白根・鏡が5回参考の完全試合 春季県大会

第136回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は29日、4球場で1回戦8試合が行われた。鳥屋野球場の第1試合は白根・鏡和真投手が5回参考ながら完全試合を達成した。30日は6球場で2回戦16試合が行われる予定。

鳥屋野① 白根の⑩鏡和真(2年)が5回参考・完全試合を達成 続きを読む