【大学野球】歴史的勝利 新潟医療福祉大が上武大に先勝 関甲新1部

大学野球の関甲新学生野球連盟は30日、春季1部リーグ戦の第5節をおこない、新潟医療福祉大が上武大に3対2で勝ち、先勝した。上武大はリーグ優勝26回を誇り、2013年の大学選手権で日本一に輝いている強豪で、昨秋の神宮大会では全国ベスト4に進出している。創部4年目の新潟医療福祉大は上武大に初勝利で、再びリーグ戦の首位に躍り出た。上武大から勝ち点を奪えば初優勝へ大きく前進する。新潟医療福祉大にとって勝ち点のかかる第2戦は1日(日)12時30分から群馬・上武大野球場でおこなわれる。

上武大から初勝利を挙げた新潟医療福祉大 再び首位に立った(3月撮影) 続きを読む


【高校野球】1、2回戦13試合がおこなわれる 春季県大会

第134回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は30日、6球場で1回戦9試合と2回戦4試合の計13試合がおこなわれた。1日は2回戦14試合がおこなわれる予定。

鳥屋野① 公式戦初登板で5安打、1失点の新潟①森田豪投手(2年)

続きを読む


【高校野球】春季県大会が開幕 5試合が順延に

第134回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)は、雨のため1日順延となって29日開幕した。6球場で1回戦15試合が予定されていたが、雨のため悠久山の全3試合を含む5試合が30日に順延となり、10試合がおこなわれた。30日は1回戦13試合がおこなわれる予定。

佐藤池② 長岡工が3回裏、椿彰人選手の2点本塁打で追加点 続きを読む