【大学野球】新潟医療福祉大が1部残留 新潟大は2部昇格ならず 関甲新・入れ替え戦

関甲新学生野球連盟は25日、栃木県の白鷗大野球場で秋季入れ替え戦・第2戦をおこない、1部6位の新潟医療福祉大が1対0で2部1位の作新学院大に勝ち、2連勝で1部残留を決めた。

3部1位の新潟大は2部6位の宇都宮大と対戦し、1対4で敗れ、2連敗で2部昇格はならなかった。

1部残留を決めた新潟医療福祉大(写真は9月撮影)

◎1部、2部入れ替え戦の結果◎
新潟医療福祉大1-0作新学院大
作新学院大 000 000 000 =0
新潟医福大 010 010 00× =1
→新潟医療福祉大が2勝で1部残留
(バッテリー)
作新学院大:由比-佐々木
新潟医福大:佐藤(巻)、板垣、漆原(新潟明訓)、笠原(新津)-大塚

◎2部、3部入れ替え戦の結果◎
新潟大1-4宇都宮大
新大 001 000 000 =1
宇大 011 000 02× =4
→宇都宮大が2勝で2部残留 新潟大は3部昇格ならず
(バッテリー)
新大:鈴木、高橋-五十嵐(新潟第一)
宇大:鶴野-桑久保

(文/岡田浩人)


【大学野球】新潟医療福祉大が先勝で1部残留へ王手 関甲新・入れ替え戦

関甲新学生野球連盟は24日、栃木県の白鷗大野球場で秋季入れ替え戦をおこない、1部6位の新潟医療福祉大が8対2で2部1位の作新学院大に勝ち、1部残留に王手をかけた。3部1位の新潟大は2部6位の宇都宮大と対戦し、0対0で迎えた延長10回タイブレークで1対6で敗れた。25日には同所でそれぞれ第2戦がおこなわれる。

◎1部、2部入れ替え戦の結果◎
新潟医療福祉大8-2作新学院大
新潟医福大 300 001 400 =8
作新学院大 100 010 000 =2
→新潟医療福祉大が先勝 1部残留に王手
(バッテリー)
新潟医福大:笠原(新津)-大塚
作新学院大:山梨、福島、鈴木-佐々木

◎2部、3部入れ替え戦の結果◎
新潟大1-6宇都宮大(延長10回タイブレーク)
宇大 000 000 000 6 =6
新大 000 000 000 1 =1
→宇都宮大が先勝
(バッテリー)
宇大:川元-桑久保
新大:高橋、鈴木-五十嵐

(文/岡田浩人)


【中学野球】軟式卒業の中3生による初の硬式大会開催

中学校の軟式野球の部活動を引退した3年生による硬式野球チームが集まった初めての大会「第1回新潟県中学校硬式野球大会」が17、18日の2日間、妙高市で開催された。県内各地から7チームが参加し、巻硬式クラブが記念すべき第1回大会の優勝を飾った。

決勝 巻硬式クラブ×五箇クラブ(五泉) 軟式を卒業した中3生が硬式球で試合を行った

大会は妙高市の中3生による硬式野球チーム・妙高ベースボールクラブなど県内の硬式野球3チームが主催、妙高頸南野球連盟が後援した。妙高ベースボールクラブは軟式野球を卒業した中3生がスムーズに高校野球に移行してほしいと、毎年6月から硬式球を使った練習や練習試合などをおこなっている。昨夏、新潟大会で準優勝の結果を残した関根学園にもOBを輩出。今夏甲子園出場を果たした中越の永井海斗選手もOBで、上越地域の底上げに大きな役割を果たしてきた。鴨井茂人監督は「高校入学後に早く活躍できる人材を育てたい。そのための目標の一つとして大会を開きたかった」と意図を話す。県内各地で中3生に硬式球を使った指導をおこなっている他のチームに呼び掛け、初めての大会の開催にこぎつけた。今後も毎年この時期に大会を開催する予定だという。

◎大会の試合結果◎
<予選Aブロック>
巻硬式クラブ4-3柏刈第三野球部
五箇クラブ(五泉)10-6南魚沼オールスターズ
南魚沼オールスターズ10-4柏刈第三野球部
五箇クラブ(五泉)6-4巻硬式クラブ
→五箇クラブ(五泉)と巻硬式クラブが決勝トーナメントへ

<予選Bブロック>
妙高ベースボールクラブ7-5三条ベースボールアカデミー
三条ベースボールアカデミー11-6スポネットせいろう
妙高ベースボールクラブ-スポネットせいろう
→妙高ベースボールクラブと三条ベースボールアカデミーが決勝トーナメントへ

<準決勝>
五箇クラブ(五泉)11-6三条ベースボールアカデミー
巻硬式クラブ4-3妙高ベースボールクラブ

<3位決定戦>
三条ベースボールアカデミー6-1妙高ベースボールクラブ

<決勝>
巻硬式クラブ7-6五箇クラブ(五泉)
五箇ク 001 041 0 =6
巻硬式 033 100 × =7

決勝 巻硬式クの先発・川端一叶投手(中之口中)


決勝 五箇クの先発・星野柊哉投手(五泉中)


2回裏、巻硬式クが1死満塁から八木澤宏太選手(巻東中)の走者一掃三塁打で3点先制


五箇クの鈴木健太投手(阿賀津川中) 打者としても非凡なセンスを見せた


巻硬式クの野水涼太投手(小池中) サイドからの力強い球で最終回を無失点に抑えた

優勝した巻硬式クラブの熊倉直紀主将(巻東中)は「初めての硬式球での試合だったが全員が本気でプレーしてくれた。チームでは10日間くらい練習をした。今後も毎日欠かさず練習をして高校に行ってもすぐに通用するようにしたい」と笑顔で感想を話していた。


優勝した巻硬式クラブ


準優勝の五箇クラブ(五泉)

(取材・撮影・文/岡田浩人)