【高校軟式】直江津中等が優勝 秋季軟式県大会

1、2年生による秋季高校軟式野球・新潟県大会が26、28日の2日間、新潟市のハードオフ・エコスタジアムでおこなわれ、直江津中等が3対2で新潟商をくだし優勝した。両校は10月24、25日に長野県でおこなわれる北信越軟式親善大会に出場する。

決勝戦で力投する直江津中等①渡部雄貴投手

◎26日の1回戦の結果◎
①新潟商10-0十日町・松之山(6回コールド)
松之山 000 000 =0
新潟商 000 424 =10
(バッテリー)
松之山:佐藤芳-布施
新潟商:佐々木、萩原-井狩
(本塁打)
新潟商:巳亦(4回・2点R)

②直江津中等7-2津南中等
直江 000 310 030 =7
津南 001 010 000 =2
(バッテリー)
直江:渡部、長谷川-新野
津南:五十嵐-新井

◎28日の決勝と順位決定戦の結果◎
<順位決定戦>
津南中等16-1十日町・松之山(5回コールド)
十松 100 00 =1
津南 426 4× =16
(バッテリー)
十松:中村、佐藤芳-布施
津南:新井-渡邊

<決勝戦>
直江津中等3-2新潟商
新潟商 000 200 000 =2
直江津 000 000 30× =3
→直江津中等が優勝
(バッテリー)
新潟商:佐々木、萩原、小林-井狩
直江津:渡部-新野

優勝した直江津中等


準優勝の新潟商


3位の津南中等


十日町・松之山

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【中学軟式】魚沼選抜が3位 KWB魚沼コシヒカリ大会

軟式野球を引退した中学3年生によるKWBボール(旧Kボール)の大会「第7回魚沼コシヒカリ大会」(ベースボール・マガジン社と実行委員会が主催)が26、27日の2日間、魚沼市で開催された。新潟県内5チーム、県外11チームの計16チームが参加した中で、地元の魚沼選抜が3位に輝いた。長野・北信州クラブが初出場、初優勝を果たした。

準決勝で力投する魚沼選抜の先発・渡辺帆飛(はるひ)投手(堀之内中)

KWBボール(旧Kボール)は軟式球と同じゴム素材で、硬式球と同じ重さと大きさで作られたボールで、中学の部活動を引退した3年生が高校野球で使う硬式球の前段階として慣れるために使われている。この大会は2009年から毎年秋に開催されていて、第3回大会では現在DeNAベイスターズの飯塚悟史投手(日本文理高出身)が最優秀選手に輝くなど、その後の高校野球で活躍する選手たちを輩出している。

1日目の26日に16チームが4ブロックに分かれて予選トーナメントをおこない、2日目に勝ち上がった4チームによる決勝トーナメントをおこなった。地元の魚沼選抜が予選トーナメントを勝ち上がり決勝トーナメントに進出。準決勝で敗れたが、3位に輝いた。夏の全国KWB選手権で初優勝した新潟KWBクラブは予選トーナメントで前年度優勝チームの千葉ファイターズに惜敗し、決勝トーナメント進出はならなかった。

3位に輝いた地元の魚沼選抜

◎26日の予選ブロックの結果◎
<Aブロック>
①新潟KWBクラブ7-0NTNS(長野)
②千葉ファイターズ3-0那須Kボールクラブ(栃木)
③千葉ファイターズ1-0新潟KWBクラブ
④那須Kボールクラブ1-0NTNS
→千葉ファイターズが決勝トーナメントへ

予選トーナメントで惜しくも敗れた新潟KWBクラブ

<Bブロック>
①報徳学園中クラブ(兵庫)5-0上越KWB
②北信州クラブ(長野)4-1東京選抜
③北信州クラブ3-1報徳学園中クラブ
④上越KWB1-0東京選抜
→北信州クラブが決勝トーナメントへ

初出場の上越KWB

<Cブロック>
①前橋ノースフェニックス(群馬)2-1南魚沼オールスターズ
②ハードボールクラブ金沢Jr(石川)3-2埼玉スーパースターズ
③ハードボールクラブ金沢Jr2-0前橋ノースフェニックス
④埼玉スーパースターズ1-0南魚沼オールスターズ
→ハードボールクラブ金沢Jrが決勝トーナメントへ

3年連続の出場となった南魚沼オールスターズ

<Dブロック>
①前橋サウススターズ(群馬)7-0魚沼クラブ
②魚沼選抜4-3座間クラブ(神奈川)
③魚沼選抜2-1前橋サウススターズ
④座間クラブ8-0魚沼クラブ
→魚沼選抜が決勝トーナメントへ

地元の魚沼クラブ


◎27日の決勝トーナメントの結果◎
<準決勝>
①千葉ファイターズ6-0魚沼選抜
②北信州2-1ハードボールクラブ金沢Jr

<決勝>
北信州クラブ3-1千葉ファイターズ
→北信州クラブは初出場、初優勝

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【ルートインBCL】新潟が3年ぶりリーグ王者 田村完封で優勝決める

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは25日、新潟市のみどりと森の運動公園で福井ミラクルエレファンツとリーグチャンピオンシップ(CS)第3戦を戦い、2対0で勝利。通算3連勝で3年ぶり2度目のリーグ優勝を決めた。BCリーグ王者の新潟は10月3日(土)から始まる日本独立リーググランドチャンピオンシップで四国アイランドリーグplusの王者と独立リーグ日本一をかけて対戦する。

完封で優勝を決めマウンドで喜ぶ新潟の先発・田村勇磨投手(日本文理高出身)

◎25日のリーグCS第3戦の試合結果◎
新潟アルビレックスBC 2-0 福井ミラクルエレファンツ
福井 000 000 000 =0
新潟 002 000 00× =2
※新潟が3連勝で3年ぶりのリーグ制覇
(バッテリー)
福井:藤岡-中溝
新潟:田村-平野

(試合内容)
・5回まで新潟の先発・田村、被安打3、5奪三振。
・3回裏、新潟が2死1、3塁から牽制悪送球で1点先制。足立の左中間適時打で2点目。

3回裏、新潟が足立尚也主将の左中間適時打でこの回2点目

(取材・撮影・文/岡田浩人)