【ルートインBCL】新潟が前川、桑田ら4選手を指名 ドラフト会議

ルートインBCリーグは28日、長岡市の温泉施設「旬食・ゆ処・宿 喜芳」でドラフト会議をおこない、新潟アルビレックスBCが4選手を指名した。

新潟は地元枠として今春県大会でベスト4に進出した新潟産大附高3年の前川哲投手(18)、見附市出身で今春東北高をを卒業した髙井俊投手(19)の2人を指名。通常指名では沖縄県のビッグ開発ベースボールクラブ所属の仲村竜之介捕手(25)、桜美林大4年の桑田真樹外野手(22)を指名した。桑田外野手は元巨人・桑田真澄投手の長男。

新潟が地元枠で指名した前川哲投手(新潟産大附高3年)


新潟が地元枠で指名した髙井俊投手(見附市出身、東北高卒、悠久山調理師専門学校)


新潟が通常枠1巡目で指名した仲村竜之介捕手(ビッグ開発ベースボールクラブ所属)


新潟が通常枠2巡目で指名した桑田真樹外野手(桜美林大4年)

ドラフト会議終了後、新潟アルビレックスBCの藤橋公一社長は「前川くん、髙井くんとも体をしっかり作ってもらえば伸びしろが期待できる投手。捕手の仲村くんは即戦力として期待している。桑田くんは潜在能力も十分あり、長打を打てる選手として可能性を感じる。新監督人事は12月の上旬に皆さんに発表できると思う」と話した。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【NPB】飯塚投手「一日も早く一軍マウンドへ」 DeNAが新入団選手発表会 

プロ野球のDeNAベイスターズは21日、横浜市で新入団選手発表会を開いた。ドラフト会議で7位指名を受けた日本文理・飯塚悟史投手(18)は背番号30の真新しいユニフォーム姿で登場し、「一日も早く一軍のマウンドに上がれるよう頑張りたい」と力強く決意を述べた。

背番号30のユニフォームを着た飯塚悟史投手


DeNA球団本社でおこなわれた新入団選手発表会 右端が飯塚悟史投手

飯塚投手はやや緊張した様子で発表会場に現れた。決意を記す色紙には「気」の文字を書いた。「野球をやっている時や日常生活から気持ちの入ったしっかりとした人間性、しっかりとした野球人となって頑張りたい。一日も早く一軍のマウンドに上がれるよう頑張りたい」と中畑清監督の前で誓った。

中畑監督「今の姿はまだプロで通用するかというとまだ弱い。体を作るというのが最初の仕事。強い気持ちを持ち続けて頑張ってほしい。まだ未完の大器。投手としては先発、完投、完封が当たり前にできる能力を持った選手。期待している」と激励した。

中畑清監督(右)と池田純社長(左)の前で「気」と書いた色紙を持ち決意を述べる飯塚投手

初めてDeNAのユニフォームを着た感想を問われると、「これからプロの選手になるんだと身が引き締まった。将来はたくさんの人から目標とされる選手になれるよう頑張りたい」と話し、
「対戦したい選手は巨人の阿部慎之介選手。バットを折って内野ゴロに仕留めたい」と意気込みを表した。

中畑監督と記念撮影をおこなう新入団選手 後列右端が飯塚投手

発表会終了後、改めて取材に対し飯塚投手は「緊張で手が震えた。(30番は)想像していなかった番号なので、責任感がわく。番号に匹敵する活躍をしたい。中畑監督は不思議なパワーを持った監督。1年でも早く、新潟で凱旋登板ができるように頑張りたい」と話した。また「ハマの○○」と何と呼ばれたいかとの質問に、「ハマの太陽、ということで、ベイスターズという星を輝かせられる存在になれるよう頑張りたい」と答えた。

報道陣の質問に答える飯塚投手 背番号30が光る


飯塚投手を始め新人選手8人は、入団発表会の前に横浜スタジアムを訪れ、グラウンドやブルペンなど施設を見学。飯塚投手は初めて同スタジアムのマウンドに上った。

22日には同スタジアムでおこなわれる「ファンフェスティバル」でファンへの挨拶をおこなう。新入団選手は1月8日から始まる新人合同自主トレでプロ生活をスタートさせる。

横浜スタジアムのマウンドに立つ飯塚投手 一日も早い一軍登板が待ち望まれる

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】21世紀枠の新潟県候補校が巻に決定

新潟県高野連は20日、来春の第87回選抜高校野球大会の21世紀枠の新潟県候補校に巻高校の推薦を決めた。巻は今秋の県大会でベスト4に進出。準決勝では日本文理に2-3で敗れたが、終盤まで苦しめた。2年生の長谷川智也、1年生の小林俊介、小鷹樹らの投手陣を中心に、堅い守りと堅実な打撃で上位進出を果たした。

今秋の県大会でベスト4に進出した巻

新潟県高野連は推薦理由として、①困難条件の克服・・・グラウンドが他の運動部との共用でありながら、日々の練習で工夫し、近年の上位進出に結びつけていること②一昨年夏ベスト8、昨夏ベスト4、今秋ベスト4と最近の大会で上位進出を果たしていること③学業と部活動の両立、を挙げている。

今後は11月26日に同校で表彰がおこなわれる。12月12日に北信越地区の候補校1校が発表され、1月23日の選考委員会で21世紀枠での出場校が決定する。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【大学野球】高橋隼之介主将の明治大は準優勝 明治神宮大会

明治神宮大会は19日、神宮球場で大学の部の決勝戦がおこなわれ、駒澤大が3-0で明治大をくだし、13年ぶり5度目の優勝を飾った。柏崎市出身の高橋隼之介主将(日本文理高出身)の明治大は惜しくも準優勝に終わった。

プレーヤとして最後の試合を迎えた高橋隼之介主将(日本文理高出身)

高橋主将は2009年夏の甲子園で準優勝した際の遊撃手で、決勝では中京大中京高の堂林翔太投手(現広島)から本塁打を放つなど活躍。明治大に進学後、捕手として活躍した。今シーズンは新潟県出身選手としては明治大で初めて主将を務めた。

大学卒業後、大手広告代理店に就職が内定していて、この試合がプレーヤーとして最後の試合となった。試合には出場しなかったが、主将としてベンチから声を出し、3年ぶりの優勝を目指したチームをけん引した。

試合前の挨拶 明治大の先頭が高橋隼之介主将


4回表、攻撃に入る時に円陣を組み指示を出す


駒澤大が3-0で明治大をくだし、13年ぶりの優勝を飾る


歓喜に沸く駒澤大の選手たちを無念そうに見つめる高橋主将(背番号10)



試合終了後、スタンドに挨拶する高橋主将


準優勝表彰を受ける高橋主将


日本一はならなかったが準優勝に輝いた明治大

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【お知らせ】11/29に秋葉区で楽天・橋上HCが講演 巨人・大田、橋本選手のトークショーも

新津青年会議所では11月29日(土)18時から新潟市秋葉区文化会館で「川上杯ふれあい少年野球大会」の第40回記念事業として、プロ野球のヘッドコーチと選手を招き、講演会とトークショーをおこなう。

第1部では記念講演として、2011年に新潟アルビレックスBCの監督を務め、今季まで3年間巨人でコーチを務めた橋上秀樹氏を招き、「プロ野球界における人材育成」と題した講演会を開催する。橋上氏は来季、楽天のヘッドコーチを務めることが決まっている。

第2部で巨人の大田泰示選手と橋本到選手を招き、トークショーとアトラクションがおこなわれる。

入場は無料だが、先着順に整理券が配布される。整理券は11月21日から秋葉区文化会館で配布される。問い合わせは新津青年会議所事務局(電話0250-22-0121)まで。


【ルートインBCL】前川投手ら県関係5人が1次通過 合同トライアウト

プロ野球独立リーグのルートインBCリーグは15日、群馬県伊勢崎市の上武大学野球場で合同トライアウトを開催した。133人が1次テストに臨み、そのうち新潟県関係選手は7人がテストに挑んだ。1次テストは50メートル走、遠投、シートノック、ブルペン投球、フリー打撃の5種目がおこなわれ、71人が1次テストを通過。1次免除の8人と合わせて79人が16日の2次テストに臨む。

新潟県出身の投手では、新潟産大附高3年で今春県大会のベスト4進出の立役者となった前川哲(さとし)投手(18)がブルペン投球で受験者最速タイの141キロを記録するなど、切れのあるボールを投げ込んでアピールした。同じ組で投げた見附市出身の高井俊(すぐる)投手(19・東北高出身)も141キロを記録し、2人そろって1次テストを通過した。

前川哲投手(新潟産大附高3年) 参加54人の投手中最速タイの141キロを記録


高井俊投手(見附・今町中-東北高出身) 前川投手とともに141キロの直球を記録

テストを終えた前川投手は「多少制球がバラついていたが、持ち味である直球を思い切り投げることができた。あすは打者が立つ実戦形式なので、コースを大事に変化球を決めたい」と話した。高井投手は「高校で甲子園に行けず、野球を諦めたが、もう一度野球がしたくなり挑戦しようと思った。専門学校に通いながら軟式のクラブチームでプレーしてきた。持ち味はスピードなのでしっかり出せてよかった」と感想を話した。

新潟県関係の野手では、捕手として新潟県央工高出身の本間貴大選手(20)、野田サンダーズに所属する内野手の本間匠選手(21)、北越高出身の日和山薫選手(25)の3人が1次テストを通過した。

本間貴大選手(新潟県央工高出身)


本間匠選手(日本文理高-野田サンダーズ所属)


日和山薫選手(北越高出身-青山学院大卒)

このほか1次テストには、巨人などで活躍した桑田真澄さんの長男で桜美林大4年の桑田真樹選手(22)が外野手で受験し、2次テストに進出した。

外野手テストに挑む桑田真樹選手(桜美林大4年)

16日の2次テストは実戦形式でおこなわれる。2次テストに進出した79人は、28日におこなわれるBCリーグドラフト会議の対象者となる。ドラフト会議で指名された選手が最終的な合格者となる。トライアウトは既にアメリカサンディエゴなどでおこなわれたほか、23日には関西地区でもおこなわれる。

BCリーグドラフト会議は28日(金)午後3時から長岡市の「旬食・ゆ処・宿 喜芳」で有料で一般公開されるほか、インターネットUSTREAMで生配信される予定。

<以下はBCLのドラフト会議観覧者募集のお知らせ>
http://www.bc-l.jp/modules/bclnews/index.php?page=article&storyid=3016

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【NPB・高校野球】飯塚悟史投手にDeNAが指名挨拶 背番号は「30」に

プロ野球ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから7位指名を受けた日本文理高校3年の飯塚悟史投手(18)が5日、新潟市西区の同校でDeNAから指名挨拶を受け、仮契約を結んだ。契約金2000万円、年俸500万円(金額はいずれも推定)で、背番号は「30」に決まった。

会見でDeNAの帽子を被った飯塚悟史投手(左)と吉田孝司編成・スカウト部長

指名の挨拶は午後4時半から同校の校長室でおこなわれた。DeNA側からは吉田孝司編成・スカウト部長兼GM補佐と担当した河原隆一スカウトが出席した。

吉田部長は「担当スカウトから聞いていて夏の新潟大会も見て評価はしていた。ただ現場からの要望は『即戦力』ということで、高校生の投手は目をつぶろうと言っていた。ところがドラフトが進んでもまだ飯塚くんが残っていた。本当は(指名は)6人で終わろうとしていたが、会場で高田(繁)GMに『残っていたら行こう』と言って、池田(純)球団社長に『もう1人増やしていいですか?』と話して『いいよ』と言われ指名させていただいた。縁を感じた」と指名に至ったいきさつを説明した。河原スカウトも「ベイスターズは新潟でも試合をおこなっていて、指名できて(池田)社長も喜んでいた」と話した。

指名挨拶をおこなう吉田孝司部長(左端)と説明を聞く飯塚悟史投手(右端)


左から日本文理の大井道夫監督、DeNAの吉田部長、河原スカウト


右から飯塚悟史投手、母親の香さん、父親の満喜さん

挨拶後の記者会見で飯塚投手は「必要としてもらえて嬉しい。ベイスターズの一員としてチームに貢献できるよう頑張ろうと思った。プロとしてしっかり活躍できるよう頑張りたい」と笑顔を見せた。

吉田部長は「去年秋の神宮大会(決勝)で本塁打を2本放ち、打撃がいいと思っていたが、甲子園の投球を見て投げる方もすばらしい球を投げると思い、新潟大会も高田GMと見て評価していた。これだけのいい体をしている。中畑監督にも『しっかり練習して来てほしい』と言われた。1月上旬から始まる新人合同自主トレに合わせてしっかり練習をしてきてほしい」と激励した。担当した河原スカウトは「変化球を投げる際の指先の感覚がいい。将来、中心選手になれる」と期待を寄せた。

今後は12日に健康診断がおこなわれ、21日にDeNA本社で入団発表記者会見がおこなわれる。22日に横浜スタジアムでおこなわれる「ファンフェスティバル」でユニフォーム姿が披露される。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【社会人野球】バイタルネットが日本通運に敗れる 日本選手権

社会人野球の第40回日本選手権は4日、京セラドーム大阪でバイタルネット(北信越代表・新潟)が初戦となる2回戦で日本通運(関東代表・埼玉)と対戦、1-10で敗れた。バイタルネットは先制したものの、投手陣が日本通運打線につかまり序盤から失点を重ねた。日本選手権で3年連続の初戦突破を目指したが、力を出し切れなかった。

◎2回戦の試合結果◎
バイタルネット1-10日本通運

バイタル 100 000 000 =1
日本通運 120 430 00× =10
(バッテリー)
バイタル:江村、河田、曽根、中島、津花、亀谷-加賀、関口
日本通運:井口、渡辺、イシャーラ-酒井

・1回表、バイタルが2死2塁から4番丸山の左飛失策で1点を先制
・1回裏、日通が3番友永の三塁打と次打者への暴投で1点を入れ同点に
・2回裏、日通が1死1、3塁。バイタルは投手交代・河田。1番浦部、3番友永の適時打で2点勝ち越し
・4回裏、日通が1死満塁から3番友永の走者一掃三塁打で3点追加。バイタルは投手交代・曽根。さらに中犠飛で1点追加
・5回裏、日通が1死満塁から2番小甲の2点適時打と犠飛で計3点追加
・9回表、バイタルネットは1死から島野がライトフェンス直撃二塁打でチャンス作るも無得点

(文/岡田浩人)


【大学野球】明治大が2季ぶり優勝 高橋隼之介主将「神宮で日本一目指す」

東京六大学野球の秋季リーグ戦は3日、明治大学が2季ぶり37度目の優勝を飾った。この日、早稲田大が慶応大に敗れ、勝ち点4の明治大が勝率で上回ることが確定したため。

今シーズン明治大の主将を務めている新潟県柏崎市出身の4年生・高橋隼之介主将(日本文理高出身)は取材に対し、「苦しいシーズンだったが優勝できてほっとした。中学、高校と主将を務めてきたが、自分たちの代で優勝することができずにいたので大学で優勝することができ本当に嬉しい」と喜びを表した。

新潟県人として戦後初の東京六大学の主将としてチームを牽引した高橋隼之介主将

高橋主将は大手広告代理店への就職が内定していて、大学で野球を引退することを決めている。東京六大学リーグ戦で優勝したことで、14日から開幕する明治神宮大会への出場が決まった。「リーグ戦で優勝はしたが、日本一になることを目標にしてきた。日本文理では甲子園準優勝だったので、ぜひ最後の大会で優勝し、日本一に輝きたい」と神宮大会への意欲を見せた。神宮大会は全国のリーグ戦、地区大会を勝ち抜いた11校が日本一をかけて戦う。明治大は15日に四国・中国3連盟代表の徳山大と対戦する。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【女子野球】新潟BBガールズ選抜が準優勝 IBA学童女子選抜大会

女子小学生の軟式野球の東日本選抜大会・第19回IBA学童女子選抜大会が1、2日と埼玉県でおこなわれ、新潟BBガールズ選抜が2年ぶりに決勝に進出。決勝でオール船橋プラス(千葉)に0-1で惜敗したが、2年ぶりの準優勝に輝いた。

準優勝に輝いた新潟BBガールズ選抜の選手たち

新潟BBガールズ選抜は県内の学童野球チームに所属する女子選手で構成される。過去この大会で2009年から2011年まで3連覇を果たしたことがある。3年ぶりの優勝を目指し、8月の選考会を経て、メンバーが決定。3度の全体練習をおこない、チームワークを育んできた。3年ぶりの優勝はならなかったが、頓所理加代表は「チームとして1つにまとまれたこと、1人1人が成長できたことが嬉しかった」と話した。

◎試合結果◎
<1回戦>

新潟BBガールズ7-0山武ホワイトスターズ

<準決勝>
新潟BBガールズ14-0三郷COMACHI(埼玉)

<決勝>
新潟BBガールズ0-1オール船橋プラス(千葉)

(文/岡田浩人 写真提供/BBガールズ普及委員会)