【高校野球】春の新潟県大会4日目 2回戦…昨秋覇者・文理はコールド勝ち

第128回北信越高校野球・新潟県大会は30日、2回戦がおこなわれた。6球場で16試合が予定されていたが、雨のため3球場の4試合があす1日に順延となった。鳥屋野球場の第1試合では、昨秋優勝の日本文理が新発田農に8-1で7回コールド勝ち。第2試合では昨夏の県代表・新潟明訓が12-2で新潟西をくだした。

<鳥屋野球場 日本文理8-1新発田農>
新発田農は2回裏、四球、二塁打、四球で満塁とし、1番佐竹淳史選手のサードゴロで併殺崩れの間に1点を先制した。
しかし日本文理は3回表、9番小太刀緒飛選手の右越え三塁打でチャンスを掴むと、1年生で1番の星兼太選手が左越え二塁打で同点に。さらに3番の小林将也選手のレフト前ヒットで逆転。4回に1点、5回にも1点を追加した日本文理は、6回に無死満塁から押し出し四球とワイルドピッチで2点を加え、3番小林選手のレフト前タイムリーでさらに1点を加えた。守っては背番号1を付けた2年生小太刀選手が公式戦初先発。6回を投げ被安打3、自責点0ながら四死球が5と課題を残した。


2安打した日本文理の1年生・星兼太選手

日本文理の背番号1・小太刀緒飛選手

日本文理の大井道夫監督は「小太刀は3回くらいから落ち着いた。ただ無駄な四死球が多かった。星は凡打してもタイミングが合っている。3年生にもう少し奮起してもらいたい」とコメント。2安打の星選手は「初戦で緊張した。(セカンドフライの)一打席目は結果を出そうとしてしまった。(同点打のレフトオーバー2ベースの)二打席目は開き直った」と振り返り、「一番バッターという立場で流れを作っていく意識で打席に立っていきたい」と今後の抱負を語った。初先発の小太刀選手は「緊張してしまった。走者が出たことに動揺して無駄球が多かったのがきょうの課題。3回に自分が3ベースを打ってから気持ちが楽になった。四球が多かったのできょうは60点」と反省していた。

<鳥屋野球場 新潟明訓12-2新潟西>
新潟明訓は1回表、死球と悪送球、ワイルドピッチ2つで1点を先制。2回には満塁のチャンスに1番本間辰吉選手のレフト前タイムリー、3番で主将の竹内薫風選手のライト前2点タイムリーで序盤から優位に試合を進め、3回に1点、5回に3点を追加し8点をリードした。
新潟西は5回裏2死から四球で走者を出すと、2番土田達也選手がライト前ヒットを放ち、ライトからサードへの悪送球の間に1点を挙げ、3番藤間駿太選手のショートゴロ悪送球の間にさらに1点を返した。新潟明訓は公式戦初登板で初先発の3年生左腕・斎藤優樹選手が6回を投げ被安打4、5四死球、2失点で自責点は0。7回からは同じく3年生左腕の宮坂隼選手が走者を出さないパーフェクトリリーフ。9回にダメ押しの4点を追加して試合を決めた。


初先発の新潟明訓3年・斎藤優樹選手

新潟明訓の本間健治郎監督は「3年生にはこの春はしっかりやってもらうと言ってきたので、斎藤、宮坂の2人の投手で1つ勝てたことはプラス。2年生投手の村山、漆原に頼ってしまうところがあるが、3年生の力が劣っても、背負い切れないものを1、2年生に背負わせては夏は上に届かない。そういう意味で3年生に奮起してもらいたいと考えている」とコメント。公式戦初登板の斎藤選手は「変化球がカウントを取れた。2死からの四球やストレートの四球が多かったので今後はなくしたい。公式戦でここまで投げることができ、自分の中で変わるきっかけになったと思う」と手応えを感じていた。

◆試合結果◆
<鳥屋野球場>
日本文理8-1新発田農(7回コールド)
新潟明訓12-2新潟西

<五十公野球場>

新津5-0新発田
新潟工6-3村上

<五泉球場>
新発田中央9-2新潟青陵(7回コールド)
新津南12-3新潟江南(8回コールド)

<悠久山球場>
中越4-1長岡高専
長岡商6-5柏崎工(延長11回)
帝京長岡10-2上越総合技術(7回コールド)

<佐藤池球場>
糸魚川10-1高田北城(7回コールド)

<三條機械スタジアム>
分水10-3高田商(7回コ―ルド)
十日町6-0小出

◆1日に順延◆
阿賀野-東京学館新潟(鳥屋野10:00)
新発田商-新潟東(五十公野10:00)
新潟産大附-糸魚川白嶺(佐藤池10:00)
上越-柏崎(佐藤池12:30)

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【BCL】新潟が終盤に集中打で逆転勝ち

BCリーグの新潟アルビレックスBCは29日、福井・美浜町民野球場で福井ミラクルエレファンツと対戦し、5-1で逆転勝ちし、福井に連勝した。新潟の前期成績は5勝2敗で上信越地区首位。

新潟は7回裏に先発の寺田哲也投手がヒット3本を許し1点を先制されたが、8回表に走者2人を置いて3番・稲葉大樹選手のレフト前ヒットとレフトのエラーで2点を挙げ逆転。さらに5番・足立尚也選手の3ベース、6番・中溝雄也選手のタイムリーヒットでこの回4点を挙げた。9回にも1点を追加した新潟が、8回から間曽晃平投手-羽豆恭投手のリレーで逃げ切り、福井に連勝を飾った。

新潟の次戦は5月3日13:00から、新潟市西区のみどりと森の運動公園で富山サンダーバーズと対戦する。

(文/岡田浩人)


【高校野球】春の新潟県大会3日目 2回戦始まる

第128回北信越高校野球・新潟県大会は29日、2回戦16試合が6球場でおこなわれ、去年秋の大会で上位進出したシード校も登場した。

<五泉球場 五泉-新発田南>
五泉球場の第1試合は、昨秋の県大会3位で春の選抜21世紀枠で北信越地区候補校に選ばれた五泉が新発田南と対戦。五泉は後藤拓朗主将が3安打を放つなど中盤に得点を重ね、守っては2年生で背番号1の奥田啓太投手が新発田南2安打無失点に抑え8-0で7回コールド勝ちした。

5回表、五泉・森山翔太選手の中前安打で後藤主将が5点目のホームを踏む


新発田南打線を2安打に抑えた五泉・奥田啓太投手

五泉・後藤桂太監督は「21世紀枠の候補校で注目されたが、春の練習試合で連戦連敗し、『自分たちは弱いチームだ』と現実を突き付けられた。ようやくここに来て積極性が出てきた。奥田は試合を作れる選手に成長した。(7回に3四死球で満塁のピンチを招き)あの辺が課題。チームとして、まだあと一殻破りたい」とコメント。奥田啓太投手は「打たせて取るという制球が自分の持ち味で、冬は下半身を鍛えた。きょうはバックに助けられた。最後はコールドを意識してしまった」と反省点を挙げた。3安打の後藤拓朗主将は「センターから逆方向に自分の形で打とうと心掛けた。練習試合で結果が出せなかったが、今月の合宿で気持ちを作り直せた。ノーエラーで終われたのが良かった。目に見えないプレッシャーで相手を圧倒したい」と今後の意気込みを話した。

<鳥屋野球場 佐渡-新潟商>
新潟商は2点差を追う9回表2死から四球をきっかけに5連打で3点を入れ逆転。しかし佐渡は9回裏2死満塁のチャンスに8番中川祥太朗選手がレフト前に落とし3-3の同点に追い付いた。
佐渡は延長15回裏に中川選手がサード前にバントヒットで出塁すると、送りバントとワイルドピッチで3塁へ進み、代打傳田(でんだ)善之選手がピッチャーライナーを放つ。新潟商の小林成也投手がこれを好捕。サードランナーが飛び出しているのを見てサードにボールを投げるも、これが悪送球となり、サードランナー中川選手が還り佐渡がサヨナラ勝ち。激闘に終止符を打った。

佐渡の深井浩司監督は「お互い2死から逆転したり同点に追い付いたりと、野球の怖さを改めて感じた。(背番号1の)土屋が発熱で投げられず、(背番号11の)小菅が丁寧に放ってくれた。スタミナには自信があった。延長に入ったら気持ちの勝負だと言っていた。(2試合続けて延長サヨナラ勝ちで)寿命が10年縮まった(笑)。夏に向けて、2試合で反省点がたくさん出て本当にいい勉強になっている」とコメントした。

サヨナラ勝ちのホームを踏んだ佐渡・中川祥太朗選手

◆試合結果◆

<鳥屋野球場>
北越12-0佐渡総合(6回コールド)
佐渡4×-3新潟商(延長15回)
新潟南10-0加茂農林(6回コールド)

<五十公野球場>
巻8-1白根(8回コールド)
村上桜ヶ丘4-0巻総合
豊栄2-0加茂

<五泉球場>
五泉8-0新発田南(7回コールド)
中条6-4新潟向陽

<悠久山球場>
長岡工4-2三条東
見附2-1長岡向陵(延長10回)
長岡大手7-4六日町

<佐藤池球場>
関根学園13-3小千谷(6回コールド)
長岡11-4柏崎常盤(7回コールド)
十日町総合14-0柏崎総合(5回コールド)

<三條機械スタジアム>
県央工5-1高田農
三条商4-3川西

あす30日も6球場で2回戦16試合がおこなわれる。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【NPB】広島・今井啓介投手が今季初勝利

広島・今井啓介投手(中越高出身)が29日の阪神戦で、4-5とリードされた8回裏2死から登板。新井貴選手をライトフライに打ち取った。9回に広島が逆転し、9回裏を今村投手が締め、今井投手は8球で今シーズン初勝利を手にした。

(文/岡田浩人)


【NPB】巨人・加藤健選手が今季初スタメンで先制打

巨人・加藤健選手(新発田農高出身)が28日に神宮球場でおこなわれた東京ヤクルト戦で今シーズン初めて先発マスクでスタメン出場を果たした。0-0で迎えた7回表には先制打となるタイムリー2ベースを放った。加藤選手は3打数1安打1打点。試合は巨人が1-2で逆転負けを喫した。

(文/岡田浩人)


【BCL】新潟が4投手で完封リレー 福井に快勝

BCリーグの新潟アルビレックスBCは28日、福井・美浜町民野球場で福井ミラクルエレファンツと対戦し、6-0で快勝した。新潟の前期成績は4勝2敗となり、上信越地区の首位を守った。

新潟は初回、満塁のチャンスに6番・中溝雄也選手がレフト前にタイムリーヒットと守備のミスで2点を先制。さらにで6回には7番・福岡良州選手がレフトへ1号3ランホームランを放つなど中盤までに6点をリードした。

新潟の先発の左腕・佐藤弘輝投手は6回まで投げ3塁を踏ませず無失点。7回以降は、田村勇磨投手、間曽晃平投手、羽豆恭投手が三者凡退で完封リレー。新潟が快勝した。

新潟の次戦は29日13:00から福井・美浜町民球場で福井と対戦する。

(文/岡田浩人)


【大学野球】杏林大、切手選手と高橋選手の活躍で勝ち点

東京新大学野球連盟1部に所属する杏林大学は28日、春季リーグ戦で高千穂大学と対戦し、12-4で7回コールド勝ちし、27日の1戦目に続く連勝で勝ち点1を獲得した。

この試合では杏林大の主将で日本文理高出身の切手孝太選手が、4回表に2、3塁に走者を置き、レフト線へタイムリー2ベースを放ち2打点。7回表には同じく日本文理高出身の高橋義人選手が、満塁のチャンスで左中間に走者一掃となるタイムリー3ベースで3打点。2009年夏の甲子園準優勝メンバーの2人が揃って活躍した。


2回にタイムリー2ベースを放った切手孝太選手

3番ショートで出場の切手選手は「キャプテンとして最初のリーグ戦で、ここまでは勝ち点を取ることの難しさを実感していました。勝ち点を取れて今はほっとしています。(タイムリーの打席は)変化球が来たら思い切り引っ張ろうと考えていたので理想通り。この後も強い相手が控えているが、きょうのような内容で試合ができれば」と話した。

20130428杏林大×高千穂大②
7回にタイムリー3ベースを放った高橋義人選手

5番指名打者として出場した高橋選手は「チャンスに打てて良かったです。思い切りのいいスイングができました。指名打者として自分の役割は打つことなので、残り試合も思い切りのいいスイングを心掛けたいです」とコメントした。

杏林大学の次戦は5月4日、5日で東京国際大学と対戦する。

(取材・撮影・文/岡田浩人)