【大学野球】新潟医療福祉大 延長タイブレークも惜敗 関甲新1部

大学野球・関甲新1部の新潟医療福祉大は22日、群馬県伊勢崎市で上武大と対戦し、延長12回、タイブレークの末、7対8で敗れた。対戦成績0勝2敗となり、上武大からの2年ぶりの勝利はならなかった。新潟医療福祉大の次戦は28日(土)、群馬県太田市で白鷗大と対戦する。 続きを読む


【大学野球】新潟医療福祉大 終盤突き離される 関甲新1部

大学野球・関甲新1部の新潟医療福祉大は21日、群馬県伊勢崎市で春季リーグ戦・上武大との第1戦に臨み、2対8で敗れた。新潟医療福祉大は初回に先発の漆原大晟(4年・新潟明訓)が先頭打者に本塁打を浴び先制を許したが、その裏に水石英佑(4年・小諸商)がソロ本塁打を放ち同点に追いついた。しかし漆原は2回にもソロ本塁打、5回にも適時打で1点を追加され、6回途中で交代した。新潟医療福祉大は6回に柴崎大悟(3年・前橋育英)の適時打で1点を返し、なお満塁のチャンスを作ったが後続が倒れた。その後、上武大に4得点を追加されて、突き離された。

6回裏、新潟医療福祉大が柴崎大悟(前橋育英)の適時打で1点を返す 続きを読む


【大学野球】新潟医療福祉大が勝ち点 8回に再逆転 乱打戦制す

大学野球・関甲新1部の新潟医療福祉大は16日、栃木県小山市で山梨学院大と対戦し、12対8で勝利した。対戦成績を2勝1敗として、今春のリーグ戦で初の勝ち点を挙げた。1点を先制された新潟医療福祉大は3回に満塁から四番・水石英佑(4年・小諸商)の適時二塁打で逆転。7回に二番手の飯塚亜希彦(3年・上越)がつかまり、逆転を許したが、8回には三番・服部健也(3年・長野日大)、水石の連続適時打で再び逆転するなど一挙6得点で試合を決めた。新潟医療福祉大の次戦は21、22日、7季連続優勝中の上武大と対戦する。 続きを読む